サイト内検索を導入しました!過去記事探しにご利用下さい!ヽ(^◇^*)/

って、ある意味自分用・・・( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

Google
WWW を検索 にゅーひぐらしblog内を検索

○○でも出来るポタアン(図解編)

CMOY改回路図

Kindle本、出版しちゃいました(笑

下巻は現在、執筆中です。

順調に遅れております(笑

予定では2017年4月上旬頃までには・・・

GPD Winはやっぱカワイイかも・・・(笑2017/03/19 01:16:10

さて・・・


かなーり今更ながらなのですが・・・


streamingにハマってます(笑


で、
Nvidia SHELD PortableでPCSX2のストリーム再生をやったら、思いの外結果が良かったので、この環境を何とか
他のデバイスに移植できないモノか?
等と考えていたら、そういうモノが既にある事に、今更ながら気づきました・・・(笑


てなわけで、キーワードは・・・


Moonlight Game Streaming ←


これは、Nvidiaのストリーミング環境と同じような事をやってしまうアプリです。
しかも、マルチプラットホーム対応!


てなわけで、
まずはXpera Z4 TabletにMoonlight Game Streamingをインストールしてみました。

Android ←

iOS ←


てなわけで、
Xperia Z4 tabletにMoonlight Game Streamingをインストールし、起動すると、母艦PCを検索してくれます。

設定1

母艦PCが見つかったら、タップします。


すると・・・

設定2

Android側の画面に4桁の数字がでて、母艦PCにはその4桁の数字を入れる画面が出てきます。

これで、ストリーミング再生する端末側と母艦PCがペアリングされます。


すると、自動で・・・

設定3

Geforce Experienceに登録されたゲームが端末側にでます。

しかし、これは私の環境だけなのかも知れませんが、Steamゲームのアイコン風壁紙はロードされませんでした。
※それでも、そのゲームを選択すれば、起動は可能です。


さて、
上の写真にもある通り、Moonlight Game Streamingを使えば、いとも簡単に端末と母艦PCのペアリングが出来ますが、
問題はそのゲームを操作するコントローラーです。
そこで私はPS4のコントローラーを使う事にしました。

PS4コントローラーはPCとBluetoothでペアリングできます。

やり方は簡単。
①母艦PC側にBluetoothのペアリングできる環境を整えます。
②PS4コントローラーの「PS」ボタンと「SHARE」ボタンを同時に長押しします。
③コントローラーの全面の部分が白く点滅したら、母艦PCのBluetooth画面でPS4コントローラーをペアリングします。

これで、完了です。
これで、PS4コントローラーは母艦PCのコントローラーとして認識されましたので、後は動かしたいゲームやエミュ
レーターのコントローラーのキーコンフィグをして上げれば、ストリーミングした画面を見ながらゲームが出来ます。

てなわけで、
Xperia Z4 Tabletは腐ってもスナップドラゴン搭載機ですから、以外とちゃんと動きました。

ただ、問題が一つ!

ストリーミング画面はWi-Fiで母艦PCと繋がっているので、Wi-Fi環境下なら何処でも使えます。
しかし、PS4コントローラーは母艦PCとBluetoothで接続されているので、多分、10mぐらい母艦PCから離れるとペアリング
か切れてしまう可能性があります。

よって、母艦PCの近くでなら遊べます(笑

しかし、これなら母艦PCで直接ゲームをすれば最高に快適な環境でゲームが出来るわけですので、わざわざMoonlight
Game Streamingを使ってストリーミングさせる必要がありません。

そこで、うーんと考えます。
Wi-Fi環境を持ちつつ、コントローラーも内蔵されてる端末は・・・あっ!


GPD Winじゃん!(笑


てなわけで、
GPD Winなら家庭内ストリーミングをするのに必要な条件を持っている事に気づきました。
しかし、GPD WinはWindowsマシンです。
そこで、本家のホームページに行くと・・・

Download ←

あった!

てなわけで、Windows、Linux、OSXの場合はJAVAで動かす環境になりますが、ちゃんとありました。
そこで・・・

①Moonlight PC v0.7.5のmoonlight-win32.jarをDownloadします。
 ※GPD Winの場合は、64bit版は上手く起動できないみたい・・・
②次に、JAVA本体をインストールします。(32bit版、64bit版両方を入れる。)

後は、moonlight-win32.jarをダブルクリックすれば、起動します。

画面は簡易になってますが、やる事は一緒で、GPD Win側から母艦PCとのペアリングを事項します。


で、ペアリングが完了すると・・・

選択

Geforce Experienceに登録されたゲームを選択、起動できるようになります。


で、
PCSX2が無事起動できたら、ゲームを起動せずに、まずはコントローラーのキーコンフィグを実施します。


私は、GPD Winの真ん中にあるコントローラーの切り替えスイッチを一番右のxinputに合わせました。
その上で、PCSX2のコントローラー設定を実施します。

設定1

「General」タブの設定はこんな感じです。


で、次にGPD Winのコントローラーのキーマッピング作業をします。

設定2

これで、当て込み完了!


後はPCSX2でゲームを起動すると・・・

GPD1

ゲーム画面キタ━━━(゚∀゚).━━━!!!

ってなります。
GPD Winも一応、Atomの最新CPU搭載機ですから、直接起動すると辛いですが、ストリーミングならサクサク動きます。


また、キーマップがちゃんと設定できてれば・・・

GPD2

GPD Winのコントローラーで画面を問題無く操作できます。


てなわけで、
試しに起動したDQ8は何の問題も無く遊べるレベルで再生されました。


なんか・・・


急に、GPD Winが可愛く見えてくる不思議・・・(笑


追記:

Geforce ExperienceでSHELD PCストリーミングを実施するには以下の条件が必要になります。

・OSがWindows7,8,8.1,10である事

・ディスクに空き容量が20MB以上ある事

・RAMが2GB以上ある事

・GeforceGTXクラスの1080,1070,1060,1050,1050Ti,TITAN X,900,700,600,900M,800M,700M,SELECT600M SERIES
 GPUが搭載されているビデオカードがPCに入ってる事

・CPUがIntel Pentium G シリーズ、Core 2 Duo、Quad Core i3、i5、i7 以降またはAMD Phenom II、
 Athlon II、Phenom X4、FX 以降である事

になります。
詳細は システム要件 をご参照下さい。

ストリーミング再生には意外と条件がある事を記入し忘れました・・・
自分のPCは古いですが、CPUがi7でビデオカードはGTX960に交換済みでしたので、全く気にしていませんでした・・・

後先を考えるのは、かなり大切です(笑2017/03/15 23:02:22

さて・・・


私は今、デバイス2台を前にして頭を悩ましています・・・(笑


私の目の前にあるデバイスはこれ・・・

デバイス

GPD WinとNvidia SHIELD portable・・・(笑


GPD Winの方は、とりあえずWindows10周りの設定を終え、本格的な運用をすべくSteamやエミュレーターのゲームを
移行している最中ですが、PS2やGCのエミュレーターがGPD Win上では思ったより動きませんでした。

正確に書くなら、起動はするし、ゲームも遊べなくは無いです。
ただ、処理が重いシーンになると急にゲームがノロノロになります・・・


GPD Winなら、私の望みを叶えてくれる・・・


そう、信じて購入したわけですが・・・


さて、
では何故に、Nvidia SHIELD portableを目の前にしてるかと言えば、本日久々にNvidia SHIELD portableを充電し、
SHIELDが得意としているストリーミングをマジメに構築してみたからです。

Nvidia SHIELDシリーズは母艦PCでNvidiaのビデオカードを使い、Geforce Experienceにゲームを登録すると、それを
Nvidia SHIELD製品側にストリーミングさせる事が出来ます。
これは、Steamのゲームを意識した作りとなっていますが、実は他のプログラムも手動で当て込む事が可能です。

そこで、GPD Win側では満足のいく動きにならなかったPCSX2を、母艦PCで起動させた上で、Nvidia SHIELD portableに
ストリーミングで送り込んでみました。
その上で、PCSX2のコントローラー周りはNvidia SHIELD portableのコントローラーで動くようにキーマッピング済みです。

その上で、動画を撮りましたので、公開します。



まあ、当たり前と言っちゃ当たり前なのですが、母艦PCの画面をNvidia SHIELD portableに映してるわけですので、母艦PC
がそれなりのスペックであれば、サクサクと動きます。

ただ、この場合は、家庭内のWi-Fi環境内、つまりストリーミングできる環境内という制限が付きます。
別段、外でもリモートで出来ない事も無いのかも知れませんが、スピードが出ない上に、母艦PCはスイッチを入れっぱと
いう条件をクリアしなければなりません。

よって、現実的には家庭内無線LAN上でのみ可能な方法という事になるかと思います。

しかし、
外でそれほどゲームをやらず、自宅内でちょこちょこ遊ぶ程度のライトユーザーなら十分にアリではないでしょうか?
特に、せろおさんのような使用環境なら・・・(笑


てなわけで、
PS2やGC等々の重いゲームはNvidia SHIELD portableを使って家庭内で遊ぶとして、GPD Win側には何をさせるべきか?
そこで、うーんと詰まり、上の写真の状態になったわけです(笑

現在、GPD WinにはRetroAechを入れて、軽めの昔のレトロゲーを入れました。
後は、PC-9801エミュレーター周りですね。
そして、Steamもトライしましたが、SKYRIMはさすがにサクサクとは動きませんね・・・(笑

よって・・・

128GBもメモリー要らなかった・・・(笑

とりあえず、余った領域には動画でも入れて埋めます・・・(笑


さて、
需要があるかは分かりませんが、Geforce Experience用に使う画像を作ったので貼っておきます。

PCSX2

Doliphin

欲しい人は、ご自由にどうぞ・・・(笑


さて、最後・・・

GPD Winもそうですが、Nvidia SHIELD portableも裏側に、充電用のUSBポートとHDMI miniのポートが並んでします。
特に、GPD Winは充電用がType-CとなりHDMi miniと形状が似ています。
私は今まで間違ってケーブルを突っ込んだ事はありませんが、ぼーっとしてる時に作業すると間違って違う方にケーブル
を突っ込んでしまう可能性も0%ではありませんので、一応・・・

保護キャップ

HDMI mini用の保護キャップを買ってみました。

これをかぶせておけば、間違ってゲーブルを突っ込んでしまう事もないし、HDMI miniポートにホコリの侵入も防げるので
まあ処理して置いてそんは無いと思ったからです。


まあ・・・


買って数日なのに、GPD Winにちょっと飽き始めてたりするんですが・・・(笑


そういえば、小説全然進んでません・・・
今週末の3連休で真剣に書きます・・・

4月頭には発刊しますので、お待ちの人は、もう少々お待ち下さい<(_ _)>


まあ、待ってる人居ないと思うけどね・・・(笑


PS.

PCSX2でゲームを起動させる場合、PS2のBIOSが必要となります。
吸い出し方法は過去ログをご参照下さい。

過去ログ ←

まあ、私もメモカブートとか、SWAPMAGICとか、既に記憶の彼方ですが・・・(笑

久々の漢買い!\(^O^)/2017/03/13 01:32:54

さて・・・


私的には久々の漢買いネタです・・・(笑


てなわけで、
小説の続きも書かずに、ひたすら3DSでゼルダの伝説で遊んでいたら・・・

荷物

GEARBESTから荷物が到着しました。

今回はインプレネタでは無く、ちゃんと自分でお金を払って買った物です。


んで、開封・・・

梱包

丁寧な梱包です。

コレなら少々手荒に扱われても中身が壊れてる事も無いでしょうね。
まあ、かなり強めのショックを与えられれば意味ないでしょうが・・・(笑


てなわけで、エアクッションを外して中身を取り出します。

GPD

GPD

と、黒い箱に、金色で文字が書いてあるシンプルな箱です。
まあ、このロゴだけで分かっちゃう人には、分かっちゃうのですが・・・

GPD Win

GPD Win買っちゃいました(笑

さて、
このGPD Winというのは、小型のWindows10が搭載されたハンドヘルドPCです。
現状、GPD WInは搭載CPUの違いにより、2種類存在します。

・Atom x7-Z8700
・Atom x7-Z8750

カタログ上のスペックで言えば、Z8750の方がZ8700よりも後期のCPUになるので、性能は上です。
よって、少しでも良いGPD Winを欲しい場合は、Z8750版を購入するとこrとですが、私は敢えてZ8700を選択しています。
それは、2つ理由が存在します。

①Z8750版ははZ8700版より5,000円以上高い
②価格差ほどの性能が出ていない、というよりむしろZ8750版の方が最適化されてないようで、パフォーマンスが出てない。

PCの世界ってのは、最適化というのがとても大切なポイントで、単純なるCPUの性能だけでは決まりません。
その点、Z8700の方がパフォーマンスは発揮できてるようです。
以下、GPD WinのZ8700とZ8750のパフォーマンステストの動画を上げておきます。



この様に、画面左側のZ8700の方が動作がスムーズな事が分かります。


てなわけで・・・

本体

これがGPD Winの本体です。


大きさを比較するために、NEW 3DSLLと並べてみると・・・

比較

ほぼほぼサイスは一緒です。

これでGPD Winがいかに小さなWindows10マシンであるかが分かると思います。


さて、では付属品

付属品

・ACアダプター(5V 2.5A)
・Type-Cケーブル(充電用)
・iPhone付属に似たイヤフォン
・液晶ほぼシート
・説明書

特に、ACアダプターが2.5Aとちょっと特殊です。
まあ、別段2.4Aでも充電は出来る感じです(笑


また、GPD Winの特徴は、

特徴

キーボード付きという点と、各種ゲーム用のコントローラーが本体に内蔵されている点です。

ちなみに、キーボードは小型の割に、意外と打ちやすいです。


さて、
本格的な運用をする前に、幾つかやらなければなりません。

一つは、付属していた液晶保護シート貼りですが、よくよく画面を見てみると既に貼ってある状態でした。
そこで、液晶保護シート貼りは急遽中断。
もう一つの方に取りかかります。

GPD Winはとても良く出来た筐体なのですが、唯一の欠点は・・・

欠点1

欠点2

蓋を閉めると、液晶面とキーボードが接触し、鞄に入れてる時に勝手にスリープ解除になったりするようです。


そこで、液晶面の保護と、キーボードの誤作動を回避するために、こんなモノを用意します。

ゴムシート

裏がシールになっているゴムシート

Amazon等で、900円程でGPD Win用のゴムシートが売ってますが、あれは高いから買わない方が良いです(笑
このゴムシートは200円以内で買えます(笑
しかも、使うのはほんのちょっぴりなので、ゴムがへたれてきたら、その度にカットすれば50回ほどは使えます。


で、

ゴムシート貼り付け

私は液晶画面の上側にだけ、ゴムシートを2mm程の幅で切ったモノを貼り付けました。


これで、

アフター

液晶画面とキーボードの間に隙間が出来るので、液晶面保護と、誤作動対策が完了です。


では、早速スイッチを入れて起動してみます。

起動画面

何故か、GPDのロゴは縦画面表示だった・・・(笑


しかし、

設定1

起動すれば、初期設定が横画面になります。

ちなみにOSは英語版がインストールされてるようです。


とりあえず・・・

設定2

設定画面で日本語を選択します。


設定が進むと、

プロダクトキー

Windows10のプロダクトキーの入力画面が出ます。

ここに、パッケージ内にシールで貼られたプロダクトキーを入力します。


アカウントを、メインPCと同じモノを使用し・・・

設定3

初期設定画面が続きます。


で、

起動

無事起動しました。


ここで、色々インストしたいところですが・・・

Steam

とりあえずSteamをインストします。


しかし、本日の設定はここまでで終了しました。
なぜなら・・・

USB3.0

GPD Winは裏側にUSB3.0のポートは付いてるのですが、まだフラッシュメモリーが未着だからです・・・(笑

GPD Winは64GBのeMMCが搭載されてますが、当然、本格運用をすればそれだけでは足らなくなります。
そこで、USB3.0のポートに128GBのUSBフラッシュを差し込む予定でいます。

これで、快適なゲームや動画再生の環境を整える予定です。
また、Windowsベースですから、PC-9801エミュレーターをインストして遊べるなど、Windowsの環境を手の平サイズに
凝縮する事が出来るので、今から楽しみです。

てなわけで・・・

ちょっとGPD Winネタが続くカモです・・・(笑