サイト内検索を導入しました!過去記事探しにご利用下さい!ヽ(^◇^*)/

って、ある意味自分用・・・( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

Google
WWW を検索 にゅーひぐらしblog内を検索

○○でも出来るポタアン(図解編)

CMOY改回路図

ド素人の池作り奮戦記


Kindleで小説を出版してみました(笑

本当に久し振りにPCパーツを買う2021/02/04 00:20:27

さて・・・


アステローペ 神-shin-を無事にアップし、のんびりとしております。


アップした日や翌日辺りは、毎日一太郎を起動していた生活が続いていたので、一太郎を開かないと何だか落ち着かない
感じでしたが、今はそんなこと全然ありません(笑

先程、幾つか誤字・脱字を見つけてしまいましたので修正アップデートをかけた所です。
今回は今までよりも真面目に推敲したので比較的、誤字は少なかったのですが、それでもやはりありますねぇ・・・
完璧な仕上がりにするのはやはり難しいといったところです。

とにかく、アステローペは無事に書き終わりましたので、次作の構想でも練ろうかなぁ・・・とは思うのですが、思うだけで、まだ
何も思いついていません(笑

せっかくなので、まだ今のようにWeb小説どころか、ケータイ小説も出回ってない頃に、友人に箇条書きの小説もどきを書き、
それをメールで配信していた頃に書いていた内容でも今風にブラシュアップして書こうかなぁ何て考えてます。
その頃書いていたのでは、サイバーパンク物です。

まあ、そのメール小説も中途半端なところでやめてしまい、ラストもなーんにも考えてないので、どうなるか・・・(笑
そもそも自分の飽きたい物ってなんだろう?
正直なところ、アステローペで私の脳内にあった妄想はあらかた吐き出してしまったので、今は空っぽに近いです。

ええ、自覚してますが……容量少ないんです、私の脳みその記憶域(笑


さて、
そんなこんなで小説も書き終わったし、息子も無事に大学決まったしで、ひぐらし家ではまったりとした雰囲気が流れてます。
で、志望校の推薦も決まったので息子から「PCを新しくして欲しい」との要望が上がり、うちの金庫番たる奥様の承諾がおりました。

で、下っ端の部品調達係の私に白羽の矢が立ったわけです(笑
予算は20万以内でPCを組むこと。

そこで、部品構成や価格を調べ始めたわけですが、最近自作PCなぞやってませんでしたので、完全に浦島太郎状態です。
私の脳みそ内でCPUはインテル第四世代辺りで止まっており、最新なんて知りません。
で、調べていくうちに、今は第十世代まで進化していて愕然としました(笑

そんなわけで、
部品選定をしながら、価格を調べます。
今は自宅でのテレワーク需要も相まって、PC関連の部品代は日によって数千円単位で変動したりする、激しい値動き
購入するタイミングを間違うと、同じ部品でも数千円の開きが出てしまう、とても難しい時期でもあります。
そこでamazonの欲しいものリストに部品を登録し、先週末あたりからここいら辺が底値かなってタイミングで部品を買いあさり
グラボ以外の部品は本日で買いそろえました。
グラボはどうせ買うならRTX3070の価格が落ち着くまで待つという事になり、とりあえずが今息子が使ってるGTX1050Tiで暫く
の間は誤魔化すことになりました。


で、今回、購入したパーツをご紹介。
ちなみにPCッケースは以前、ツボックさんより頂いたFractal Designのフルタワーを使用させてもらう事にしました。


CPU

i7

Intel i7-10700K \39,800-

Kが付かない10700と数千円しか違わないので、思い切ってこっちにしました。
まあ、性能差は10700とあまり変わらないので、少しでも安く押さえたい人や電力消費を気にする人は10700でよいかも・・・
これはamazonではなくドスパラで購入。


マザボ

マザボ

ASUS ROG STRIX Z490-A GAMING \22,540-

タイムセールの時にゲット。
こっちは、MSIかGIGABYTEかで最後まで迷いましたが、やっぱASUSが好きということでこれに(笑


メモリー

メモリー

TEAM DDR4 3200Mhz PC4-25600 16GBx2枚 \13,480-

メモリーはもっと高性能な物も当然ありますが、そこまでの出費は抑えたいし、最低でも32GBにしたかったので・・・
これもタイムセールの時にポチりました。


M.2 SSD

M.2

シリコンパワー SSD 1TB 3D TLC NAND M.2 2280 PCIe3.0×4 NVMe1.3 \13,990-

これ、安い割に爆速なようです。
というか、M.2なんて初めて買うので、どんなものかよく知らない(笑
相性が出やすいようなので、そこがちょっと心配です。


電源

電源

玄人志向 STANDARDシリーズ 80 PLUS GOLD認証 750W フルプラグインATX \9,854-

電源は玄人志向にしました。
750WでGOLD認証で1万円を切る値段だったので、あまり深く考えずに購入


水冷クーラー

水冷クーラー

Deepcool Castle 280EX 簡易水冷 CPUクーラー \11,980-

これも初めてのDeepcoolというメーカーです。
とにかく、ラジエターのサイズに拘りました(笑
通常の2連ファン物は240mmモデルが多いのですが、これは一つ上の280mmです。
ラジエターが大きいという事は、廃熱効率が良いという事です。

空冷にすれば半額以下の金額で抑えられますが、私は昔から簡易水冷が好きなんですよねぇ・・・
まあ、LEDとかは全く要らないんですが・・・


てなわけで、総額\111,644-
これに、モニターとグラボを入れて20万程で抑える予定です。


そういえば、本日、ダイソーに買い物に行った時にこんな物を買ってきました。

スキンシール

革風のスキンシールとコテ

ツボックさんから頂いたケースの前面に傷があったので、これで隠そうと思ったからです。


で、早速貼ってみる・・・

貼り付け

うん! 割といい感じじゃないかな?

これを100円で買えるなら全然悪くないです。


PCは土日に組み上げる予定です。
久々の自作パーツ購入でちょっとワクワクしました。


私のじゃないですけどね・・・(笑

アステローペ3をKDPにアップ完了!\(^O^)/2021/01/31 11:14:54

さて・・・


金曜日にとりあえずアステローペ3を書き終えました。


その後の、土曜日はずっと推敲してました。
単純な誤字・脱字の修正が主な作業となるわけですが、思いの外キャラの名前を間違ってる箇所があって驚きます(笑
長編小説というのは、数ヶ月を使って書き上げる物なので頭では理解してるつもりでも間違うんですよね。
でも、その時はそれが正解だと思い込んで書いてるので・・・(笑

「置換」という機能を考え出した人は天才だ! と感謝しきりです(笑

それと一太郎の「文書校正」もかなり使える機能です。
言葉を勘違いしていたり、漢字の後の送りがなが足りなかったり、普段、自分では意識せずに書いてる言葉がくだけた
表現だったりと、結構、的確な指摘をしてくれるので助かります。

商業作家ならこの辺りは専門の人や編集部で添削してくれるのでしょうが、個人作家にそんな人はいません。
小説を書くのは作者なのは当然として、個人作家や自主出版作者は推敲も自分でやらなければならないのです。
で、文章を読み返してるうちに、「あっ! この言い回し気に入らない!」とか「この文章、分かりにくいなぁ・・・」と加筆しは
じめると、もう無限ループ(笑

結局、加筆が必要ない完璧な文章なんて無いんです。

どこで妥協するかという個人的な思いの強さでしかありません。


さて、個人作家にはもう一つ、自分でやらなければならない事があります。
それは表紙づくり。
まあ、リアルな本ではありませんから、背表紙とか表4は作らなくて済みますが、表1(表紙)だけは作らければなりません。
いや、別に作らなくても電子書籍は出版できますが、やはり人ってのは最初に表紙を見て、次に中身に入るわけですから、
表紙ってのはとても大切です。
だから、表紙専門デザイナーなる人達が存在するわけです。

しかし、個人作家にそんなお金の余裕はありません(笑
よって、自分で表紙を作らなければならないわけです。

てなわけで・・・

表紙

アステローペ3の表示できた!\(^O^)/

シリーズ物ですから、デザインは1と2を踏襲する形なので意外と楽です。

小説本文とこの表紙は本日(2021年1月31日)にamazonKDPに10時頃にアップしました。
これからKDP側の審査が入り、問題なければ48時間以内にアップロードされる予定ですから、amazonサイトでDownload
が可能になるのは2月1日以降になると思います。

前回同様に、無料キャンペーンは実施しません。
結局、無料キャンペーンをやっても個人作家にメリットはあまりないからです。
私は有名になりたいからといった、自己顕示欲のために小説を書いてるつもりはありません。
自分が書きたい事を書いて、読みたい人が読んでくれればそれで満足なのです。

だから、売れなくて上等!……でも無いけど……(笑

まあ、今はアステローペ3を無事に最後まで書き上げ、アップ出来た幸福感に浸りたいと思います(笑
このblog的ネタはそれなりにあるのですが、それはまた次回にします(笑


PS.


私が思っていた予想よりも早く、アステローペ 3 神-shin-が発売開始になりました。

発売直後に何気に手元のKindle Papervieweeという専用のビュアーでチェックしたら、本文部分が灰色だった!
これは、一太郎で文章を書いてる時に背景が白だと目がチカチカするので、バックを灰色にしていた為です。
まさか、kindle形式で背景の色まで保存されてるとは思わず、焦りました(笑

その後、背景を白にしたVerをアップし直し、修正されたVerがアップされたようなので早速、自分の記念用に一冊購入し、
iPhoneで見てみました。

iPhoneでちゃんと縦表示されてれば全ての端末で問題なく読めるので、iPhoneはチェック用に最適なのです。


で、

表紙

表紙問題なし! ←画像だから当たり前


で、肝心の本文ですが・・・

本文

本文の縦表示問題なし! ついでに背景の灰色問題も解決!

というわけで、
何とかアステローペ3の発売開始がスタートしました。


とりあえず、これで一安心です・・・( ´-`)

妄想と文章化の狭間2021/01/24 12:05:13

さて・・・


そろそろ何か更新しないとねぇ・・・


などと思っていたのですが、このところはずっと一太郎の画面と睨めっこの日々か続き、このblog的な事は一切
やってません(笑

そんな折りに奥さんが、「近くのスーパーの抽選に当たった! これネタに使えない?」とある物を手渡されました。
「こ、これ?」と受け取った瞬間に困惑したわけですが、どーせネタないしと受け取り写真を撮りました。

いつものようにフォト蔵に写真をアップすると・・・全くアップ出来ない!
この一時間ほどアップロードで格闘したが、一枚もアップ出来ない!

最近、フォト蔵はとても不安定で、複数枚アップすると、アップロードに失敗する写真が必ず何枚か出てきて、その都度
再アップロードをしてきました。
今まではこれでまあ何とかなっていたのですが、本日は朝から1枚もアップロードできません・・・

で、面倒くさくなったので写真ネタ抜きでこの更新してます(笑
本当はアサブロ側で複数の写真を簡単にアップロードできるアップローダーとかを作ってくれればいいんですが、
アサブロ側にその気は全くないようです(笑

誰か、プログラム得意な人! アサブロの写真アップローダー作って下さい!
シェアウェアでも2000円ぐらいなら出します!(笑


さて、このところは結構集中して小説書いてます。
会社から帰宅すると、儀式のようにまずはPCのスイッチを入れ、これまた儀式のように一太郎を起動します(笑

何とか1月中にアステローペ3を書き上げて、アップしたいと結構必死です。

しかし、内なる矛盾点として

・私は商業作家では無く素人なので、そもそも締め切りという概念は無い
・アップしたところで何かが変わるわけでは無い
・元々無い脳みそを浪費して駄文を重ねるのは電気代といったリソースの無駄遣いでは無いか
・お前・・・バカだろ?

等々、まあ色々ある訳です(笑

しかし、唯一とも言えるメリットは、自分の脳内妄想の文章化という作業で発生する結果です。

これ、意外と「自分探し」にとても良い方法ではないかと思ってます(笑

ここでも何度か書いた記憶があるのですが、人というのは、「こうなったらいいな・・・」とか「こうなりたい」とか
まあ、様々な頑張れば手が届く事から、全く雲を掴むことのような事まで色々脳内で空想します。

空想というのはとても自由です。

好きな事を考えてると、脳内でドーパミンが出まくり幸福感すら覚えるでしょう。
しかも空想の良い点は、「自分にとって一番心地よいシーン」だけを空想するだけで済みます。
つまり、どうしてその様な幸福な状態に至ったかという点は考えなくて良いのです。

ただただハッピーならそれで良い!

これが妄想です(笑
ところが、いざこれを文章化するとなると、まるで違います。
例えば、


片思いの人と両思いになれた!ハッピー!


と妄想したとします。
さあ、これを小説風にするにはどうしたいいでしょうか?


3年前から思い焦がれたA子ちゃんと両思いになりました! ハッピー!


これは小説ではありません。
そもそも、小説云々より「誰かに読ませる」文章ですらありません。
こんなのTwitterの呟きと一緒です。

まず第一に、読み手にはA子ちゃんなるキャラがどんな顔で、どんな性格なのかサッパリ分かりません。
そして、なぜ主人公が3年もの間、A子ちゃんを追いかけ続けたのかサッパリ分かりません。
結果、何の共感も得られずに、「あっ、そう……良かったね……」で終わりです。

昔流行った、トイレの壁にハート付きの相合い傘を書いて、そこに名前を書いてるのと変わりない。
つまり便所の落書きです(笑

小説を書くというのは、読み手に情景を想像してもらい、あまつさえ主人公やヒロインに共感し、同化してもらわなけ
ればダメです。
つまらない物を読み続けられる人はいないからです。
学校の教科書を最初から最後まで、楽しみながら読めるか? という質問の答えと同じぐらい明確です(笑

そんなわけで、
空想を文章化して他人に読んでもらうという行為は、実はとても大変な作業になるのです。
上のA子ちゃんと両思いになれた恋愛小説を書く場合は以下の事も追加で考えなければなりません。

・舞台設定
・主人公のプロフィールとA子ちゃんのプロフィール
・サブキャラの設定
・物語の全体構成(プロット)
・出会いのシーン
・ラストのシーン
・出会いからラストに繋げるための中盤

それ以外にも、物語に深みを持たせるのなら・・・

・強力なライバル
・様々な障害
・不治の病 ←これはかなりチープ(笑

等々を加えなければなりません。
そしてこれらの材料を上手に混ぜ合わせ、一つの物語として成立させなければならないわけです。


さあ、どうですか?
小説書く気になりました?(笑


実は私の書いてる「アステローペ」は私の断片的な妄想を再構築し、串で一本刺しにした物です(笑

こんな世界があればいいな・・・でも、世の中はそんなに甘くない・・・でも、何とかしたい・・・

そんな私の頭の中にあった妄想を積み重ねていったのが「アステローペ」です(笑


さて、ここでも何度か書いてますが、実は「小説を書く」という行為はとても脳に良いと最近思うようになりました。
これは、上に書いたような細部まで考えて、それを脳内で物語として構築しなければならないので、かなり頭を
使うからです。

結果、物の捉え方が理論的思考に変化してきます。

プロットを考え、それを文章化する過程でもの凄く頭を使うからです。
何しろ頭を使って書かないと最初の頃に書いた事と後の方で書いた内容に矛盾点が出てきたり、キャラクターの
性格がまるで他人のように違ったりと様々な問題が出てくるからです。

そして、こういった理論構築方法というのは実社会でもかなり応用が利くのです。

理論構築は、何も頭の中に数字が飛び交うような話では無く、簡単に言えば「筋道を立てる」行為です。
これが出来るようになると、説得力が増してくるのです。

だから私はここで何度も書いてるのですが、「一度、自分の脳内の妄想を文章化してみましょう」と再度言います。
別に、小説にまとめて発表しなくてもいいんです。

例えば上に書いたA子ちゃんという片思いの相手が実際にいるのなら、その子と両思いになるために

・何が必要か?
・何が自分には足りてないか?
・ライバルはいるか?
・A子ちゃんは今現在、自分の事をどう思ってるか?

を箇条書きで書き出し、そいれらを踏まえた上で、「両思いまでのロードマップ」を文章化すれば良いのです。
こうすると、かなり正確な自己判断が文字となって現れます。

実は「文章にする」という行為は内面をさらけ出す行為だからです。


てな事書いてたら、結構長文になった・・・(笑
この労力を小説の続きに使うべきなので、この辺りにします。

現在、アステローペ3は最後の2章の最初の章に突入しました。
予定通りに行けば25万字辺りでフィニッシュすると思います。

ここいら辺は、アステローペ3を書くにあたって最初に考えた辺りなのでサクサクかけると思いきや・・・
意外と手こずってます・・・

やっぱ、脳内の妄想と文章化はまた区別の作業なんだと思う次第でごじゃりましゅるぅ~