サイト内検索を導入しました!過去記事探しにご利用下さい!ヽ(^◇^*)/

って、ある意味自分用・・・( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

Google
WWW を検索 にゅーひぐらしblog内を検索

○○でも出来るポタアン(図解編)

CMOY改回路図

Kindleで小説を出版してみました(笑

冬休み初日\(^O^)/2019/12/28 23:37:07

さて・・・


終わってみれば、意外とあっさり終わった2019年の仕事・・・


昨日は無事に仕事納めが出来、思いっきりのみすぎてしまい、朝起きてもまだ気持ち悪い・・・(笑
水をゴクゴク飲んで、温和しくていました。


てなわけで、Steamで恒例の「ウインターセール2019」をやっていたので、いくつか安いゲームを買いました。
その中で、今更ながら買ってしまったのがこれです。

FFX

FFXとFFX-2のセット(笑

このゲームは散々遊んだので、今更と思ったのですが、PC版はMODで改造が楽しめます。
その中でも、画像のクオリティーを4Kとか8Kに対応させてしまう、高解像度版が遊べる・・・
NEXUSMODS ←


こりゃ、買うしかないよね!


と購入し、早速MODを導入してみました。

まあ、凄くクオリティーが上がるかと言えば、フルHDのモニターではたいした違いはありません(笑
でも、キレイになってることはなってるので、それなりに楽しく遊んでます。
しかもSteam版は最初から公式MODともいえる仕組みが組み込まれており、中ボス戦も楽勝です。
私のようなライトゲーマーにはとても優しい仕様です(笑


さて、そういえば、これ届いちゃいました(笑

G910r

Logicool G910 Spectrum

実はこの前、思い切って基盤丸洗いしたG910が完全復活してしまったので、まだ写真を撮っただけで未開封。
そのまま押し入れに入れました(笑
まあ、そのうちフィーリングの違いを確認したいので、開封してみる予定です。


さて、最後は小説の状況

まずは、紙の本として出版できるPODは契約書も交わしたので、無事成立しました。
後は表紙データと小説の中身をePub形式で保存して送るだけです。

ただ、電子書籍と決定的に違うのは、一度出力してしまうと変更が一切きかない点です。
よって、この休み中に細部まで見直して、推敲をする予定です。

また、アステローペの続編のIIIも第一章まで書きました。
なんとなく方向性は固まってきたので、とりあえずは書いてゆこうというわけです。
序盤とラストだけ何となく考えて、中盤を一切考えずに書き出しましたが、まあ何とかなるでしょう・・・
ってか、なんとかしないと小説として発表できません(笑

この冬休み中に追記してゆく予定です。

何とか2020年の3月頃までには発表したいです。

そんな事を書きつつ、休み初日の今日は午前中は二日酔いで、午後はずっとFFXやってましたが・・・(笑

JAPANNEXT JN-T2888UHDRの顛末2019/11/16 10:21:07

さて・・・


いきなり、スイッチオンと同時に白点滅を繰り返していたJAPANNEXT JN-T2888UHDRの続報です。


まずは、簡単に経緯説明します。

①設置後、HDMI2.0対応のHDMIケーブルでPS4 proとJN-T2888UHDRを接続
 ↓
②互いの機器のスイッチを入れて動作確認すると、問題なく画像が表示される
 ↓
③HDRの設定をしている途中でいきなり白点滅!
 ↓
④ケーブル周りの問題だと思い、接続し直したり、他のケーブルと交換した上で動作確認
 ↓
⑤白点滅……
 ↓
⑥全てのケーブルを外し、ディスプレイの電源を外して5分間ほど放置した上で、スイッチを入れる
 ↓
⑦白点滅……
 ↓
⑧この時点でディスプレイ側の問題だと認識できたのでサポートセンターに連絡し、同じ内容を念の為にdショッピング
 にも報告。 ※メーカー側と揉めた時、最終的には販売店であるコジマに対処して貰うための保険。
 ↓
⑨翌日、すぐにJAPANNEXTのサポートから返信がある。
  ※対応してくれた担当は日本人で、当然文章もしっかりしてるし丁寧で、好感が持てました。
 ↓
⑩担当からのメールで、問題切り分けのための確認を実施
  3項目のうち、2つは実施済みだったが、3つめの「電源を抜いて6時間放置後に再接続」を実施
  ※ディスプレイの帯電を完全に無くすのに6時間も必要なの? と思いつつ、実施するもやはりONと同時に白点滅
 ↓
⑪動作確認をすることになり、メーカーに着払いでディスプレイを発送
 ↓
⑫着報告のメールが入り、状況確認を開始するので、暫く待って欲しいと連絡が入る
 ↓
⑬悶々と5日間ほど待つ・・・(笑
  ※その間、ネットで色々調べてみると、PS4 pro固有の問題で白点滅する事があると知りました。
   HDMI接続の問題の様で、セーフモードで起動し、ファームウェアを更新することで改善するらしい。
 ↓
⑭担当からメールが入り、申し訳なさそうに「症状が再現できなかったので、そのまま送り返す」と連絡が入る!
  ※正直、「ウソだろ?」って思いましたが、まあPS4 proの固有問題もあるし、メーカーの検証では不具合が発生しな
   かっと言われたらこちらは何も言えません。一応、メーカー側の動作確認機器にPS4 proが入ってるのかと、使用
   しているHDMIケーブルのメーカーを聞きました。
 ↓
⑮担当から連絡が入る。製品戻し前の最後の動作確認を実施したら、電源を入れた直後の白点滅が再現出来たとの事!
  製品の不具合が認められ、急遽新品との交換(ちゃんと動作確認後に)になると連絡が入る
 ↓
⑯んで・・・

新品

メーカーで動作確認実施済みの新品が到着しました!

長かった・・・
このディスプレイが到着したのが11月3日
翌日、設置して10分で白点滅が発生し、それから10日間ほど経過してます・・・(笑

でもまあ、発送前最終点検で白点滅が再現できて良かった・・・
そのまま送り返されていたら、また私の環境で白点滅することになり、まだまだ長い戦いが続いたかもと思うと・・・

てなわけで、今回はディスプレイの不具合で決着がつきました。
ユーザー側としては満足いく結果が得られたので良かったです。

しかし、それ以上に良かったと思えたのはサポートが日本人である点と、その姿勢です。
今回担当してくれた人は日本語が完璧なのは当然ですが、文章が丁寧で、しかも返信が速い!
こちらから夜にメールを返信すると、翌朝の10時頃までには返信が届きます。

電化製品ってのは電源入れれば動くのが前提ですから問題が発生しなければ何も問題ありません。
しかし機器ってのは全てが完全に同一の物かといえば決してそんな事は無く、不具合品や不良品ってのは必ずあります。
だからメーカーにはサポート窓口が設置されるわけです。

もう二度と買わない! と堅く心に誓ったメーカーにDELLがあります。
ここは最初こそは日本人がメール対応しましたが、その文章はテンプレートの様な定型文ばかりでお話なりませんでした。
そのうち、こちらの了解も無しにいきなり自宅に電話がかかってきて、たどたどしい日本語の女性が「承服シテクダサーイ」
としか言わない・・・(笑
もういい! と電話を切りました。

その点、今回のJAPANNEXTのサポート担当の人は好感が持てました。
メーカーの人間である以上、サポートは全てのユーザーの話を鵜呑みにする事は出来ません。
よって、現状確認できるまでは「弊社の製品の不具合」と簡単に認める事は絶対に出来ないのです。
その為、サポートのメールは杓子定規な言い訳文章が横行するわけですが、今回のJAPANNEXTのサポート担当はしっか
りと自分の言葉で説明してくれました。
つまり、ちゃんとコミュニケーションが成立しているのです。

今回、JAPANNEXTの製品を初めて購入し、10分後に不具合が発生し惨憺たる思いに陥りましたが、そのお陰でこのメーカー
のサポート姿勢を知る機会に恵まれました。

まだ不具合が発生する可能性は0%ではありませんので断言は出来ませんが、少なくとも私は、
「今回、このメーカー製品を購入して色々あったが、結果良かった」
と思ってます。


前置きが長くなりました・・・(笑


てなわけで、早速設置し、PS4 proとHDMI2.0で接続し・・・

起動

PS4 proをセーフモードで起動

ちゃんと映像出るよ! と当たり前のことで興奮してしまった(笑


で・・・

FW01・・・

FW02

既に最新FWの状態だが、再度セーフモード上からFWをアップデートします。

※PS4の設定からFWを上げようとすると、最新が既に入ってる場合は、「最新です」と言われるだけですが、セーフモードだ
 と最新状態であってもFWをアップしてくれます


ディスプレイの接続状況を確認・・・

4K

ちゃんと4KモードでHDCPは2.2でHDRも対応になってます!


ホライゾンを起動してみる・・・

ホライゾン

キレイ・・・

黒の沈み込み具合もいい感じでけっこう感動・・・
TN液晶は画角が狭いとか色再現性がIPSやVAと比較してイマイチとか言われますが、このクオリティーで出力されるなら
私的には全く問題なしです。
動きの激しいゲームやるならTN一択でもいいんじゃないの? って感じです。

ただ、問題はメニュー画面等を呼び出すボタンが背面にあり、操作が手探りになるのでムチャクチャ設定しにくい!
リモコンは必須だよなぁ・・・とその点は不満といえば不満ですが、それも一度設定してしまえば何度も小まめにする事で
もないので、何とか・・・(笑

HDRのせいなのか、私的にはちょっと画面が白っぽくなるのでその辺りは少し弄ってみる予定です。


でもまあ、これでスッキリしました(笑

即位礼正殿の儀が執り行われた日ですが、一般人の私は……2019/10/22 20:44:59

さて・・・


本日は即位礼正殿の儀でお休み……


天皇家に特別な思いがあるわけではありませんが、伝統を重んじながら平和な国家が出来ている今の日本は
我々、日本人にとってとても住みやすく良い国だと思います。

日本という国は世界でも割と珍しい国家です。
少なくとも、隣国の韓国に批判されるような「不良国家」ではないですし、普通に考えれば割と良い国家に分類
されると思うのですが、っこれは日本人のひいき目なんでしょうかね?

まあ、隣国に目くじら立てた所で明日の自分の生活が激変するわけでもないですし、穏やかに人生を全う出来
る国家に生まれたのだとしたら、人間としてとても幸運な事だとは思います。
だって、世界には戦争が継続している国もあれば、飢えや貧困に苦しむ人たちも大勢いるからです。

当然、日本には言論の自由が保障されていますから、天皇家批判をしようが天皇陛下万歳と叫ぼうが逮捕され
る事はありません(笑
そういった自由度が高い国家に生まれたことを幸運だと噛みしめ、今日ぐらいは「日本国万歳!」と皆で手を取
り合い、喜びを分かち合っても良い気がします。


さて、一般人の私にとっては即位礼正殿の儀は雲を掴むような話で正直あまりピンと来ません。
よって本日は朝起きてから割と真面目に小説の続きを書いてました(笑
今日は割と詰まらずにキーボードを打つ手が進み、最終章の一歩手前までたどり着きました。
最終章はこの小説を書くにあたって最初に頭に浮かんだシーンですから割と書きやすい。
よって、書くのにそれほど時間はかからないでしょう。

大変だったのは中盤です。
今回の小説はテラフォーミング中の惑星に調査のために降り立った一人の科学者が主人公で、その主人公が
地震災害に巻き込まれ、生還する物語です。
よって、生身のキャラはたった一人の主人公しか登場せず、後は主人公の幻影になります。
意外と一人のキャラだけで話を進めるってのはムズいです。

二人いれば会話をさせる事が出来、二人の様子などを描写すれば意外と文字数は稼げます。
ところが一人だと会話を成立させることが出来ず、主人公の心の言葉が中心となりますので、実質的には二人
のキャラが登場する話よりも文字数は半分しか稼げない……(笑

それと、テラフォーミング中の異星なんて実際に見た事なんてありませんから、どう表現して良いのか……(笑

今回は、そういった二重苦の話を書き始めてしまったので、途中であっさりと詰まり、短編なのに中断も含めて
二ヶ月以上かかってます(笑
しかも、時間をかけてる割に表現が拙い箇所が多く、書き上げてからの推敲に大分時間が掛かりそうです……

でもまあ、自己満足なんでしょうが、物語を空想して、それを文章にする行為はやっぱ楽しいです。
小説を書いてる以上、評価されれば嬉しいのは当然ですが、それ以上に自分の脳みそにある物語を文章化する
行為の楽しさの方が勝ります。

これは実際に書いてみないと分からない感覚なので、興味ある人も興味ない人もちょっと書いてみると良いです。
思った以上に自分の頭の中にある空想を文字に変換する作業が難しいと気付くはずです。
この経験はなかなかに貴重だと思いますよ(笑

てなわけで、
ずっと小説を書いてるのにも飽きたので、表紙のラフデザインを作ってました。

こんな感じ……

表紙案

タイトルはまだ仮題ですが、『X723のテディーベア』

まあ、今後タイトルも表紙も替えるかも知れませんが、こういった作業をするのもKDPの楽しみです(笑
何しろ、何から何まで自分でやらなければなりませんから……(笑
とりあえず、この小説を10月中にアップし、その後はアステローペIIIのプロット作りに入りたい……
ってか、アステローペIIIの構想なんてまだ欠片もありませんケド……(笑


それと、息抜きに久々にSteamでゲームを買ってみました。

GRIS

GRIS

このゲームは心の傷を持った少女の心の中での物語。
派手なアクションもない、とても淡々としたゲームです。

でも、キレイな音楽と相まって、独特の世界観を作り出すことに成功したゲームだと思います。

これ、動画



アニメーションの様に流れるように進む。
そして難しい操作は殆どありません。
よって、ゲームレベルもありません。

バリバリのゲーマーには物足りないかも知れませんが、ちょっと息抜き程度のライトゲーマーなら意外と短惜しめ
ると思います。

SWITCH版もあるようなので、暇な人はチョット遊んでみるのも良いかも・・・


さて……
小説の続きを書くか……