サイト内検索を導入しました!過去記事探しにご利用下さい!ヽ(^◇^*)/

って、ある意味自分用・・・( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

Google
WWW を検索 にゅーひぐらしblog内を検索

○○でも出来るポタアン(図解編)

CMOY改回路図

ド素人の池作り奮戦記


Kindleで小説を出版してみました(笑

やっと次のステップに進めそう・・・2020/03/01 00:43:31

さて・・・


PODに向けて推敲したり、酒飲んだりしてる間に・・・


2020年も2ヶ月が過ぎてしまいました・・・(ーー;)


何やってんだろ・・・


などと、自分のその日暮らしの体質に今更ながら呆れ返ります(笑

まあ、私は他の人よりも酷くスローペースで、すぐに楽な方の誘惑に流れてしまう性格なのです。
それでも、歩みを停めたらそこでジエンドなので何とかあがきました。


とりあえず推敲作業は終わりにし、アステローペ1・2のkindle版は最新にアップデートが完了です。
そうなると、PODにデータを送る準備をしなければならないので、取り急ぎ表紙のデザインを作ります。

アステローペ1

アステローペ2

アステローペ1・2の表紙デザインはこんな感じです。

印刷には、「裁ち落とし」という物があります。
通常の場合は、大きな紙に同じ印刷物を複数印刷し、指定された位置で切ることです。
これにより、印刷物は多少切る位置が歪んでも、変に余白など出来ない様になるわけですが、それには当然下準備
が必要となるわけです。

今回作成した物は、そういった印刷のルールに従って作成した物です。
よって、最初から表表紙(表1)や背表紙や裏表紙(表4)も作成してあるわけです。

これで、正解かどうかは送ってみて先方に判断して貰うしかありませんが、まあ大外れはしてないでしょう(笑

取り急ぎ、明日先方に小説データと共に送る予定です。


これで、やっとPOD関連の事も一段落付きました。
大分遅れてしまいましたが、これでやっと心置きなくアステローペ3(最終章)の製作に打ち込めます。
まあ、ちゃんと書けるかどうかは別問題ですが・・・(笑


そういえば、このところNETFLIXに夢中です。
特に、レース関連の動画が面白い!

特に「FORMULA1 栄光のグランプリ」は面白いです。

2018年シーズンと2019年シーズンのF1のドキュメンタリーですが、これはありがちなトップチームの話では無く、
殆どが中堅クラスのチームの葛藤に内容に絞られている点が良いです。

メルセデス・フェラーリ・レッドブルといったトップ3に勝てないコンストラクターズが4位以下のメーカーがどうすれば
勝てるチームになるのか? しかし、それはなぜ難しいのか? に焦点が絞られています。

特にドライバーは勝てなければ、チームから放り出され、来シーズン他のチームと契約できなければ引退するしかない
過酷な世界です。

富と栄光といった華やかなモータースポーツの裏側は結構ドロドロしており、とても面白いです。


まあ、そんなわけでNETFLIXに加入したのは意外と正解だったかも・・・

最近の日本のアニメはパターン化され、かなり劣化してる気がします。
もう、殆どアニメ見なくなったのでdアニメは解約だなぁ・・・

毎年恒例のアレ(予告編)と2019年最後の更新2019/12/31 22:26:26

さて・・・


2019年も後残すところ数時間となりました。


冬休みに入って4日目・・・
ここまで、毎日酒浸りでそれほど建設的なことやってません(笑

まあ、ちょっとだけPODアップ用にアステローペIの推敲をしています。
で、推敲した物は電子書籍も更新予定ですが、ここで電子書籍と紙の本の違いに気付きました。
電子書籍は、目次にリンクを貼り付けることが出来るので、好きな章に飛ぶことが出来ますが、本はそんな事出来ません。
つまり、PODにはそもそも目次なんて要らない(笑
それと、PODの場合はページ数で価格が違ってくるので、余計な物は極力排除しなければなりません。
私の場合は、「後書き」とかです。
この本編とは関係が無い部分と目次をPOD版では削除予定ですが、電子書籍は最初にアップした内容と著しく違うとKDP
からお叱りの言葉がメールされ、修正を余儀なくされます。
よって電子書籍版は残す。
つまり電子書籍とPODは本の構成が必ずしも一緒ではなく、それに伴い更新ファイルも2つ用意しなければならない。
意外と面倒くさいです、これ・・・


さて、
てなわけで、小説の話はこれぐらいにして、毎年恒例のプレゼント企画について書きたいと思います。
今年もツボックさんより色々頂いてしまいました。
ツボックさん、毎年ありがとうございます<(_ _)>

てなわけで、今回の景品はツボックさん色に染まってしまいました(笑
では、早速景品を紹介させていただきます。
尚、今回の景品に関しては動作確認を一切行っておりませんので、あらかじめご了承ください<(_ _)>

オシロオスコープ

①本格的なオシロスコープ

使い方を私は全く知りません(笑


デジタルマルチメーター

②デジタルマルチメーター


ヘッドセット

③ワイヤレスヘッドセット

凄くキレイ! 新品?


クリーナー

④スクリーン&キーボードクリーナー


さて、ここからゲーム系が始まります。

PSP

⑤PSP(1Gen) 7台!+太鼓の達人と裏蓋(予備)


ゲームボーイ

⑥ゲームボーイ アドヴァンスSP(画面明るさ改造済み)


ソフト

⑦ファミコンソフト2本(なぜか同じ信長の野望)


NGX TOOLS

⑧NGX TOOLS

ネオジオの改造に使う?


W-SMS

⑨W-SMS

何に使う物なのか不明・・・(笑


予備

⑩PSPバッテリーとUSBケーブル

ここまでが、ツボックさんからの頂き物です。
そしてここからが、私が用意した物


HDA

⑪HD Advance2.0(未開封)

何に使う物かは、調べてください(笑


M4

⑫M4

PS3のコントローラーをPS4で動かせるアレ


その他

⑬ドリームキャストコントローラーと変なミニゲーム(笑


キーボード

⑭Bluetooth接続のミニキーボード(多分、未開封かな?)


中継器

⑮BUFFALO WEX-1166DHP

コンセントに直刺しタイプのWi-Fi中継器です。


ということで、全部で15種類用意しました。
尚、ツボックさんの荷物には、これ以外にPS4(電源が入らないジャンク)とコンデンサやICチップもありました。
PS4はまだ分解修理したことないので、私が使わせていただくことにしました。
コンデンサとかもまあ景品につけるのもどうかと思い、私の方で活用させていただきます。

尚、抽選は1月3日の0時頃を予定しています。
それまでにエントリー画面を作成予定です。

では、皆様
2019年もあと2時間を切りました。
良いお年をお迎えください。

小説を構想するという行為2019/12/02 21:30:07

さて・・・


だらけてます・・・


とか言ってるるうちにいつの間にやら12月・・・


正直、「ウソでしょ?」と思いました(笑


ダラダラやってるうちに、一年があっという間に過ぎ去り、2019年も残り1ヶ月を切りました。
何と日々の過ぎ去るスピードが加速してることか・・・

もしかしたら、私の体は時間超越を会得してしまったのではないか?
だとしたら、過去に戻れる方法もそのうち会得できるのではないか?

などと、下らないことを考えつつ、日々を過ごしています(笑


この一週間以上、コレだという目立ったことはしてません。
朝、満員電車に揺られ、仕事して、夜、満員電車に揺られ帰宅。
土日はその煽りで、ぼーっと過ごす。
それを繰り返してるに過ぎません。


でもまあ、ちょっぴりですがアステローペIIIのプロットも考えました。

私のプロット作りは以外とテキトーです。

大体こんな事を書こうかな?

と考えて、思いついたシーンなどを書き留めます。
そして、ラストのシーンを構想します。
そうやって構想の落書きは既に一万字近くに・・・(笑

ラストが大体こんなモンかな? と決まれば、それを包括した小説のベースに流れるテーマを考えます。
そして、そのテーマに沿って物語が流れる様に各章の構成を考えます。

で、各章の流れを大雑把に章立てして箇条書きでまとめてみると・・・10万字ほどにしかならない!(笑
アステローペは基本が長編で、最低20万字を目指して書いてきました。

それを最終章になる予定のアステローペIIIが10万字ほどではかっこ悪い・・・

そこで、途中のストーリーをテーマから外れない範囲で膨らませなければならない事になります。
しかし、ダラダラと中盤を書くと、中だるみします。

私は基本的に中だるみが大嫌いです。

過去の名作と言われる小説ってのは決して中だるみしないからです。
面白くて、ついつい寝る間も惜しんでページをめくってしまう。
それが良い小説だと信じて疑いません(笑

しかし、物語というのはラストの2歩手前ほどは、意外と説明くさい作者の言い訳的な文章が多くなり中だるみします。
これはラスト一歩前の盛り上がりと、ラストのテーマに繋がる大切な部分ですから、しっかり書かないといけないわけ
なのですが、しっかり書けば書くほど説明臭くなって、読者はつまらないと思ってしまいます。

そうならない様、面白いストーリーを考えて書くわけですが、これが以外と大変な作業だったりするわけです。

アステローペは実は「自分と違うという理由での差別対象」そして「それでも生きてゆく強い気持ち」をプロトタイプという
実験体の少女達に込めています。

アステローペIでは主に「差別」を書いてます。
アステローペIIではそこに芽生えた「希望」です。

そうなると、アステローペIIIは必然的に、「その先」となるわけです。

そのあたりの構想は決まっているのですが、そこに繋げる中盤がまだ固まっていません・・・

そんなわけで、今回は意外と苦しむかも・・・(笑

でもまあ、そういった空想も結構楽しいですよ。
で、それを書くという行為は辛いけど、書き終わった後の充足感はなかなかです。

多分、これはゲームでは味わえない感覚ですねぇ・・・


でも、ここに来ての一年の経過の速度を考えると、あまり私には時間が残っていないのも事実・・・
発想力が枯渇する前に、何としても頭を働かせて、アイデアを絞り出さなければ・・・

年を取るってのは、脳みそをちゃんと使ってやらないと、すぐにガタが来るって事なのです(笑


ああ・・・なんでこんな事始めちゃったんだろ?(笑