サイト内検索を導入しました!過去記事探しにご利用下さい!ヽ(^◇^*)/

って、ある意味自分用・・・( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

Google
WWW を検索 にゅーひぐらしblog内を検索

○○でも出来るポタアン(図解編)

CMOY改回路図

ド素人の池作り奮戦記


Kindleで小説を出版してみました(笑

到着荷物とPODのその後2019/12/15 21:57:13

さて・・・


届きました、コレ!


echo show 5

echo show 5

サイバーマンデーでなんか買おうと、無理矢理・・・(笑
まあ、半額の4,980円でゲットできたので、まあいいです。


んで、早速・・・

開封

開封

中身はecho show 5本体とAC電源と説明書のみ
とてもあっさりした中身構成ですが、まあこんなもんでしょう。
というかこれ以外、コイツには要らないんです(笑

基本的にはスマホとかと一緒で、しかもバッテリーは搭載してないので常時AC電源は接続しっぱなしです。
操作も基本的にはスマホやタブレットと一緒な上に、音声による操作も可能なので取りあえずの使い方で
迷うことは無いでしょう。


てなわけで、私は基本的には時計代わりに使うことをメインとしてるので、PC用テーブルの邪魔にならない
場所に設置して、AC電源を接続します。


暫くするとecho show 5が勝手に起動します。

起動

初回起動は少々時間がかかりますが、まあ1分ほどです。


で、

画面

スマホやタブレットで見慣れた画面が出てきます。

Wi-Fiの設定や、amazonのIDとパスワードを入れれば初期の設定は完了

画面

echo show 5が起動します。

後はgoogleカレンダー等と同期させれば、スケジュールを音声で確認することも出来ますし、天気予報も見る
事が出来ます。

これらは今までのスピーカーだけのechoよりも断然優れているのは、画面があるので視覚的に理解しやすい。
使い勝手からいえば、今までのスピーカーだけのechoよりも段違いに使いやすいです。

最初は時計代わり程度として購入したのですが、以外とコレ使えるかも知れません。


てなわけで、
お気に入りの写真を表示させる様にして・・・

画面

こんな感じの画面にしてます。

購入前は考えませんでしたが、意外とこれ良い買い物でした(笑


さて、以前ここで紹介したPODの件ですが、登録情報をメールで送って以降、先方から一週間以上返信が
ありませんでした。
何らかの出版上の問題があってダメだったのかな?
と思っていたのですが、本日先方から簡易書留が送られてきました。

なんだコレ?

と配達員から封筒を受け取り、開封してみると「契約書」が入ってました。
しかも、2部用意されており、私の方で契約内容に問題が無い場合は、2部の契約書に印鑑を押して、一部を
先方に送り返すという、結構本格的なものでした。

へぇ・・・しっかりしてるなぁ・・・

と、その企業姿勢に好感を持ちました。
やはり、本が発注されれば、大小の差はあれお金が動くことになるので、こういったきちんと互いの立場を表明 する契約書というのは実社会では当たり前のことですが、まさか個人にまで送られてくるとは・・・
と驚きました。

契約書の内容は以前、メールで既に貰って目を通していたので問題ありません。
ということで、印鑑を押して返送予定です。

これで、来年の2月頃にはKDPで紙の本が発売になると思います。
全く凄いですよね・・・
個人が書いた小説を販売できるamazonKDPも十分に凄いことなのですが、その電子書籍を紙でも販売出来、
しかも、初期投資は0円!

何て凄い時代になったんだ・・・

と技術の発展にチョット驚きます。


さて、アステローペIIIですが、第一章に掛かりました。
やっと、物語の全体が何となく固まってきたので、とりあえず見切りでプロットを簡単に組立てて書き始めた訳です。

無謀な見切り発車の様に思えるかも知れませんが、実はそうでもありません。
これまでアステローペIとIIを書いていて分かった事は・・・

まあ、プロット通りに物語が進行した試しがない(笑

書いてるうちに勝手にキャラが脳内で動き始めるので、今回は大筋だけ決めて、後はその時のフィーリングに任せ
てみようと・・・(笑

順調に行けば、来年の2月から3月ぐらいには発表できる様、頑張る予定です。
で、自分の本棚に自分のアステローペシリーズを並べる・・・

これが、当面のモチベーションになりそうです(笑

アステローペ下巻が更新されました。2017/04/25 21:16:02

さて・・・


正確には、昨日午後辺りからなのですが・・・


やっと、アステローペ下巻の修正版がアップされました・・・


自動更新にしている人は、アステローペ下巻が入っている端末のkindleを開けば自動で最新版がDownloadされます。
自動更新されない人は、「自動更新」の設定になっていませんので、「自動更新」をONにするか、
手動で更新して下さい<(_ _)>

更新後は、表紙の右上に「Ver.1.1」と入っています。

Kindleの更新方法 ←

ちゃんと修正されてるかな?

と昨日見てみましたが、一応問題無く出来てるようです。
しかし、確認した側からまだ誤字や改行ミスがある事に気づいてげんなりです・・・(笑

自分では、一生懸命に文章を見ているつもりなのですが、以外と自分の文章ってのは読んでるようで、細部まで見てない
事に気づかされます・・・(笑

しかも、
順位が下がってきているので、今更更新されようが更新されまいがどうでも良いかも・・・(T_T)


てなわけで、
しつこく、次作を考えてます(笑

全体的な方向性が何となく出来上がったので、それぞれの章の大まかなストーリーを考え始めてます。
どうやったら、ストーリーを面白く出来るのかなぁ・・・
アステローペはほぼほぼ勢いだけで書いた物なので、何となく書いてしまいましたが、2作目というのは意外とムズいですね。
生涯を通して、何十冊も小説を書ける人ってスゴイと感心させられます。

アイデアの源泉ってどうしてるんだろう?

どうして、枯渇しないんだろう?

クリエイターな人達ってのは、凄いですね。
自分が、単なる凡人だと思い知らされる・・・(-_- )


だから、今作は「凡人」を主人公とした物語です(笑

瞬間的にしろ3位はウレシイ!\(^O^)/2017/04/19 23:49:56

さて・・・


dアニメで「みなみけ」をダラダラと見て日々ダラダラと過ごしています・・・(笑


さて、
アステローペ下巻の更新の件ですが・・・

もう少々お待ち下さい<(_ _)>

なかなか更新されないので、amazonKDPに質問してみて分かったのですが・・・
更新版を再発行してから購入またはKindle Unlimitedを通してDownloadした方は多分、最新版が配信されてます。
しかし、発刊して「無料期間」辺りにDownloadまたは購入された方は、前のままの状態です。

これを変更するには、作者自身が「修正箇所」をamazonKDPに報告し、審査を受けなければなりません。

これに時間が結構かかりまして、修正版が皆様のお手元に届くのは、最長で・・・


4月24日頃になる可能性があります<(_ _)>


また、
多分、大丈夫だとは思いますが、修正箇所が問題になった場合は、もっと時間が掛かる可能性があります。
また、最悪の場合は「修正不可」と判断される場合もあります。
「修正不可」と判断された場合は、amazonKDPの基準に沿った形で修正をかけ、再審査となるようです。

これは、amazonKDPで発刊している以上、そのルールには従わざるを得ません・・・。

というわけで、
修正版をお待ちの方は、もう少々お待ち下さい<(_ _)>

まあ、
修正といっても、主に「誤字・脱字」の修正が主になりますので、我慢して頂ければ内容そのものには大した変更は
ありません。
ただ、最後のシーンはちょっと表現がお粗末だったので、加筆しています。
ここをamazonKDPサイドにどう判断されるかがポイントとなりそうです・・・


さて、
私の処女作たる「アステローペ」ですが、有料になってからも、思った以上に粘ってます(笑
発刊してから10日間ほど経過しました。
本来であれば、1週間ほどで息切れして、後は沈むだけの人生が待っているはずなのですが・・・
まだ、そこそこの順位に留まっていたりします。
実売はこの2日間一冊も売れてないんですけどねぇ・・・(笑


てなわけで、
多分、これ以上は望めない、順位を獲得しましたので、一生の思い出としてアップしておきます(笑


「日本文学研究」というカテゴリーの「新着ランキング」という非常に狭いカテゴリー内ではありますが・・・

3位01

3位02

3位を獲得しました!\(^O^)/

茶色でも王冠が付く順位に入れた!
これは素直にウレシイ珍事です(笑

2位のタイトルがなんか・・・アレなんですが・・・(笑

まあ、
どんな小さなカテゴリーであれ、3位に入れたのは、応援して下さった皆様のおかげです。
ありがとうございます<(_ _)>


良い夢、見れました・・・(笑


さて、
そうなると、人間と言うより、主に「私」という個人ですが・・・
基本が「馬鹿」なので、調子に乗ります・・・(笑


てなわけで、
次回作の構想練ってます・・・(笑

アステローペは続きも書きたいとは思うのですが、一度アステローペから離れて・・・

ファンタジーモノに挑戦しようと画策しています(笑

当然、私は情景描写が殆ど無く、会話だけで成立させてるようなライトノベルなんて書きたくありません。
また、「転生モノ」などもありきたりすぎて、書く気にもなりません。


死んだら、異世界だった?


いや、いや・・・
死んだら「無」ですよ、「無」!
仏教の世界なら「輪廻転生」がせいぜいで、生まれ変わっても「現世」でしかありませんから・・・(笑

つまり、ご都合主義をとことん排除していったらどんな物語になるのか?
そんなモノを書いてみようと・・・(笑

現在は、「プロット」以前の構想段階です。
ラストのシーンもまだまだぼやけていて、このままでは全然面白いストーリーになりません。
そこをどうするかを考えてます。 ←いや、これが一番大切なんだけど・・・(笑

ゴールデンウィークまでには構想をまとめて、プロット化し、今回は200P程の読み切りを書いてみようと考えてます。

期待せずにお待ち下さい・・・(笑