サイト内検索を導入しました!過去記事探しにご利用下さい!ヽ(^◇^*)/

って、ある意味自分用・・・( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

Google
WWW を検索 にゅーひぐらしblog内を検索

○○でも出来るポタアン(図解編)

CMOY改回路図

Kindle本、出版しちゃいました(笑

上巻はVer1.1に下巻はVer1.2に更正済みです。

誤字脱字の修正に加え、各章の文字を大きくして小説っぽくしました(笑

自動更新をONにしていれば、勝手に差し替わります。

まずは、道具から・・・が素人です(笑2017/05/22 21:29:16

さて・・・


ここ数日は、ダラダラとしながらも、アステローペ上下巻の誤字修正してました。


どちらも何とか作業が完了し、更新をamazonKDPに依頼したところです。
既にアステローペをお持ちの方は、自動更新をONにしていれば、更新されると思います。

まあ、更新されたところで、誤字脱字の修正ですから内容が変わるわけではありません(笑

今回の修正は、どちらかといえば上下巻をまとめて一冊にするための事前作業です。
というのも、前々から書いてましたように、アステローペ2(仮題)の制作をしようと考えたからです。

アステローペ2に関しては、やっとプロットで方向性が決まったところです。


まあ、
そんな訳でして、折角なのでちょっとだけでも気分を盛り上げようと・・・

一太郎01

一太郎2017のDownload版を購入していました(笑


で、早速・・・

一太郎02

インストール。

気になるのはやっぱATOK2017なんですが・・・


正直、あんまり変わった気がしません(笑


変換効率はどんどんアップしているようなのですが、私は元々タイプミスが多い人間ですから・・・(笑
一太郎の方も、何が変わったのか・・・(笑

でもまあ、
これで一応、最新の小説を書く環境は整いましたので、早速始めようと書き出しましたが・・・
いきなり、私の苦手な戦闘シーンからスタートするので、筆が止まる・・・(笑

元々、軍事的な事や兵器の種類に明るくないので、ネットで調べながら書く関係で、効率悪いです。

こんなヤツがロボットモノのSFなんか書くなよ・・・

と自分でも思いっきり困惑してる最中です(笑


まあ、プロットに書いたことをちゃんと文章化できれば、なかなか面白くなる気はするのですが、
如何せん表現力とボキャブラリーに難アリなので・・・(笑

とりあえずは、3ヶ月を目標に書いてみようと思います。

アステローペの上下巻をお持ちで、続きに興味のある方は、少々お待ち下さい。

興味の無い方は、そのままスルーしてください(笑


そういえば、
電子書籍の場合、カバー(表紙)がとても大切なようです。

普通の本屋さんの本の場合は、手に取って中身をチラ見して、面白そうだったら購入という手順を踏めます。
amazonの場合でいえば、「無料サンプル送信」というのがあり、本屋のチラ見以上にじっくりと最初の章が
読めたり出来ます。

出来ますが、わざわざ「無料サンプル送信」をする人は少ないようで、大概の人はカバーを見て判断している
ようです。
つまり、電子書籍の場合は「表紙」が販売数にも関わるような大事なモノのようですが、個人で電子書籍の
小説を書いてる人なんて、デザイナーのスキルはほぼありません。
かくいう私もそうです・・・(笑

では、本当に上手な人、またはプロに表紙を作って貰ったら販売数が伸びるのか?

と、とても興味が湧きました(笑

しかし、
プロのデザイナーなんてとても高くて使えません・・・
無理して使ったら、販売で稼いだ印税でも払いきれないぐらいの大赤字になることは必至(笑

で、
素人でもとてもセンスのある人や、セミプロみたいな人に格安で依頼できないモノなのかなぁ・・・
と思って調べてみたら、以外とそう言ったモノがあるもんですね。

というわけで、

ココナラ ←

このココナラというのは、自分の得意とする事を出品し、それを欲しい側が最低500円から買うことが出来ます。

ちなみに、このサイトで「表紙」と入れて検索すると・・・
沢山出てきます(笑

主には「同人誌」とかの表紙を制作する人とかが出てきますが、ちょっと見てみるととてつもなくスゴイイラスト
がかける人とかも居たりしてビックリの世界が広がっていました(笑

値段も大体¥1,000~\3,000程で出来るようですね。

上下をまとめたVerを出版する時は依頼してみようかなぁ・・・

なんて考えてます。
とりあえず、「アステローペ」のタイトルをカッコ良く作って貰うって依頼もアリだよなぁ・・・

等と考えつつ、世の中には「才能」がいくらでも埋まってるんだなぁ・・・

なんて、妙に感心してしまいました(笑

コンセント一体型の中継器は意外といい。2017/03/26 17:19:29

さて・・・

この土日はずっと一太郎の画面とにらめっこでした・・・


今後の展開をプロットにしてる点は、前回のblogで書きましたが、現在はそれに沿って物語に肉付けしながら作業を
進めています。

しかし、そのプロットの筋道を読み手に自然と受け入れて貰うために、色々とキャラを動かして、それらしい情景や
それらしい台詞を当て込んでいくと、文章がドンドン長くなります・・・
かといって、「かくかく、しかじか」的な表現でごまかすのは嫌いですし、長文のダラダラした説明も嫌いです。

自分が読み手に回った場合、1ページ以上続くような、ダラダラとした「説明文」なんて読みたくないからです(笑

でも、文章を書き連ねるに従って、「この情景描写って本当に必要かなぁ?」などと思ってしまった瞬間、まさに
「筆が止まり」ます。

ダラダラと説明くさい文章はイヤ。されど、テキトーに端折るのはもっとイヤ!そもそも、小説書くのがイヤだっ!

こういった状態に陥ると、一端文章を書くのを止めて、ネットニュース見たり、ソシャゲやったりして気分転換し、
また、書く気になったら、文章をとりあえず打ち込んでみる。
そんな作業をこの2日間はずっと続けてました。


で、
展開につまった時、amazonを見ていたら、タイムセールのある品が目に入り、思わずポチってしまいました(笑

それは、コレ

中継器

TP-Link TL-WA850RE

いわゆる、無線LANも中継器というヤツです。
これは、シングルバンド(2.4GHz)対応で、300Mbpsで無線LANルーターの電波が届きぬくい場所をフォローしてくれる
モノです。

性能的には、一世代前といった性能ですが、まあ1,980円と手頃だったので、物は試しと購入。


てなわけで、開封

中身

本体と、説明書とLANケーブルのみのシンプルなパッケージです。


本体も・・・

裏側

裏側に直接コンセントが付いており、このままコンセントに機器ごと差し込んで使います。


使い方も、とてもシンプル

スイッチ

本体をコンセントに差し込んで、写真のように起動するまで待ちます。

後は、無線LANの親機側のWPS(AOSSと基本同じ)ボタンを押して、点滅状態にした後に、TP-Link側のボタンを押す。

これだけです(笑
もし、無線LAN側にWPSボタンが無い場合は、ブラウザから設定画面を呼び出して、手動でも設定できます。

で、
私の場合は寝室とトイレに電波が届いてなかったので、そこに設置してみました。

フル

おおっ!2.4GHzの方が電波フルになった!

この状態で、実際にGPD Winを使って、PCSX2のストリーミングをやってみましたが、今まで全く電波が入らなかった
トイレでも問題無くストリーミングが動きました。

こんなことなら、1000円ほど高いけど、5GHzにも対応した、デュアルバンドにしておけば良かったかな?

と一瞬思いましたが、
よくよく考えてみれば、寝室はともかく、トイレでどれほどネット環境が必要なんだ?

と思い返し、とりあえずは満足することにしました(笑


とにかく、

設置

設置場所も取らないので、こういったコンセント一体型の中継器は意外とお勧めです。


さて・・・
blog更新して。気分転換も出来たので・・・


小説に戻ります・・・(笑

CHUWI Hi10 PLUSのデジタイザ交換修理と小説の加筆2017/03/20 19:57:49

さて・・・
正確には昨日実施しましたが・・・


CHUWI Hi10 PLUSのデジタイザ交換を実施してみました。


てなわけで・・・



中国からデジタイザの部品到着!

梱包が完璧でした(笑
デジタイザはとても割れやすい部品です。
よって、エアクッションで巻いた程度で送られた場合、ちょっとしたショックで割れてしまう可能性もありますが、
今回は発泡素材の中に入った状態で送られてきました。
この状態ですと、輸送中に多少他の荷物とぶつかっても安心です。


実際に・・・

中身

中身は無事でした(笑

発泡で囲まれた上に、デジタイザ自身もエアクッションに入っていて、梱包は本当に完璧。
ちょっと前のDXなどはエアクッションのみの梱包が梱包が多かったので、よく中身が割れていたりしましたが、
今はそんな事は無くなりました。

てなわけで、
早速、CHUWI Hi10 PLUSのデジタイザ交換にトライしてみます。


まずは・・・

準備

デジタイザが割れた本体を分解しなければなりません。


そこで活躍するのが・・・

こじ開け

こじ開けセット!

これは、今回の件とは別に、たまたまAliexpressを見ていたら、1200円程で売っていたので買っていた物です。
最近のデバイスはいわゆる「爪」で裏蓋がくっついてる場合が多く、こういった「こじ開け」が必要になります。
私も持っていますが、基本はプラスティックで出来てますので、何度か使ううちに先がダメになったります。
そこで、新しいセットを買ってみたわけです。
それにコレには、液晶面を外すための吸盤式のグリップも入っているので、実はコレが何となく欲しかった・・・(笑


では早速、裏蓋を外す作業に入ります。

ネジ

まずは、側面4カ所に付いている星形ネジを外します。


次に、

こじ開け

隙間にこじ開けを差し込んで、爪の部分を外して行きます。


で、

裏蓋

裏蓋取り外し、完了!


ここから、完全にバラすと面倒くさいので・・・

分離

液晶面と基板だけを残し、デジタイザが付いた外回りの部分だけ分離します。


で、

引きはがし

外側のガイドに両面テープで張り付いる、割れたデジタイザを力業で引きはがします(笑

もう、割れていて再利用不可な部品ですので、割れようが構わずにバキバキッと・・・(笑
ガイドの部分はこの後使用するので、こちらは壊れないように剥がします。


で、引きはがしが終わったら・・・

除去

ガイドの部分に残った両面テープの残りかすを、無水アルコールを使って丁寧に除去します。

ここは丁寧にやりましょう。
何故なら、交換後に残った糊によって、綺麗に仕上がらなくなる可能性があるからです。


でなわけで・・・

デジタイザ

外したデジタイザーです。

割れても構わない部品なので、外しやすいように、敢えて割りながら作業しましたが、この部品、本当に割れやすいです。
ちょっとしたショックで簡単に割れてしまうので、タブレットの液晶面の取り扱いには本当に注意です。
高級機などには硬度の高いガラスなども使われていますが、安物タブレットはやはりこういった所が安い所以です(笑


さて、
後は分解と逆の手順で組み立てて行けば作業完了です。


で、

完了

無事、直りました(笑

写真はテストでCHUWI Hi10 PLUSにてStreaming再生をしているところです。
タップも全画面で出来るようになりましたし、動作は問題無いようです。

てなわけで、
多少の慎重さは必要ですが、タブレットのデジタイザ交換は決して難しくありません。
液晶面が割れてしまったタブレットを持ってる人は、新しいモノを買う前に挑戦してみると良いかも知れません。
上手くいけば、2,000円ちょっとで修理できますよ。


さて、
小説の進行状況です。

昨日と、本日の昼間に小説をちょこまかと加筆し、やっと第七章まで書き終えました・・・
しかし、第七章までとはいえ、実は既に上巻のページ数を超えていたりします(笑

これから起承転結の「転」と「結」に向けた第八章と最終章(予定)の第九章を書く予定です。

自分の書きたかった事をぎゅぎゅう詰めにしてるので、結構大変です(笑
一生懸命、自分の文章力内に内容を押し込んでるはずが、横からはみ出したり・・・(笑
しかも、SF小説のハズなのに、あまりSFらしくないという・・・(笑

とりあえず、発刊予定に向けて頑張ります・・・<(_ _)>