サイト内検索を導入しました!過去記事探しにご利用下さい!ヽ(^◇^*)/

って、ある意味自分用・・・( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

Google
WWW を検索 にゅーひぐらしblog内を検索

○○でも出来るポタアン(図解編)

CMOY改回路図

ド素人の池作り奮戦記


Kindleで小説を出版してみました(笑

やっとblogを再開できました・・・2019/10/18 00:35:33

さて・・・


暫く時間がかかってしまいましたが、無事blogを再開できます。


いや、後で語りますが今回はWindowsの復帰までかなり時間がかかってしまいました・・・


てなわけで、
更新できなかった間の話・・・といっても、PCの復帰作業が殆どだったので、コレといった事はしてません。


まあ、まずは先週の台風ですよね。

土曜日は台風の進路に位置した皆さんはそうだったと思いますが・・・

状況01

状況02

スマホから警告音が鳴りっぱなしでした。

しかも、まあ台風が接近してるんだから当然ですが、時間を追うごとに状況が悪化してゆきます。
ただ、私の住んでいる所は近くに川も無いし、水害の被害に会う地域ではなく、警告画面を見てもイマイチ
ピンと来ない状況でした。

それよりも心配だったのは、今回の台風の前に来た台風で、我が家の木が折れ、それが隣の敷地に落ちて、
それを片づけるのがとても大変だったことです。
結構、太い枝だったので、素手ではどうにも出来ず、親父が以前に買っていた電動チェーンソーを持ち出して、
枝を細かく断裁し、運び出さなければならなかった事です。

あの大変な思いはもうしたくなかったので、夜になり台風の接近と共に激しくなる風の中、木が倒れたり、
枝が折れてないか確認したりしてました。

翌朝、台風一過の抜けるような青空の中、朝一に隣との木の状況を確認しに行ったのですが、今回は大丈夫
そうで一安心。
その後、近くの神社の木が倒れ、参道に掛かっていたので近所の人と折れた木の撤去に行った時、隣の人から
前回よりも太めの樫の木が途中から折れて、また隣の敷地に落ちてると知らされました・・・

帰宅後、また電動チェーンソーを持ち出し、あまりの太さに何度か木にチェーンが絡み、チェーンが外れては
それを分解して付け直すのを何度か繰り返し、奥さんと一緒に何とか折れた樫の木を隣家の敷地から運び出す
事に成功・・・

大汗をかき、腰が痛くなりました(笑

まあ、この2度のチェーンソーを使う事態によって、チェーンソーの仕組みに詳しくなりました(笑
メンテナンス方法も完璧(笑


私の所はそれ位の被害で済みました。
一汗かいて、風呂に入った後TVを見ていたら堤防の決壊でかなりのエリアで甚大な被害がでてる事に驚きま
した。
特に、多摩川の決壊による武蔵小杉周辺の惨状には驚きました。
このエリア関東周辺の人なら誰でも知っていますが、最近の人気居住エリアになります。
「お住まいはどこですか?」と聞かれ「武蔵小杉です。」と答えれば、「良い所にお住まいですね。」と言われる
エリアです。

その武蔵小杉駅周辺が水浸し・・・
ステータスシンボルである高層マンションが停電と断水でライフライン壊滅・・・

TVに映し出された風景はとても現実とは思えませんでした。
しかも、今回の堤防決壊の原因の一つは堤防補強工事の住人による反対。
理由は「景観を損なう」という事だったようで・・・
正直、「アホか・・・」と呆れました。

人が土地に住み始める条件というのは、まずは高台で水はけが良い固い地盤の土地からです。
そういった一等地から人が住み始め、川沿いの決壊が起こりやすい土地は最後まで人が住みません。
ところが、技術の発展により決壊しにくいよう堤防が出来、川よりも水位が低い土地にも人が住めるようになって
いった経緯があるわけです。

つまり、今回の武蔵小杉辺りの土地は多摩川周辺は昔ならなかなか人が住みにくい場所だったわけです。
それが堤防によって住めるようになった。
その水害から身を守るための堤防を「景観が悪くなる」という理由で補強工事させてなかったとしたら、正に愚。

人間は時々、地球の全てをコントロール出来てるように過信しますが、高々地球の表面に住んでるに過ぎません。
地球をリンゴに例えるなら、我々は表面の皮よりももっと薄い所に住んでるに過ぎないのです。

自然を甘く見て、災害に遭う・・・

人は何度同じミスを繰り返えせば自然の驚異的な力を理解出来るのでしょうか?

人は自然の驚異には無力なんです。
だから、常に最悪の状況を想定し、備えなければいけないんです。


さて、明けて翌日。
木の伐採を終えて、風呂に入ってTVを見た後にPCのスイッチを入れbloggのアップ準備に入ったわけです。
写真サイトに上げようとした画像を確認しようとダブルクリックすると・・・

エラー

エラーが出て画像を見る事が出来ません・・・

このところ、PCの調子が一気に悪くなり、回復コマンドを使って回復させるも、メニュー画面が開かなかっ
たり、動作が不安定になっていたりしており、それをだましだまし使っていたのですが、とうとうダメっぽい・・・

仕方ないので、修復DVDを使って本格的な修復作業をしました。

まずは8月11日のバックアップポイントまで回復コマンドで回復させました。
復帰はうまく行き、メニュー画面も開くようになる。

ホッと一息つき、小説のデータ等をUSBメモリーのバックアップからPCに戻してる最中にいきなりフリーズ!

前々からこの症状は私の環境では起こっていましたが、その原因がイマイチ掴めません・・・
そこでネットを調べていると、私と同じ症状に悩む人が解決方法を上げてくれてました。

ウィンタブ ←

それは、「Microsoft Visual C++ 2010 再頒布可能パッケージ」を削除したら安定したというもの

ランタイムと呼ばれるこれらのファイルはアプリを動かす時に必要な物です。
普段は何もせずに、必要なアプリが起動する時に使われる物なのですが、どうもMicrosoft Visual C++ 2010
だけは悪さをするようです。

URL先にはx64とx86を削除とありますが、わたしはとりあえずx64の方を削除して再起動・・・


BINGO!


動作がとても安定し、フリーズが一切起こらなくなりました!\(^O^)/

ついでにと、OSのビルドを1903に上げました。

アップデート ←

現在の所、これでとても安定しています。

ホント・・・手間の掛かるOSです・・・Windows10ってヤツは・・・

晴天の霹靂(へきれき)2019/10/07 00:04:30

さて・・・


季節は「天高く馬肥ゆる秋」のはずなのですが・・・

私は正に「青天の霹靂(へきれき)」を味わいました・・・


いつものように朝、PCのスイッチを入れると・・・


ん?


ログインエラー? 何これ・・・?


という状態に陥りました。
この状態になると、Windows10にログインできないので、仮ログインモードになります。
そうなると、どうなるかといえば、既存の登録アプリのショートカットとかが一切表示されなくなります。

最初は、「まあ、チョットした起動読込ミスだろう・・・」程度に甘く考え、何度か再起動を試したわけですが、
一向にログイン出来ません。

何じゃこりゃ!

と、初めての経験に途方に暮れたわけです。
で、色々調べてみると、ログインエラーが発生すると色々方法はあるようですが、結局は・・・

回復

回復コマンドのお世話になることになります・・・

しかし、Windowsの回復コマンドはあり得ないぐらいに回復できません・・・
うまくいってるようで、長い時間かけた結果エラーが出て、あっさりと「回復できませんでした」と悪びれもせずに言いよる!

ふざけるな!(怒

で、何度も回復コマンドを試した結果、一週間ほど前まで遡り、やっとログイン出来る状態になりました。
これで一息ついたわけですが、今度は下方一番左側のWindowsアイコンを押してもメニュー画面が起動しません!

何これ?

これも修正する方法がいくつかあるのですが、結局どれもダメ・・・
最終的には、新規ログインアカウントを作成して・・・なんて状態になります。

本当にWindowsは何て不安定なOSなんでしょう?
Macではこういった事態になる事はありませんし、例え不安定になっても確実にタイムマシンでちょっと前に戻せます。
Windows見たいに「回復に失敗しちゃった……テヘペロ」なんて事には鳴りません。

ほんと・・・Windowsってやっぱ嫌いだ・・・

動かすアプリの関係で塚原るを得ないOSなんですが、それさえなくなれば、さっさと止めたい・・・こんなクソOS・・・


てなわけで、
Windowsのメニューはどうしても起動せず、新規ユーザーを作るのもめんどくさい・・・
そこでWindows classic Shellをインストして、そちらでメニューを出すことにしました。


まあ、そんなこんなで、Windowsの不安定さを久々に身をもって体験したので・・・

USBメモリー

SanDiskの128GBのUSBメモリーを購入しました(笑

このメモリーはPCに常に差しっぱなしにして、ユーザーデータや小説のデータ等のバックアップを入れてます。
またOnneDriveにも同様にデータを保管するようにしました。

通常はHDDなどのハードが壊れたら困るのでバックアップを取るわけですが、Windowsの場合は、OSの信頼度が低い
のでバックアップが必須という・・・(笑


さて、それ以外では・・・

PS4リモート

iPadでPS4リモートで遊んでみました。

確かに、PS4 proにすることで、解像度も1080Pを選択できるようになったり、Wi-Fi環境次第とはいえ、とてもキレイな
画面でPs4をリモートで遊べるのですが・・・

せっかく、PS4コントローラーを接続しても、実はタッチパッドが無反応です・・・
画面のソフトウェア コントローラーにはタッチパッドの認識エリアはありますが、せっかくPS4コントローラーを接続してる
のに、タッチパッドを使えないのは・・・

ちょっと、ホライゾンでテストプレイしてみたのですが、ホライゾンの場合、ワールドマップを表示するには、タッチパッドを
推さなければならないので、とても不便!

いちいちワールドマップを呼び出すのに、iPadの画面を触るのは何とも間抜け・・・
それ以外はいい感じにリモートできてるのに・・・
ここは早々に修正して欲しいポイントではあります。


とまあ、ドラダラとこの土日を過ごしてしまったわけです・・・(笑


ただ、そろそろちゃんと書こうと、小説の続きを少し進めました。
しかし、今書いてる話はちょっと暗い・・・
段々と精神が病んでいく主人公の物語なのですが、これがムズい!

精神が病んでいく過程というのが分からないからです・・・

んで、キーボードを叩く手が止まります・・・(笑

短編なので、早めに書き終えてアステローペIIIのプロット構想に入りたいのですが・・・

困りましたねぇ・・・(笑

G910のキースイッチ交換2019/08/17 08:52:56

さて……


夏休みも後、残る所2日となりました……


夏休み前は……
止まったままになってる小説の続きを書くぞっ!
と希望に燃えていたわけですが、気付けば一行も書いてない……


ヤバいです……(笑


でも、まあ希望的な話をすれば、夏休み最終日では無く、2日前に気付いた点は大いに評価すべき点です(笑
後、2日もあれば……1万字ぐらいは進行でき……(笑


さて、
そんなこんなで、昼間は「アジー…… アジー……」と扇風機の前で言葉に出しては酒を飲み始め……
夕方の頃にはすっかり出来上がって、夕飯も食べずにそのまま寝て……
夜中の12時過ぎに目が覚めて、そのまま起きるといった昼夜逆転の生活に成り果てました(笑

昼の暑さを回避して、涼しい夜に活動をするのは猛暑日の続く今の日本では理想的な生活かも知れませんが、
今年に限っては、その夜中さえもムシムシいてるといった熱帯夜が続き、決して快適では無い……

ホント……どうなっちゃうんでしょうねぇ……地球……(笑


そんなわけで、
昨夜も夕方から寝て、夜の23時半頃に目覚めました。
それで、半分寝ぼけたような状態で活動開始。


今回のお題目はコレです。

スイッチ

G910用のメカニカルスイッチ(Romer G)が中国から到着

これ、日本のamazonではとんでもない値段で出品されてます。
4コセットで12,591円!(笑
ボッタクリ所じゃありません
もう、詐欺レベルです(笑

ちなみに、私はAliexpressで$3.40(送料込み)で買いました。
日本円なら362円ほどです(笑


てなわけで、G910キーボードを基盤だけの状態まで分解します。
今回交換したい場所はココ

交換01

エンターキーとスペースキーのスイッチ

やはり幅広のキーは通常のキーと違い押す時に負荷がかかるのか不良が発生しやすい箇所となります。
私の場合、スペースキーはやや反応が怪しい程度でしたが、エンターキーはスイッチがグラグラとなり、
軽く叩いても2重にスイッチが押された状態となり、非常に不快な状態になっていました。


そこで、早速ハンダ側の基盤のハンダを吸い取り、ダメなスイッチと新しいスイッチを交換するわけですが……
これが意外と難しい!

位置

赤丸がエンターキースイッチがハンダされてる箇所です。

見て分かるように、基盤側には場所を示す印等が一切ありません。
また、裏面はハンダだらけなので、正確に位置を予測するのはとても難しい……

私の場合は、上の赤丸のすぐ左上にあるハンダが最初そうだと思い、そこのハンダを吸い取り線で吸い取った
のですが、何も無くて「あれ」と思って赤丸の位置が正解だと分かったぐらいです。

で、間違った左上にハンダして戻し、テスト入力したら、「9」「O」「L」「、」の縦ラインのキーが全く反応しなくなり
一寸青ざめました。
結果的には、ハンダホールにしっかりとハンダが流れ込んでいなかったようで、しっかりとハンダを盛り直したら
動くようになったので、ホッとしました……


てなわけで、

交換02

位置が間違ってなければ、あっさりとキースイッチは基盤から外れます。

後は新しいキースイッチを差し込んで、基盤にハンダすれば完成です。


リターンキーは無事に完了したので、次にスペースキーの取り外しにかかります。
こっちは周りにハンダが少ないので、キースイッチのハンダ位置が一目瞭然。
一個目がうまくいったので、集中力が欠けていました……

キースイッチを外す時に、片方のランドを基盤から剥離させてしまった!(||゚Д゚)ヒィィィ!

ど、どうやってリカバリーしよう……

と夜中に一人焦りまくりましたが、基盤をよく見ると、配線の先に3ピンのPower Voltage Detectorといわれるスイッチの切り替えICが付いていたので……

リカバリー

そことキースイッチのピンを直接配線で結ぶことでなんとか回避しました……ε-(´∀`*)ホッ

やっぱ、こういう作業は慎重にやらないとダメですね……

それにしても、Logitechの基盤ランド弱すぎだって……
まあ、部品交換を前提として作られてないのかも知れないけど……


さて、
テスト入力も問題無さそうなので、再度くみ上げてキースイッチの交換作業は完成です。
当たり前ですが、リターンキーは二重に押されることも無く、スペースキーも安定しました。


交換がうまくいったので、ダメになったスイッチを捨てる前に分解してみました。

分解

メカニカル・キースイッチの構造はこうなっています。

簡単に分解しても4つのパーツから構成されてます。
左からスプリング・外郭の上側・押し込むキー部分・外郭下側となります。
また、外郭の下側の内部には基盤とハンダするための金属パーツが埋め込まれていたりします。

たった一個のキーにこれだけのパーツが使われている訳ですから、フィルム一枚で全てのキーをコントロール
するメンブレンタイプよりもコストがかかっている点が分かると思います。

メカニカルがなぜ高いのかは、このキースイッチの構造を見れば一目瞭然ですね。


てなわけで、
この文章は修理したG910で書いてます。


とっても打ちやすくて気持ちいい……笑