サイト内検索を導入しました!過去記事探しにご利用下さい!ヽ(^◇^*)/

って、ある意味自分用・・・( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

Google
WWW を検索 にゅーひぐらしblog内を検索

○○でも出来るポタアン(図解編)

CMOY改回路図

Kindleで小説を出版してみました(笑

ちょっとした事でも・・・「私、気にします」(笑2018/04/22 21:09:21

さて・・・


ほんの些細な安い買い物をしたのでご紹介・・・(笑


と言いながら・・・
多分、「輪ゴム」というカテゴリーではかなり高額にランクインされると思われるコレ・・・

輪ゴム

Pioneer Connector shield

4つのちょっと太めの輪ゴムで842円(税込み)
つまり1個210円ちょっと(笑


中身は・・・

中身

本当に、普通の太い輪ゴムです(笑


さて、
この糞高い単なる太い輪ゴムを何で買ったかですが・・・

用途

SONY XBA-N3用です。

NBA-N3の最初から付いてる付属ケーブルはケーブルとイヤホン本体の接続部分に隙間が出来ないのですが、
別売の太いコードは写真のようにちょっとだけ(0.5mm程)隙間が出来ます。

何で純正のケーブルなのに隙間が出来るのか甚だ疑問ですが・・・

通常使用で外れると言ったこともありませんから、そのまま使用しても別段問題は無いのですが、
やはり金属なので隙間から腐食とか始まるとイヤです。
また、雨や汗なので濡れるのも気になります。

その隙間を保護するのが今回購入したPioneer Connector shieldというわけです。


んで、早速装着

装着

見た目はちょっとダサくなります・・・(笑

でもまあ、電車の中とかで、人の装着しているイヤフォンなんでジロジロ見る人は居ない・・・
いや、私は結構見てるか・・・(笑


さて、次・・・

ファン

3cm程のミニサイズのファンを購入しました。

仕様はDC5V 0.45Wです。
これは主にラズパイのような小型の基盤などに装着し、ヒートシンクに風を送って冷やすために使用されます。
よって、超小型のファンになります。


んで、

改造

このミニファンのコネクター部分に付いてるプラスティックのガイドを外します。


んで、このファンを・・・

装着

以前購入したNES風ケースに装着します。

過去ログ ←


ちなみに、ラズパイの40PINのPINアサインはこんな風になってます。

PINアサイン

今回の小型ファンはDV5Vですが、4番と6番はNESケースで使用するために既に塞がっています。

つまり、5Vをもう一つ取ろうと思うなら、2番と9番を利用すればOKです。
しかし、この小型ファンは5Vで回すと結構音がうるさいようです。
そこで3.3Vで駆動することにしました。

意外と知らない人も居るかも知れませんが、ファンは5Vと表記されていても、別段3.3Vでも回ります。
3.3Vで回す場合は、5Vで回すよりも回転数が落ちるので、風量は減りますが、音は静かになります。
今回の目的から考えて、3.3Vでも十分にヒートシンクに風を当てられると考え、1番と9番を使用することにしました。


で、



装着完了!

通電してファンを回してみると、殆ど無音に近いぐらい静かでいい感じ。
これで高負荷を与えた状態でCPUの温度が何度まで上がるか?
この辺りは今後の懸賞課題です。


今は、これで満足しました・・・(笑

久々にアメリカamazonで購入してみた2018/04/19 22:52:16

さて、


アメリカのamazon.comから荷物到着・・・


買ったのはこれ・・・

PI3-01

Raspberry Pi3のキット

まあ、ただ単にRaspberry Pi3を購入するだけなら、わざわざ送料をかけてまでアメリカから商品を購入するまでも
ありません。
つまり、これは既存のRaspberry Pi3ではないのです(笑


てなわけで、購入したのは・・・

PI3-02

Raspberry Pi3 B+

一応、最新版のRaspberry Pi3になります。


基盤も今までのRaspberry Pi3とは若干違います。

PI3-03

メインのCPUは若干の変更がなされ、今までの1.2GHzから1.4GHzにアップされました。
それに伴い、排熱効率が若干改善されたようです。

それ以外にもネットワーク関連のICチップが変更され、
・Wi-Fiがデュアルバンド(5GHz帯)が使用可能
・有線LAN用のスループットは最大300Mbpsに向上
・Bluetoothは4.2になった
等々、ほんのちょっぴり性能が良くなりましたが、驚くほど向上してるわけでも無い・・・(笑
とりあえず、「新しい物好き」として手を出してみた程度です(笑


で、早速動作確認・・・

PI3-04

動作は問題無いようです。

ブート画面の起動はチョッピリ速くなった気もしますが、あまり変わらないといえば変わらない・・・(笑

しかし、
きちんとCPUを冷やせばもう少しクロックアップに耐えられるようです。
N64のゲーム画面が結構ヌルヌルと動く動画がYoutubeにアップされていたりしました。

てなわけで、
本格的な運用は土日辺りにトライしてみる予定です。


んで、

動いたら、それで満足しそうです・・・(笑

ちょこまかしながら・・・生きてます(笑2018/04/14 19:57:20

さて・・・


何のかんのと仕事が忙しく、帰宅後はビール飲んでいつの間にやらPCイスで寝る・・・


そんな生活を続けています(笑

人と言うのは「活動限界」があり、一定以上頭を使ったり、体を動かしたりするとそれ以上は動かないように出来
てるようですね。
もちろん、これには個人差があります。
私の場合は、基本的に「怠け者科」に分類されるので、他の人よりも「活動限界」が早く来るようです(笑


さて、
Bluetooth対応のメカニカルキーボードとマウスを買ったのはいいのですが・・・
Bluetoothドングルの性能が悪いのか、相性問題なのかはイマイチ原因が定かな出ないのですが・・・
時々、プチフリします。

ちょっとキーボードやマウスに触らずに、いざ動かそうとすると入力を受け付けない・・・
暫くするとまた動き出したりしますが、イライラします・・・
そこで、付属の無線接続用ドングルを使用することにしました。

しかし、PCからドングル用として使う付属のUSB延長を2本伸ばしてくるのはかっこ悪いし、第一机の上が
ゴチャゴチャしそうなので、部屋に余っていたUSB2.0用のハブを使うことにしました。


その前に、下準備として・・・

延長ケーブル

amazonでお買い物


延長

1mのUSB延長ケーブルx2本

いや、1本でいいのですが、2本セットになっていたので・・・(笑


んで、このUSB延長ケーブルをPCに繋いで・・・

ハブ

USBハブに繋ぎます。

電波の受信状態を良くするために、USBハブはディスプレイの下面に強力両面テープで貼り付けました。


んで、

接続

このUSBハブにキーボードとマウスのドングルを接続すれば完了!

これでプチフリ問題は完全に解決しました。
また、BIOSを呼び出すことも出来るようになったので結果オーライです。
やっぱBluetoothはちょっとした障害物で送受信の状態が悪い感じですね・・・


さて、もう一個はこれ・・・

ケーブル

なんてことは無い、microBタイプのUSBケーブルなのですが・・・

これがなかなか面白い機能を持ってます。


んで、中身

分離

この様に、microBの差し込み部分が分離します。

分離した部分は強力マグネットでくっつく仕様になっています。
実際、磁力は結構強力で、写真よりもちょっとでも接近するとくっついてしまいます。
この距離感が、ギリギリと言ったところです(笑


また、延長ケーブル部分は、通電状態だと・・・

LED

この様にブルーに光ります。

なかなかいい感じ・・・


で、microBの接続部分を・・・

差し込み

Raspberry Pi3の電源部分に差し込みます。


んで、延長ケーブル側を近づけると・・・

通電

『カチッ』って感じで接続され、Raspberry Pi3に通電が開始されるわけです。

以前はスイッチ付きのケーブルを使用してましたが、こちらの方が接続部分を痛めないので、頻繁にmicroBを
二機差しする機器を使用してる人は、こういった磁力でON/OFF出来る物の方が機器の接続部分を痛めなくて
済みそうです。


そういえば、メガドライブミニが発売になるようですね

GIZMODO ←

これは欲しいかも・・・(笑


私としては・・・

コラムス

最低条件として、コラムスが内蔵されてれば、とりあえず当確です(笑


メガCD版のシルフィードが入っていれば、絶対にどんなことをしても入手します!(笑


それにしても、筐体を小さくするだけで、なんでこうも魅力的に映るんでしょうねぇ・・・


不思議だ・・・