サイト内検索を導入しました!過去記事探しにご利用下さい!ヽ(^◇^*)/

って、ある意味自分用・・・( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

Google
WWW を検索 にゅーひぐらしblog内を検索

○○でも出来るポタアン(図解編)

CMOY改回路図

Kindleで小説を出版してみました(笑

iQOS互換機を購入してみる2017/10/01 23:48:18

さて・・・


今回のネタは非喫煙者には全く関係の無い話になります。


ややもすると、非喫煙者の方には気分の悪い話になるかもなので、タバコの話が嫌いな方はご注意下さい。


てなわけで、
会社でもどんどんタバコを止める人が多くなっています。
現状、喫煙者はビルから追い出され、会社から離れた喫煙スペースなどで細々と吸っています。
それはもう、晴れの日も、雨の日も、風の強い日も、寒い日も、暑い日も・・・
喫煙者は、喫煙スペースに通っています・・・

タバコ税払ってるのに、この扱いは・・・

と喫煙者の間ではよく愚痴を言い合ってますが、非喫煙者にとっては「臭いんだよ!さっさと止めろよ!」と
言われるだけだと言う事を喫煙者は意外と理解しています。
でも、中毒だから止められないのです・・・(笑


さて、
そんな世間を反映してか、最近は火を使わない加熱式タバコが喫煙者の中では流行ってます。
iQOS、glo、Vape(リキッドタイプの電子タバコ)
これらの製品は、喫煙者はニコチンを摂取しつつ口から吐き出す煙は水蒸気なので、タバコ独特の臭いが
ほとんどありません。(厳密には焦げ臭い等の臭いがありますが)

かくいう、私も加熱式タバコを愛用しています。
ライターで火を付けるタバコは今年の6月から一切吸ってません。
よって、変な話ですが、リアルタバコをすってる人の近くは、タバコ臭くてイヤです(笑


さて、
私は過去に色々と試してきました。

iQOS ←
glo ←
Vape ←

多分、私の選択肢の中には、「煙草を止める」という文章は無いのでしょうね(笑


話を先週の金曜日に戻します。

私の会社で、絶滅危惧種に指定されそうな勢いの喫煙者。
そんな中にも、小さなコミュニティーがあります。
喫煙場所で出くわして、会話を交わすウチに仲良くなったりするわけです。

そんな、仲間の一人に他社から出向してきた人がいます。
この人はガジェット系も好きなので、私と凄く話が合う人です。
その人が、金曜日に私に話しかけてきました。

相手「iQOSのさ、互換品があるみたいだよ。」
私「えっ、そうなの?」
相手「ココの近くに売ってるお店があるからさ、今から買いに行こうと思うけど要る?」
私「今週は飲み会が続いて財布の中身が・・・。○○さんのを見てから考えます。」
相手「分かった、じゃあ俺今から買ってくるよ。」

何とも行動力のある人です(笑

んで、
午後に一緒に喫煙場所に行って、私もiQOSの互換品を使わせて貰いました。
で、とても具合が良かったので・・・
思わず、ネットで購入してしまった・・・(笑

iBuddy

購入したのはiBuddyという製品の赤色です。

カラーは白、黒、赤の全部で3種類。
相手の人は、白を購入してきてましたので、敢えて被らないように赤にしました。
まあ、黒でも良かったのですが、白を買ってきた人が「赤は人気で品切れだったよ。」という一言があったので、
赤にしました(笑


んで、中身

中身

本体は、iQOSポケットチャージャーの半分ぐらいのサイズで、結構小さいです。(gloよりも小さい。)


また付属品は

付属品

USBコード、清掃用ブラシ、清掃用綿棒の3種類

充電器は入ってません。


早速・・・

充電

充電してみます。

3つのLEDが全て点灯状態になれば充電完了のようです。


で、
スイッチの入れ方が独特で、メインスイッチを2秒以内に5回押すとスイッチON状態になります。
iBuddyはiQOS互換ですから、

差し込み

iQOS専用のヒートスティックを差し込みます。

構造的には本体に直接ヒートスティックを差し込むgloと一緒です。
吸う時は、メインスイッチを3秒長押しすると、一番右のLEDが赤く点滅し、店頭に変わったらOKとなります。

吸った感じは、まんまiQOSと一緒です。
ただ、iBuddyの方が、効率的にまんべんなくヒートスティックを加熱できるのか、煙の量とかはこっちの方が
ちょっとだけ純正よりも多いかも・・・


その秘密は、ヒートスティックを加熱する部分にあります。

加熱

左が純正のiQOSで右がiBuddy

見て貰えば違いが分かりますが、iQOSがブレードと呼ばれる平形に対して、iBuddyは丸形になります。
また、丸形の先端が尖っているためか、ヒートスティックが差し込みやすいです。
そして、この丸形が良いのか、ヒートスティック全体を完全に加熱できるため、iQOSよりも吸った時の満足度が
高い気がします。


さて、
iQOSの平形のブレードは折れやすいという指摘があるようです。
私は平形でもちゃんと扱えばそうそう折れる事は無いだろうと思っていたのですが・・・

折れる

初期のiQOS側のブレードを折ってしまいました・・・

といっても、本人には折ったという記憶がありません。
木曜日に呑んだ時に、ヘロヘロになって、翌朝iQOSを吸おうと思ったら、ホルダーが赤色に点滅してました。

最初は充電がちゃんと出来てないんだろうと、差し込み直しても、チャージャー側も赤色に点滅して充電出来ず。

あれ?壊れたかな?

とブレード部分を見てみると、根元からポッキリと折れてました・・・
iQOSはタバコの葉の詰まり具合の関係で、スッとブレードに刺さる物や、力を入れないと刺さらない物とか、
品質がまちまちです。

多分、酔っ払ってる時に刺さりにくいヒートスティックを無理矢理入れようとして折っちゃった可能性が・・・(笑


んで、
早速、iQOSのホームページで交換についての情報を見ようとしたところ・・・

交換

即、交換となりました。


で、本日交換品が到着しました。

交換品

何と、2.4plusの新しい方だった!

以前、交換した人から聞いた事があるのですが、旧iQOSの在庫は既に無いようで、旧iQOS利用者でも、
交換品は新しい2.4plusが送られてくるようです。

比較

これはラッキーかも・・・(笑

てなわけで、
壊れた方のiQOSを送り返せば交換は官僚となります。

どうもこの「神対応」によって、iQOSはそこそこ売れてるはずなのに、赤字だそうです。

この辺りは、iQOSユーザーを増やすための痛みなのでしょう。
そして互換品の販売・・・

通常は痛手を受けると思いがちですが、iQOSはフィリップモリス社製品です。
そしてフィリップモリスはタバコメーカーでする
つまり、本業の「タバコ」」が売れれば問題ありません。

互換品の登場によって、純正のiQOSを持たない人でもiQOSのヒートスティックを買ってくれる環境が整う事は
フィリップモリス社もウェルカムなハズです。
よって、こういった互換機は今後も増えて行くでしょうね・・・


まあ、
私もフィリップモリス社に金を貢いでいる一人ですが・・・(笑

16年ぶりのDreams come true(笑2017/09/08 00:32:41

さて・・・


急に、AV熱が再燃しまして、とうとう10年以上越しの夢を叶えてしまいました・・・(笑


てなわけで、
Amazonでこの中古を購入してしまいました。

MDR-DS8000

SONY MDR-DS8000

これ、新製品として発表されたのが、2001年9月20日です・・・。
今日はは2017年9月7日ですから、実に16年前に発売になったサラウンドヘッドフォンシステムです。

当時、ヨドバシカメラのオーディコーナーで試聴し・・・
そのリアルな音場に驚き・・・
欲しくて欲しくて堪らなかったのですが・・・
値段が高くて手が出ず・・・
そのうち、熱も冷めて・・・
そして忘れて・・・

といった製品です(笑
それが、この所のマイブームのサラウンドヘッドフォン視聴に触発され、遠い記憶がフラッシュバックしました(笑


それと、コレを使用するに当たって、これらも購入

購入品

左がeneloop pro
右がフェライトコア

MDR-DS8000は単三電池か、充電式電池で駆動します。
その中でも、このエネループプロは2500mAhと大容量!
これなら、長時間駆動が可能です。


それと、ダイソーで・・・

銅テープ

防虫銅テープを購入

これは何故買ったかは後ほど・・・(笑


さて、中身

中身

程度の良い中古で、ヘッドフォンもプロセッサーもとてもキレイです。

また、付属品は充電池以外全て揃っています。


で、
早速付属のチャージャーでエネループを充電してみましたが・・・

充電

チャージャーボタンが点灯し、問題無く充電出来てるようです。


さて、
このMDR-DS8000はACアダプターにノイス対策をしてあげると定位が安定するとネットで見かけたので、
早速その対策をしてみる事にしました。


まずは・・・

ノイズ対策01

ACアダプター本体に銅テープを巻いて、外部ノイズ対策(笑

ACアダプターにまんべんなく銅テープを貼ります(笑
これで効果があるのかどうかは分かりませんが・・・
まあダイソーで買ったテープですので、気分的なモノでも問題無し(笑


そして・・・

ノイズ対策02

線にはフェライトコアを装着します。

これでノイズ対策は出来たはずです。
写真では分かりにくいですが、コンセント周りはちゃんと外して銅テープを貼ってます。


さて、
SONYのサラウンドヘッドフォンシリーズはこのMDR-DS8000以降も発売され、7.1ch対応や9.1ch対応の機種
も発売になっていたりしますが、私はそれらにはあまり興味がありません。
なぜなら、私はこのMDR-DS8000のある部分に惚れ込んでいるからです。


それはココ

フルオープンエア

このヘッドフォンは50mmドライバーとイヤーパッドの間に空間があるのです。

密閉型では無い、開放型(オープンエア)というには解放しすぎ・・・(笑

フルオープンエアという呼び名が正にピッタリです(笑
このスペースが空いてる事によりどのような効果があるかですが、とにかく音場が広がります。
密閉型のヘッドフォンは、ヘッドフォンの空間内で音を出すので、低音が出たりといった特徴がありますが、下手
すれば音場が限定的になり、そして籠もります。
その点、このフルオープンエアタイプは音が外に盛大に漏れる代わりに、音場の広がりが密閉型に比べて遥かに
広くなります。

これは音楽を聴くといった用途では無く、映画やゲームで遊ぶといった場合にはとても理にかなってます。




プロセッサー

またMDR-DS8000にはプロセッサーという親機があります。

これは、光ケーブルで入力した音声データをサラウンド等に変換し、それをヘッドフォン側に赤外線で飛ばす役割を持って
います。
つまりは、こ私の場合はこれをPCに光ケーブルで接続するわけです。


PCの状況およびセッテイングは以下の通りです。

オプティカル

まず、オプティカル(光)を「規定値に設定」します。

気づきにくいかも知れませんが、実はアイコンをMDR-DS8000のプロセッサの画像に変更してます。
また、名前も分かりやすいようにMDR-DS8000に変更しています。


で、エンコード形式は以下の通り

エンコード

Microsoft WMA Pro Audioは非対応のようです。


んで、立体音響方式は・・・

立体音響

「なし」にします。

これは、MDR-DS8000側のプロセッサーに仕事をさせるためです。
ここの立体音響をONにしても別段問題はありませんが、PC側で処理した立体音響をもう一度プロセッサ側で
処理する関係か、音が少し籠もり気味になるので、「なし」に設定しています。


んで、
早速音を聞いて、ちょっと驚きました。

最初にヘッドフォンから音が出た時、あまりのも「前」から音が出てきたので、思わずPCの外部スピーカーからも
音が同時に出てるのかと、慌ててヘッドフォンを外したら、PCに接続されたスピーカーからは音なんて出てません
でした。

つまり、MDR-DS8000の音場の広さをいきなり体験させられました(笑

またMDR-DS8000にはヘッドトラッキングという機能があります。
これは頭をどこに傾けても、音は正面の画面側から常に出てる状態になるモノです。

コレにより、とても定位が安定した状態になり、映画などを観てる時はとても気持ちいいです。


てなわけで、
私的には、16年前のシステムでも十分に満足しました。
そもそも、最新の映画以外は7.1ch以上には対応してないソースが多く、仮想的に7.1chにしようが9.1chにしよう
がその効果はかなり限定的なモノとなるでしょう。
よって、今でも5.1chは十分に現役だともいえます。

「音」ってのは、16年前とそれほど変わってるわけでは無いよなぁ・・・

などと思うわけです。

いや、厳密に言えば変わってますよ。
今はデジタル処理される時代ですから、音の解像度も確実に上がっています。

でも・・・

人間の耳は16年前も今もアナログのままなのです・・・(笑

8月31日は何の日?2017/08/30 21:34:17

さて・・・


北朝鮮が大陸弾道弾をヘタレにもハワイ沖までは撃つ事が出来ず、自分達から攻撃を仕掛けない限り、
攻めては来ない日本に対して恫喝まがいの事をしました。

ビッグマウスの裏にヘタレっぷりが思いっきり顔を出した状態ですが、本人はアメリカの同盟国を恫喝して
やったぜ!と、でも思ってるのでしょうかね?

まあ、よほどのバカで無い限り、そんな事は思ってないとは思います。

北朝鮮はやはり体制維持に慢性的な問題を抱えてると見て間違いないでしょうね。
よって、金体制をより強固に見せるために、内外に対してデモンストレーションをせざるを得ないところまで
追い込まれていると見た方が、状況を見誤らずにすむでしょう。

問題は中国の動きです。

国際社会が注目する中、中国は北朝鮮に対して本当に本格的な圧力をかける事が出来るのか?

一応、北朝鮮との合同企業の廃止や、石炭等の輸入を制限しているようですが、中国にしてみれば、北朝鮮
がやけくそになって本当にアメリカと戦争されても困るのですが、北朝鮮には適度に騒いで貰って、自分達の
勝手に国境線を引いた上で、無人島を埋め立てて軍事基地にするといった暴挙に対する国際的な注目度が
下がればこれ幸いな事です。

つまり、中国にとって北朝鮮は利用価値のある国家なので、崩壊されても困る事情があります。

よって、口では強い口調で非難しつつ、裏では金体制が崩壊しないように支える。といった二重構造が見えるわけ
ですが、今回ソレを止めて、北朝鮮を見限る事が出来るのか否か?

まあ、中国は何のかんのと言いながら、国連でのらりくらりと発言を敢えてぶれさせて結論を出さないでしょう。

詰まるところ・・・

チキンレースを気取ったクダラナイ政治ショー

それを真顔で出来るのが、北朝鮮であり、中国であるわけです。
その点で、韓国は脇が甘いので、これら一流の「自己中国家」になりきれない・・・(笑

まあ、明日の8月31日で米韓合同演習は一応終了するので暫く北朝鮮問題は大人しくなるでしょう。
何しろ、これ以上調子に乗ると、トランプという人物は何をし出かすか分からないからです。
だから中国は今回北朝鮮の「火遊び」を厳しく叱っているというわけです(笑


さて、
明日で8月も終わりです。

日本全国的には「ワールドカップ最終予選」なのかもしれませんが、私的にはコレです。

みんゴル01

PS4版みんゴルの発売日!(笑

今回は敢えてDownload版を購入しました。
これは、PS4にはドラクエのメディアが入りっぱなし状態で、みんゴルをやる時に、いちいちディスクを入れ替える
のが面倒だったからと・・・


チャージが・・・

みんゴル02

486円程残っていたので、ソレを使えばメディアを買うのとそれほど変わらない値段になるからです。

ただ、スペシャルパックは高すぎて、敬遠・・・
やっぱ、ゲームに1万円弱出すのはちょっとねぇ・・・


また、Download版は事前にインストールされ、31日の0時ジャストからプレイできます。

みんゴル03

後、3時間を既に切っています(笑


楽しみだなぁ・・・



PS.

コレがやりたかった、PS4リモートプレイ!(笑

リモートプレイ

前作のみんゴル6と並べてみた(笑

PS4リモートプレイは問題無く動きます。
ただ、VITAには無いLR2とかLR3とかも使うシーンがあるので、ちょっと使いにくい・・・
でも、楽しい・・・(笑