サイト内検索を導入しました!過去記事探しにご利用下さい!ヽ(^◇^*)/

って、ある意味自分用・・・( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

Google
WWW を検索 にゅーひぐらしblog内を検索

○○でも出来るポタアン(図解編)

CMOY改回路図

Kindle本、出版しちゃいました(笑

下巻は現在、執筆中です。

順調に遅れております(笑

予定では2017年4月上旬頃までには・・・

魔法はいつか解けるものなのかも2016/09/18 00:01:40

さて・・・


たいしたことは何もしてません・・・


とりあえずやったことと言えば・・・

互換ベルト

Apple Watchの安い互換ベルトを買ったぐらいです・・・(笑


この互換ベルト・・・

中身

値段の安い割に、意外としっかりしています。
※amazonで1,200円程


んで、

比較

純正のベルトとの比較

見た目はほとんど純正品と見分けが付きません。
ちょっとだけ違うのは、ベルトの長さが微妙に互換品は短いと頃ぐらいです。
それと、素材が純正品よりやや堅い・・・


それと・・・

ストッパー

本体との装着時に動作するストッパーの色が違うぐらいです。

もっとも、この部分はApple Watch本体に隠れてしまう部分ですからストッパーがしっかりと動作すれば問題なしです。


んで、

装着

装着

純正よりも微妙に甘い感じもしますが、とりあえず到着中に外れると言ったことはなさそうです。
ただ、ベルトの素材が純正よりもやや堅めなので、装着時、穴にピンを入れるのがちょっとやりにくいかもです。

でもまあ、
装着した感じはまあまあいい感じです。


んで、

文字盤

文字盤をミニーにして奥さんに納品・・・(笑


そういえば、
iPhone7の発売日はなかなか好調だったようですね。
ブラックは世界的に品薄で、初回予約から漏れてしまった人の手元に届くには少々時間がかかるとか・・・

まあ良いことだとは思いますが、私は最終的に今欲しいという人達にiPhone7が出回った段階で、販売数が思ったより
伸びなくなると予想しています。
確かにiOS10はいい感じに改良されており、iPhone7内も強力なCPUの搭載で動作は速くなったのかもしれませんが、
その恩恵に浸れる人はいったいどれぐらいいるのだろうと考えてしまうからです。

今欲しいと思う人は、iPhoneというブランドが好きな人で、少しでも早く新機種が欲しい人達です。
そういった人達がiPhone7を手にした後が実は勝負になります。

いかに、iPhone6s以前の機種で満足している人に買い換えを促すことが出来るか?

これがポイントです。
そういった点から考えた場合、iPhone7というのは今までのiPhone6s以下の機種を使っている人達に対して
「今すぐ交換しなくちゃ!」というアピールポイントがやや不足している感じがします。

かくいう私もフェリカとか一切使っていなかったので、ソレが無いからといって別段困ってません。

あれば便利なのかもしれませんが、それが付いてるからといった事で買い換えする理由にはなりません。
私は基本的にApple好きですが、なぜか今回のiPhone7にはわくわくすることが出来ませんでした。

イヤフォンジャックが無くなったことが最大の理由ですが、なんかこう・・・
過去のiPhoneシリーズの中で、一番ワクワク出来ない端末なんですよね


魔法・・・解けちゃったのかも・・・(笑

よもやま(笑2016/09/12 23:00:14

さて・・・


最近は完全にmoto360を使用していて、Apple Watchは使ってません・・・(笑

iPhoneのアプリもiOS10対応のアップデートが増えてきて9/14にもアップデートされるという話が
にわかに現実味をおび、ついでにWatchOS 3も同時にアップデートでるかな?

でも、Apple Watchには多分戻りません。
単純にWatchOS 3を心待ちにしているのは、文字盤にディズニーのミニーが登場するので、
奥さんに渡しやすくなるからに過ぎません(笑

私はとりあえず現在はmoto360で満足しています。
まあ、最終的には完全丸形のスマートウォッチが欲しいので、HUWAEI Watchがもう少し安くなれば
多分、そっちを買っちゃうと思いますが・・・(笑

だって、かっこいんだもん・・・(笑


はてさて、
話はちょっと変わりまして・・・

ふと気になったので、iPhone6+のケースを開封してみます。

開封

何が気にあったのかと言えば・・・


iPhone6+を購入以来、全く使用してなかった・・・

イヤフォン

付属の純正イヤフォン・・・(笑

これ、実際に聴いてみたらどんな音質なのか、とても気になったからです。


んで、

音楽

早速音楽を聴いてみる・・・


おろ?
曲の出だしのエレキの音が意外ときれい!
これは以外といいイヤフォンかも・・・

と思ったのもつかの間・・・

ドラムが加わった瞬間、まさに「総崩れ」状態に・・・

なんか、すごく質の悪いドコドコといった低音部が鳴り出し、バランスめちゃくちゃ・・・(笑
2つのそれぞれ特性の違う音源を同時に鳴らしてるような音です。

中音から高音域はいい感じなのに、低音域の質の悪さは我慢がなりません・・・
とても耐えられそうもなく、1分も聴かずに箱に戻しました(笑


まさか、この音質でBluetooth版も出すんじゃ無いでしょうね?


いやー、思った以上にひどかったので、ちょっと笑ってしまいました(笑


てなわけで、
現在私の次のスマフォの最有力候補は・・・

Xperia XZ



よいな、これ・・・

「フラグシップ」という言葉に弱いのよ・・・私・・・(笑

私がiPhone7を選択しない理由・・・(笑2016/09/11 00:32:10

さて・・・


仕事でバタバタしていたのと、飲み会があっったりで、更新が滞ってしまいました・・・


しかし、
人というのは、何も

四六時中仕事ばっかりしてるわけでもなく、
四六時中酒飲んでるわけでも無く、

他のことを調べたり、考えたりしてる時間もあるわけです。


てなわけで!

iPhone7が発表になり、やはりヘッドフォンジャックは削除されました・・・(-_- )
で、読売新聞のネットニュースに書いてある、アップルのマーケティング担当の言葉を引用・・・

「アイフォーンにとって(部品を実装する場所は)プレミアムな空間だ。この貴重な場所を昔ながらのアナログな規格に
いつまでも専有されるわけにはいかない」

アップルが日本人好みのアイフォーン7を作ったワケ ←

なるほど、なるほど・・・


なめんな、バカ!


と私はあえて言いたくなるわけです・・・(笑

確かに、ICチップ関連を集積化して、小型で高性能なデバイスを作るに当たって、3.5mmプラグを差し込むスペース
を確保しなければならないのは大変なのはお話の通りです。
しかし、そういったコメントの裏側に実は隠れている問題があります。

それは、DAC

DACというのは、Digital to Analog Converterの略で、その頭文字をとってDACとなります。
さて、スマフォにステレオジャックが付いているという事は、実はスマフォの中にDAC回路があるからに他なりません。
人の耳はアナログです。
よって、スマフォ内で処理されているデジタルな音楽データをDAC回路を使ってアナログに変換しなければなりません。
そうしないと、人の耳では「音楽」として認識できないからです。

詰まるところ、新しいiPhone7は「アナログな規格」以外にもDACという回路も実は削除してることになります。

つまり、マーケティング担当の言葉には、上手に隠された真実があるわけです。

【訂正】
iPhone7には本体にステレオスピーカーが内蔵されている点と、ボリュームコントロールも出来る点から考えて、DACとAMPは搭載済みだと訂正させていただきます<(_ _)>
一応と、Lightningのピンアサインを調べましたが、こちらは完全にデジタルになっているようで、オーディオアウトは無いことが分かりましたので、外部接続で音楽を聴く場合、やはりDACとAMPは必要な点は変わらないので、その部分は修正していません。
※未使用のNCピンが存在し、昔のDOCKのようにそこにオーディオ(L/R/G)を乗せる可能性は0%ではありませんが、まあ多分無いでしょう・・・


840さん、ご指摘ありがとうございます<(_ _)>


さて、
日本人は世界的に見て「iPhone好き」ですから、今回のiPhone7発表後は早速Lightning対応のヘッドフォンやイヤフォン
はたまたBluetoothのイヤフォン、ヘッドフォンの記事やらなんやと出回り始めました。
その中で、あの有名なeイヤホンのHPを見ていたら、「えっ?」と思うようなことが書いてありました。

LightningコネクタがDACの役割を果たすことができるため高音質になり、 さらに1本でまとめられ、
かさばらないメリットがあります。

eイヤホン ←

はぃ?
Lightningコネクタに何らかのDAC回路が内蔵されないと音楽にならないのでその部分は同意できるとして、なぜ「高音質」に?
Lightning対応のイヤフォンやヘッドフォンにはそんなにも高性能なDACが搭載されているの?
というより、LightningコネクタがDACの役割をする事自体、初耳なんですが・・・

てなわけで、

Lightning端子のイヤフォン・ヘッドフォン=高音質

というトンデモ情報が飛び交っている始末です・・・

この辺りの構造的な知識が無い人を言葉巧みにミスリードするのはいかがなもんでしょうねぇ・・・

基本的に、Lightning端子を使ってLightning対応のイヤフォン・ヘッドフォンを使いたいと思ったらiPhone7にしなければ
ならない理由などありません。
今までのiPhone5やiPhone6等のLightning端子を使っているiPhoneなら同じ事が出来ます。
また、Lightning端子から高音質で音楽を聴きたいのであれば高性能なDACとアンプを必ず通さなければなりません。

iPhone(lightning)→DAC→増幅器(ポタアン等)→イヤフォンやヘッドフォン

こうしないと、人間の耳では音楽として認識できないことになります。
つまり、高性能のDACと高性能のアンプ、そして高性能なイヤフォンやヘッドフォンを組み合わせることで初めて
「高音質」な音楽を再生できるわけで、Lightning対応のイヤフォン・ヘッドフォンにすれば今まで以上に高音質に
なるわけではありません。
よって、この辺りを極めようとすると、どんどん「かさばり」ます(笑


なんか・・・イヤ・・・


iPhone7発売の裏側で色んな嘘や誇張、勘違いが大量発生中で嫌気がしてきました・・・(笑

そもそも、イヤフォンジャックを廃止して、その替わりに高性能なCPUやGPUを搭載し、今までよりもベンチマークが
2倍になったとか、4Kでも問題なく撮影・再生できるとか・・・

スマフォにそこまでの「高性能」が必要なんですかねぇ・・・

専用ゲーム機でもないので、アナログなコントローラーも付いてない、5inch~5.5inch程のスマフォ画面で
高画質3Dのゲームとかしたいのですかねぇ・・・

私にはその辺りが分かりません・・・

そんなことなら、画面とかはフルHDで十分だから、高性能なDACを搭載してくれた方が、全然良いです。


よって!

私の次期スマフォはXperiaに決定しました!(笑

今使っているiPhone6+とApple Watchは奥さんに譲渡することでほぼ決定です(笑


さよなら、iPhone・・・