サイト内検索を導入しました!過去記事探しにご利用下さい!ヽ(^◇^*)/

って、ある意味自分用・・・( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

Google
WWW を検索 にゅーひぐらしblog内を検索

○○でも出来るポタアン(図解編)

CMOY改回路図

Kindle本、出版しちゃいました(笑

まとめ版の『アステローペ 源-gen-』を出版しました。

表紙をがらりと変えたら、ラノベっぽくなりました(笑

アステローペ 源-gen-の販売開始と、PCのアップグレード2017/06/04 06:12:33

さて・・・

アステローペの上巻と下巻をまとめた・・・


『アステローペ 源-gen-』を出版しました!\(^O^)/

源

表紙のイメージをがらりと変えてみたら、ラノベっぽくなった・・・(笑

前にもココで書いた通り、電子書籍における「表紙」ってのはかなり重要な役割を担うそうです。
それは、通常の本と違い、読者が書店なので実際に手に取って、中身を見られないからだそうです。
よって、電子書籍の場合は「表紙」で買う、買わないを判断する確率が高いとのことです。

しかし、本当にそうなのかどうかは分かりません。

電子書籍の世界といえど、やはり紙の本を有名出版社から出してる作家が売れる傾向にあるからです。
私達のような、アマチュアの自主出版組はどうやってもメジャーどころとは勝負にならないのがまだまだ現実って
気もします。

やっぱり、誰でも「失敗」はしたくありませんから、メジャーなメーカー製品を買うのと一緒です。
いきなり「中華デバイス」に手を出す人ってのは、『マニア』にカテゴライズされるわけで・・・

まあ、そう考えると、電子書籍もデバイスも似たような物ですね(笑

今回、表紙のイラストはfotoliaという画像購入サイトより購入しました。
ここは、商業用にも使用できる写真やイラスト等々を販売しているサイトで、私は仕事ではちょこちょこ使ってます。
使い勝手も悪くないし、種類も豊富なので、自主出版してて、表紙に困ってる人は一度覗いてみると良いカモです。

fotolia ←


さて、
それ以外では、息子のPCをアップグレードしました。
予算は3万円で、主に3Dゲームを快適にしたいという事で・・・

1050Ti

玄人志向 Geforce GTX1050Ti(4GB)

と、

メモリー

Team 8GBx2 メモリー

を、購入しました。
今まではメモリー容量が8GBでしたから、まずは倍の16GBにしたのと、ビデオカードの性能を上げることで
単純にCPUを交換するよりも、予算内で良い結果を狙えるのでは無いかとの判断です。


んで、

交換

作業はものの10分で終了・・・(笑

問題無く動作して、フツーにSKYRIMが遊べてるようです。


フツーに勉強もしろよな・・・息子よ・・・

個人的満足度は価格に比例しません(笑2017/06/01 05:58:11

さて・・・


このところ、更新が滞り気味だな・・・と


てなわけで、
アステローペ2をちょこちょこと執筆中です(笑


そんななか、
何故か、日本の税関でストップしていて、一週間以上到着が遅れたモノが到着しました。

荷物

アメリカのamazon.comで購入しました。

別段、税関で引っかかるような変なモノじゃ無いんですけどねぇ・・・(笑


てなわけで、中身・・・

カバー

SHIELD tabletのカバーです(笑

SHIELD Tabletのカバーは日本のamazonで購入済みなのですが、もう一度買いました。


で、見た目・・・

比較

ドコが違うの?

ってぐらい一緒です(笑


違いは、ココだけです。

旧

新

スタイラス用の穴があるか、無いかだけ(笑

私の所有しているSHIELD Tablet K1にはスタイラスペンが付いてません。
よって、スタイラスペンを取り出す、穴は必要ないのですが、なぜか日本で売ってるモノは、旧SHIELD Tabletと
共有のモノばかりで、このように穴が空いてるモノばかりです。
そこで、とりあえず本体保護のために購入し、本命はアメリカからわざわざ取り寄せました(笑


たったこれだけの違いでしかないのですが、本人にとっては満足度が異様に高い!(笑


しかし、
このSHIELD Tabletは本来の使い方を全くしていません・・・
単なる、8inchタブレットとして使ってるだけという・・・(笑


さて、
以前は、アカウント乗っ取りの動きがあったので、アカウントを削除したTwitterのアカウントを再度取得しました。
こっちには、小説の状況などを書いて行く予定です。

興味あるか方は、どうぞ・・・

日暮一生のTwitter

まあ、
全然たいしたこと書いてないけど・・・(笑

電子タバコの話+アステローペ続編について(笑2017/05/29 00:16:57

さて・・・


アステローペ2(仮題)の執筆を始めました・・・(笑


なんか、辛くてメンドクサイ・・・(笑
小説って、今現在ない文章を頭からひねり出す作業なので、以外と苦痛が伴います。

文章を読み進めると、「何故そうなるのか?」「なんで、そうなったの?」等々の疑問が読者には浮かびます。
それを説明臭く、後付のように解説的に文章にくっつけると、なんかわざとらしい文章になります。
よって、状況説明は簡素にしなければなりませんが、それでもちゃんと説明しなければならない場合、
私は「会話」を多用します。

「会話」を使うメリットは、文章が硬くならず、無理なく口語体を使えるので読者が理解しやすいというのがあります。
しかし、小説における「会話」ってのは私が思うにとても大切で、その世界観の中で、キャラを生かす事も殺す事も
出来てしまいます。
つまり、下らないことをベラベラ喋らせるとそのキャラは多分、キャラ的に死にます(笑
また、本文とは全く関係ない会話ってのもあまり多用してはいけません。

キャラを特徴付ける為の会話は必要ですが、その会話は物語の進行上、必要なモノでなくてはならないのです。
※不可欠なモノでなくても良い(笑

そんな事を意識して書くと、筆が止まるという訳です・・・(笑


で、
現在、筆が止まってますのでblogを更新します(笑


さて、
いきなりアトマイザーが反応しなくなってしまった電子タバコ・・・
それを何とかするために、こんな物を購入

購入品

左がリキッドを加熱させるコイルで、右はアトマイザー全体です。


まずは、

コイル

交換用のコイルから・・・

この様に、加熱用コイルは消耗品ですから、5個セットで売っています。
コイルの仕組みは単純で、抵抗を持たせた配線に綿がくっついているだけです。
つまり綿に染みこんだリキッドを、電熱線で加熱して気化させる仕組みです。

よって、ずっと使用しているうちに、電熱線に接している綿の部分が焦げてきたりして、味が悪くなったりします。
それを回避するために、定期的なメンテナンスも必要ですが、最後は交換となるわけです。


んで、

装着

交換用コイルを装着

これで、私の電子タバコは直りました(笑


さて、
ついでにと・・・
新しいアトマイザーを購入してみました。

皮革

これが結構でかかった・・・(笑

左が今までのアトマイザーで、右が今回、新たに購入した物です。
リキッドの容量が倍の4mlになったので、背が高くなりました。
また、今までの左側のアトマイザーはリキッドをお尻側から入れる関係で、補充する時に、いちいち外さないとリキッドを
追加できませんでしたが、今回購入した右側のタイプは頭からリキッドを補充できるので、楽です。


楽なんですが・・・

吸い口

吸い口が異様にでかい・・・(笑

今までのアトマイザーの吸い口は、タバコの太さと同等なので、タバコを吸う感覚で利用できます。
対して新しい方のアトマイザーは水タバコのような感覚で吸うことになります。

煙草を吸わない人には、全く違いが分からないと思いますが・・・(笑

タバコの場合は、煙を一度口の中に吸い込んで、それから改めて肺に入れる感覚です。
対して、今回の太口のアトマイザーの場合は、口で一端止めず、一気に肺に煙を入れる感覚。

どちらが良い悪いではないとは思いますが、私は直接肺に入れる吸い方をしてこなかったので、ちょっと戸惑う。
しかし、本日小説を書きながら、詰まった時にスパスパしてたら、結構慣れて・・・(笑


てなわけで・・・

現在

現在は、新しい方のアトマイザーを使っています。


何のために、保守部品を買ったのか・・・?


いや、ソレについては深く考えまい・・・(笑