サイト内検索を導入しました!過去記事探しにご利用下さい!ヽ(^◇^*)/

って、ある意味自分用・・・( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

Google
WWW を検索 にゅーひぐらしblog内を検索

○○でも出来るポタアン(図解編)

CMOY改回路図

Kindleで小説を出版してみました(笑

自己満足の世界へようこそ(笑2017/12/06 00:06:51

さて・・・


久々に、このblogらしい事を書けます(笑


やっと、待っていたブツが中国より到着!
それはコレ

荷物

ファミコン(というより海外のNES)風の段ボール箱


中身はこんな感じ・・・

中身

NES風のプラスティックケースと説明書とドライバー

これだけです(笑


早速、NES風ケースを開いてみます。

中身

中はこんな風になってます。

これは何のケースかと言えば、Raspberry Piのケースです。


よって・・・

準備

Raspberry Pi3を準備します。


んで、

組み立て

Raspberry Pi3をケースに押し込み、各種配線を説明書に従ってします。

コレでNES風ケースに入ったRaspberryPi3の完成!
組み立て時間は配線とネジ止めだけなので、10分もかかりません・・・(笑


んで、見た目・・・

見た目

意外といい感じです。

ケースにはON/OFFスイッチとリセットボタンも付いてます。
また蓋を開けると、LANの差し込み口とUSBぽーとも2つ現れますが、使わなければ閉じておくことが出来ます。

ON/OFFスイッチが付いてるのも良いし、リセットボタンがあるのも良い!


また、

金型

金型もしっかりしてるようで、とても良い仕上がりです。

最近の中華製は全然侮れないレベルまで来てますね。


ひっくり返して、裏を見る

裏

ん? 真ん中辺に空けられる場所がある。何だろコレ?


と、開けて見ると・・・

microSD

予備のmicroSDHCの保管する場所だった(笑

なかなかよく出来てるヤツです(笑


てなわけで、
以前購入していたコレがやっと役立つ時が来ました。

ケーブル

10cmの長さのHDMIケーブル


これで以前購入した7inchディスプレイと接続します。

動作

あっ、何気にいい感じ!


てなわけで、
スーファミミニを買わなくても、とても満足できてしまいました(笑


ただ、不満足な点は・・・

先に届いたマリオのコントローラーが不良品だった・・・

やっぱ、中華製は当たり外れがまだまだ激しいですね・・・(笑

何だこれ?2017/11/21 23:43:52

さて・・・


アステローペ下巻のアップ前に、スマフォに小説送り込んで、推敲中・・・


何やってんだか・・・
と思いながら、自分の小説眺めてます(笑


さて、
帰宅してみると・・・

荷物

中華から荷物が届いていた。

何だろ・・・?
あっ、あれか? アレなのか?


で、ワクワクしながら開封・・・

開封

ん? 何だっけこれ?


箱を明ける・・・

中身01

あっ! 如何にもパチモンのコントローラー

そういえば、面白そうだし、安かったから買ってみるかと注文した記憶ある・・・(笑


裏は・・・

中身02

(笑


まあ、格好綺麗なコントローラーなので、良しとしますか・・・
しかし、コントローラーのABXYは普通に紙のシールってのが・・・(笑
これ、使ってるうちに色がハゲてくるよね・・・

てなわけで、シールは貼らずに捨てました(笑


で、
現時点まで動作確認してません・・・(笑


さて・・・


推敲の続きやりますか・・・(-_- )

Kuman 7inchモニターで遊んでみる2017/11/05 09:39:07

さて・・・


amazonのタイムセールで安くなっていたコレについてです。

kuman

KUMAN 7インチ ディスプレイ モニター

液晶はTFT
解像度は1024x600
と、まあ一昔前のような性能ですが、その分価格もそれ程高くありません。
私がコレを購入したのは、たまたま数量限定のタイムセールの情報がメールに入ってきたからです。
購入価格は5,321円(通常価格:6,260円)

これならお遊び程度のモニターとして使用できそうだったからです。


んで、中身

中身

色々入ってます(笑

・モニター本体
・ACアダプター(12V) ←車載を意識してると思う
・リモコン
・HDMIケーブル(1m)
・スタンド+スタンドを貼り付ける両面テープ


早速、電源を入れてみる

メニュー01

ちゃんとしたモニターらしく、独自のメニュー画面があります。


また、

メニュー02

メニュー画面は日本語にすることも可能です。


んで、



とりあえずRaspberry Pi3にRetroPieを入れて接続してみる。

前回の純正モニターと違い、HDMIケーブルでお互いを接続したり、電源も別々になるなど、配線が多いです(笑


しかし、
モニターの背面にモノラルスピーカーが付いてるので、

スピーカー

それでよければ、別途スピーカーを準備する必要はありません。

まあ、お世辞にも「良い音」なんて言えないような音質ですが・・・
まあ、映画を見るならあれですが、レトロゲームを遊ぶ程度なら問題無いでしょう(笑


画質は・・・

画質

なかなか綺麗です。


後は・・・

配線01

配線02

配線さえもう少しスッキリさせればねぇ・・・(笑


それでも、ラズパイの純正モニター+スタンドの半額ほどで買えて、取り敢えずはスピーカーも付いてる。
また接続もHDMIなので、純正のように画面が上下逆等の問題も発生しない。

そう考えれば、簡易モニターとしては十分だと思います。