サイト内検索を導入しました!過去記事探しにご利用下さい!ヽ(^◇^*)/

って、ある意味自分用・・・( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

Google
WWW を検索 にゅーひぐらしblog内を検索

○○でも出来るポタアン(図解編)

CMOY改回路図

Kindleで小説を出版してみました(笑

日本って・・・2018/04/03 22:23:56

さて・・・


やる気が出ずに、日々会社に行ってはダラダラと仕事して、
帰ってきてはダラダラとamazonビデオで「Top Gear」とか見てます・・・(笑

それにしても、
イギリスの国営放送たるBBCは素直に凄いと思います。
古くはモンティー・パイソンというブラックジョークというか、かなりきわどいお下劣婆番組を作ってました。
今だったら、障害者団体から猛烈に怒られそうな内容です。



現在ではTop Gearという一応、車の紹介番組なのですがやってる内容はハチャメチャだったりします。

イギリスは紳士の国とも言われてますが、頭はかなり柔軟というか、バカな事をトコトンバカやって愉しむ
ところがあるのですが、中身は日本だったら放送禁止レベルに激しかったりします。
対して今の日本は政治がコメディーレベルです・・・

嘆かわしい・・・

麻生さんも嘆いてましたが、文書偽造は決して軽い行為だとは思いませんが、TPP問題の進展の方が確かに
日本の経済にとってとても重要な問題です。
また、北朝鮮問題の核開発問題、中国による周辺国への軍事的挑発行為や圧力、ロシアの軍国主義復活の兆し
トランプ大統領の独断的な動向等々、ちょっと極東アジアに目を向ければ、ちゃんと世界情勢が見えてる人なら、
日本が中東同様にとても危険なエリアに位置していることに気付くはずです。

そしてこういった問題こそ、本来は「日本国民の生命と財産」を守る政治の大切な仕事のハズです。
ところが、いま日本で繰り広げられてるのは、国民の税金で給料を貰いながら、互いに舌戦をしてる与野党議員・・・

ダメだろ・・・この国・・・

と惨憺たる思いになります。

私は初めて書いた「アステローペ」という小説で日本の九州と沖縄が中国に占領された世界を描きました。
当然これは架空の話しですが、全く世界情勢を無視して書いているわけでもありません。
小説内に年表を付けて未来の世界を書いた部分がるので、抜粋しておきます。

2112年2月13日
 中国の台湾侵攻。
 軍事施設を不意打ちで一気に潰された台湾は、中国の上陸部隊によって、18日間で完全に占拠された。

2114年10月6日
 北朝鮮で軍事クーデター発生。
 中国の息のかかった金(キム)英(ヨン)浩(ホ)将軍の軍事クーデターにより金体制が崩壊。
 結果、中国の傀(かい)儡(らい)軍事政権となった北朝鮮は完全に中国の属国となる。
 その頃、在韓米軍は韓国との地位協定により朝鮮半島より全面撤退を完了していた。
 韓国は北朝鮮の動向により米軍の再常駐をアメリカに要請するが、常駐費用負担で折り合い付かず、アメリカ
 は沖縄からの出撃でも十分に対応できると韓国側の要請を拒否した。

2118年3月21日
 北朝鮮がいきなり三八度線を越えて南進を開始。
 開戦早々青瓦台が北朝鮮軍によって占拠される。また、ソウルをSRBMと高射砲で爆撃された韓国は
 たったの一日半で中国から軍事支援を受け、力を付けた北朝鮮軍に制圧される。
 結局、在日米軍はバックに控える中国の影を気にして、軍隊を動かさなかった。
 大統領を人質に取られた韓国政府は非常事態宣言を発令し、韓国軍は政府の命令により武装解除。
 これにより朝鮮半島は実質中国の領土となる。
 同年11月。ロシアとの国境紛争を避けたい中国はロシアと軍事同盟の仮調印を締結した。

2122年8月10日
 中国はパキスタン、バングラデシュとの間に、新世界秩序を見据えた
 軍事同盟を締結。
 インドを三方面から挟み込み、孤立化させる事に成功した。

2125年5月7日
 ロシアとの軍事同盟の本調印によりロシアとの国境紛争問題を解消した中国は、東南アジアの領土と資源
 を手に入れるべく軍隊による南進を開始。
 中国はインドネシア、ミャンマーを同盟国に引き込み、東南アジア各国との戦闘状態に突入した。

2126年~2130年
 最初にベトナム、フィリピンが陥落。続いてタイ、カンボジア、ラオスも中国の制圧下に入る。ここに至り、
 アメリカとEU諸国は中国との戦争を決意した。増長する中国をこのままにしては危険だと判断したのである。
 ロシアとの対決を避けたいアメリカとEUはロシアを自分達の側に引き入れようと説得工作を開始するが、
 ロシアはこれをことごとく拒否した。

2132年11月3日
 中国・ロシア軍事同盟と北米・オセアニア・EU連合の間で第三次世界大戦が勃発。
 しかし、各国とも自国での戦闘及び核兵器の打ち合いはどうしても避けたい為、資源を巡った代理戦争という
 大義名分の元、アフリカで戦闘が開始される。第三次世界大戦最初の戦場は「世界の火薬庫」と言われた
 中東では無く、アフリカが舞台となった。

2134年4月16日
 ロシアが電撃的にEU諸国へ進軍を開始。
 EUとロシアが全面戦争状態となる。自国防衛を最優先としたEU各国はアフリカ戦線より徐々に撤退。
 アフリカでの代理戦争に残ったのはアメリカと中国・ロシア軍事同盟だけとなり軍事バランスが崩壊した。

2136年~2137年
 アフリカ戦線は一進一退の膠)着状態が続いていたが、アメリカ国内では長く続く戦争に嫌気がさした国民に
 より、ハト派の大統領が当選。
 これを切っ掛けに、アメリカはアフリカ戦線から徐々に撤退を開始する。同時期、アメリカの睨(にら)みが弱まっ
 た中東では、アラブ連合とイスラエルの間で報復合戦が激化。そして、それは第六次中東戦争へと発展する。
 アメリカは撤退させたアフリカ戦線の部隊をイスラエル支援に差し向けた。
 このアメリカのイスラエル支援により、第六次中東戦争は資源争いも伴い、世界各国が参戦する事態に発展
 する。戦闘は次第に激化し、そして泥沼化していった。

2138年3月
 戦争の拡大により、余剰戦力が無くなったアメリカは、ハワイ基地まで本土最終防衛ラインを下げる事を決定。
 結果、在日米軍の日本からの撤退が開始される。
 在日米軍の撤退により、日本は朝鮮半島を含む中国、そしてロシアからも常に軍事的圧力を掛けられる小国へ
 と成り下がる。

2145年12月9日
 中国が日本に宣戦布告。
 同日、中国人民解放軍がいきなり尖(せん)閣(かく)諸島に上陸し、そのまま占拠する。

2146年8月
 中国は圧倒的な物資投入により、自衛隊を圧倒。結果、九州と沖縄各島がたったの8ヶ月ほどで占領される。
 アメリカの援軍を全く期待できなくなった日本は、本土死守の為、自主防衛の道に入らざるを得ない状況へと
 追い込まれる。

年号は今から94年後の2112年からにしてありますが、私の脳内にあった第三次世界大戦が起こるとしたらと
いう仮定の年表は、私の想像を上回るスピードで現実で起こりつつあります。

自分の世界情勢予測もそれ程捨てたもんじゃ無いなと思いつつ・・・
日本が近未来に中国からの軍事攻撃によって占領されないことを切に願います・・・


いや、これ結構マジです・・・(笑

ダメ人間からの脱出・・・したい・・・(笑2018/03/21 21:45:05

さて・・・


精神的に停滞状態で、何かをやる気がイマイチ起きません・・・


今年に入ってから、凄く良いことが無い割にあまり良くないことが多い・・・
いや、致命的な悪い事が起こってるわけでは無いのですが、自分の望む方向にはなかなか進まない・・・

例えるなら、折角港を出港し、大海原へと船を進めたのに、大海に出た途端に風が一切無く、帆を広げても
船は一向に進まない状態

そんなもどかしい状態が今年に入ってから続いています。
2018年になってから既に1/4が過ぎようとしているのに、この停滞感は何でしょうねぇ・・・

こんな精神状態だと、今まで好きだったガジェット系にもいまいち興味が持てず・・・
いや、多分欲しいものは中途半端なガジェットでは無く、ちゃんとしたノートPC(笑
それでお金を貯めようと思いつつ、飲んだり、詰まらない物を買ったりして誤魔化すもんだから、一向にお金が
貯まりません(笑

精神的に停滞した状況というのは、どんどんと「気力」を無駄に消費するようで、やる気が出ない・・・

そんな状況がこの所続いています。

打開すべく、休日は小説の続きを書こうと思うのですが、PCのスイッチを入れてもネットとかをダラダラとみて、
気付いたら外が暗くなってるといった状態です。

しかし、いつまでも精神的にダラダラしてる今の状態を決して良いとは思ってないもう一方の自分がいて、
精神的に焦りまくってます。
いや、人の心というのはままならない物です・・・(笑

で、
この所ずっとハマってるのが、「世界名作劇場」の一気視聴(笑
先週辺りから、今まで見てなかった「世界名作劇場」を片っ端から見てたりしてます(笑

・小公女セーラ
・ロミオの青い空
・レ・ミゼラブル 少女コゼット
・私のあしながおじさん

と視聴してました(笑
昔の「世界名作劇場」は今の1クール(13話)アニメと違って、殆どが40話以上あるので、ひとつの話しを全部
見終わるのに大分時間が掛かります。

で、
この世界名作劇場を見ていて、ふと思ったのは「幸せの法則性」
こういった物語はほとんどの場合、主人公が元から貧乏だったり、孤児だったり、お金持ちから一気に貧乏人
になったりして、酷い状態に一度突き落とされます。
そして、最後はハッピーエンド!

王道とも言える完璧な法則に則って話が進行します。
見ている側も、最後はハッピーエンドになると分かって見ているわけですが、やはり最後がハッピーエンドになる
と嬉しくなり、「ああ、良かった・・・」と思うわけです。

しかし、こういった物語の主人公は極貧の淵に陥っても絶対にめげません。

貧しい生活の中でも、必ず何らかの「幸せ」を見つけ出したりします。
実はココもこういったストーリーの大切なポイントなんですね。

最後に「本当の幸せ」を掴むためには、日々の努力を決して怠ってはならないし、信じ続けなければならない。

こういった物語は必ずどの作品もそう語っています。
日々、くじけずに主人公が頑張ってきた姿を見てきた視聴者は最後に主人公が報われることに喜びを見いだします。

世界中の人々を感動させてきた物語はこういった構成で出来ており、皆を感動させてきました。
そこで気付くのは「喜怒哀楽」は全世界共通なんだなという点

そんな事を考えつつ、自分の姿を顧みてみる・・・


努力嫌い・・・でも幸せになりたい・・・


こう思ってる自分はダメだろ・・・(笑
どう逆立ちしたって、世界中の人々を感動させる人間にはなれない・・・(笑


あー、このままではダメになる・・・ ←まだ、ダメになってないつもりでいる


てなわけで、
アステローペ完全版の最後の推敲をしてます(笑

これが終わって、アップロードしたら書きかけの「失業者物語(仮題)」の続きを書き始める予定です。
書きたいネタはアステローペの続編も含めて複数あるのに、やらない自分・・・


世界名作劇場の主人公の爪の垢でもあるなら、飲みたいものです(笑

基本というのは・・・やはり・・・2018/02/24 22:41:44

さて・・・


本来であれば小説の続きでも書こうと思っていたこの土日ですが・・・


結局、ダラダラと過ごしてしまいました(笑


んで、
前回購入した「ブレードランナー・ファイナルカット」を観てました(笑
で、10年ぶりぐらいにブレードランナーを観て、「あれ}っと思ったのが、
ブレードランナーに出てくるシーンと押井守監督の映画、攻殻機動隊のシーンの酷似でした。

あれ? このシーンは攻殻機動隊にもあったよね

あれ? このシーンはサイコパスじゃん!

あれ? このシーンはCowbot bebopにもあったな・・・

って、日本のアニメにはブレードランナーに影響を受けたとしか思えないシーンが多くあることに今更気付きました。


あまりにも気になったので、ちょっと確認してみると押井守監督のインタビューページを見つけて読んでみると、
思いっきり影響されていると本人が認めてました(笑
ブレードランナーはSFの金字塔とよく言われる作品で、その後の作品に多大なる景況を与えた映画です。

確かに今更ながら観てみると、これが36年前に作られた映像なのか?

と思わせる映像美に溢れています。
まあ、流石にディスプレイが液晶では無くブラウン管で、コピーで出てくる写真が「ポラロイド」形式だったりするの
は歴史を感じてしまいますが・・・(笑

で、
押井守監督もインタビューで答えていて、私としても納得なのは人間の限界
架空のSFの世界にリアリティーを出すにはそうすれば良いかという部分です。

彼曰く、「見慣れた物をどう上手く使って見せるか」という部分です。

例えば、未来の世界を描いたSFを作る場合、どうするか?

・チューブ内に車が走ってる
・人はみんな宇宙服みたいなのを着ている
・食事はチューブに入った液体を飲んでいる

こういった世界観はリアリティーを感じないと彼は言ってますが、これはその通りだと私も思うわけです。

人というのは以外と進化してるようで進化してません。

未来人は、いきなり血の滴るようなステーキを捨てて、チューブの液体飲んで栄養補給すると思いますか?

男女の恋愛は無くなり、セックスレスになり、子供は人工子宮で作られると思いますか?

私には全くそうは思えません。
なぜなら、「食欲」「性欲」は動物としての本能で、それを未来人はあっさりと廃られるとは思えないからです。
つまり、空想の物語にリアリティーを持たせる場合、現在の生活の延長線上に世界観を据えなければなりません。
こうすることで、小説や映画を観ている視聴者はその世界観にリアリティーが生まれるわけです。

空想の世界を書きたかったら、「食シーン」を入れろ

そんなキーワードが頭に思い浮かびました(笑


んで、
ちょっと話は変わるのですが、「基本は大事」という話

私は毎日、通勤時、スマフォとイヤフォンで音楽を聴いてます。
スマフォはSONY Xperia XZ
イヤフォンは同じくSONY XBA-N3

ちょっと前まではSewnnheiser IE8とXperia XZで音楽を聴いていたわけですが、その時のセッティングはこれ

設定1

ClearAudio+をONにしていました。

何故なら、DSEE HXにすると、Sennheiser IE8の場合は音がこもる傾向に振れるからです。
何となくボワボワした音になるので、この設定は使いませんでした。


ところが・・・

設定2

XBA-N3だとDSEE HXの音がとても良い事に気づきました!

変にこもること無く、音が厚くなる漢字でとても心地よい・・・


つまるところ・・・

XperiaやWalkmanで音楽を再生する場合は、同じSONY製品のイヤフォンやヘッドフォンを使った方が良いという
今更ながらのお話(笑

なぜなら、音の出方のチェックは同じ社内製品を使って調整してるからです。


さて、こうなるとですね・・・

Walkmanのバランス接続で音楽が聞きたくなる!

でもWalkmanのバランス接続対応のNW-ZX300は約6.5万円とお高い!


買えません・・・(/_;)