サイト内検索を導入しました!過去記事探しにご利用下さい!ヽ(^◇^*)/

って、ある意味自分用・・・( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

Google
WWW を検索 にゅーひぐらしblog内を検索

○○でも出来るポタアン(図解編)

CMOY改回路図

Kindle本、出版しちゃいました(笑

まとめ版の『アステローペ 源-gen-』を出版しました。

表紙をがらりと変えたら、ラノベっぽくなりました(笑

CHUWI Hi8用に格安キーボード付きケースを加工してみる・・・(笑2015/12/28 01:17:46

さて・・・


マイブームはCHUWI Hi8ということで・・・

まだまだ続いています・・・(笑


さて、
昨日はBluetoothのキーボードとマウスの環境に付いて書きましたが、
本日も引き続いて、格安で買ったキーボード付きケースの話です。

前回紹介したキーボードとマウスを買うときにとても安くて、捨て値で売ってるようなキーボード付きケースが
売っていたので、一緒にポチっておきました。


それはコレ・・・

ケース表

【microUSB】/7インチ専用タブレットキーボード付ケース&サイズ調整機能付 アンドロイドタブレット (microUSB 端子)

amazonで私が買った当時は600円&関東送料無料となっていました。

キーボード付きで600円?
これなら、ダメで捨ててもあまり後悔が無い値段です。
紹介文にには7inchとなっていますが、8inchのCHUWI Hi8でもOKです。

※現在は735円&関東送料無料になっており、135円高くなりました・・・(笑
amazonのページ ←これはアフィリだと思う。踏みたくない人は上の紹介文を入れて自分で検索してください。


で、裏面

裏面

スタンド

ちゃんと、スタンドも付いてます。


これで600円って安くない?
凄くお買い得品じゃ・・・


と、思ったのは一瞬です。
安いモノには、それなりの理由がちゃんとあります。


多分コレ、大量生産したはいいんだけど、タブレットの把持に問題を抱えた在庫処分品です(笑


だって・・・

横

バーでタブレットを固定しても、横から出てきちゃう・・・(笑


理由は簡単!

理由

上下のバーでしかタブレットを把持しておらず、横は何も無いからです・・・(笑


惜しい・・・
とてもいい感じの出来なのに、実に惜しい!(笑


てなわけで、
通常は皆さんタブレット裏面とケースを両面テープ等で固定して使ってるようですが・・・
簡単に外れないように強力な両面テープでしっかりと固定すると、いざ外したい時に苦労します。


そこで私は・・・

両サイド

両サイドにストッパーを接着しました。

部屋にちょうど、スポンジの固いヤツがあったので、それをカッターで切ってボンドで固定しました。
左右の長さが違うのは、左側にはmicoUSBのポートやステレオジャックがあり、それに干渉しないために短くしてあります。


んで、装着

把持

取り付けた固めのスポンジがタブレットの形状に合わせて変形するので、しっかり把持出来ています。

また、高さもタブレットよりも若干高くしてあります。
これは折り畳んだ時に、タブレットとキーボードの間に隙間を空けるためです。


んで、

状態

この状態で、キーボード側のmicroUSBケーブルをHi8に接続すると、キーボードが認識します。

これだけでOK!
Bluetoothや無線方式と違い、有線キーボードですから、認識すれば電池無しで動きます。
この辺りは、持ち出して使うときには重宝しそうです。


キーレイアウトもフルに近いので・・・

状態2

F12にも対応しており、こうしてPC-9801のエミュも快適に操作出来ます。

キーのストロークもなかなかで、いい感じに使えます。
まあ、中華製ですから長時間使用にはあまり期待は持てないと思いますが・・・(笑


てなわけで、
若干の加工は必要ですが、この格安キーボード付きケースなかなか良いです。


HI8はこれを通常使用にしても良いかも・・・(笑

Windowsタブレットってさ・・・( ´д)ヒソ(´д`)ヒソ(д` )2015/12/26 14:56:03

さて・・・


またもや変則的時間に更新と・・・(笑


てなわけで、
このところCHUWI Hi8に夢中です・・・(笑

このWindows10とAndroidのデュアルブートが可能な面白いタブレットを同快適に使うか?

特にWindows側・・・(笑


前日も書きましたが、Windows10はタブレット上で動くとはいえ、元を正せばPCのOSです。
タブレット専用OSではないので、タブレット上でOSが走るからといって、快適に使えるわけではありません。
これはCPUとかGPUのハード的な問題では無く、UI(ユーザーインターフェイス)に関する問題です。

Windowsというのは所詮、PC用のOSである以上、基本的にキーボードとマウスを使って操作することが前提
に作られており、これらの作業を指先のタッチだけで何とかしようとするのにはやっぱ無理があります。

アプリの起動は画面をModern UIにしておけば、アプリの起動そのものはAndroidやiOS同様に出来ます。
問題はアプリが起動してからです・・・(笑

インストールしたアプリは大概の場合、キーボードとマウスを使って操作することを前提に作られていますから
これを指先でやろうとするともう・・・(笑

てなわけで、ひぐらし的結論!


Windowsタブレットには、キーボードとマウスが必須である!(|||ノ`□´)ノオオオォォォー!!


そんなわけでして・・・

キーボード

ELECOM Bluetoothキーボード(TK-FBP067BK)買いました!(笑

これはファンクションキーの上にある溝にタブレットをポンと乗せるだけで、勝手にスイッチが入って
端末とのペアリングを開始する結構優れものの据え置き型キーボードです。

またファンクションもF12まであって、とてもいい・・・(笑


開封・・・

中身

キーボード本体と、USBケーブルと溝のスペースを調整する板、そして写真には入ってませんが乾電池という構成
 ※左上のSDカードアダプターは付属しておりません(笑


さて、
このキーボードは中に重りが入ってるようで、それなりに重量があり、10inchのタブレットを置いてもバランスを崩して転がる
ようなこともなさそうです。
逆に、そのお陰で持ち歩きとといった用途には適してません。
据え置き前提で作られているためか、キーボード面も最初から角度が付いているので、タッチしやすくなってます。

元は9,504円と高価ですが、今amazon等では2,000円ちょっとで買えます。


キーボードとくれば、当然・・・

マウス

ELECOM Bluetoothマウス CAPCLIP(M-CC1BRYL)!(笑


このマウス、とても小型でなかなか面白い製品です。

カバー

このように、収納時はカバーの中に入れて持ち運びますが・・・


使用時

使用するときには、カバーを反対側に取り付けるとグリップしやすいマウスに早変わり!


裏側・・・

裏側

カバーのクリップ部分にマウスが滑りやすくするプラスティックが付いていて、結構快適です。

使用時は裏側のスイッチを入れればOK!
これは内蔵バッテリー搭載で、充電はUSBケーブルで行います。


では、
早速CHUWI Hi8とペアリングして・・・

さて、ここからが大変でした。
ペアリング自体はとてもスムーズに完了したのですが、いざ使い始めると・・・


ペアリング切れすぎだろ!(|||ノ`□´)ノオオオォォォー!!


状態になり、まともに使えません。
マウスなんて、画面上のどこかをクリックした瞬間にフリーズします・・・

全く実用に耐えられない状態。

デバイスマネージャーでBluetoothのドライバーを見ても正常に動作しています・・・


初期不良かな?


と、別のPCの方でペアリングをチェックするととてもスムーズにどちらも切れることなく動作する。
つまり、製品自体には何の問題もありません。

CHUWI Hi8との相性問題かな?

と色々やってみたのですが、一向に改善する兆しがありません。

そこで、
コピー&ペーストをしたいファイルがあったので、仕方なしに電源ケーブルを抜いて、有線マウスを接続した途端!
今までぐずっていたbluetoothのキーボードもマウスも何事も無かったように動き出しました!

結論!


CHUWI Hi8は充電しながらだとBluetooth機器とのペアリングがとても不安定になる!


Bluetooth問題で同じような悩みを抱えてる人は、充電ケーブルを抜いて使ってみてください。


てなわけで・・・

環境

とても快適になりました!ヽ(^◇^*)/


あっ、忘れてましたけど・・・


これ、『Windowsタブレット』限定の話です・・・


AndroidやiOSの場合は、よっぽどのことが無い限りキーボードもマウスも要りません!(笑


なぜか・・・


タッチ対応の『Windowsタブレット』にはキーボードとマウスが必須です・・・(笑


たまらずユーザーにサードパーティー製品を買わせる素晴らしいOSだと感心しきりです(笑

Windowsタブレットで何して遊ぶ?2015/12/25 14:36:38

さて・・・


かなり変則的な時間に更新です。

本日は夕方から地元の忘年会があり、今年は私が仕切らなければならないので、会社はお休みです。
それにしても30年に一度ぐらいしか回ってこない当番に今頃当たるとは・・・
まあ、次は私は「お亡くなり」になってるでしょうから、これが多分、人生初で人生最後のお役目です(笑


てなわけで、

CHUWI Hi8

Windows10側もやっと安定しました。
何度も再インストールしちゃった時に、どうしても気になっていた「画面の自動回転」ですが、何となく分かりました。

タブレットにインストールしたからといって、Windowsはどこまで行ってもWindowsです。
AndroidやiPadといったタブレット用のOSに慣れてしまうと、スイッチを入れてすぐに使えると思い込んでいます。
これをWindowsにも当てはめようとするのはそもそも間違いでした・・・(笑

Windows10は起動こそ早くなったのですが、画面が出たからといっても準備万端ではありません。
画面表示の裏では起動用のプログラムや、必須アプリなんかをせっせと起動してるわけです。

自動回転も同じで、センサーを動かすドライバーが無ければ動きませんが、このドライバーを読み込むのに時間が
掛かってるようです。
起動直後は自動回転が効かないのですが、2,3分後には正常にドライバーが読み込まれるようで、自動回転が出来る
ようになります。

つまりWindowsタブレットの場合は、

起動してもちょっと待つ・・・

といった心の余裕が必要そうです(笑
とりあえず自動回転問題は解決したので本格的にWindowsタブレットを弄ることが出来ます。


さて・・・


と、ここで気付きます。


Windowsタブレットに何をさせればいいの?


そうWindowsタブレットはPCと一緒です。
そうなると途端に、何をさせれば良いのかが分からなくなります。

①エクセルやワードを入れて、バリバリ仕事する! ←ないない・・・(笑
②画像加工ソフトで画像を弄り倒す! ←むりむり・・・(笑
③えーい!動画の編集をするぜ! ←むりぽ・・・(笑
④じゃ、じゃあ、youtubeとかニコニコ動画見まくるぜ! ←Androidタブレットの方が操作が快適だよ~ん
⑤Webとかをバリバリと巡回してさ・・・ ←Androidで良くね?

と、こんな感じで、ひぐらし的にはイマイチWindowsタブレットにやらせることが分かりません・・・(笑
しかもそこに輪をかけて・・・


操作性が最悪!罰ゲームかっての!(|||ノ`□´)ノオオオォォォー!!


と、エクスプローラの画面をタップしながら、時々CHUWI Hi8を投げ捨てたい衝動に駆られます(笑
Windows10はタブレットにも対応とMicrosoftは謳ってますが、あれはウソ!
絶対にキーボードとマウスが無いとマトモに操作すらできず、ストレスが溜まりまくります。
一応、タブレットモードもありますが、コレもダサい上に中途半端です。

そもそもたったの8inchの画面でチマチマとキーボードとマウス使いながらタブレットを操作するぐらいなら
最初から10inch程のノートPCを買った方が最高に幸せになれます。
自ら進んで苦行をしたい「変態さん」は別です・・・(笑

さて、
もう一つのWindowsタブレットの問題点は・・・


バーチャルキーボードが画面の半分位使うくせにキーが少なくて使えない!(|||ノ`□´)ノオオオォォォー!!


なんですか・・・このひどくてダサいキーボードは・・・
使っていてとても悲しくなります・・・


しかし、
ここは雄志の作ったキーボードアプリで解決することが出来ます。

ちーたんタッチボード ←アフィリじゃ無いよ

ネーミングはアレとして・・・(笑
これ、とても優秀なバーチャルキーボードです。

Windows付属のキーボードには無い、十時キーやファンクションキーもF12まで対応し、そして、簡易マウスまで!

今更ファンクションキーなんて必要?

と、思う人も居ると思いますが、私にとっては必須です。
なぜなら、これから書くことは、私がWindowsタブレットでやりたい事を書くからです。
それにはファンクションキーが必要なのです・・・(笑


ひぐらし的、Windowsタブレットの使い方!


①PC-9801のエミュレーターであるT98-NEXTを動かす!ヽ(^◇^*)/

T98-NEXT

PC-9801エミュレーターはAnex86とかNeko Project IIが有名ですが、私は断然T98-NEXT派です。

T98-NEXTは「完全なPC-9801の再現性」を目的に作られたエミュレーターです。
よって、実機からBIOS.ROM、FONT.ROM、ITF.ROM、SOUND.ROMを自分で引っ張り出さなければならない等、とても
敷居の高いPC-9801エミュレーターなのですが、その再現性は群を抜いています。

このT98-NEXTはファンクションキーに機能が割り振ってあり、それを呼び出すのにF12を押す必要があり、F12まで付いた
ちーたんタッチボードはとても重宝します。


もちろん、まんまPC-9801なので!

GAME

ゲームも動きます!

ドーラドロンは俺の嫁!!(|||ノ`□´)ノオオオォォォー!!


②レトロゲームで遊ぶ!



昔、YsのWindows版を買ったときにオマケで付いてきたYsシリーズ!

私的にはこっちが本筋でWindowsゲームの方がオマケです・・・(笑


③Android非対応のSEGA 32Xで遊ぶ!

32X

SEGA 32XはAndroidではまだエミュレーションがありません(多分・・・)
せっかく吸い出したのに、そのままHDDも肥やしにするのももったいないので、動かしてみたら結構快適!


④MDXWinで懐かしのピコピコ音楽を聴きまくる!

MDXWin

これはかの有名なMoonlightさんが作ったソフトで、レトロゲーなどのFM音源を再現します。

Moonlightさんとは暫く遭ってないなぁ・・・
s.a.t.aさんともタイミングが合わずに遭えてない・・・

二人とも元気かな?


さて、
ひぐらし的には、まあゲームで遊ぶというより、FM音源の音を聴きたくてその辺りをインストしてみました。

CHUWI Hi8の本体に付いたスピーカーはモノラルで、音が良くありません。
しかし、ヘッドフォンを接続するととても良い音で再生してくれます!


そんなわけで・・・

環境

ソーサリアンの音楽は最高!ヽ(^◇^*)/

大分前に買ったタッチパッド付きbluetoothのミニキーボードと合わせると便利すぎる!



ってか、この時代のFalcomの音楽は「神曲」が多すぎる・・・(笑