サイト内検索を導入しました!過去記事探しにご利用下さい!ヽ(^◇^*)/

って、ある意味自分用・・・( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

Google
WWW を検索 にゅーひぐらしblog内を検索

○○でも出来るポタアン(図解編)

CMOY改回路図

Kindle本、出版しちゃいました(笑

まとめ版の『アステローペ 源-gen-』を出版しました。

表紙をがらりと変えたら、ラノベっぽくなりました(笑

IE8のリケーブル(修理)と『人生』の話・・・(笑2017/06/25 00:45:08

さて・・・


相も変わらず、怠惰な日々を送っております・・・


皆様に於かれましては、如何お過ごしでしょうか?(笑


てなわけでして、
今回は、IE8のリケーブルの更にリケーブルな話です(笑


私は、ここ8年近くsennheiser IE8を愛用しています。
IE8なんて、もうレトロなイヤフォンです(笑
後継のIE80が出て、上位機種のIE800が世に出ているのに、私はまだIE8を愛用しています。

これは、単純にお金が無いからと言う問題もありますが、それ以上にまだIE8に飽きてないからです(笑

IE8は今のイヤフォンから比べれば、解像度とか音のキレとかは数段落ちると思いますが、それでも私は
このイヤフォンから出てくる音に満足しています。
満足しているので、壊れない限り交換する気になれないというのが正確なところです。
※いや、実は何度か壊れてるのですが、修理しながら使ってると言った方が正確か・・・(笑

『音』と言うモノは、客観的なモノではなく、とても主観的なモノです。
批評家の意見というのは、ある一定のレベルまでは参考になりますが、最終的には自分の耳と脳で感じる
モノだからです。
そう言った点で、IE8の『音』は私の耳と脳を8年間も『納得』させ続けてるわけです(笑
私の人生の中で、ここまで長く付き合ったイヤフォンはありません。


さて、
前置きが長くなりました。


このIE8を気に入ってるのは上で書きました。
しかし、『音』と言うモノの面白さに、『リケーブルすると音が変わる』ってのがあります。

私はずっと純正のケーブルを使ってきましたが、1年半ほど前に、このリケーブルに挑戦しました。

過去ログ ←

当時はとても気に入って、毎日通勤に使用していたわけですが・・・

断線

アッサリと断線しました・・・(笑


修理しよう・・・


と思いながら、1年近く放置・・・(笑


それが、急に修理したくなり・・・

プラグ

eイヤフォンでリケーブル用プラグを買ってきました(笑

アキバにあるeイヤフォンには初めて行きましたが、ちょっと驚いた・・・
1Fはおよそ店舗らしからぬ、普通の雑居ビルのエレベーターがあるだけです。
この4Fにeイヤフォンがあるようなのですが・・・ちょっと不安に・・・(笑

で、4Fに上がってみるとビックリ・・・
ちゃんと店舗があるし、中には結構な数のお客さんが・・・(笑
みな真剣にデモ機の音とかをチェックしていたりしてました。

マニアの世界というのは、なかなか廃れないモノだ・・・

これ、店舗に入った瞬間に感じた、素直な感想・・・(笑


明けて、翌日・・・

早速、修理しようとケーブルをぶった切ろうと思います。
そこで・・・

目印

後々、LRが分からなくなると困るので、目印を付けます。


これで、ぶった切る準備は完了なわけですが、ふと・・・

新しいモノに交換しなくても、音が出なくなったL側だけを理すれば使えんじゃね?

と、ふと思い立ちました。
L側から音が出なくなった原因は、ケーブルの付け根のところが負荷に耐えられなくなり、GND線が断線して
しまったからです。


そこで・・・

カット

L側を分解して、配線をぶった切ります。


後は・・・

修理01

カットした側の線を剥いて・・・

再ハンダ

再ハンダするだけです。

これにより、L側がR側より若干短くなりますが、2cm程ですので利用には悪影響はありません。


んで・・・

完成

L側の修理完成

しかし、このままでは前回同様に、使用している間にケーブルの付け根の部分が負荷で断線する可能性が
あります。


ソレを解決するべく・・・
ケーブルの付け根の部分に細く切ったビニールチューブをプラグと同じ太さになるまで巻き付けます。

スミチューブ

そして、保護するために、そこを熱で伸縮するスミチューブで保護しました。

こうすることで、付け根の断線は大分改善できたはずです。
また、スミチューブの色を変えることで、LRを視覚的に判断できるようにしてみました。


結構、満足・・・(笑


このケーブルが断線後は、純正のケーブルに戻して使用してましたが、やっぱりこのリケーブルの方が良い音
がします。
ってか、購入してきた新品のプラグは未使用のまま余ってしまった・・・(笑
今度、新たにケーブル買ってきて、リケーブルしよう・・・(笑


さて、
このリケーブル修理作業の後、ずっと面白くて読んでいたブログがあります。

漫画家のアシスタント物語 ←

漫画家デビューを目指し、いつの間にやら30年近く漫画家アシスタントをしている赤裸々な日々を書いた
ブログです。
これが、なかなか味のある文章で、止まらない・・・(笑

空想では無い、『本物』だからこそにじみ出る、リアルワールドの重み、人間の堕落や葛藤・・・

いや、これ素直に面白いです。
ブログ内では漫画家をアルファベットでJ.Aとしてますが、間違いなく、漫画家はジョージ秋山ですね(笑

漫画家だけでなく、小説家など『創作』を志す人は読んでおいた方が良いですね。
それと、『怠惰』した日々をただ何となく送ってしまってる人も必読だと言っておきましょう。

何しろ、『怠惰』を地で行く私、ひぐらしが言うんだから、間違いありません(笑 ←自身あるよ(笑

色々思う事ありて候2017/05/28 01:15:56

さて・・・


本日は、ほぼほぼ一日かけて、アステローペの上下巻を一冊にまとめる作業をしてました。


単純に、上下をくっつける作業なので、あっさりと終了するだろうと思っていたのですが・・・
一太郎2017の文書更正をかけてみたら、結構引っかかってしまって・・・(笑
その修正とかしてたら、辺りがすっかり暗くなっていました・・・

さて、
文章更正をかけてみて分かったのですが、自分では意外と気づいていない文章の書き方です。
自分では「口語体」を極力排除して、ラノベっぽくならない、ちゃんと小説のようなちょっと硬派な文章で書いてる
つもりだったのですが、一太郎から「くだけた表現」と、沢山お叱りを受けました(笑

一番指摘を受けたのが、「の」を「ん」にしている文章です。

【例文】

・そんな事もあるだろう。 ←今までの私の文章スタイル。
 ↓
・そんな事もあるだろう。 ←一太郎に修正を促された文章

確かに、そうだなぁ・・・
などと妙に感心してしまいました(笑

文章ってのは、勢いや流れってのも大切な要素です。
読み手が、文章を読み、脳内でちゃんと映像化できるかどうかが大切な要素であるのは間違いありません。
しかし、「分かりやすいから」とか「映像に脳内変換しやすいから」という理由で口語体で文章を作ってしまっては
やっぱり「小説読み」の人達にとっては。読み進めるうちに、段々辛くなります。
それは、個人の想像の域を、「緩い文章」や「変な行間」で余計なほど浸食するからです。

まあ、面白ければソレも許せますが、下らなければ一気に読む気が失せます(笑

かといって、「純文学」を書こうという書き手が陥るのが、
「難しい漢字を多用し、文章をややこしく、かつ長ったらしく書く」事だそうです。

私はとても「頭が良いんですよ。」とか「私の文章について行けない人は、もっと本を読め!」とか思ってしまうのが
純文学を目指す人が陥りやすい状態だそうです。


では、私は?


私の場合は・・・

ラノベはイヤだ!、でも純文学なんて、元々無理!

というとても中途半端な書き手です(笑
そのくせ、

でも、やっぱ人間性とか、人生とかさ、なんかそんな「重そうなテーマ」書いた方がカッコイイよね!

なんて思ってしまうような、アホです(笑


ちゃんと自覚してますよ、一応・・・(笑


でもね、
そういった自分だからこそ「書ける文章ってあるんじゃないのかな?」と思うわけです。


てなわけで・・・
実は、電子タバコの事を書こうとしてたのですが、前置きの「小説ネタ」が永くなったので、電子タバコネタは
明日に持ち越します(笑


さあ、

アステローペ《完全版》 ←上下をまとめた物

を作って、アステローペ2の本格的な執筆に入るぞっ!

と気合いは入れてみた物の、やっぱ、ねぇ・・・(笑

魔法はいつか解けるものなのかも2016/09/18 00:01:40

さて・・・


たいしたことは何もしてません・・・


とりあえずやったことと言えば・・・

互換ベルト

Apple Watchの安い互換ベルトを買ったぐらいです・・・(笑


この互換ベルト・・・

中身

値段の安い割に、意外としっかりしています。
※amazonで1,200円程


んで、

比較

純正のベルトとの比較

見た目はほとんど純正品と見分けが付きません。
ちょっとだけ違うのは、ベルトの長さが微妙に互換品は短いと頃ぐらいです。
それと、素材が純正品よりやや堅い・・・


それと・・・

ストッパー

本体との装着時に動作するストッパーの色が違うぐらいです。

もっとも、この部分はApple Watch本体に隠れてしまう部分ですからストッパーがしっかりと動作すれば問題なしです。


んで、

装着

装着

純正よりも微妙に甘い感じもしますが、とりあえず到着中に外れると言ったことはなさそうです。
ただ、ベルトの素材が純正よりもやや堅めなので、装着時、穴にピンを入れるのがちょっとやりにくいかもです。

でもまあ、
装着した感じはまあまあいい感じです。


んで、

文字盤

文字盤をミニーにして奥さんに納品・・・(笑


そういえば、
iPhone7の発売日はなかなか好調だったようですね。
ブラックは世界的に品薄で、初回予約から漏れてしまった人の手元に届くには少々時間がかかるとか・・・

まあ良いことだとは思いますが、私は最終的に今欲しいという人達にiPhone7が出回った段階で、販売数が思ったより
伸びなくなると予想しています。
確かにiOS10はいい感じに改良されており、iPhone7内も強力なCPUの搭載で動作は速くなったのかもしれませんが、
その恩恵に浸れる人はいったいどれぐらいいるのだろうと考えてしまうからです。

今欲しいと思う人は、iPhoneというブランドが好きな人で、少しでも早く新機種が欲しい人達です。
そういった人達がiPhone7を手にした後が実は勝負になります。

いかに、iPhone6s以前の機種で満足している人に買い換えを促すことが出来るか?

これがポイントです。
そういった点から考えた場合、iPhone7というのは今までのiPhone6s以下の機種を使っている人達に対して
「今すぐ交換しなくちゃ!」というアピールポイントがやや不足している感じがします。

かくいう私もフェリカとか一切使っていなかったので、ソレが無いからといって別段困ってません。

あれば便利なのかもしれませんが、それが付いてるからといった事で買い換えする理由にはなりません。
私は基本的にApple好きですが、なぜか今回のiPhone7にはわくわくすることが出来ませんでした。

イヤフォンジャックが無くなったことが最大の理由ですが、なんかこう・・・
過去のiPhoneシリーズの中で、一番ワクワク出来ない端末なんですよね


魔法・・・解けちゃったのかも・・・(笑