サイト内検索を導入しました!過去記事探しにご利用下さい!ヽ(^◇^*)/

って、ある意味自分用・・・( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

Google
WWW を検索 にゅーひぐらしblog内を検索

○○でも出来るポタアン(図解編)

CMOY改回路図

Kindleで小説を出版してみました(笑

スーファミミニを超えたレトロゲー環境できた!\(^O^)/2017/10/22 23:12:05

さて、
昨日の続きです。

Raspberry Pi3とRetroPieとBluetoothの関係(笑


まあ、この場合のRetroPieってのは、ベースはRetroarchですから、今回の方法はRetroArchを使っている
エミュレーターには全て通用すると思います。

てなわけで、
まだ長期稼働検証が出来てないので、確実とは言えませんが・・・


フリーズせずに動作させる事に成功しました!\(^O^)/


まずは、電源周りから・・・

電源

ラズベリーパイ3のフル負荷検証済みの5V 3.0Aの電源を買ってみました。

というか、台風接近に伴う雨の中、荷物を届けて下さったヤマト運輸の方に感謝です<(_ _)>


んで、中身

中身

通常のUSBタイプの電源にスイッチ付きのUSBケーブルが付いてます。

ラズベリーパイにはスイッチが付いておらず、ON/OFFは基本的にmicroBに接続したUSBケーブルの抜き差し
で実施します。
ただ、コレを繰り返すとコネクターが馬鹿になる可能性が大ですので、USBケーブルにON/OFFスイッチが付い
てるのはとてもありがたい。
特に、私のように検証のために何度もON/OFFを繰り返すユーザーは必須でしょうね。


で、
安定的で、余裕のある電源を入手したので、早速ラズバイのconfig.txtを弄ります。
昨日同様に、RetroPIeが起動したら、接続したキーボードのF4を押して、ターミナル画面を呼び出します。
そして、

sudo nano /boot/config.txt

と入力します。
一応、念のために書いておきますが、sudoの後のnanoは起動するエディターの名前ですので、nanoじゃなく
viとかの方が慣れてる人はそちらを使っても問題ありません。


んで、

config

CPUを1.0Ghzに固定させ、電圧をMAXに設定してみました。

本当はラズパイは1.2Ghzまで設定できますが、ソレだと熱を持ちそうなのでちょっと弱気で・・・(笑
まあ、RetroPieはデフォルトで700Mhzで動かしてるようですから、あんまり変わらないといえば変わらない。
ちなみに、このconfig.txt内にオーバークロック項目があり、800Mhzで動かす事も可能です。
※オーバークロック項目にある #800 の#を取る


これで、CPUを1Ghzに固定し、電圧も高めたので問題無く動くかを検証します!


しかし・・・

フリーズ

フリーズした・・・(笑


うーん・・・(-_- )


と考える。
原因が色々考えられて特定できん・・・

そこで、PertoPieのプログラムを壊しても良いと、Bluetooth Audioとペアリング状態のまま、coreのアップデート
をしてみます。
これで、RetroPieとBluetoothのペアリングが不安定なのか、それともRetroarchとbluetoothのペアリングに
原因があるのか、ハッキリすると思ったからです。

そこでアップデートを敢えてソースコードにして長時間(約30分ほど)かかるアップデートを敢行

で、
一切フリーズする事無く、アップデートが終了する事が分かりました。

つまり、RetroPieとBluetoothのペアリング自体はフリーズの原因では無いと言う事です。

そうなると、ゲーム自体。つまりRetroarchとBluetoothの関係が原因だと絞り込む事が出来ます。
しかし、昨日Audioドライバー周りは設定し、問題無く音が出る状態なので一体ドコに原因が・・・?

と考えた時に、ひらめきました!

あっ、Videoとの同期または相性問題じゃないかな?

皆さんも分かると思いますが、ゲーム画面と音は常に同期しています。
この同期がズレると、当然画面と音がズレますから、ゲームになりません。

もしかしたら、Video DriverとAudio Driverの相性が悪く、同期がズレてフリーズするのではないか?

そう考えて、ゲームを起動後にselect+XでRetroarchの設定画面を呼び出して・・・

ドライバー

Video Driverを gl から dispmanx に変更してみました。


ついでにと・・・

GPU

Videoの項目で、Hard GPU Sync をOFFからONに変更


さて・・・どうだ・・・


BINGO!(|||ノ`□´)ノオオオォォォー!!


これで、今現在は全くフリーズしなくなりました。
やはり、VideoとAudioの同期問題またはDriverの相性問題だったようです。 

これでスッキリしました(笑


で、最終形態

最終

ラズパイ3一体型の7inchディスプレイと青歯オーディオとスーファミ風のコントローラー(有線)


これだけで、レトロゲームが出来る環境が構築できました。


画面の無いスーパーファミコンミニを超えたぜ!(笑

古い規格で今更遊ぶ・・・(笑2017/09/09 21:49:21

さて・・・


この所、サラウンドヘッドフォンにご執心のひぐらしでございます(笑


さて、
私は基本的には2chのステレオで音楽を聴く事がメインの生活をしている人間で、普段はあまりサラウンドで
ソースを拝聴するという機会は持ち合わせていません。

リビングは一応BOSEのスピーカーとPioneerのそれなりのAVアンプで5.1chの環境を構築していますし、
部屋のTV用には、これまた古いBOSEのスピーカーシステムを使って、なんちゃって7.1ch環境を構築して
いたりしますが、使用頻度は低いです。
※ってか、リビングは娘と奥さんに常に占拠されているので、私は殆ど使ってない・・・(笑

部屋でPS4でみんゴルをやっていて、横から「ナイスショット!」とか観客の声が聞こえて、驚いたり・・・(笑

まあ、
昔は映画三昧の日々を送っていた事もあり、多チャンネルのドルビーサウンドは極めようとはしていましたが、
最近はすっかり映画三昧菜日々も送らなくなり、PCの2.1chの環境であまり不便を感じていませんでした。

しかし!
世の中というのは、私が多チャンネルの音に興味を示そうが、全く興味を無くしていようが確実に進化しています。
ここ数日、色々調べ始めたらもう浦島太郎・・・(笑

もう、世の中は昔のような光ケーブルを使ったりする時代はとうに過ぎ去り、HDMIで音声データも転送する時代な
のですねぇ・・・

ビットストリームなのか?、リニアPCMなのか?などという時代では無く、HDMIでビットスとリーム方式の多チャン
ネル音声データを一括して転送出来ちゃう時代・・・

転送スピードというテクノロジーが進化し、映画館と同じ音の情報をそのまま出力機器に送り込める時代・・・

いやはや・・・
世の中というモノは、こんなにも進化していたのか・・・

光ケーブルなんて同時転送が2ch分の帯域しか無く、5.1chなんて転送しきれない過去の転送方式に成り下がっ
ています。
つまり、光ケーブルでは遅いんです・・・
本格的なマルチチャンネルの映画鑑賞環境を整えようと思ったら、今はHDMIを買った方が幸せになれます(笑


さて、
そんな今では過去の遺物になりつつある光ケーブルですが、私の前回購入したMDR-DS8000は16年前の規格
という事もあり、当時では最先端だった光ケーブル転送方式です(笑


そんなわけで、
過去の遺物たる光ケーブルは種類によって音質が変わるのか?


で、

光ケーブル01

FosPowerの光ケーブルを買ってみました(笑

お値段は999円(笑


中身・・・

光ケーブル02

金メッキが施された金属コネクターで、いかにも高級感漂うケーブルです。

まあ、光ケーブルの場合は、まさに光ファイバー内の「光」がメインですから、24Kの金メッキが必要かと言えば・・・


んで、

光ケーブル03

今まで使っていたAmazonの光ケーブルと交換してみます。

amazonの光ケーブルも結構しっかりしていて、柔らかくて取り回しが楽です。
しかし、コネクター部分は普通のプラスティック製です。


んでは、交換!

早速、音を聴く・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


うーむ・・・・ 変わらん・・・(笑


というわけで、
私の耳では違いが分かりませんでした・・・(笑

光ケーブルの場合、今回購入したFosPower半額ほどのamazonケーブルでも十分だと私の耳は言っています。
とてつもなく耳の良い人なら違うのかも知れませんので、参考程度に・・・(笑


さて、もう一つ・・・

私が前回購入したMDR-DS8000は中古品です。
程度の良い中古品で状態はとても良いのですが、やはりイヤーパッドというのは経年劣化からは逃れられません。
新品の状態が分からないのでアレですが・・・

スポンジがヘタレて、耳とヘッドフォンとの緩衝の役割をなしていませんので、長時間装着すると耳が痛くなって
きます。
よって、ソレを解決するにはイヤーパッドを新品に交換すれば良いわけです。

がっ!

純正のイヤーパッドは高すぎます!
片耳で2,160円(税込)するので、2つ買うと4,320円(税込)!

なんじゃ、この値段?

という、とてもアホらしい価格設定です。
かといって、MDR-DS8000は古すぎるので、安い互換イヤーパッドも売ってません・・・


仕方ないので・・・

イヤーパッド01

ノーブランド品の交換用イヤーパッド(MDR-DS7000,RF6000,MDR-MA300対応)を購入して見ました。

お値段、たったの390円!(送料込み)

しかし問題は、イヤーパッドのサイズです。
今回購入した交換用イヤーパッドは直径約90mm程のヘッドフォン用です。
対して、MDR-DS8000は105mmです。

つまり、約15mm程MDR-DS8000の規格よりも小さいパッドです。

そこで直径100mmのノーブランド品も押さえましたが、こちらは中華からの発送のようで時間が掛かります。

仕方ないので、
中華からの100mm対応イヤーパッドが到着するまでのつなぎとして使ってみる事にしました。

イヤーパッドというのは交換した人なら分かるのですが、多少のサイズ違いはなんとかなってしまいます(笑


んで、まずは・・・

イヤーパッド02

いきなり、ドライバーを保護する布をカッターで除去します(笑


除去すると・・・

イヤーパッド03

こんな感じになります(笑


そして、保護布を除去したイヤーパッドを無理矢理装着する・・・

イヤーパッド04

入った!(笑

サイズが本体よりも15mm程ショートしてますが、何とかなりました(笑


ドライバーの状態も・・・

イヤーパッド05

妙な干渉とかも無く、とりあえずは何とかいけそうです。


で、
装着してみると、スポンジが柔らかく、耳に優しい・・・(笑

しかも、音質が変になるとかも無く、フツーに使えてます。


まあ、これなら中華から100mm対応のイヤーパッドが到着するまでの十分なつなぎにはなりそうです。


ただ今、充電池が切れたので充電中・・・


今夜はMDR-DS8000を装着して、PCゲーでもやろう・・・(笑

HORI リモートプレイアシストアタッチメントをプチ改造してみる。2017/09/03 11:04:14

さて・・・


せろおさんに今回紹介する製品を教えて貰い、実は初めて知った事があります。


PSVITAの背面タッチって、LR2、LR3に対応してたんですね・・・(笑


てなわけで・・・

リモートアシスタンド

HORI リモートプレイアシストアタッチメント(PCH-2000用)を買ってみました。


中身・・・

中身

真ん中の4つのゴムがボタンを押す事でせり上がり、背面のタッチに触れると言ったとても単純なモノです。

まあ、やってる事は単純なのですが、作るとなると意外と難しいのがこういったモノです。


で、
PCH-2000に取り付け

取り付け

当たり前ですが、ピッタリです。

下2カ所の爪でしっかりとPSVITAをホールドして、上のバーで確実にPSVITAを押さえ込みます。
これなら、多少振り回しても外れる事はないでしょう。
また、爪や上のバーのPSVITAとの接触面には、柔らかいラバーが付いているので、本体を傷付ける事も無さそう
です。
何気によく出来てますコレ。

流石、こういった周辺機器を作ってきたHIRIですね。


さて、
PCH-2000をしっかりとホールドしてくれたのは分かったのですが、私の場合、自宅でリモートプレイするなら、
やはり初期型の有機ELのPSVITAを使いたいところです。


そこで・・・

改造

いきなり、本体の下部を支える爪をいきなりカット・・・(笑

これで、POH-2000を支える事が出来なくなりました(笑


で、
このアタッチメントのPSVITAとの接触面にに・・・

両面テープ

強力両面テープを貼り付けます。


んで、

設置

有機ELの初期型PSVITAを載せます。

初期型とPCH-2000のサイスは厚さが違いますが、形状的にはほぼ一緒なので、こういった事が出来ます。


で、

接着

意外と逆さにしても本体は落ちません。

まあ、振り回したりすれば落ちると思います・・・(笑


でも、まあこれでPCH-1000/1100でもこのリモートプレイアシストアタッチメントも使えるようになりました。


しかし・・・
実はあまり使う機会が無いという・・・(笑


持ちやすくなったから、良いんだけど・・・(笑