サイト内検索を導入しました!過去記事探しにご利用下さい!ヽ(^◇^*)/

って、ある意味自分用・・・( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

Google
WWW を検索 にゅーひぐらしblog内を検索

○○でも出来るポタアン(図解編)

CMOY改回路図

ド素人の池作り奮戦記


Kindleで小説を出版してみました(笑

ド素人の池作り奮戦記…ファイナル2020/05/19 21:54:59

さて・・・


2ヶ月以上、長々と書き続けてきた「ド素人の池作り奮戦記」もそろそろ終わりにしようかと思います。


思い返せば、3月7日に庭の涸れ池の堆積を掘り始め、2ヶ月チョット経過した今は、和金と錦鯉が泳いでるわけです。
池で泳ぐ魚を見て、こんな所まで来たんだなぁ・・・としみじみと実感します。

パイロットフィッシュを買ってきて11日目
最初に投入した5匹と翌日に買ってきた和金(小金20匹、下沢20匹)と錦鯉2匹
そして10日目、錦鯉は無事生存していますが、和金は合計7匹ほどお星様になりました。

最初は和金が死んだ事がショックで、何がいけなかったんだろうと頭を抱え、ネット中で色々と調べました。
しかし、これだという原因が分からず、対処に困っているうちに、一匹、また一匹とお星様になりました。

そして、段々と自分なりの結論にたどり着いた感じです。
それは結局の所、自然界の競争原理の中で弱い者は淘汰されるという事です。

まず、ネット上に溢れている情報はほとんど、水槽で金魚を飼うことが前提になっています。
池は水槽の延長線上にあると考えがちですし、私もそう考えてきました。
しかし、家の中の水槽と屋外の池では環境がまるで違います。

水槽は部屋の室温がほぼ一定ですので、昼と夜とで急激な水温変化が起こりにくい環境です。
対して、屋外の池は太陽が沈めば大気が冷え、それに伴い水温も下がります。
また、水槽では少し弱めの金魚がエサをちゃんと食べることが出来てるかどうかを飼い主がチェックすることも可能です
が、全体を一望できない池ではそれがなかなか難しい・・・

つまる所、ちゃんとエサを金魚に与えてるつもりでも、エサの争奪戦に負けちゃんと食べられない個体もいるでしょう。
また、池は広いので、岩場の影に隠れていたり、水草の下でジッとしている金魚はエサがあることに気づけない場合も
考えられます。

そういった飢餓状態の中、夜の水温変化に耐えられず弱り、それで死に至るのでは無いか?

これがこのところ、池の金魚を観察していて私が至った結論です。
つまる所、他の金魚を押し分けてでもエサを食べるといった生命力の強い個体が生き残るシステムです。

また、もう一つは私のミスですが、エサの量が少し少なかったかもしれません。
これは水槽で飼うことを前提とした情報を鵜呑みにし、それを屋外の池にも当てはめてしまったからです。

魚にとって水槽は水温も一定で、エサにもありつきやすい環境ですが、池の場合は水温も水槽とは比べものにならない
ほど変化するので、弱った魚が無事生き延びるには難しい環境でもあります。
それを解決するのは、今のところきちんと食べさせる事です。

食わねば生きていけないのは人間も魚も一緒です。

つまり、エサは魚たちが生きるための体力の源となるわけです。

その辺りが何となく分かった気がします。
このところ、関東地方は天候が不安定で、夏の様にすごく熱くなったと思ったら、一日中冷たい雨が降ったりします。
この環境の変化は多分、魚たちにとってはかなりのストレスとなっている事でしょう。

だから、本日の朝からエサの量を増やしました。
そして池全体を見渡し、端の方でジッとしている金魚の近くにもエサを落としてあげる様にしてます。

また、金魚は順応性が高く、生命力が強いというネット情報も鵜呑みにしすぎました。
実はこれも水槽の中での飼育を前提とした情報なんですよね。
だから、水槽で金魚を飼う場合は、小金や下沢といった小さな金魚でも生きられますが、池の様な環境的になかなかに
厳しい条件で、稚魚の様な育ちきってない金魚には過酷すぎたなと・・・

よって、池で和金を飼う場合は、もっと暖かくなってからか、小和金(体長10cm程)以上を放流した方が死亡率が下がる
と思われます。

そういった意味から言えば、錦鯉は小さくても既に10cm程はあるのでやはり強いです。

これからうちの池では10cm以上の生体しか放流しないと決めました。

そして冬眠に入る冬場以外はある程度しっかりと食べさせて成長を促し、体力を付けさせようと思います。


さて、そんな自分なりの結論に達しましたので、もう小金や下沢は幾ら安くても買わないことにしました。
しかし、広々とした池にちょこちょことしか魚が泳いでないのでやはり見た目が寂しい・・・

そこで、

錦鯉

錦鯉を追加で2匹買ってきてしまいました(笑

ついでにホテイアオイも5株ほど・・・(笑

池をジッと見ていて思ったのですが、和金が何十匹といるのに錦鯉はたったの二匹しかいません。
それでもサイズが全然違うので、錦鯉の方が圧倒的に池の支配者になるだろうと思っていたのですが、肝心の二匹は
最初金魚に追い回されることを嫌がり、そのうちに二匹だけで隅っこの方でジッとしていることが多くなりました。
これは数が少ないので萎縮してるのかな? と思い始め、もう少し数を増やそうと考えたからです。

ショップで購入する錦鯉を選ぶ基準は柄が美しいとかでは無く、とにかく元気に、積極的に泳いでるかどうか。
つまり新しく池に迎え入れる錦鯉が引っ込み思案なうちの錦鯉の意識改革をしてくれればと思ったわけです(笑

それと錦鯉のすごく良い所は、基本的に平和主義なんですよね。
いきなり池に入ってきた新参者の錦鯉とすぐに仲良く泳ぎ始めます。
出会った瞬間から一緒に行動するのが当たり前といった感じです。

和金が少々荒っぽさを感じる反面、錦鯉はその点はとても楽で助かります。
しかも体が大きいので、環境に対する順応性が高いのもポイントです。(つまり、簡単に死なない)


そんなわけで、放流の手順を踏んで池に放流してみる。

新旧

出会ってすぐに新旧ペアで仲良く泳ぎ出しました。


しかし、錦鯉にも性格はあるようで・・・

引きこもり

しばらく一緒に泳いでいても、結局岩の影に入ってしまう白赤・・・(笑


さて、我が家には岩をくり抜いた・・・

ため池

こういった小さな池もあります。

長年、落ち葉などで埋まってましたが久々に掃除しました。


そこに・・・

ホテイアオイ

ホテイアオイを成長のために入れてみました。

でも、こうしてホテイアオイを入れてみると・・・メダカでも飼ったら・・・とか思ってしまいます(笑

まあ、ここには時々カラスやその他の鳥が水を飲みに来るので、メダカとかは食べられちゃいそうで、今は飼う気は
ありませんが・・・(笑


とりあえず、現在生き残っている和金と錦鯉は大切に育ててゆこうと考えてます。
そしてこれ以上、池の話を書き続けるのもどうかと思うので、何か特別なことが起こらない限り、この辺りで池の話は
終わりにしようと考えてます。


さて、最後に本日の魚の様子です。
本日は昨夜からずっと雨が降り続き、天気も雨から曇天で気温はあまり上がりませんでした。
よって、水温は19℃程です。

この中途半端な水温により、金魚たちは3つのグループに分かれました。

グループ1

第一のグループは、ウォータークリーナーによって作り出される水流に逆らいながら泳いで遊ぶグループ


第二グループ

水温が低いので、動くのがイヤなのか、固まってジッとしているグループ

後は、テキトーにその辺を自由気ままに泳いでるグループ


これらの和金と錦鯉を大きく育てるのが今のうちの家族の目標です。

でも、心なしか買ってきた当時よりも既に一回り大きくなってる気がします・・・(笑

人の心、魚知らず。逆もまた真なり。2020/05/17 16:00:52

さて・・・


和金と錦鯉を飼い始めて1週間ちょっと経過しました。


最初の2,3日は順調に推移していたのですが、4日目あたりに1匹、翌日1匹、翌々日2匹といった
感じで、毎朝、池を見ると水底に沈んで死んでいました。(小金一匹だけは浮いていた)

死骸の状態は至ってキレイで、見た感じ何らかの病気を患ってる様には見えません。

何で?

和金の生態がよく理解できてない私には原因が分かりません・・・


で、昨日の朝・・・

死骸?

またもや一匹犠牲者が・・・

この死骸が何らかの病気で死亡していた場合は一刻も早く池から排除しなければなりません。
そこで、網ですくって埋めてやろうと思ったら、いきなり動き出しました。

しかし、しばらく見ていると体が段々と横向きになり、そのまま池の底で動かなくなります。

この状態は完全に通常ではないので、池の水と一緒に隔離しました。


調べてみると金魚の死因は幾つかあるのですが、基本的な情報は水槽で飼うことが前提になってます。
それでも、その内容を調べてみると、底に沈んで死ぬ場合には幾つかパターンがあるようです。

・内臓にエサが一切入っていない(つまり餓死)
・水質の変化によるストレス
・イジメによるストレス

まあ、大体こんな感じだと思います。
エサに関してはちゃんと食べてるとは思うのですが、全ての和金がちゃんと食べてるかまでは分かりません。


とりあえず隔離し、無駄かもしれませんが塩水浴を実施してみることにしました。
塩水浴とは0.5%の塩を溶かした水に浸けることです。
こうする事で浸透圧の関係でエラとかに付いたバクテリアを剥がすことが出来る可能性があり、その結果魚が元気になる
事もあるようです。


しかし・・・

死亡

症状は改善せず・・・

横倒しのまま辛うじてエラ呼吸してるだけです。
飢餓状態かもと、エサをお湯でふやかしてあげてみましたが、せっかく上手い具合に口に入ってもすぐに吐き出します。

そして、隔離して約6時間後にエラも全く動かなくなりました。

土に埋めた後に部屋に戻って色々調べてみますが、やはりコレだという原因が分かりません。
なぜなら他の和金はとても元気に泳ぎ回っているからです。

そこで池の中の和金の状態を思い返してみると、あることに気付きました。
和金は基本的に群れで泳ぐ習性がありますが、中には一切群れに近寄らず、一匹でその辺りを泳いでいたり、じっと
一箇所に留まっている個体もいました。

最初はあまり気にしなかったのですが、もしかしたら群れになじめないはぐれ金魚が死んでいる?

と思い当たりました。
和金の世界にも「イジメ」らしき物が存在するようです。
追い回されて、尾びれを囓られてボロボロになったりする事もある様で、この場合はイジメに遭ってる個体を別の水槽に
移してやると良いと書いてる所を見つけました。
そのまま同じ水槽に入れ続けると、ストレスで死んでしまう場合もあるようです。

そう思って池を改めて見てみると・・・

・水草の影に隠れる様にしてジッと動かない和金が三匹
・常に集団と全然違う場所を泳いでいる和金が一匹

これらは隔離した方が良いのかな?
とは思いつつ、自然界は自然淘汰が当たり前の世界で、過保護にしても結局ダメかも・・・とも思い迷います。
そもそも隔離すれば、カラスなどに狙われる確率も上がるので、それはそれで可哀想です。


さて、和金以上にヤキモキさせられるのが錦鯉の方です。

錦鯉の稚魚は非常に臆病で、人の気配がすると急いで逃げます。
そして池の隅の方の底でジッとしています。

こんな状態でこの二匹はちゃんとエサ食べてんのかなぁ・・・と心配になります。


そこで

エサ

沈下性のエサを買ってきてみました。

今までは金魚も錦鯉も浮上性のエサを与えていました。
金魚の方はあざとくエサを見つけて水面のエサをバクバクとよく食べますが、錦鯉は私の見てる間は全く水面に浮上して
きません。ただじっと水底にいます。

人間が見てると食べずらいのかと池を離れ、少ししてから戻ってみると、エサはふやけたまま水面を漂っています。
そこで沈殿性のエサにしたわけですが、やはり同じように人間がいると動かないのでちゃんと食べてるのか分かりません。

よく動画などでは水面で重なり合う様にして口をパクパクさせならエサを食べる錦鯉の映像がありますが、うちの錦鯉は
同種だとは思えないほど、臆病で温和しい・・・
困ってしまいます・・・


さて、
本日はとても天気が良かったので・・・

清掃

ウォータークリーナーを池から出してフィルターを掃除してみました。

まあ、使い始めて一週間チョットですから全然汚れてません。
少し強めの放水でフィルターに付いたゴミを洗い流しました。


それと・・・

ゴム足

ゴム足は要らなそうだったので、外しました。


これで再設置する時・・・

戻す

池に今までよりもチョット位置を変えて設置してみました。


それと、ジェットノズルは池全体の水流が強すぎる感じがしたので外しました。


それにしても、この二匹・・・

白黒

白赤

どうやって育てたものかなぁ・・・

もしかしたら、金魚が多いのに、錦鯉は二匹しかいないので萎縮してるとか・・・
だとしたら、もう二匹ほど錦鯉を追加してみてはどうだろう?

そんな事を考えてます。


そんな悩みに関係なく・・・

金魚1

金魚の方は、元気に泳ぎ回っています。

時々、ウォータークリーナーのウォーターフォールにダイブしたりして自由気ままに遊んでいる・・・


こいつら・・・人の気も知らないで・・・

水温を今更ながら測ってみる2020/05/14 16:53:08

さて・・・


魚の飼育なんて初めてなので、手探り状態が続いています・・・


よって、本来であればもっと前に確認することなどを後から気付いて実行したりすることもしばしばです。
そんな中で、結構大切な要素は水周りの環境

基本的に、和金や錦鯉にとって最適な水質というものがあります。

Web等を調べてみると、pH7.0~7.5辺りが最適なようです。
言うなれば、中性から弱アルカリあたりです。

私をはじめ、飼育初心者はそう書かれていると、そのpHの値にばかり目が行ってしまいがちです。
水質が悪くなり、酸性側に水が変化すると、牡蠣殻などのアルカリ物質を投入して、pHを中性から弱アルカリに振ろうと
したりするわけです。
しかし、色々と読んでみると、pH値は水質環境の結果であり、決して主役では無いという点です。

ちゃんと水質を管理すると水は勝手に弱アルカリに近くなるようです。
つまり、弱アルカリの水質は水質管理の賜であるともいえます。

酸性に傾いてるからアルカリ物質を入れて中和するのでは無く、ちゃんと水質管理が出来てれば自然と弱アルカリにな
るという事らしいです。
つまり、一時しのぎ的な方法でpHコントロールをするのでは無く、水作りをいちからやり直すぐらいの覚悟の方が正しい。


さて、Webなどでも水質管理といえばpHって感じで、どこを見てもそれについては必ず表記されていますが、pHと同じぐら
い大切なのが「水温」です。

魚にはそれぞれ適した水温があり、その中で活動させると一番良い状態を保てるわけです。
水槽で熱帯魚を飼ってる人は当然この水温を気をつけますが、池の水とか外の環境ではなかなかその辺りの管理が
自然任せで難しいです。

水温が上昇したら直射日光が当たらない様にするとか、冷たい水で水温を下げるとしか対策しようがありません。
しかし、私の場合はそもそも池の水温がどうなってるのかについて、当初は全く考えついてませんでした。
飼い始めてから、「あれ? そういえば最適温度って何度?」とか・・・(笑


さて、一般的な和金と錦鯉の最適温度は多少違います。

和金 15℃~28℃ぐらい(和金は意外と強い)
錦鯉 20℃~26℃ぐらい

絶対的にこの温度内に入ってないとダメかといえばそういう事ではありません。
この数値は正常に成長させたり、活動させたりするのに適した温度ということです。

魚の場合、水温が下がれば冬眠に入ります。
新陳代謝が極端に下がり、動かずにジッとしている状態になるわけなので、この水温から下に外れたら即死ぬ訳では
ありません。むしろ水温が高くなる方が思いっきり危険です。


そんなわけでして、水温ってのは魚を飼う上で結構大切な要素なのですが・・・

私は水温計を持ってません(笑

つまり、池に和金や錦鯉を放流してから水温を一度も測ったことがありません・・・(笑
コレではイカンと・・・

水温計

今更ながら水温計と金属ケースを買いました(笑

水温計はガラス管に色を付けたアルコールが入ってる物であり、堅い物にぶつけたりすると簡単に割れちゃいます。
それを避けるために、金属製のケースも一緒に買ったわけですが・・・


ケース付き

水温計に最初からプラスティックのケースが付いてた・・・(笑


でも、せっかく・・・

金属ケース

金属ケースも買ってしまったので、こっちに水温計を入れることにしました(笑


で、昨日(13日)の13時頃、早速水温を測ってみることにしました。


ちなみに、5月13日の13:00頃の気温は・・・

温度1

25℃と結構、日差しも強く暖かい状態でした。


で、その時の水温は?

水温1

22℃

水温的には和金も錦鯉も活動するのにいい感じの水温です。


ついでにと、pHも測ってみました。

pH

大体、7.5~8.0辺りです。

まあまあの状況だといえます。
というか、魚を投入する前とほぼほぼ一緒です。


さて、5月中旬の暑い時間帯の気温と水温は大体分かりました。
後は、朝方の温度も計測してみようと思い立ちました。


5月14日 AM6:00頃

気温2

気温は14℃

Tシャツではチョット肌寒いぐらいの温度です。


で、水温の方は・・・

水温2

16℃

やはり、気温に比べて水温は変化が緩やかです。
かといって、日中の暑い時間との温度差は6℃と若干大きい気もします・・・

といっても、この規模の池でヒーターなどを使って水温の変化を小さくするなんて無理・・・
錦鯉の養殖で生計立ててるプロの人ならいざ知らず、こっちは単なる初心者のド素人なので、自ずと限界があります。


後は・・・


環境に負けない強い子に育ってくれ! 


と祈ることしか出来ません・・・(笑