サイト内検索を導入しました!過去記事探しにご利用下さい!ヽ(^◇^*)/

って、ある意味自分用・・・( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

Google
WWW を検索 にゅーひぐらしblog内を検索

○○でも出来るポタアン(図解編)

CMOY改回路図

Kindleで小説を出版してみました(笑

古い規格で今更遊ぶ・・・(笑2017/09/09 21:49:21

さて・・・


この所、サラウンドヘッドフォンにご執心のひぐらしでございます(笑


さて、
私は基本的には2chのステレオで音楽を聴く事がメインの生活をしている人間で、普段はあまりサラウンドで
ソースを拝聴するという機会は持ち合わせていません。

リビングは一応BOSEのスピーカーとPioneerのそれなりのAVアンプで5.1chの環境を構築していますし、
部屋のTV用には、これまた古いBOSEのスピーカーシステムを使って、なんちゃって7.1ch環境を構築して
いたりしますが、使用頻度は低いです。
※ってか、リビングは娘と奥さんに常に占拠されているので、私は殆ど使ってない・・・(笑

部屋でPS4でみんゴルをやっていて、横から「ナイスショット!」とか観客の声が聞こえて、驚いたり・・・(笑

まあ、
昔は映画三昧の日々を送っていた事もあり、多チャンネルのドルビーサウンドは極めようとはしていましたが、
最近はすっかり映画三昧菜日々も送らなくなり、PCの2.1chの環境であまり不便を感じていませんでした。

しかし!
世の中というのは、私が多チャンネルの音に興味を示そうが、全く興味を無くしていようが確実に進化しています。
ここ数日、色々調べ始めたらもう浦島太郎・・・(笑

もう、世の中は昔のような光ケーブルを使ったりする時代はとうに過ぎ去り、HDMIで音声データも転送する時代な
のですねぇ・・・

ビットストリームなのか?、リニアPCMなのか?などという時代では無く、HDMIでビットスとリーム方式の多チャン
ネル音声データを一括して転送出来ちゃう時代・・・

転送スピードというテクノロジーが進化し、映画館と同じ音の情報をそのまま出力機器に送り込める時代・・・

いやはや・・・
世の中というモノは、こんなにも進化していたのか・・・

光ケーブルなんて同時転送が2ch分の帯域しか無く、5.1chなんて転送しきれない過去の転送方式に成り下がっ
ています。
つまり、光ケーブルでは遅いんです・・・
本格的なマルチチャンネルの映画鑑賞環境を整えようと思ったら、今はHDMIを買った方が幸せになれます(笑


さて、
そんな今では過去の遺物になりつつある光ケーブルですが、私の前回購入したMDR-DS8000は16年前の規格
という事もあり、当時では最先端だった光ケーブル転送方式です(笑


そんなわけで、
過去の遺物たる光ケーブルは種類によって音質が変わるのか?


で、

光ケーブル01

FosPowerの光ケーブルを買ってみました(笑

お値段は999円(笑


中身・・・

光ケーブル02

金メッキが施された金属コネクターで、いかにも高級感漂うケーブルです。

まあ、光ケーブルの場合は、まさに光ファイバー内の「光」がメインですから、24Kの金メッキが必要かと言えば・・・


んで、

光ケーブル03

今まで使っていたAmazonの光ケーブルと交換してみます。

amazonの光ケーブルも結構しっかりしていて、柔らかくて取り回しが楽です。
しかし、コネクター部分は普通のプラスティック製です。


んでは、交換!

早速、音を聴く・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


うーむ・・・・ 変わらん・・・(笑


というわけで、
私の耳では違いが分かりませんでした・・・(笑

光ケーブルの場合、今回購入したFosPower半額ほどのamazonケーブルでも十分だと私の耳は言っています。
とてつもなく耳の良い人なら違うのかも知れませんので、参考程度に・・・(笑


さて、もう一つ・・・

私が前回購入したMDR-DS8000は中古品です。
程度の良い中古品で状態はとても良いのですが、やはりイヤーパッドというのは経年劣化からは逃れられません。
新品の状態が分からないのでアレですが・・・

スポンジがヘタレて、耳とヘッドフォンとの緩衝の役割をなしていませんので、長時間装着すると耳が痛くなって
きます。
よって、ソレを解決するにはイヤーパッドを新品に交換すれば良いわけです。

がっ!

純正のイヤーパッドは高すぎます!
片耳で2,160円(税込)するので、2つ買うと4,320円(税込)!

なんじゃ、この値段?

という、とてもアホらしい価格設定です。
かといって、MDR-DS8000は古すぎるので、安い互換イヤーパッドも売ってません・・・


仕方ないので・・・

イヤーパッド01

ノーブランド品の交換用イヤーパッド(MDR-DS7000,RF6000,MDR-MA300対応)を購入して見ました。

お値段、たったの390円!(送料込み)

しかし問題は、イヤーパッドのサイズです。
今回購入した交換用イヤーパッドは直径約90mm程のヘッドフォン用です。
対して、MDR-DS8000は105mmです。

つまり、約15mm程MDR-DS8000の規格よりも小さいパッドです。

そこで直径100mmのノーブランド品も押さえましたが、こちらは中華からの発送のようで時間が掛かります。

仕方ないので、
中華からの100mm対応イヤーパッドが到着するまでのつなぎとして使ってみる事にしました。

イヤーパッドというのは交換した人なら分かるのですが、多少のサイズ違いはなんとかなってしまいます(笑


んで、まずは・・・

イヤーパッド02

いきなり、ドライバーを保護する布をカッターで除去します(笑


除去すると・・・

イヤーパッド03

こんな感じになります(笑


そして、保護布を除去したイヤーパッドを無理矢理装着する・・・

イヤーパッド04

入った!(笑

サイズが本体よりも15mm程ショートしてますが、何とかなりました(笑


ドライバーの状態も・・・

イヤーパッド05

妙な干渉とかも無く、とりあえずは何とかいけそうです。


で、
装着してみると、スポンジが柔らかく、耳に優しい・・・(笑

しかも、音質が変になるとかも無く、フツーに使えてます。


まあ、これなら中華から100mm対応のイヤーパッドが到着するまでの十分なつなぎにはなりそうです。


ただ今、充電池が切れたので充電中・・・


今夜はMDR-DS8000を装着して、PCゲーでもやろう・・・(笑

HORI リモートプレイアシストアタッチメントをプチ改造してみる。2017/09/03 11:04:14

さて・・・


せろおさんに今回紹介する製品を教えて貰い、実は初めて知った事があります。


PSVITAの背面タッチって、LR2、LR3に対応してたんですね・・・(笑


てなわけで・・・

リモートアシスタンド

HORI リモートプレイアシストアタッチメント(PCH-2000用)を買ってみました。


中身・・・

中身

真ん中の4つのゴムがボタンを押す事でせり上がり、背面のタッチに触れると言ったとても単純なモノです。

まあ、やってる事は単純なのですが、作るとなると意外と難しいのがこういったモノです。


で、
PCH-2000に取り付け

取り付け

当たり前ですが、ピッタリです。

下2カ所の爪でしっかりとPSVITAをホールドして、上のバーで確実にPSVITAを押さえ込みます。
これなら、多少振り回しても外れる事はないでしょう。
また、爪や上のバーのPSVITAとの接触面には、柔らかいラバーが付いているので、本体を傷付ける事も無さそう
です。
何気によく出来てますコレ。

流石、こういった周辺機器を作ってきたHIRIですね。


さて、
PCH-2000をしっかりとホールドしてくれたのは分かったのですが、私の場合、自宅でリモートプレイするなら、
やはり初期型の有機ELのPSVITAを使いたいところです。


そこで・・・

改造

いきなり、本体の下部を支える爪をいきなりカット・・・(笑

これで、POH-2000を支える事が出来なくなりました(笑


で、
このアタッチメントのPSVITAとの接触面にに・・・

両面テープ

強力両面テープを貼り付けます。


んで、

設置

有機ELの初期型PSVITAを載せます。

初期型とPCH-2000のサイスは厚さが違いますが、形状的にはほぼ一緒なので、こういった事が出来ます。


で、

接着

意外と逆さにしても本体は落ちません。

まあ、振り回したりすれば落ちると思います・・・(笑


でも、まあこれでPCH-1000/1100でもこのリモートプレイアシストアタッチメントも使えるようになりました。


しかし・・・
実はあまり使う機会が無いという・・・(笑


持ちやすくなったから、良いんだけど・・・(笑

なんか、ダラダラと・・・(笑2016/12/26 00:08:04

さて・・・


三連休も本日で終了・・・
夕方からは近所の忘年会に参加と・・・

てなわけで、師走です。


この2日間は今まで全然やってなかった小説を割とマトモに書き進めました。
といっても、まだ下巻のほんの触り部分のみです・・・(笑

後半は未来の物語がメインとなるわけですが、今はその未来部分の序章的な部分の三章まで書き上げました。
これから中盤に入り、クライマックスへと展開する一番大事な作業が待っているわけですが、まだ構想練り切れてません(笑
いやー、中盤から後半って実は一番難しいんですねぇ・・・

とりあえず、

読者に繋がり的な疑問を持たせずに、どうやって世界観の中に入って貰うか?

まあ、ここが、なんとも・・・(笑


てなわけで、
それ以外と言えば、これ・・・

PCケース

PCミニケース

自分用ではありません。
息子がもう少しPCのスピードを上げたいと言っていました。
目的は何か?と聞いたのですが、聞かなくても分かってます(笑

ゲームを快適に遊びただでしょう(笑

かといって、
私ですら10年近く落ちのPCを使ってるわけで、息子に自分より性能の良いPCなんて・・・(笑
てなわけで、とりあえずは今までの拡張性ほぼ0のATXケースからマザボ等の全てのパーツを少し大きめのPCケースに
移行させ、オンボードのグラフィックを止めて、余っていたGTX650を入れることにしました。

過去ログ ←


んで・・・
せっかくなので、息子にPC自作のノウハウを教えながら作業し、その模様をblogにアップしようと思っていたのですが・・・

終了

思い出したのは、全ての組み立て終わってからだった・・・(笑


息子PCのスペックは以下の通りです。

OS:Windows10 Home(64bit)
CPU:Intel i3
MEMORY:16GB
SSD:120GB
HDD:1TB
Video:nvdia GForce GTX650 ←新たに追加


今後の予定としては・・・

・テストでいい点数を取ったら、CPUをi5にアップグレード
・テストでとってもいい点数を取ったらCPUをi7にアップグレード
・再来年、志望高校に合格したら、そこそこ高スペックPCを購入

って事にしました。


さて・・・(笑