サイト内検索を導入しました!過去記事探しにご利用下さい!ヽ(^◇^*)/

って、ある意味自分用・・・( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

Google
WWW を検索 にゅーひぐらしblog内を検索

○○でも出来るポタアン(図解編)

CMOY改回路図

Kindle本、出版しちゃいました(笑

まとめ版の『アステローペ 源-gen-』を出版しました。

表紙をがらりと変えたら、ラノベっぽくなりました(笑

中継器の性能を追い込んでベスト状態にする。2017/08/15 23:36:19

さて・・・


夏休みも後残すところ、1日・・・(/_;)


あれ程待ち焦がれ、楽しみにしていた夏休みも、ダラダラと過ごしているウチにここまで来てしまいました・・・


んなわけで、本日は昨日の続きです・・・(笑

昨日届いたWEX-1166DHPという中継器
これをとりあえず、動作チェックをするために、

仮設置

息子の部屋の机の上に仮設置しました。

このWEX-1166DHPはデュアルバンド対応となってますが、それは送信側だけで、受信側は2.4GHzと5GHzの
切り替え式になっています。

とりあえず、仮設置の時は電波が広範囲に飛んでいる2.4GHzで受信してみました。
すると、電波をフルで捕まえる事が出来、270Mbpsで安定的に中継器が電波を捉える事が確認できました。

まあ、これで満足できる人は良いのですが、私は不満足です(笑

無線LANの場合、本当の回線速度を得るには電波が広範囲に届きにくい5GHzを捉えてナンボだからです。
しかし、5GHzというのは、2.4GHzに比べて受信できる範囲がとても狭いのが難点です。
よって、WEX-1166DHPの説明書にも、トラブルを避けるためか、2.4GHz側で使うように説明されています。
※これは、無線LANの電波についての知識が無い人が設置する時に、受信できない等のトラブルを回避する
  意味合いもあると推察されます。

さて、今回のWEX-1166DHPは『866+300Mbps』となっています。
これは・・・
・5GHzで接続してる場合は最高で866Mbps
・2.4GHzで接続してる場合は最高で300Mbps
という意味で、ここで示されている『+』は2つの電波を同時に出力するデュアルバンドである事を意味します。
つまり通常の足し算の表記ではありません。
866Mbpsと300Mbpsの2つの電波を同時出力出来ますよ。という意味です。

つまり、WEX-1166DHPの場合は、受信スイッチを2.4GHzにすると、300Mbpsで親機と繋がるという事です。
そう言った意味で、我が家の環境の場合、270Mbpsで安定して繋がっているので、電波状況はまあまあ
という事になると思います。

しかし、今まで2Fで使っていたWHR-600Dという中継器は300+300Mbpsですので、2.4GHzで繋いでは、今まで
の環境と通信速度は何も変わらない事になります。
これではせっかく866+300Mbpsのデュアルバンド対応中継器を買った意味がありません。
詰まるところ、前置きが長くなりましたが・・・


5GHzで親機と繋がないと、回線速度が速くなったと実感できないので、5GHzで何とか繋ぐ!


という事になります(笑


そんなわけで、
WEX-1166DHPの受信スイッチを5GHzにして、そのままPCの机の上に設置した状態で通信状態をチェック!
※チェックにはPCのブラウザからWEX-1166DHPのIPアドレスを入力して設定画面を呼び出します。


んで・・・

264

あれ? 2.4GHzで受信してる時よりも数値が低くなってる・・・

と、一瞬ガッカリ・・・

ちなみに、下の灰色の部分は2.4GHzで接続した時の数値で、270Mbpsで受信できている状態を示します。
しかし、しばらく見ていると・・・

780

おおっ! 段々数値が上がってきて780Mbpsで受信できてる!

つまり5GHzで受信できれば、2.4GHzの約3倍ものスピードで電波の送受信が出来る事になります。


しかし、また暫く見ていると、数値がぐんぐん下がってきて・・・

88

ああ・・・、88Mbpsまで下がった・・・

と、この様に5GHzは電波状況や設置状況に左右され、ちょっと電波が弱いところだと周りの環境に左右され
受信電波が安定しません。(逆に2.4GHzは通信スピードは低いが、影響されにくい。)


そこで、
とりあえず、昨日は環境さえ見極めれば5GHz/780Mbpsで通信できる事が分かったので、再度設定を煮詰め
る事にして終了。
※ちなみに、WEX-1166DHPの5GHzの最高スピードは866Mbpsですが、これはメーカーが電波遮断室等の余計
  な電波が飛び交っていない環境で出した数値または理論値で、この通りの数字が一般家庭で出る事は多分
  ありません。どのメーカー製品も一緒だと思いますが、理論値の-10%位がベストだと見るべきです。
  つまり780Mbpsで受信できるのは、その機器の最高値だと考えられます。


空けて本日!
amazonから荷物到着!

荷物

LANケーブル(5m)と電源タップ(5m)


ちなみに・・・

カテゴリー6

LANケーブルはカテゴリー6のモノを買ってます。

まあ、今更だとは思うのですが、ギガビットLAN(1000Mbps/1Gbps)以上で環境を構築している人は最低でも
カテゴリー5e以上のLANケーブルで接続しないと1Gbpsの通信スピードが出ません。
現在で言えば、カテゴリー6以上のLANケーブルにすればOK!
自宅の環境はギガビットLAN環境なのに、いまいち遅いなぁ・・・
(具体的には100Mbps以下の通信スピードしか出ない。)
って人は、まずはLANケーブルがカテゴリー6以上かを確認してみると良いでしょう。
LANケーブルがカテゴリー6以上の場合、LANを繋いでいるハブがギガビット対応かどうかを確認しましょう。


では、
早速準備に入ります。

準備

まずは、電源タップの裏に強力両面テープを貼ります。

電源タップとLANケーブルを持って2Fに上がります。
そして・・・

テスト

1Fの親機(WSR-2533DHP)に一番近いところに中継器を持って行きます。

私の家の環境の場合、子供部屋の入り口付近が、1Fの親機に一番近づける場所です。
直線距離に換算するなら、6~7m程で、遮断するモノは木材のみです。

この状態で、1Fに駆け下りて、電波状況を確認します。


おっ!改善してる!


とりあえず、受信状況が「フル」の状態になったので、この辺りなら問題なしと・・・

設置

タップを部屋入り口付近の床面近くの壁面に貼り付けます。

そして、2本のアンテナをちょこまかと動かして、最適な受信位置を探ります。
しかし、まあ・・・

アンテナ

一番オーソドックスな、機器に対して垂直状態にするのが良いとの結論に至りました(笑

んで、

設置2

LANケーブルと電源コードをまとめて設置完了!\(^O^)/


これで、電波の受信状況はどうなったかというと・・・

780Mbps

電波の掴みは『フル』状態となり、数値も780Mbpsで安定しました。

状況により多少ふらつく事もありますが、650Mbps以下に落っこちる事は無くなり、例え650Mbpsに下がっても
暫くすると780Mbpsに戻って安定する状態です。


この状態で、2FのPCでインターネットの接続スピードをチェックすると・・・

スピード

下り77.39Mbpsで上り84.75Mbpsと光回線(100Mbps)のベストエフォートに近い数値をたたき出しました!

これなら、有線LANで接続してる私の部屋のPCとほぼ一緒です。
無線LANでしかも中継器を通してこの数値が出るなら全く問題無いでしょう。
とても良い環境になったと思います。
というより、我が家のネットワーク状況から考えてもベストに近い状態ですね。


さて、
数値の上では問題無いレベルになりましたので、実際の状況をチェックします。
元々は2FでもPS4リモートプレイを快適に遊べるかどうかが目的でしたので・・・

PS4リモート

PS4リモートプレイを、解像度720P・フレームレート高で動かしてみます。
※解像度の最高値は1080Pですが、これはPS4 proでしか設定できません。


んで、
実際に2Fの部屋でPS4リモートを動かした状況です。



動画を見て貰えば分かりますが、全く音や映像が詰まったようなところがありません。
とてもスムーズに再生できるようになりました。

心なしか、音も良くなった気がします(笑

とても満足・・・

と、悦に入ってハタと気づきました・・・


そういえば、息子が奥さんの実家に行ってる間にドラクエやろうと思っていたが、全然やってなかった・・・


奥さんと子供達は明日、帰ってきます・・・(笑

家庭内ネットワーク環境を一気に改善する。2017/08/14 23:16:29

さて・・・


夏休みも4日目に突入・・・


休み前は・・・

小説の続きを一気に書くぞっ!

と思っていましたが、ここまで一行も書いてません・・・(笑


まあ、基本的にはウダウダと過ごしてるわけですが、一つだけこの休み中に何とかしたいと思ったのが・・・


家庭内ネットワーク環境・・・(笑


我が家は古い無線LANだらけの状態で、決して無線ネットワーク環境が良いとはいえません。
別段、自分の部屋のPCとかは有線で繋いでますので、私自身は何の問題も、不満もありません(笑

ありませんが・・・

私はやる時はやる!
そして、やらない時はトコトンやらない人間です!

では、いつやるのか?

今でしょ! ←古い・・・(笑


てなわけで、
荷物の第一便が昨日到着しました。


購入したのは、コレ・・・

2533

BUFFALO WSR-2533DHP

1733+800Mbpsの無線ルーターです。
まあ、こういった数字は基本的に最高の環境で出した数値ですから、実際の過程でこの通りの数字が出る事は
まあ、まずありません(笑

でもまあ、今まで使っていた無線ルーターのWHR-1166DHPは866+300Mbpsですから、今よりは幾らか早くなる
とは思います(笑


てなわけで、中身

中身

本体と電源だけです。

最近はLANケーブルが別売なんですねぇ・・・
まあ、付属してても使わないからいいんですけどね。


で、
今まで使っていたWHR-1166DHPとの比較

比較

左が今回購入したWSR-2533DHPで、右が今まで使っていたWHR-1166DHP

今までのWHR-1166DHPよりも背が高くなり、横幅も太くなりました。
多分、CPUとかを速いモノにしてる関係上、ヒートシンク等が大型になったのと、アンテナが大型化したんでしょうね。


てなわけで、
今までのWHR-1166DHPを外して、新しいWSR-2533DHPに交換して電源を入れるだけで、スピードアップが
見込めます。
交換そのものはとても簡単で、細かな設定はPC上からIPアドレスを入れて設定するだけです。


さて、
外したWHR-1166DHPはリビングに持って行きます。
今までリビングではWZR-AGL300NHという,とても古い無線ルータを使っていました。
これは300+54Mbpsという、今ではもうあまりお目にかかれないような古いモノです。

これを、リビングの棚に入れっぱなしで、かれこれ7-8年ほどずっと電源を入れたままでした。
それを、改めて取り出してみると・・・

ホコリ

ぎゃーっ!ホコリだらけっ!

よくもまあ、こんな状態で一度も故障する事無く、動いてくれたモノです・・・(笑


で、
このWZR-AGL300NHは今後使う予定は無いのですが・・・

私は、こういったホコリを被ったままの状態で捨てたりするのは、何故か出来ません・・・
特によく頑張ってくれた機器に対しては、ある種のリスペクトが・・・(笑


そこで、
キレイにしてあげようと・・・

分解

分解・・・(笑

ファンとかが付いてるわけでは無いので、基板はそれほどホコリを被ってるわけではありません。


とりあえず、バラバラに分解して・・・
・基板は歯ブラシと無水アルコールで徹底的にキレイにする。
・周りのガワは中性洗剤で綺麗に洗って、乾燥するまで陰干しにする。


で、

キレイ

すっかりキレイになりました・・・(笑


で、組み上げると・・・

新品

まるで新品のような輝きを取り戻しました\(^O^)/

で、箱に丁寧に仕舞う・・・(笑


お疲れ様・・・今までありがとう・・・<(_ _)>


さて、空けて本日!

第二便

荷物の第二便が到着!

ってか、ヤマト運輸の人、毎日ご苦労様です<(_ _)>
今日もamazonで買い物しちゃったので、3日連続で荷物を届けて貰う事になります・・・。
でも、届けてくれたヤマト運輸の人には毎回、缶のお茶をあげてます・・・(笑


で、中身ですが・・・

中身

WEX-1166DHPという中継器です。

こいつは、866+300Mbpsで電波を中継してくれる物です。

折角、親機の無線ルーターを速いモノにしたので、中古で安く売っていたコレを買ってみました。
この中継器は2Fの息子の部屋に設置予定です。
今現在、息子の部屋にはWHR-600Dという300+300Mbpsで中継できる中継器を使っています。
通常使ってる分にはそれほど問題は無いのですが、最近PS4のドラクエをリモートプレイで遊び始めており、
このWHR-600Dでは、転送レートを最高品質(といってもPS4 proではないので720Pまでですが)にすると
画像と音が時々詰まります。
つまり、転送スピードが送信内容に追いついていない。結果、画像と音が一瞬止まるようになり、快適にプレイできるかと言えば、なかなか難しい・・・


そこで・・・

設置

WEX-1166DHPの登場というわけです(笑

この中継器に関しては、現在も設定の見極め中です。
明日、またもやLANケーブルなどが届くので、設定の追い込みをする予定ですので、これについては明日のネタ
と言う事で・・・(笑

ヒント:私はGじゃ満足できない!Aがいいの!


さて、最後・・・

息子の部屋にとりあえずWEX-1166DHPを仮設置して、ちゃんと中継機能が動いてる事を確認できたので、
元々設置していたWHR-600Dは寝室に持って行きます。

寝室にはTP-Linkという安い中継器を設置していましたが、これが安定しない・・・
気づくとリンクが切れていたりします・・・

過去ログ ←

やっぱ、安物はダメですねぇ・・・
それと中継器はやはり同じブランドの方が安定性が良いのでしょうね。


なんにせよ、このTP-Linkを外して・・・

600D

WHR-600DをリビングのWHR-1166DHPの中継器としてリンクさせました。


これで安定的に、寝室でもトイレでもネット環境が整いました・・・(笑


動作チェックのために、トイレに籠もってタブレットで「みんゴル」やってみた・・・(笑

とても安定してネットに繋がる事を確認!

って、何やってんだか・・・(笑

メインPCと2ndPCをOCしてみる(笑2017/08/13 00:35:27

さて・・・


夏休み突入二日目・・・


相変わらずダラダラと・・・(笑


んで、
余った部品で組んだ2ndPCとメインPCのクロックアップなぞやってみました(笑


まずは2ndPCから・・・

このPCに搭載したCPUはINTEL i7-860という8年ほど前の初期型のi7です。
まあ、腐ってもi7ですから4コアの8スレッドを持ってます。

それでも最近のi5にアッサリと負けてしまう情けないi7です・・・(笑

i7-860はベースクロックが2.80GHzですが・・・

P55-01

これを一気に3.36GHzまで上げてみました。

私のi7は結構当たりロッドのようで、意外と耐性があるのは過去にも実施済みで知っていたので、何の躊躇も
なく一気に上げてみました(笑


さて、
問題無く起動したので、CPU-Zでベンチマークを取ってみました。
当然、通常の2.80GHzよりもスコアは上がってますので、アップした数値に一番近いCPUと比較すると・・・

P55-02

i7-2600Kとほぼ同程度のスコアまでOC出来ました。


ちなみに、これをメインPCに入っているi7-4790Kと比較すると・・・

P55-03

やっぱ当然ですが、全然敵いません・・・(笑

それでもそこそこのスコアが出たので、まだまだ十分に使えるレベルであることが分かりました。


ちなみに、クロックアップ後のCPU温度をHWMoniterで見てみると・・・

P55-HM

アイドル状態で40℃ちょっとで、負荷時でも60℃程度と数値的には全く問題無いようです。


さて、次!
今回移行したメインPCの方です。
こちらはWindows上からクロック調整を自動でしてくれる、AI Suite 3が手間いらずで便利なので、ソレを使って
OCしてみました。


その結果・・・

OC

ベースクロックが4.00GHzから11%アップの4.68GHzまでアップする事が出来ました。


この状態で、通常状態のi7-4790Kと比較すると・・・

Z97-01

当然、スコアは伸びています。


このOCでたたき出した数値で一番近いCPUと比較すると・・・

Z97-02

i7-7700Kよりもちょっとだけ下回る程度までアップしたことが分かります。


これは、何気に凄い!(笑


しかし・・・
i7-4790Kは熱問題を抱えたCPUと言われるとおり、HWMonitorで見てみると・・・

HM-Z97

通常クロック使用時よりも+14℃ほど温度が上がってしまいました。

アイドル状態で55℃ほどなら「ちょっと高いかな?」程度で済むのですが、高負荷状態だとちょっと・・・
そんな状態です。

ちょっと負荷をかけすぎたかなぁ・・・


と、AI Suite 3の数値を見てみると・・・

温度

AI Suite 3の方は、46℃程と表示されています。

HWMonitorは54℃
AI Suite 3は46℃

表示された温度差は8℃!

この温度差は誤差とは思えないほど大きいです・・・

どっちを信用すべきなのか?

と、ちょっと迷いましたが、AI Suite 3は一応、ASUSのソフトですから、自社製品の数字を信じることにしよう。
そう考えて、暫くの間これで様子見です。

AI Suite 3の数値が本当だとすれば、ENERMAX 水冷CPUクーラーはなかなかの性能です。


やっぱダブルファンというのは伊達では無い!


と、信じたいです・・・(笑