サイト内検索を導入しました!過去記事探しにご利用下さい!ヽ(^◇^*)/

って、ある意味自分用・・・( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

Google
WWW を検索 にゅーひぐらしblog内を検索

○○でも出来るポタアン(図解編)

CMOY改回路図

久々にお買い物(笑2016/10/01 00:13:25

さて・・・


中華から荷物が届いたので・・・

荷物

久々にこのblogらしい事が書けます・・・(笑


もったい付けずに中身見せちゃいます(笑

中身

こんな箱です。

ちなみに横のクシャクシャの紙は商品の明細が書いてある紙ですが、袋の中に乱雑にねじ込んでありました。
見た目、ただの紙くずです(笑

この辺り、久々に感じる「中華のテキトー感」です(笑


さて、
肝心の箱の中身ですが・・・

SmartWatch

中はSmart Watchです。

No.1 G3 Sports Smartwatch Phone

という製品で、GRARBESTから購入してみました。
値段は送料込みで、日本円で4,500円程です。


箱から出してみましょう。

内容物

中身は本体と、充電したり、PCと接続できるUSBケーブルのみ。


本体は、

側面

無茶苦茶「厚い」わけでも無く、フツーですがプラスティック樹脂製でお世辞にも「高級感」などと言えません。
はっきり言えば、チープです(笑
ボタンは右側面に2つ付いてます。


肝心の液晶面ですが、まあ今回はここが気に入ってかってみたわけですが・・・(笑

液晶

IPS液晶で、解像度は240x240pixです。

さすがIPSだけあって、斜めから画面を見ても、それなりにちゃんと見えます。
それとなんと言っても「完全丸形」液晶です(笑

ちなみに秒針がダブって見えますが、これは撮影時の残像のような物で、2重に見えるわけではありません。


この手のSmartwatchが大体そうであるように、画面を上で右にスワイプすると・・・

液晶面

操作系画面に切り替わります。

ちょっと驚いたことに、この画面切り替えはとてもスムーズです。
まあ、ボタンとかは液晶面が1.3inchと小さいので少々タップしにくいですが・・・(笑


てなわけで、充電をします。

充電

充電のUSBは専用タイプになっており、一応磁石でくっつくようになってます。

でも磁力が弱くて、ちょっと動かすと簡単に外れちゃう・・・(笑


んで、

充電

充電中・・・(笑


さてさて、
このNo.1 G3はAndroidOSではなく、独自のOSのようです。

裏面

んで、なんか底蓋が開きそうです・・・(笑

というか、SIMカードもTFカードも入れられるようなので、ここを開けて入れるのでしょうね。
その辺りは・・・


続く・・・(笑

ネタが無いので、Kidleの比較とかしてみる(笑2016/09/29 00:31:44

さて・・・


これだという事を何もしてないので・・・


Kindleの比較とかしてお茶を濁します(笑


てなわけで、
私の手元には通常の一番安いKindleとKindle Paperwhiteの2種類あります。

Kindleは通常価格が8,980円
Paperwhiteは通常価格が14,280円

倍までは行きませんが、それなりの値段差があります。


しかし、
通常使いではこんな感じです。

比較

右がKindleで左がPaperwhiteです。

画面サイズは同じ6inchなのですが、Paperwhiteの方が全体のサイズが大きい。
また重さも、kindleが161gなのに対して、Paperwhiteは205g(Wi-Fi版)とちょっと思い。


そんな2つのKindleなわけですが・・・

通常

通常使いでは、ほとんど差を感じることが出来ません。

Paperwhiteの解像度が300ppiで通常のKindleが167ppiなのに、文字の読みやすさもぱっと見はあまり変わりません。


ちょっとだけ違うのは・・・

比較2

同じ文字サイズにしているにもかかわらず、Kindleの方がPaperwhiteより行数にして2行ほど表示が短くなります。

これはフォントサイズを同条件にしてもKindleの方が文字が大きいので、結果1ページに表示できる文字数が少なくなって
いるからのようですが、通常に文章を読んでる分には全く気になりません。
これは解像度か低いので、あまりも字を小さくすると滲むからでしょうが、むしろKindleの方が読みやすいかもと錯覚してし
まうぐらいです。


これなら安いKindleで十分ジャンとも思うわけですが・・・
しかし2つの決定的な違いは・・・

明暗

内蔵ライトの有無です。

kindleにはLEDが内蔵されてないので、暗いところでは文字が全く読めません。
Paperwhiteの方は内蔵ライトの明るさ調整が出来るので、暗いところでも問題無く文字が読めます。

詰まるところ、

明るいところで電子書籍を読むのであれば、Kindleでも十分です。
もし、夜寝る前に小説読むとか、暗いところで読む機会が多い人はPaperwhite以上の機種をかった方が良いです。


そんだけです・・・(笑


さて・・・

名前どうしよ・・・

近日、「後悔」します(笑2016/09/25 23:30:15

さて・・・

久々の更新になってしまって申し訳ないです・・・<(_ _)>

実はこの土日はずっと小説周りのことばっかりやってました(笑

とりあえず最後まで書き切ろうと・・・
といっても上巻だけですが・・・(笑

で、
とりあえず上巻最後まで書き切り、
一応、(書く予定)の下巻との繋がりを強調させるためと、主人公とヒロインの関係性を書いておこうとということで、
この土日にプロローグから、第一章までを書き加えたりしました。

そんな感じで・・・

完全自己満足型小説-上巻

が一太郎の中では完成しました(笑


後は一太郎上で保管形式をKindle用のmobiで保管し、それをKindle PaperWhiteにコピーしてちゃんと
読める形式になっているか、等をチェックします。

てなわけで・・・
初公開ってほどでも無いですが、これが表紙です。

表紙

題名はアステローペ

ちなみにアステローペってのはプレアデス星団(日本名:昴(すばる))を構成する星の一つです。
※あまり目立たない、端っこの方の星です(笑

あと、名前はとりあえず日暮一生(ひぐらし いっせい)としておきました。
ってか、「一生その日暮らし」という思いがこもってます(笑

Kindleってのは、専用のタブレット(amazon製の電子書籍リーダー)とか以外にもAndroidやiOSのスマフォでも
タブレットでも読むことが出来るため、表紙の解像度がまちまちになります。
文章自体はリフローという保管形式にすると、勝手に端末上で見やすいように行数が調整されるので問題無いの
ですが、表紙はjpegとかの形式になるので、こっちはサイズ変更が出来ません。
よって、最も一般的と言われている1200x1920pix(72dpi)で作りました。

すると私のKindle PaperWhiteは横が広いので、左右にレターボックスが入っちゃいます。

しかし、これをPaperWhiteに合わせると、今度は他の端末では左右が切れちゃったりするので、表紙は難しいですね。


んで、次に

目次

目次の確認です。

目次から、対象の「章」までちゃんと飛ぶかどうかをチェックします。


んで、最後に

本文

本文を確認します。

ここではちゃんとルビが見れるようになっているかどうかとか、文章が読みにくくなっていないかとか、文字間違いが
無いか等をチェックします。

ちなみにKindle上の左下に表示される「読み終えるまでの時間」は5時間41分と表示されてるので、いわゆる
ライトノベルクラスですね。
結構文章書くのは大変なのに、あれだけの苦労が「5時間41分」と表示されるのはなんだか悲しい・・・


てなわけで・・・


近日公開します。


そして、後悔します・・・(笑