サイト内検索を導入しました!過去記事探しにご利用下さい!ヽ(^◇^*)/

って、ある意味自分用・・・( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

Google
WWW を検索 にゅーひぐらしblog内を検索

○○でも出来るポタアン(図解編)

CMOY改回路図

Kindleで小説を出版してみました(笑

ASUS Xonar DSXのコンデンサを交換してみる。-その2-2017/09/30 10:13:29

さて・・・


昨夜に引き続き、ASUS Xonar DSXを弄ります(笑


今回もコンデンサを交換するわけですが、昨夜とはちょっと状況が変わるので、まず最初に現在の状況を確認
します。

現状

現状はこうなっています。

Xonar DSXは一番上のスロットに挿入しており、直下にはビデオカードが挿してあります。
コンデンサの長さを考慮しても、Xonar DSXとビデオカードの間には1cm程の空きがあります。


なんでこんなことをチェックするかですが・・・
今回取り付けるコンデンサはとても大きいのです(笑

今まで付いていたコンデンサと今回取り付けるコンデンサを比較すると・・・

コンデンサ

こんなに違います(笑

デフォルトで基盤に搭載されてる電源周りのコンデンサは台湾のCapXon 16V 220μFです。
今回はこれをニチコンに交換します。

CapXonは10年ほど前までは信頼性がとても低く、頻繁に液漏れとかを起こしていたようです。
今は流石にそんな事は無いとは思いますが、ここはやっぱ日本製のコンデンサを使いたいところです。
何しろ、電源周りは安定性が命ですから、しっかりと蓄電するコンデンサを使いたいからです。


てなわけで・・・

外し

CapXonのコンデンサ、3つを基盤から外しました。

しかし、これが結構大変・・・
昨夜も書きましたが、最近の基盤は人の手によって部品をハンダしているケースは希で、大概は機械が取り付け
ています。
よって、人間らしい「あそび」とかは一切なく、ハンダも最小限で取り付けられてます。
これを外すには、単純にハンダを除去する程度ではなかなか上手くいきません・・・
スルーホールになっている関係で、裏側のハンダを除去する程度では部品は外れてくれません・・・

そこで、交換する実装部品を壊すつもりで、表側からも加熱しないと外すのが難しいのが現状です。
よって、部品交換は昔の基盤に対して、基盤そのものを壊すリスクが飛躍的に増えました。
ここで紹介する内容も、ハッキリ言えばお勧めしません。
特に、ハンダゴテ慣れしてない初心者は絶対にやってはいけない改造だと思って下さい。


で、

取り付け

コンデンサの足を曲げたりしながら、狭いスペースにニチコンのコンデンサを取り付けます。


で、PCに戻すわけですが・・・

干渉

やはり、コンデンサが今までの物より長いので、下のビデオカードと干渉しました(笑


そこで、

取り付け

ビデオカードの下側のPCI-E(x1)に取り付ける事にしました。


んで、
早速音を聞いてみます。

今回はドライバーを入れ直さなくてもちゃんと音が出ました(笑

多分、音質的には劇的に変わる事はないです。
しかし、電源周りを安定させるってのは、基盤そのものの仕事を安定させる事になるので、悪い事では
ありません。


何よりも、使ってる本人の気分が良い!(笑


んで、
朝からずっと音楽聴いてます。


ホワイトノイズ、0


なかなか良いです(笑

ASUS Xonar DSXのA/D周りのコンデンサを交換してみる。2017/09/29 22:58:03

さて・・・


久々の更新となってしまいました・・・


今週は火曜日が名古屋に日帰り出張、水曜日と木曜日は飲み会と・・・
なんかハチャメチャな週でした・・・

てなわけで、
帰宅後はバタンキューな日々が続いていたのですが、本日は体が疲れ切っていたので、
さっさと会社を後にして、久々にアキバを歩きました。


んで、こんな物を買ってきました。

買い物

オーディオグレードコンデンサ各種とハンダ吸い取り線


何をするためかと言えば・・・

当然、この前買ったASUS Xonar DSXのコンデンサを交換するためです(笑

ASUS Xonar DSXはそのままでも結構良い音がするのですが、ちょっと気になっていたのは、オペアンプに電力を
回す部分に使われているコンデンサです。
ココには一応ニチコンながら、通常の汎用品のコンデンサが使われています。

他の部分の、例えばD/Dコンバーター周りは汎用品でもあまり気にならないのですが、A/Dコンバーター周りは
やはりオーディオグレードを使いたい!(笑


てなわけで、
このASUS Xonar DSXはニチコンのコンデンサが多用されているので、A/D周りもニチコンにした方が良いだろうと

FG

ニチコン FGシリーズを秋月電子で買ってきました。

お値段、1個20円(笑

しかし、コンデンサという部品はオーディオの世界では大切な部品で、ここを交換すると音質が変わります。


さて、
ASUS Xonar DSXに限らず、最近の工業製品ってのは昔と違って人の手でハンダ付けせず、機械で全て組み立てられる時代だったりします。
そのため、スルーホールがギリギリのサイズの物が多く、単純にハンダシュ太郎のようなハンダ吸い取り機
では簡単に部品が外れてくれません。

事実、今回のコンデンサもシュ太郎ではびくともしませんでした。

そこで今回は、通常は使わない60Wの熱量の大きいハンダゴテとハンダ吸い取り線を使う事にしました。

①まずハンダ吸い取り線を外したいコンデンサのハンダ部分あてる。
②60Wのハンダゴテで加熱して、外す部品周りのハンダを吸い取る。
③ハンダ面に飛び出したコンデンサの線部分を加熱しながら、押し込む
④表側からも基板面を加熱して、一気にコンデンサを外す。
  ※外したコンデンサは再利用しようなんて、決して考えてはいけない!(笑
⑤スルーホールにハンダが残っていたら、一度その部分に盛りハンダして、ハンダシュ太郎で吸い取ると、
  穴がキレイになる。


んで、

外す

コンデンサ外し完了・・・

たった2つを外しただけですが、結構疲れました。


んで、

FG

FGコンデンサの取り付け完了!

OPAMP

オペアンプはOPA2604を採用する事にしました。


で、
早速PCに装着して、音を・・・ 音・・・


音が出ない!(|||ノ`□´)ノオオオォォォー!!

壊したのか?
壊しちゃったの?

と、かなーり焦りましたが、ドライバーを再インストールしたら、無事に音が出ました。
いやー、焦った・・・(笑


んで、
肝心の音ですが、良いです。

初期のままだと、低音が出すぎた感のあったOPA2604ですが、汎用品からFGに交換したら、ボワボワと出てい
た低音がすきっとして、良い感じになりました。

元々OPA2604はゴージャスな音出しで、ややもすると「元気はあるけどねぇ・・・」って音になりがちなのですが、
今回のコンデンサ交換で、OPA2604の良い面が良い感じに前に出てくるようになって気持ちいいです。


さて、
こうなると、電気回路に使われている台湾製のCapXonもニチコンに交換したくなる・・・(笑

こっちは音質には大きく変化は見られないでしょうが、どうもCapXonは信頼性がイマイチのようなので・・・

久々に「音」を愉しむ(笑2017/09/22 23:33:20

さて・・・


私は昔から「ガマン」が出来ない子でした・・・


それは音乗るに従い自然と消えるどころか、益々煮詰まったようです(笑

子供時分は、お小遣い制でしたから必然的に使えるお金に際限があります。
しかし、自分で働いてお金を手にする立場になると、「欲しいものが買える!すぐ買える!」と益々自分の欲望の
ままに生きるような人間へと堕落的昇華を遂げました(笑


てなわけで・・・
買ってきちゃいました・・・(笑

opamp

MUSES 8920

これはいわゆるオペアンプというモノです。
簡単に言えば、増幅器というもので、基盤などに使うモノです。

音楽好きにはよく分かる話なのですが、このオペアンプを交換すると音の質が変わったりするので、自分の好み
の音がするオペアンプ探しに躍起になったりする、音楽系では一番身近な電子部品です。

今回のMUSES 8920のお値段は480円(秋月電子にて)
この牛丼家で、「牛丼並と味噌汁ね。」と注文して支払う時とほぼ同じワンコイン以内でかえる電子部品。

これが堪らない!(笑

オペアンプは価格がまちまちで、安いモノは数十円から買えます。
そして高いモノは3,500円程します。


てなわけで、早速・・・

交換

オペアンプをOPA2604APから載せ替え

サウンドカードをPCに戻して早速2chの音を聴いてみます。


いやー、変わった、変わった!(笑

OPA2604APやや低音よりでガンガン元気に鳴る音に対して、このMUSES 8920は中・高音域の解像度が上がり
全体的には大人しい、繊細な音に変わります。

どちらが優れているとかではなく、「音」というのは好みの問題です。

ロックやハウス系の音楽が大好きな人は、低音よりでガンガンお元気に鳴ってくれる方が好みでしょう。

対して、

クラシックや女性のボーカルの曲を主に聴く人は、繊細な音を表現してくれる音質を好むはずです。

つまり、
聴く音楽の好みによって好きなオペアンプを探し出して、常用すれば良いわけです。

私的には、低音寄りの音よりも、全体的にキレイに表現してくれる音を好みますので、MUSES 8920の音の方が
どちらかと言えば好みです。


まあ、こんなモンかな?

映画を見る時はMDR-DS8000を使って、純粋に音楽を聴く時は、このMUSES8920を通した音を音楽用のヘッド
フォンで聴くか・・・

と思った時に、机の上でホコリを被っていたこの存在を思い出しました。

自作

中華のDACを改造したモノと、オレンジドロップちゃん(ポタアン)

そういえば、このオレンジドロップちゃんには一個前のMUSES 8820をLR独立で2個載せ、ついでにLME49600と
いうオーディオバッファをそれぞれLR独立で2個搭載したポタアンだったなぁ・・・

と懐かしく思いだし、こちらで音楽を聴いてみました・・・

なんとっ!

こっちの方が全然いい音がする・・・(笑

かれこれ8年ほど前に自作したポタアンの方がそれなりのサウンドカードよりも良い音を出しました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


サウンドカードの音の方向性が、オレンジドロップちゃんと同じで、しかも音質的には一段落ちるとなると
そのまま使い続ける意味がありません・・・

てなわけで、
音質的な違いを出すために、このサウンドカードには他のオペアンプを搭載するか、もう一度OPA2604を搭載する
事になりそうです(笑

いや、久々に音楽に浸って楽しかった・・・


んで・・・

PC2

Project CARS2も遊べます(笑


小説の推敲は明日やろう・・・(笑