サイト内検索を導入しました!過去記事探しにご利用下さい!ヽ(^◇^*)/

って、ある意味自分用・・・( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

Google
WWW を検索 にゅーひぐらしblog内を検索

○○でも出来るポタアン(図解編)

CMOY改回路図

ド素人の池作り奮戦記


Kindleで小説を出版してみました(笑

生存報告(笑2021/06/09 06:22:55

さて・・・


爽やかな朝!(笑


何しろ本日はテレワーク予定で、始業時間の9時まで部屋でゆっくり出来ます。
最近の東京の現状はコロナ禍前に戻りつつあります。
通勤電車は相変わらず混んでますし、街中は人が多いです。

詰まるところ、連日のようにTVでは「五輪は中止か?」とか「ワクチン接種の現状」とかを危機感を煽りつつ、面白おかしく
報道していますが、現状とは乖離していると感じます。
日本のTV報道は、日本以外の国の現状を報道してるようで、作為的な世論操作を感じずにはいられません。

やっぱ、メディアはあまり信用しちゃダメですね(笑

別段、彼等はあからさまにウソを付いてるわけでは決してありません。
しかし、TVに映る状況は現実の鏡像みたいな物です。
似てるようで、何か現状とはズレている・・・そんな臭いが画面からプンプンしてきます(笑


さて、てなわけで生存報告です(笑


まずは、池の現状です。
池の方は大分落ち着いてきました。

現在、お星様になってしまったのは金魚が5匹、錦鯉が0匹です。

金魚の方は池で飼い始めてから大体1週間後辺りから一匹づつという感じで進行していましたが、ここ数日は一匹も死んで
ません。
これは前にも書きましたが、個体的に弱い金魚が淘汰された結果だと考えてます。
群れには入れずに、エサを食べられずに餓死したか、元々弱っていた個体が環境変化に耐えられなかった結果だと考えてます。

今生き残ってる金魚は群れることが大好きで、それぞれが勝手なようで最終的には1箇所に集まるといった感じです。
「1人では生きて行けない」ってのは何も人間に限定された言葉では無いのかもしてません。
金魚だって群れないと生き残れない・・・そんな感じです。

また錦鯉も何のかんのと群れます。

そして、今更ながら思うのが錦鯉の生体としての生命力の強さです。
本当に死んだりせずにしっかりと生き残ってます(笑

また、今回は池にバクテリアを増やす溶剤とかも一切使用していません。
一年前は定期的に入れてましたが、結果白カビ病が蔓延した結果になったと考えたからです。
水槽といった人工的な飼育環境では水の状態を最適に保つためにそういった溶剤も必要なのかも知れませんが、池っての
は自然の中に存在する物ですから、そういった微生物も自然発生的なものに任せようと考えてます。
実際、今のところ死んだ金魚の個体を確認していますが、そういった病気が死亡原因ではないと思います。

錦鯉、安い時にもう少し買っておけば良かったと今更、ちょっとだけ後悔してます(笑


さて、
それ以外としては、急にあることに目覚めてしまいました!

で、

荷物

amazonで大量購入(笑


中身と内容は今週の土日頃にアップ予定です。


ではでは、生存報告でしたぁ~

その後の池・・・(笑2021/05/31 20:40:00

さて・・・


昨日、更新予定だったのですが、酒飲んだら眠くなって寝てしまいました・・・(笑


で、
本日、こうして更新しています。


てなわけで、
先週の土曜日で1週間経過しましたが、池の金魚は全員無事に乗り切りました。

そこで、まあいいかと・・・
錦鯉5匹と金魚(下沢)10匹飼ってきて本格的に池に放流します。

で、明けて翌日の日曜日・・・
合計3匹が★になっていました・・・

★になったのは、1週間前の金魚なのか、土曜日に新しく買ってきたヤツかは分かりません・・・
でも、何となくですが、近々★になってしまう金魚は大体見当が付くようになりました。

それは、集団行動をせずに、単独で泳いでるヤツです。

金魚も錦鯉もそうですが、基本的に群れます。
一匹が移動すると、急いで後を追うのが正常な状態です。
しかし、そんな中で、群れと行動を共にせずにぽつんと一匹泳いでる金魚がいることに気付きました。

最初は、「俺はロンリーウルフだぜ!」気取りの金魚なのかな? と気にも留めなかったのですが、大体こういう個体は
長生きしない感じです。

多分、元々弱っていたか環境になじめなかった個体と思われます。

金魚って、お店で買うときは、

「下沢10匹下さい」
「はい」

店員との会話はこれだけです。
で、店員は網で10匹ランダムにすくって袋に入れます。
つまり、弱ってる個体も元気な個体も選別される事なんてありません。
その時、生きてさえいれば10匹は10匹なのです。

その点、少し値段の張る錦鯉は、体の模様もありますので、「コレください」と指定買いが出来ます。
よって、元気のいい個体を選ぶことが出来るのです。

この辺りが根本的な原因と考えています。

まあ、そこまで分かってるなら隔離して保護してやれよと言われそうですが・・・基本的にそれはしません。
残酷なようですけど、池は自然に触れる屋外に設置されます。
雨が降ることもあれば、気温も上下するのに連動して水温も上下します。
そんな環境の中で生き残れない個体はどのみち長生きできないと思うからです。

で、本日、月曜日は死亡数0だったようです(奥さん談)


てなわけで、最新の池情報です(笑


錦鯉

悠々と泳ぐ錦鯉

しかも前回と違い、今回の錦鯉は金魚を嫌がりません。
前の錦鯉は金魚が寄ってくると逃げたりしていたのですが、今回の錦鯉は金魚と一緒にゆっくりと泳いでいます。


錦鯉も金魚も暗い色の方がストレスが貯まらないとネットによく書いてありますが・・・

錦鯉

明るい色を気にしてる感じは全くありません(笑


それと、原始的な本能なのか・・・

土管

昼間は岩場の影やレンガの土管の中に潜んでいます。

で、鳥が行動をしていない、早朝とか夕方に活発に泳ぎ始めたりします。
養殖なのに、池に入った瞬間にそういった本能のスイッチが入るんですかね? とても不思議です。


それと、少しだけ模様替えをしました。

まずは、

砂利

池の一部に砂利を引き詰めました。

バクテリアや藻などを育てるためです。


それと、
池の裏側にコケが生えていたので・・・

移植

せせらぎ部分に移植しました。


これで何となく池らしくなったかな?


後は、生き残った生体が元気に泳いでくれることです。

パイロットフィッシュ投入2021/05/24 22:53:12

さて、


土曜日に本番の水を入れ、26時間ほど循環器とジェット水流を回しっぱなしにして水を作りました。


pHは8.0辺りでちょっと高めではあるのですが、とにかくパイロットフィッシュを入れる準備をしました。

で、まずは魚が隠れる場所を作ろうと、前回購入した人工の蓮の葉を・・・

洗う

中性洗剤で洗いました。

こういった物は中国製ですし、どんな薬剤を使って生産してるか分からないので、念のためです。


で、

結束バンド

センターに2箇所カッターで穴を開けて結束バンドを通します。


で、裏側に・・・

シリコンチューブ

シリコンチューブをくくりつけます。

このシリコンチューブの反対側はブイ(浮標)に繋げてます。
そのまま浮かべると循環器で池の水が回っているために、1箇所に集まってしまうからです。

よって、ブイにくくりつけ、そのブイ自体は重りを付けて池内を動き回らないようにするわけです。


これを池に浮かべて・・・

完成

完成!

蓮の葉は合計6枚あるので、

2箇所

2箇所に設置しました。


これで、パイロットフィッシュを投入する準備は整いました。

で、昨日の日曜日、パイロットフィッシュとして別下(5cm程に成長した金魚)を10匹ほど買ってきました。

金魚は一番小さいヤツが小赤で当然安いのですが、まだ小さいので抵抗力も弱い。
その点、別下はもう少し成長しているので、強くなってる上に安い(笑
一匹58円程ですので、10匹買っても580円ほどです(笑


さて、いくらパイロットフィッシュだからといっても命
ぞんざいに扱う事なんて出来ません。

購入してきたら、まず金魚の入ったビニール袋のまま池に30分ほど漬けます。
こうやってまずはビニール内の水の水温を池の水温に同化させます。

水温が同化し、中の金魚に問題は無ければビニールを開けて「水合わせ」

水合わせ

袋の中に少しずつ池の水を入れて、魚を池の水に慣れさせるのです。

これはいきなり大量の水を加えてはいけません。
少しづつ池の水を入れて、金魚の状態をチェックします。

水を入れた時に暴れ出したりしたら、その水は合わないという事で、そのまま放流するとpHショック等で死んでしまいます。
しかし、池の水も問題なかったようで、池の水を加えても金魚の動きに変化はありませんでした。
これも30分ほどかけて、少しずつならしましたが、問題無さそうです。


で、放流・・・

放流

最初はいきなり広いところに出されて金魚も戸惑っていましたが、そのうち元気に泳ぎ出しました。


まあ、数日間状況を見ないと何ともですが、とりあえず放流の第一段階は成功のようです。

そして、月曜日の朝。
恐る恐る池を覗いてみましたが、池に沈んだり、浮かんだりしている金魚は0
全員無事に生きており、また元気に泳ぎ回っていました。


とりあえず、ホッと一段落・・・


それにしても、池の水って空気を混ぜたり、動かしたりすると蒸発するんですかね?
循環器を回さない状態のテスト時は水位がほとんど下がったりしなかったのですが、この2日間ほどで水が少し減りました。

減り方から見て、漏水とかではないと思うんですがねぇ・・・

いや、生体を入れると後戻りが出来なくなるので、少しドキドキ物です・・・(笑