サイト内検索を導入しました!過去記事探しにご利用下さい!ヽ(^◇^*)/

って、ある意味自分用・・・( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

Google
WWW を検索 にゅーひぐらしblog内を検索

○○でも出来るポタアン(図解編)

CMOY改回路図

Kindleで小説を出版してみました(笑

節目2017/12/03 22:51:46

さて・・・

酔っ払った勢いに任せて・・・

アステローペ下巻を1日だけ無料開放しました(笑
※2017年12月3日17:00~4日16:59(?)まで


人生ってのは色んな事が起こる物ですが、それには「節目」という物があります。

進学
卒業
就職
結婚
子供の誕生
子供の成長

人には、人生には、それぞれに色んな節目があることでしょう。
もしかしたら、その後の人生ががらりと変わるような、大切な出会いもあるでしょう・・・
私もそういった長い人生の中で、ひとつの節目を先週迎えました。

娘が指定校推薦で、先週、大学の合格通知が来ました!

ああ、良かった・・・
4年間の学費はまあ大変ですが、無事卒業まで見届ければ親の仕事はほぼ完了・・・
そういった意味で、一つの節目を迎えたわけです。

この世に、人間として生を受け、様々な経験をして、子孫を残し、死を迎える。

俯瞰(ふかん)でみると、この当たり前の動物的活動ですが、人間だけに限らず、動物はこれらの活動を出来
ずに生を終える事も沢山あります。
また、不幸な事故や戦争といった、本人の意思とは関係ないところでいきなり生命活動を停止させられる事も
沢山あります。

幸なのか、不幸なのか?

これは実は気持ち一つでコロコロ変わる物なのでしょう。

「良かった探し」という名言もありますしね(笑

私の場合、取り敢えずはこの世に生を受け、日々「会社行きたくない・・・」とか思いながら、こうしてこの文章を
書いてること自体を「幸福」と思わずにはいられません。

人間が他の動物と決定的に違う事は、「言語」を持った事と、それを伝える「文字」という手段を持ったことです。
最近ではそれに「映像」や「動画」といった手段も加わりました。

デジタル化された「文字」「映像」「動画」といったコンテンツは、その制作者がこの世を去っても尚、残り続けます。
このblogも人類が存続する限り残り続けることでしょう。

例えば1,000年後に私の子孫がこのblogを読み、穴があったら入りたい気分になるかも知れません(笑
そう考えると、おかしくもあり、嬉しくもあります。

私はその他大勢の中に紛れた凡人です。
しかし、凡人には凡人ならではの幸も不幸もあり、それを経験しながらしっかりと生きています。

昨日、家族四人でお祝いの食事をしながら・・・そんな事は考えずに、ひたすら酔っ払ってましたが・・・(笑
本日、ふとそんな事が頭を過ぎりました。

昨夜の私といえば、機嫌良く酔っ払い、帰宅後に

俺は凡人だが、いくらか上等な凡人なんだ!

と酒の勢いに任せ、掲示板に1日の無料開放を書き込み、amazonKDPに無料期間を設定していました(笑


人間って、勢いと、後悔を繰り返す生き物なのでしょうねぇ・・・(笑

ひたすら、「死」という最終ゴールに向かって突き進んでいるにもかかわらず、当の本人が日々やってる事は、
端から見れば実に滑稽で、子供っぽい気がします(笑

でも、他人から見て、「バカだなぁ・・・」と呆れられる事をどれだけ多くやれるかが・・・

人生の勝負!

って気もします。


まあ、大いなる勘違いなんだろうけど・・・(笑


てなわけで、
本日到着すると思った「おもちゃ」が未着でしたので・・・


下らないことを書いて、未来の子孫を赤面させてやりました マル(笑


ざまあみろ、子孫!(笑

天才と凡人・・・(笑2017/11/10 23:30:37

さて・・・


相も変わらず、更新が滞ってます・・・(笑


まあ、正直飲んだくれていたのが大半なのですが、一応小説の続きなどもやり始めてます。

それは、最後に置いておくとして・・・
世の中には『天才』とか『神の領域』とか、思わず唸ってしまうような人がいます。
まずは、昨夜ミノッキオさんに対するコメントでも紹介したこの動画・・・



エレクトーンってこんな凄いことが出来る楽器だったのかと思わせます。
タイミングに合わせて多分音色が変わるシステムなのでしょうね。
とても一人で演奏してるとは思えない音です(笑

兎に角、エレクトーン奏者というのは両手両足をつかって演奏する楽器で、完全にそれぞれが別々に動かない
と演奏できないという恐ろしい楽器・・・(笑
パイプオルガンと一緒ですね。
エレクトーン奏者やパイプオルガン奏者の脳みそってどうなってんでしょ?
もしかしたら、左脳と右脳だけで無く、4つに別れてるのかもしません(笑


しかし、
エレクトーンを超えて、同じく鍵盤を叩きながら、単純に音の強弱と演奏テクによって表現しつつ、聴き手を感動
させる楽器があります。
それはピアノ

まずは、天才と私が思わず唸ってしまった少女の演奏



ウソでしょ?
わずか11歳の子がこんな感情豊かな演奏できるって・・・
確かに、まだこれは指導者によって作られた演奏者と音という範囲ですが、これだけのテクがあれば問題なし。
後は自分の感性により演奏できるようになれば、この演奏者は化けるでしょうね。

現在彼女は大人になり、ドイツで修行してたりするようです。
きっと、とんでもないピアニストになってくれることでしょう。


で、
限りなく神の領域というより、音楽の神に祝福されるレベルになると、こうなります。



いとも簡単に弾きなさる・・・(笑
これ、同じ人間なんですかね?(笑
手の動きがなめらかで、尋常ではありません。
また指もとても長い・・・

正にピアノを弾くために生まれた手の持ち主ですね・・・


てなわけで、
世の中には「凄い人間」というのは居るものです。

対して私が続きを書いてる小説は、以前プロローグだけ紹介したコレ・・・

過去ログ ←

失業者物語(仮題)の続き・・・(笑

このとき、コメント欄でミノッキオさんもコメントしてますが、これ一応「恋愛」がテーマになってます(笑
今、第三章を書いてる最中ですが、まだヒロインは登場してません。
しかも、自分的には始めて書く「一人称視点」のファンタジー小説です。

何とか今のモチベーションを維持しつつ、1ヶ月位を目処に最後まで書き上げる予定でいますが・・・・


さて、どうなうか・・・


何しろ、私・・・


悲しいぐらい、凡人なので・・・(笑

IE8のリケーブル(修理)と『人生』の話・・・(笑2017/06/25 00:45:08

さて・・・


相も変わらず、怠惰な日々を送っております・・・


皆様に於かれましては、如何お過ごしでしょうか?(笑


てなわけでして、
今回は、IE8のリケーブルの更にリケーブルな話です(笑


私は、ここ8年近くsennheiser IE8を愛用しています。
IE8なんて、もうレトロなイヤフォンです(笑
後継のIE80が出て、上位機種のIE800が世に出ているのに、私はまだIE8を愛用しています。

これは、単純にお金が無いからと言う問題もありますが、それ以上にまだIE8に飽きてないからです(笑

IE8は今のイヤフォンから比べれば、解像度とか音のキレとかは数段落ちると思いますが、それでも私は
このイヤフォンから出てくる音に満足しています。
満足しているので、壊れない限り交換する気になれないというのが正確なところです。
※いや、実は何度か壊れてるのですが、修理しながら使ってると言った方が正確か・・・(笑

『音』と言うモノは、客観的なモノではなく、とても主観的なモノです。
批評家の意見というのは、ある一定のレベルまでは参考になりますが、最終的には自分の耳と脳で感じる
モノだからです。
そう言った点で、IE8の『音』は私の耳と脳を8年間も『納得』させ続けてるわけです(笑
私の人生の中で、ここまで長く付き合ったイヤフォンはありません。


さて、
前置きが長くなりました。


このIE8を気に入ってるのは上で書きました。
しかし、『音』と言うモノの面白さに、『リケーブルすると音が変わる』ってのがあります。

私はずっと純正のケーブルを使ってきましたが、1年半ほど前に、このリケーブルに挑戦しました。

過去ログ ←

当時はとても気に入って、毎日通勤に使用していたわけですが・・・

断線

アッサリと断線しました・・・(笑


修理しよう・・・


と思いながら、1年近く放置・・・(笑


それが、急に修理したくなり・・・

プラグ

eイヤフォンでリケーブル用プラグを買ってきました(笑

アキバにあるeイヤフォンには初めて行きましたが、ちょっと驚いた・・・
1Fはおよそ店舗らしからぬ、普通の雑居ビルのエレベーターがあるだけです。
この4Fにeイヤフォンがあるようなのですが・・・ちょっと不安に・・・(笑

で、4Fに上がってみるとビックリ・・・
ちゃんと店舗があるし、中には結構な数のお客さんが・・・(笑
みな真剣にデモ機の音とかをチェックしていたりしてました。

マニアの世界というのは、なかなか廃れないモノだ・・・

これ、店舗に入った瞬間に感じた、素直な感想・・・(笑


明けて、翌日・・・

早速、修理しようとケーブルをぶった切ろうと思います。
そこで・・・

目印

後々、LRが分からなくなると困るので、目印を付けます。


これで、ぶった切る準備は完了なわけですが、ふと・・・

新しいモノに交換しなくても、音が出なくなったL側だけを理すれば使えんじゃね?

と、ふと思い立ちました。
L側から音が出なくなった原因は、ケーブルの付け根のところが負荷に耐えられなくなり、GND線が断線して
しまったからです。


そこで・・・

カット

L側を分解して、配線をぶった切ります。


後は・・・

修理01

カットした側の線を剥いて・・・

再ハンダ

再ハンダするだけです。

これにより、L側がR側より若干短くなりますが、2cm程ですので利用には悪影響はありません。


んで・・・

完成

L側の修理完成

しかし、このままでは前回同様に、使用している間にケーブルの付け根の部分が負荷で断線する可能性が
あります。


ソレを解決するべく・・・
ケーブルの付け根の部分に細く切ったビニールチューブをプラグと同じ太さになるまで巻き付けます。

スミチューブ

そして、保護するために、そこを熱で伸縮するスミチューブで保護しました。

こうすることで、付け根の断線は大分改善できたはずです。
また、スミチューブの色を変えることで、LRを視覚的に判断できるようにしてみました。


結構、満足・・・(笑


このケーブルが断線後は、純正のケーブルに戻して使用してましたが、やっぱりこのリケーブルの方が良い音
がします。
ってか、購入してきた新品のプラグは未使用のまま余ってしまった・・・(笑
今度、新たにケーブル買ってきて、リケーブルしよう・・・(笑


さて、
このリケーブル修理作業の後、ずっと面白くて読んでいたブログがあります。

漫画家のアシスタント物語 ←

漫画家デビューを目指し、いつの間にやら30年近く漫画家アシスタントをしている赤裸々な日々を書いた
ブログです。
これが、なかなか味のある文章で、止まらない・・・(笑

空想では無い、『本物』だからこそにじみ出る、リアルワールドの重み、人間の堕落や葛藤・・・

いや、これ素直に面白いです。
ブログ内では漫画家をアルファベットでJ.Aとしてますが、間違いなく、漫画家はジョージ秋山ですね(笑

漫画家だけでなく、小説家など『創作』を志す人は読んでおいた方が良いですね。
それと、『怠惰』した日々をただ何となく送ってしまってる人も必読だと言っておきましょう。

何しろ、『怠惰』を地で行く私、ひぐらしが言うんだから、間違いありません(笑 ←自身あるよ(笑