サイト内検索を導入しました!過去記事探しにご利用下さい!ヽ(^◇^*)/

って、ある意味自分用・・・( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

Google
WWW を検索 にゅーひぐらしblog内を検索

○○でも出来るポタアン(図解編)

CMOY改回路図

Kindle本、出版しちゃいました(笑

上巻はVer1.1に下巻はVer1.2に更正済みです。

誤字脱字の修正に加え、各章の文字を大きくして小説っぽくしました(笑

自動更新をONにしていれば、勝手に差し替わります。

電子タバコの話+アステローペ続編について(笑2017/05/29 00:16:57

さて・・・


アステローペ2(仮題)の執筆を始めました・・・(笑


なんか、辛くてメンドクサイ・・・(笑
小説って、今現在ない文章を頭からひねり出す作業なので、以外と苦痛が伴います。

文章を読み進めると、「何故そうなるのか?」「なんで、そうなったの?」等々の疑問が読者には浮かびます。
それを説明臭く、後付のように解説的に文章にくっつけると、なんかわざとらしい文章になります。
よって、状況説明は簡素にしなければなりませんが、それでもちゃんと説明しなければならない場合、
私は「会話」を多用します。

「会話」を使うメリットは、文章が硬くならず、無理なく口語体を使えるので読者が理解しやすいというのがあります。
しかし、小説における「会話」ってのは私が思うにとても大切で、その世界観の中で、キャラを生かす事も殺す事も
出来てしまいます。
つまり、下らないことをベラベラ喋らせるとそのキャラは多分、キャラ的に死にます(笑
また、本文とは全く関係ない会話ってのもあまり多用してはいけません。

キャラを特徴付ける為の会話は必要ですが、その会話は物語の進行上、必要なモノでなくてはならないのです。
※不可欠なモノでなくても良い(笑

そんな事を意識して書くと、筆が止まるという訳です・・・(笑


で、
現在、筆が止まってますのでblogを更新します(笑


さて、
いきなりアトマイザーが反応しなくなってしまった電子タバコ・・・
それを何とかするために、こんな物を購入

購入品

左がリキッドを加熱させるコイルで、右はアトマイザー全体です。


まずは、

コイル

交換用のコイルから・・・

この様に、加熱用コイルは消耗品ですから、5個セットで売っています。
コイルの仕組みは単純で、抵抗を持たせた配線に綿がくっついているだけです。
つまり綿に染みこんだリキッドを、電熱線で加熱して気化させる仕組みです。

よって、ずっと使用しているうちに、電熱線に接している綿の部分が焦げてきたりして、味が悪くなったりします。
それを回避するために、定期的なメンテナンスも必要ですが、最後は交換となるわけです。


んで、

装着

交換用コイルを装着

これで、私の電子タバコは直りました(笑


さて、
ついでにと・・・
新しいアトマイザーを購入してみました。

皮革

これが結構でかかった・・・(笑

左が今までのアトマイザーで、右が今回、新たに購入した物です。
リキッドの容量が倍の4mlになったので、背が高くなりました。
また、今までの左側のアトマイザーはリキッドをお尻側から入れる関係で、補充する時に、いちいち外さないとリキッドを
追加できませんでしたが、今回購入した右側のタイプは頭からリキッドを補充できるので、楽です。


楽なんですが・・・

吸い口

吸い口が異様にでかい・・・(笑

今までのアトマイザーの吸い口は、タバコの太さと同等なので、タバコを吸う感覚で利用できます。
対して新しい方のアトマイザーは水タバコのような感覚で吸うことになります。

煙草を吸わない人には、全く違いが分からないと思いますが・・・(笑

タバコの場合は、煙を一度口の中に吸い込んで、それから改めて肺に入れる感覚です。
対して、今回の太口のアトマイザーの場合は、口で一端止めず、一気に肺に煙を入れる感覚。

どちらが良い悪いではないとは思いますが、私は直接肺に入れる吸い方をしてこなかったので、ちょっと戸惑う。
しかし、本日小説を書きながら、詰まった時にスパスパしてたら、結構慣れて・・・(笑


てなわけで・・・

現在

現在は、新しい方のアトマイザーを使っています。


何のために、保守部品を買ったのか・・・?


いや、ソレについては深く考えまい・・・(笑

色々思う事ありて候2017/05/28 01:15:56

さて・・・


本日は、ほぼほぼ一日かけて、アステローペの上下巻を一冊にまとめる作業をしてました。


単純に、上下をくっつける作業なので、あっさりと終了するだろうと思っていたのですが・・・
一太郎2017の文書更正をかけてみたら、結構引っかかってしまって・・・(笑
その修正とかしてたら、辺りがすっかり暗くなっていました・・・

さて、
文章更正をかけてみて分かったのですが、自分では意外と気づいていない文章の書き方です。
自分では「口語体」を極力排除して、ラノベっぽくならない、ちゃんと小説のようなちょっと硬派な文章で書いてる
つもりだったのですが、一太郎から「くだけた表現」と、沢山お叱りを受けました(笑

一番指摘を受けたのが、「の」を「ん」にしている文章です。

【例文】

・そんな事もあるだろう。 ←今までの私の文章スタイル。
 ↓
・そんな事もあるだろう。 ←一太郎に修正を促された文章

確かに、そうだなぁ・・・
などと妙に感心してしまいました(笑

文章ってのは、勢いや流れってのも大切な要素です。
読み手が、文章を読み、脳内でちゃんと映像化できるかどうかが大切な要素であるのは間違いありません。
しかし、「分かりやすいから」とか「映像に脳内変換しやすいから」という理由で口語体で文章を作ってしまっては
やっぱり「小説読み」の人達にとっては。読み進めるうちに、段々辛くなります。
それは、個人の想像の域を、「緩い文章」や「変な行間」で余計なほど浸食するからです。

まあ、面白ければソレも許せますが、下らなければ一気に読む気が失せます(笑

かといって、「純文学」を書こうという書き手が陥るのが、
「難しい漢字を多用し、文章をややこしく、かつ長ったらしく書く」事だそうです。

私はとても「頭が良いんですよ。」とか「私の文章について行けない人は、もっと本を読め!」とか思ってしまうのが
純文学を目指す人が陥りやすい状態だそうです。


では、私は?


私の場合は・・・

ラノベはイヤだ!、でも純文学なんて、元々無理!

というとても中途半端な書き手です(笑
そのくせ、

でも、やっぱ人間性とか、人生とかさ、なんかそんな「重そうなテーマ」書いた方がカッコイイよね!

なんて思ってしまうような、アホです(笑


ちゃんと自覚してますよ、一応・・・(笑


でもね、
そういった自分だからこそ「書ける文章ってあるんじゃないのかな?」と思うわけです。


てなわけで・・・
実は、電子タバコの事を書こうとしてたのですが、前置きの「小説ネタ」が永くなったので、電子タバコネタは
明日に持ち越します(笑


さあ、

アステローペ《完全版》 ←上下をまとめた物

を作って、アステローペ2の本格的な執筆に入るぞっ!

と気合いは入れてみた物の、やっぱ、ねぇ・・・(笑

まずは、道具から・・・が素人です(笑2017/05/22 21:29:16

さて・・・


ここ数日は、ダラダラとしながらも、アステローペ上下巻の誤字修正してました。


どちらも何とか作業が完了し、更新をamazonKDPに依頼したところです。
既にアステローペをお持ちの方は、自動更新をONにしていれば、更新されると思います。

まあ、更新されたところで、誤字脱字の修正ですから内容が変わるわけではありません(笑

今回の修正は、どちらかといえば上下巻をまとめて一冊にするための事前作業です。
というのも、前々から書いてましたように、アステローペ2(仮題)の制作をしようと考えたからです。

アステローペ2に関しては、やっとプロットで方向性が決まったところです。


まあ、
そんな訳でして、折角なのでちょっとだけでも気分を盛り上げようと・・・

一太郎01

一太郎2017のDownload版を購入していました(笑


で、早速・・・

一太郎02

インストール。

気になるのはやっぱATOK2017なんですが・・・


正直、あんまり変わった気がしません(笑


変換効率はどんどんアップしているようなのですが、私は元々タイプミスが多い人間ですから・・・(笑
一太郎の方も、何が変わったのか・・・(笑

でもまあ、
これで一応、最新の小説を書く環境は整いましたので、早速始めようと書き出しましたが・・・
いきなり、私の苦手な戦闘シーンからスタートするので、筆が止まる・・・(笑

元々、軍事的な事や兵器の種類に明るくないので、ネットで調べながら書く関係で、効率悪いです。

こんなヤツがロボットモノのSFなんか書くなよ・・・

と自分でも思いっきり困惑してる最中です(笑


まあ、プロットに書いたことをちゃんと文章化できれば、なかなか面白くなる気はするのですが、
如何せん表現力とボキャブラリーに難アリなので・・・(笑

とりあえずは、3ヶ月を目標に書いてみようと思います。

アステローペの上下巻をお持ちで、続きに興味のある方は、少々お待ち下さい。

興味の無い方は、そのままスルーしてください(笑


そういえば、
電子書籍の場合、カバー(表紙)がとても大切なようです。

普通の本屋さんの本の場合は、手に取って中身をチラ見して、面白そうだったら購入という手順を踏めます。
amazonの場合でいえば、「無料サンプル送信」というのがあり、本屋のチラ見以上にじっくりと最初の章が
読めたり出来ます。

出来ますが、わざわざ「無料サンプル送信」をする人は少ないようで、大概の人はカバーを見て判断している
ようです。
つまり、電子書籍の場合は「表紙」が販売数にも関わるような大事なモノのようですが、個人で電子書籍の
小説を書いてる人なんて、デザイナーのスキルはほぼありません。
かくいう私もそうです・・・(笑

では、本当に上手な人、またはプロに表紙を作って貰ったら販売数が伸びるのか?

と、とても興味が湧きました(笑

しかし、
プロのデザイナーなんてとても高くて使えません・・・
無理して使ったら、販売で稼いだ印税でも払いきれないぐらいの大赤字になることは必至(笑

で、
素人でもとてもセンスのある人や、セミプロみたいな人に格安で依頼できないモノなのかなぁ・・・
と思って調べてみたら、以外とそう言ったモノがあるもんですね。

というわけで、

ココナラ ←

このココナラというのは、自分の得意とする事を出品し、それを欲しい側が最低500円から買うことが出来ます。

ちなみに、このサイトで「表紙」と入れて検索すると・・・
沢山出てきます(笑

主には「同人誌」とかの表紙を制作する人とかが出てきますが、ちょっと見てみるととてつもなくスゴイイラスト
がかける人とかも居たりしてビックリの世界が広がっていました(笑

値段も大体¥1,000~\3,000程で出来るようですね。

上下をまとめたVerを出版する時は依頼してみようかなぁ・・・

なんて考えてます。
とりあえず、「アステローペ」のタイトルをカッコ良く作って貰うって依頼もアリだよなぁ・・・

等と考えつつ、世の中には「才能」がいくらでも埋まってるんだなぁ・・・

なんて、妙に感心してしまいました(笑