サイト内検索を導入しました!過去記事探しにご利用下さい!ヽ(^◇^*)/

って、ある意味自分用・・・( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

Google
WWW を検索 にゅーひぐらしblog内を検索

○○でも出来るポタアン(図解編)

CMOY改回路図

Kindleで小説を出版してみました(笑

USBハブって意外と大事・・・(笑2018/10/13 22:56:00

さて・・・


昨夜は酒を飲み過ぎて・・・


始発で自宅に戻りました(笑
で、しこたま寝たのですが、なんか酒が抜けない・・・
気持ち悪くて、食欲なくて部屋で悶々としています。


んで、
昨日、amazonから注文品が到着・・・

USBハブ

ORICO USB3.0 ハブ 4ポート拡張 OTG機能付き

選択したのには2つほど理由があります。
①ケーブルの長さが1mある点
②給電ポートが付いている点


てなわけで、中身

中身

本体と固定用の両面テープのみで、給電用のケーブルとかは付いてません。

まあ、USB対応のACアダプターも沢山あるし、USBケーブルもいくらでもあるから問題なしです(笑


んで、このUSBハブの特徴は繰り返しになりますが、

OTG

背面にmicroBタイプの給電用ポートが付いてる点です。

ここにmicroBを接続して、ACアダプターに接続すればUSBハブに給電されます。
通常、USB端子には5Vの電気がPCから供給されますから、いちいち電源を繋げなくてもUSB機器は動くようになってます。
ただ、外付けHDDやCD-Rといったモーターを使う機器はUSBからの電気では不足します。
そこで、外部から電源を取り入れることで、電圧不足を補うわけです。

私の場合、マウスやキーボードのUSBドングルを接続する程度ですから、まあ外部電源は要らないっちゃ要らないん
ですが、あればより安心ということで・・・(笑


んで、早速今までのUSBハブを外してこのハブにキーボードとマウスを接続してみると・・・


安定した!\(^O^)/


まだ、確実とは言えませんが、マウスを動かすといきなりシャットダウンする現象は今のところ無くなりました。
これで安定してくれるといいんですが・・・

まあ、やはりUSBハブに問題を抱えていたようですね・・・

フツーに使えていたので盲点でした。


てなわけで・・・

設置

現在はモニターの下に両面テープで貼り付けました。

ついでにカードリーダーも下に取り付けました。
こちらも今のところ、安定して動いてるようです。

それにしても使えると思ったUSBハブがPCの動作不安定の要因になるとは思いもよらなかった・・・


なんにしろ・・・

電源かなぁ……?

などと、PCをバラして確認する前に原因らしき事が分かって良かった・・・


だって分解したら、変なところ壊す可能性もありますから・・・(笑


PS

このUSBハブを取り付け、昨夜はなんとも無かったのですが、本日はPCの電源が入らないというトラブル発生!

マザボ逝ってしまった?
それとも電源が逝ってしまった?

と青くなりました・・・
色々やってみましたが、どうやっても電源が入らず、仕方ないので一度PCをバラそうと昨夜のUSBハブをPCから
外した瞬間に・・・

いきなりPCのスイッチが入った!(゚o゚;ナヌ?

結果、私のPCの背面ポートとUSBハブの相性は最悪と分かってきました・・・
現在は、キーボードとマウスを直接PCと接続し、問題無く動作しております・・・

もう、USBハブは怖くて使えません・・・(-_- )

茹だるようなアルデンテ……2018/07/14 15:54:41

さて・・・


暑いです……

うだるような暑さです……

ちなみに、この場合の「うだるよう」というのは漢字で書くと「茹だるような」となります。
つまるところ、脳みそが茹で上がってしまうほどの暑さを表現しています。

しかし、茹で上がった脳みそは「アルデンテ」なのだろうか?

などと、ゆであがり加減がとても気になったりします。
ちなみに「アルデンテ」とはイタリア語で al dente と書き、パスタの芯に髪の毛一本分ほどの堅さが残った
状態の事を言い、歯ごたえのあるパスタの仕上がり用語です。

ちなみに、イタリア語は日本人にとってはとても学習しやすい言語です。
読みはローマ字読みすればほぼOK
しかも発音も日本人っぽいローマ字棒読み系でも大丈夫。 とイタリア人から聞いたことがありますが、
真偽の程は定かではありません・・・

あーっ!
どうでもいいことを書き連ねている今の私の脳みその状態はまさに「茹だるようなアルデンテ」状態です。
髪の毛一本分の人間的思考が辛うじて残ってる状態……(笑


さて、
以前購入したゲーミングマウス(G603)とゲーミングキーボード(G613)
過去ログ ←

キーボードは少し軽めのメカニカルでとてもいい感じにカチカチと文字を入力してくれるし、マウスも動きが良い
ゲームで使わないのに、ゲーミングマウスとキーボードは意外と通常使いでも快適です(笑

しかし、
最近、ゲーミングマウスのG603のホイールの動きがおかしくなりました。
ページをスクロールさせようと回すと、画面が上下に激しく動き、自分の意図した通りに動いてくれません。

最初はゴミでもつまったのかなと、エアブローで掃除してみたりしましたが一向に改善しません。
そこでロジクール用のソフトウェアで設定し直してみようかと・・・
で、Logitechのソフトを落としてみました。

LOGITECH GAMING SOFTWARE ←

これをインストールしてソフトを起動してみると、ゲーミング製品らしくFWのアップデートを見つけました。
そこの最新FWの説明に、今回私が遭遇した不具合の改善が書かれていました。
つまるところ、FWがおかしくてそんな状態に陥っていたようです。

そこで、ゲーミングマウスとゲーミングキーボードのFWを最新にしてみました。

マウス

キーボード

どちらも不具合が修正された!\(^O^)/


わーい、快適だ!


と、ネットを見てたらたまたま今、タイでは「恋するフォーチュンクッキー」が大ブレイク中だと知りました。
タイのBNK48が大ブレイク中で、彼女達の歌うタイ版「恋するフォーチュンクッキー」はタイ王女すら謳って踊る程
だと読んで、気になって調べてみました。

すると、確かにそうだった(笑

何かと暗い話題の多い日本ですが、様々な言語の「恋するフォーチュンクッキー」はなんか元気が出ます。

では、各国語の「恋するフォーチュンクッキー」を聴いて皆さんも元気出しましょう!\(^O^)/


まずはタイののBNK48(タイ語)



んで、タイ王女の「恋するフォーチュンクッキー」



タイでは王族がとても威厳があり、タイ国民の人気も高いです。(日本の皇族以上)
その凄さは、タイ王族に対して不敬な行動や発言があった場合は、禁固15年の刑に処されるほどです(笑
本来はこういった内容がyoutubeに流れるなんてないらしいですが、王女はOKを出してるようです。


さて、続いてジャカルタのJKT48(詩は英語)




続いて中国のSNH48(中国語)




最後は本家AKB48




皆さんもアジア各国、沢山の可愛い女の子の歌と踊りでも見て、頭を「茹だるようなアルデンテ」状態にして下さい(笑

ライターズハイ2018/05/21 00:07:45

さて・・・


この土日は私的には結構充実していました


何しろ、この所サボり気味だった小説の続きを結構書けたからです(笑

小説を書く面白さってのは、私的には読者に喜ばれるとかそういった観点ではありません
そういった事を考えるのは、その世界で飯食ってるプロの発想です
私のような素人は基本的に「書きたいことを書く」ってのが基本になります

評価とか気にしてたらそもそも小説なんて書けません(笑

で、
非常に単純な方向性だけをまとめたプロットだけを作り、それに従って物語を書いてゆくわけですが
小説の文章ってのはプロットと違い、箇条書きにまとめることなんて出来ません
そこには、世界観があり、その中で動くキャラクターをきちんと作り上げてゆかなければならない訳です
んで、書いてる途中にジャストアイデアが頭に湧き出ることがあります。

実は、ここが超楽しい!(笑

プロット段階では考えも付かなかったスト―リーがキャラを動かす事によって降ってくるのです
これがいわゆる「キャラが勝手に動き出す」という状態で、小説を書いた人なら誰でも経験できます。
逆に、小説とか物語を書いた事が無い人には「キャラが勝手に動き出す」という状態は理解しにくいと思います。
しかしですね、これが「物書きの麻薬」のようなものになります(笑

あっ、ここでこうキャラを動かそう

とか……

あっ、このシーンはこういう風に変えた方が面白くなる

とか、いきなり頭の中に降ってきて、それを書いてる時、そして読み返して効果通りに面白くなった時
多分、作者はこの上ない幸福感に包まれます

これが味わいたくて私は小説を書いてるのかも知れません(笑

ランニングとか、走ることが好きな人は世の中に結構居ます。
しかし、全く走らない人に言わせれば、「なんで息が上がり、苦しいのに走るの?」と思うわけですが
実は、ランナーの人も「ランナーズハイ」という物を一度経験するとやみつきになるようです

ランナーズハイとは、長時間走り続けていると、突然、高揚感に包まれる現象です
その時のランナーの脳内には、脳内麻薬と言われる「エンドルフィン」が分泌され、走るのが楽しくて仕方なく
なるそうです

しかし、このエンドルフィンはいつも分泌されるわけでも無く、法則性も無いようです
だから、ランナーの人はもう一度「ランナーズハイ」を体験したくて走り続けるのだそうです

これは小説にも同じ事が言えます。
「ライターズハイ」とでも言えばいいんでしょうかね?(笑


てなわけで……

ライターズハイを体験するには文字を書き続けなければなりません。
そして、PC上で文字を書くためには、そういったツールが必要になります。


で、これ……(笑

一太郎2018

一太郎2018 バージョンアップ(DL)版買っちゃいました(笑
一太郎は2014から毎年のように更新し続けています(2015版だけは買わなかった)
別段、今まで使っていた一太郎2017から大きく変わったわけでもないのですが……何故か買っちゃいます(笑

でも、これは致し方ない行為です。
何故なら……

素人は道具に拘る!(笑


てなわけで……

インスト01


んで、

インスト02


で、

インスト03

インストール作業完了!\(^O^)/


起動してみると……

何も変わった感じがしない……(笑


しかも、ライティングソフトを新しくしたからといって、急に文章が上手くなるわけでも何でも無い(笑

でも、何かチョッピリ嬉しい……


だから、一太郎2019も買っちゃうんだろうな、多分……(笑