サイト内検索を導入しました!過去記事探しにご利用下さい!ヽ(^◇^*)/

って、ある意味自分用・・・( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

Google
WWW を検索 にゅーひぐらしblog内を検索

○○でも出来るポタアン(図解編)

CMOY改回路図

Kindleで小説を出版してみました(笑

amazon echo dot届いた\(^O^)/2017/12/15 05:38:43

さて・・・
本日もこんな時間に更新です・・・(笑


てなわけで、アレクサちゃん、、届きました!\(^O^)/


はい、

echo dot

amazon echo dot どーん!

昨日も書きましたが、私はキャンペーン中に申し込んでいたので、2,000円引きの3,980円で購入しました。
また、現在は「招待客」しか買えない仕組みになってます。
まあ、amazon.comなら現在普通に$29.99(元々は$49.99)で買えますから、日本もそのうち全面開放になるでしょう。
また、そのうち2、000円OFFのキャンペーンコードとかも出るでしょう。
そういった意味で、即欲しい人を除いて、そんなに焦らなくても良いかも知れません。


まあ、それは置いといて・・・中身

中身

echo dot本体と充電器と充電器と接続するUSBケーブルと説明書ともいえない、ただのカード(笑

中身はこれだけです。
もっともecho dotは基本、声だけで操作するデバイスですからこの程度でも良いでしょう。


で、本体の外観

外観

一回り大きな、焼き鳥の缶詰程度です(笑

猫飼ってる人は、猫が猫缶と勘違いしてまっしぐら!
ガリガリと噛まれて、ボロボロになるかも・・・(笑


さて、充電器

充電器

echo dotの充電器は、5.2V 1.8Aと通常のUSB給電製品よりも容量が大きめです。

よって、違う充電器だと正常に動かない可能性があります。
echo dotは純正の充電器で動かす方が良さそうです。


設定は簡単です。

アプリ

まず、専用のAmazon Alexaアプリをスマフォ等にインストールします。


後は・・・

設定

スマフォとecho dotをペアリング状態にして、各種設定をするだけです。

基本的には、アレクサにさせたい事(スキル)をインストして、echo dotを常時Wi-Fiに接続させるだけです。
つまり、アレクサちゃんはWi-Fiに接続しないと、何も出来ません。


設定を完了すれば、後は自分の声が届く範囲で好きなところに設置するだけです。

んで、

動作

「アレクサ」と声をかければ、起動し、その後に命令を伝えれば音声で応えてくれます。


まあ、なかなか面白げではありますが・・・


続く・・・(笑

自己満足の世界へようこそ(笑2017/12/06 00:06:51

さて・・・


久々に、このblogらしい事を書けます(笑


やっと、待っていたブツが中国より到着!
それはコレ

荷物

ファミコン(というより海外のNES)風の段ボール箱


中身はこんな感じ・・・

中身

NES風のプラスティックケースと説明書とドライバー

これだけです(笑


早速、NES風ケースを開いてみます。

中身

中はこんな風になってます。

これは何のケースかと言えば、Raspberry Piのケースです。


よって・・・

準備

Raspberry Pi3を準備します。


んで、

組み立て

Raspberry Pi3をケースに押し込み、各種配線を説明書に従ってします。

コレでNES風ケースに入ったRaspberryPi3の完成!
組み立て時間は配線とネジ止めだけなので、10分もかかりません・・・(笑


んで、見た目・・・

見た目

意外といい感じです。

ケースにはON/OFFスイッチとリセットボタンも付いてます。
また蓋を開けると、LANの差し込み口とUSBぽーとも2つ現れますが、使わなければ閉じておくことが出来ます。

ON/OFFスイッチが付いてるのも良いし、リセットボタンがあるのも良い!


また、

金型

金型もしっかりしてるようで、とても良い仕上がりです。

最近の中華製は全然侮れないレベルまで来てますね。


ひっくり返して、裏を見る

裏

ん? 真ん中辺に空けられる場所がある。何だろコレ?


と、開けて見ると・・・

microSD

予備のmicroSDHCの保管する場所だった(笑

なかなかよく出来てるヤツです(笑


てなわけで、
以前購入していたコレがやっと役立つ時が来ました。

ケーブル

10cmの長さのHDMIケーブル


これで以前購入した7inchディスプレイと接続します。

動作

あっ、何気にいい感じ!


てなわけで、
スーファミミニを買わなくても、とても満足できてしまいました(笑


ただ、不満足な点は・・・

先に届いたマリオのコントローラーが不良品だった・・・

やっぱ、中華製は当たり外れがまだまだ激しいですね・・・(笑

何か、やっと分かった(笑2017/10/06 00:23:55

さて・・・


EDTrackerの続きです(笑


こいつをどうやってゲームに反映させたら良いのかよく分からなかったわけですが、
本日、やっとProjectCARSでその設定方法が分かりました(笑


まずはその前に・・・

6050

前回制作した、ジャイロにMPU-6050を使用していたVer


これを・・・

MOU-9250

MPU-9250に変更してみました。

ついでに、リセットスイッチのピンアサインが間違っていたので、修正


で、USBでPCと接続

動作

動作は問題無いようです。

問題無いのですが、上下に首を動かすと、表示が明後日の方に行ってしまいます・・・
これがどうして発生してしまうのか、イマイチよく分かりません・・・
ただ、センターに戻そうとする作業はMPU-6050よりも良い感じではあります。

ジャイロのコントロールってとても難しいですねぇ・・・


さて、
このEDTrackerのジャイロをどうやってゲームに反映させるかですが、ProjectrCARS1と2だけですが、
やっと分かりました。

結論から言えば、EDTrackerのみで動作は可能です。よってopentrackは無くても動きます。

設定方法は、コントローラーのボタン設定で、「上を見る」「下を見る」「左を見る」「右を見る」にそれぞれ
EDTrackerの動作を押し当て上げればよいのです。

それは理屈的には当然なのですが、設定方法がイマイチよく分かりませんでした。

例えば「上を見る」にEDTrackerを設定したい場合は、ずっと上を見ててもダメです。

①一瞬、上の方も見る動きをEDTrackerで行う。
②元の位置(正面を向いた位置)にEDTrackerを戻す

これで、「上を見る」動作が登録されます。


てなわけで、

設定

登録完了!

何てこと無い事なのですが、ここをちゃんと解説してくれるところが無く、苦労しました。
これで、頭の動きに合わせて画面が動くようになります。

ただ、EDTrackerのソフトだけだと、位置表示がずれたりして使いにくい。
そこでopentrackの登場となるわけです。
opentrackにはMAPという機能があり、EDTracker上の頭の動きに合わせた動作を調整する事が出来ます。
EDTrackerのソフトのみでは、上手く動作させられない所を、opentrackを使って微調整するわけです。

これも、以外と情報が少ない!(|||ノ`□´)ノオオオォォォー!!

とりあえず、
どうやったらedtRACKerのアウトプットをゲームに反映させるかは分かりました。

後は・・・

微調整という苦行が待ってます(