サイト内検索を導入しました!過去記事探しにご利用下さい!ヽ(^◇^*)/

って、ある意味自分用・・・( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

Google
WWW を検索 にゅーひぐらしblog内を検索

○○でも出来るポタアン(図解編)

CMOY改回路図

Kindleで小説を出版してみました(笑

試行錯誤とは?2018/04/30 00:17:06

さて・・・


GW企画!


と言うわけでもないですが・・・
ここ最近では珍しい、2日連続のアップです。
まあ、やってる事は昨日の続きですが・・・(笑

昨日は、7inchディスプレイにラズパイケースを取り付ける改造について書きました。
んで、悦に入っていたわけですが・・・見た目上気になるポイントが・・・


んで!

購入

amazonでコレ購入!

お値段、たったの458円(送料込み)


中身は・・・

アダプター

HDMIのL型アダプターです。


なぜ、コレを買ったかですが・・・

見た目

7inchの背面に取り付けたHDMIケーブルが飛び出すから・・・

これだけの理由です(笑


んで・・・

取り付け

L字型アダプターを取り付ける。


んで・・・

接続

HDMIケーブルを取り付ける


んで・・・

状態

見た目スッキリ!\(^O^)/


いいんじゃない?


と、
早速画面が映るかをチェックしようとラズパイに電源ケーブルを差し込む・・・
そこで、『あっ!』と気付いたわけです・・・

飛び出し

電源ケーブルが飛び出すじゃん・・・


そして、再度『あっ!』と気付きました・・・


ラズパイのHDMIと電源が下に来るように反対に取り付ければ解決しね?


人間は『気づき』の動物です。
より良くしようと、試行錯誤を繰り返す動物でもあります。

それはとでも良いことです・・・


願わくば、『施行』前に、『錯誤』に気付けるのが理想です・・・(笑


つまり・・・


反対に取り付けよ・・・(笑


PS.

反対側に取り付け完了!

変更

これでスッキリ!\(^O^)/

結果的には、HDMIの差し込み口を下側にした事により、余裕がなくなったのでL字型アダプターは必須で、
無駄にならずに済みました(笑

GWに突入したけれど、やってる事はコレ(笑2018/04/29 07:45:33

さて・・・


GW突入!\(^O^)/


といっても、私はカレンダー通りです・・・(/_;)


さて、
今回初チャレンジした、amazonKDPの公募は、2つとも惨敗に終わりました(笑
残念だとは思う半面、自分で思っていたよりも落ち込んだりはしませんでした。
特にWITノベル部門の方は、一次審査の結果の発表もなく、最高受賞作品も銅賞止まりと、正直なんだかなぁ
と思う気持ちしか残りませんでした。

私的には結構、凄い作品も沢山エントリーされていたと思っていたにもかかわらず、それらの作品も全く受賞しな
かった訳ですから、私ごときの作品が評価されないのは当たり前のことです。
それよりも、良い作品を書き上げ、評価されなかった作者さんの方への同情を禁じ得ません。

人に評価されるってのはなかなかに難しい物です。
会社勤めをしてる人は分かると思いますが、自分で最高だと思った企画が社内で必ず通過する物でもありません。
むしろ通過しない方が多い・・・(笑

でも、そこでやる気を無くすのではなく、それでも前に進み続けるのが実は大切です。
評価されない理由を考えて、修正する人。
評価されなくても、我が道を貫く人。
次に繋げる方法は人それぞれですが、頑張り続ける人に共通してるのは

モチベーションを切らさず維持し続ける事

です。
諦めた時点でゲームオーバーになるなら、諦めなければ良いわけです(笑
そんなわけで、私もまだまだ書き続けますよ(笑

実は、amazonで出版するとamazonKDPのレポートでその日売れた本の数や読まれたページ数が分かります。
その数字が1月から3月まで私的には良い感じで推移していたので、てっきり私は公募の主催者側が読んでる
ものと思っていましたが、どうやら主催者側はそういった数字に反映されない所で読んでいるようです。
よって、私が勝手に思い込んでいた数字の推移は普通の読者のものだった訳です。
そして、コンテストが終了した後もそれなりに読んでくれている人がいる事を知りました。

これって凄いモチベーションになります

だから、私はまだまだ諦めませんよ(笑
時間つぶしに読んでくれていたとしても、その人の1日24時間の中の一部を私の小説のために割いてくれてる
事実は何も変わらないからです。


さて、
もう少し簡単に書くつもりが思ったより長くなりました。
本日の主題はコレではないのです(笑

本日の主題はコレ!

荷物

amazonから880円で買った荷物到着(笑


開封・・・

開封

中身はこんな感じです。


コレじゃ分からないので、プチプチから出します。

中身

ケースっぽいモノと小型のファン


てなわけで、組み立てるとこんな感じになります。

Piケース

Raspberry Pi3のケース(小型ファン付き)

このケースは黒と透明の板を何枚にも重ねて四隅をネジ止めするケースです。
いわばサンドイッチというか、ミルフィーユとかバームクーヘンのような構造のケースです。

これで完成なわけですが・・・

これで終わったら詰まらない・・・(笑


そこで・・・

7inch

以前、購入したKuman 7inchディスプレイを用意します。

過去ログ ←

この7inchデスプレイは可もなく不可もなくと言ったところで、安い以外にこれといった特徴の無いディスプレイです。
Raspberry Pi3用として使うには丁度良いと言った程度のモノです。


んで、これをおもむろに・・・

分解

分解・・・(笑

構造は至って単純で、7inchディスプレイと主基板とスイッチ等の基板が単純に配線で結ばれてるだけです。


んで、この7inchディスプレイの裏蓋に・・・

印

鉛筆で印を付けます。


んで・・・

穴開け

4mmのドリルで穴を開けます(笑

ドリルの穴開け箇所が3カ所なのは、右下の部分にちょうどスピーカーがあるからです。


んで、この穴に・・・

ネジ入れ

今回購入したケースのネジを入れます


んで、後はケースの板を組み上げてゆくと・・・

完成

7inchディスプレイ一体型のRaspberry Pi3ケースの完成です(笑

スピーカーに当たる部分はネジ山をヤスリで削って薄くした上で取り付けました。
結構良い感じに一体型になったので意外と満足

昨日はこの後、酒を飲んであえなく撃沈・・・
20時頃に布団に入って爆睡し、朝の4時半に起き出しました。


GW初日から、何と健康的な生活リズム!(笑


このネタ、多分明日も続きます(笑

スーファミミニを超えたレトロゲー環境できた!\(^O^)/2017/10/22 23:12:05

さて、
昨日の続きです。

Raspberry Pi3とRetroPieとBluetoothの関係(笑


まあ、この場合のRetroPieってのは、ベースはRetroarchですから、今回の方法はRetroArchを使っている
エミュレーターには全て通用すると思います。

てなわけで、
まだ長期稼働検証が出来てないので、確実とは言えませんが・・・


フリーズせずに動作させる事に成功しました!\(^O^)/


まずは、電源周りから・・・

電源

ラズベリーパイ3のフル負荷検証済みの5V 3.0Aの電源を買ってみました。

というか、台風接近に伴う雨の中、荷物を届けて下さったヤマト運輸の方に感謝です<(_ _)>


んで、中身

中身

通常のUSBタイプの電源にスイッチ付きのUSBケーブルが付いてます。

ラズベリーパイにはスイッチが付いておらず、ON/OFFは基本的にmicroBに接続したUSBケーブルの抜き差し
で実施します。
ただ、コレを繰り返すとコネクターが馬鹿になる可能性が大ですので、USBケーブルにON/OFFスイッチが付い
てるのはとてもありがたい。
特に、私のように検証のために何度もON/OFFを繰り返すユーザーは必須でしょうね。


で、
安定的で、余裕のある電源を入手したので、早速ラズバイのconfig.txtを弄ります。
昨日同様に、RetroPIeが起動したら、接続したキーボードのF4を押して、ターミナル画面を呼び出します。
そして、

sudo nano /boot/config.txt

と入力します。
一応、念のために書いておきますが、sudoの後のnanoは起動するエディターの名前ですので、nanoじゃなく
viとかの方が慣れてる人はそちらを使っても問題ありません。


んで、

config

CPUを1.0Ghzに固定させ、電圧をMAXに設定してみました。

本当はラズパイは1.2Ghzまで設定できますが、ソレだと熱を持ちそうなのでちょっと弱気で・・・(笑
まあ、RetroPieはデフォルトで700Mhzで動かしてるようですから、あんまり変わらないといえば変わらない。
ちなみに、このconfig.txt内にオーバークロック項目があり、800Mhzで動かす事も可能です。
※オーバークロック項目にある #800 の#を取る


これで、CPUを1Ghzに固定し、電圧も高めたので問題無く動くかを検証します!


しかし・・・

フリーズ

フリーズした・・・(笑


うーん・・・(-_- )


と考える。
原因が色々考えられて特定できん・・・

そこで、PertoPieのプログラムを壊しても良いと、Bluetooth Audioとペアリング状態のまま、coreのアップデート
をしてみます。
これで、RetroPieとBluetoothのペアリングが不安定なのか、それともRetroarchとbluetoothのペアリングに
原因があるのか、ハッキリすると思ったからです。

そこでアップデートを敢えてソースコードにして長時間(約30分ほど)かかるアップデートを敢行

で、
一切フリーズする事無く、アップデートが終了する事が分かりました。

つまり、RetroPieとBluetoothのペアリング自体はフリーズの原因では無いと言う事です。

そうなると、ゲーム自体。つまりRetroarchとBluetoothの関係が原因だと絞り込む事が出来ます。
しかし、昨日Audioドライバー周りは設定し、問題無く音が出る状態なので一体ドコに原因が・・・?

と考えた時に、ひらめきました!

あっ、Videoとの同期または相性問題じゃないかな?

皆さんも分かると思いますが、ゲーム画面と音は常に同期しています。
この同期がズレると、当然画面と音がズレますから、ゲームになりません。

もしかしたら、Video DriverとAudio Driverの相性が悪く、同期がズレてフリーズするのではないか?

そう考えて、ゲームを起動後にselect+XでRetroarchの設定画面を呼び出して・・・

ドライバー

Video Driverを gl から dispmanx に変更してみました。


ついでにと・・・

GPU

Videoの項目で、Hard GPU Sync をOFFからONに変更


さて・・・どうだ・・・


BINGO!(|||ノ`□´)ノオオオォォォー!!


これで、今現在は全くフリーズしなくなりました。
やはり、VideoとAudioの同期問題またはDriverの相性問題だったようです。 

これでスッキリしました(笑


で、最終形態

最終

ラズパイ3一体型の7inchディスプレイと青歯オーディオとスーファミ風のコントローラー(有線)


これだけで、レトロゲームが出来る環境が構築できました。


画面の無いスーパーファミコンミニを超えたぜ!(笑