サイト内検索を導入しました!過去記事探しにご利用下さい!ヽ(^◇^*)/

って、ある意味自分用・・・( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

Google
WWW を検索 にゅーひぐらしblog内を検索

○○でも出来るポタアン(図解編)

CMOY改回路図

ド素人の池作り奮戦記

グリーン→クリーン化計画


Kindleで小説を出版してみました(笑

AsteropeIII AsteropeII AsteropeI 草原の中の一枚の金貨 X723のテディーベア 幸せのチケット Asterope上巻 Asterope下巻

スケールの大きな事と小さな事2023/03/25 23:14:26

さて・・・


このところは、マンションの基礎が結構動いています。



23日の木曜日に午後休を取って、担当の建築士さんから生コンを流す前の説明を現場で聞きました。

現場

生コンを流す前の状態を見られるのも本日が最後です。

あいにくの雨の中の説明でしたが、翌日は予定通り生コンを流すようです。
まあ、私も苦労して池を作った経験から、コンクリートやモルタルはもの凄く天気が良い日より、曇天ぐらいの方が
良いと理解しています。
何しろコンクリートやモルタルは乾燥するから硬化するのでは無く、化学反応で硬化するからです。
よって、どんどんと水分が抜けてしまうような晴天よりも、ゆっくりと化学反応が進行する曇天とかの方が良いです。
それは建築士さんも「そうです」と仰ってました。
余り天気が良すぎて乾燥が早く進むと亀裂が入ったりするので、曇天ぐらいがちょうど良いとのことでした。


翌日の24日
テレワークで、午前中はずっと根を詰めて仕事してました。
で、14時過ぎ、遅めの昼食時間も兼ねて現場を見に行ってきました。
予定通りなら生コンを流しているはずです。

で、

生コン

思った通り、作業中でした。

ミキサー車が2台停車しており、1台の方は現場敷地に入り、とても高く、長いパイプが現場に伸びているのを確認
多分、あの先端からミキサー内の生コンが出て、基礎に流してるんだろうなぁ・・・と思いながら接近


現場で働く人に声をかけ、許可を貰ったので近づくと、

現場

予想通り、生コンを枠内に流し込んでいました。

作業は午前中の早い段階からやっていたようで、私が到着した時は、もう少しで完了という手前でした。
作業は1人が生コンを枠に流し込み、もう1人はその側で流し込んだ生コンを棒で突きながら、隙間無く生コンが鉄骨の
間に入り込むようにしています。(多分、空気抜きも兼ねてるのかな?)
で、少し離れたところではもう1人の人が表面を平らにならしていました。
作業は凄く丁寧ながら、確実に進んでるといった感じですね。
職人さん達もとても良い人達で、見ていて凄く気持ちいいです。
良い仕事をしてくれてるので、この後ペットボトルのお茶を差し入れましました(笑

今後の予定としては、3日間ほど生コンが固まる状況を見て、問題無さそうなら月曜日にも枠を外すようです。
そしてその後は配管工事をし、余計な部分を土で埋め戻す作業に入るようです。
また、今作業してる基礎部分は結果的に地表面よりも下の部分になるのでこの状態が見れるのもあと僅かです。

結局、鉄筋の建物を建てると、通常は34年間は建物が建ったままの状態になるので、この基礎剥き出し状態をもう一度
目にする機会はずっと先になる。
もしかしたら、私はその頃生きてないので、これが見納めかも知れません(笑

改めて作業する人達を見てると、

なんか、凄い事を始めちゃったんだなぁ・・・

と今更ながらしみじみと実感できました(笑
こんな借金してまで大勝負を挑む個人は、全国でもそんなに多くないんだろうなぁ・・・と(笑


スケールの大きな話の後に、もの凄くスケールの小さな池の話をひとつ・・・

最近、池の真ん中辺に錦鯉と金魚が群れてることが多いのに気付きました。
そして、その辺りには以前に池に沈めた人工の水草がある辺りだと気付いたのです。

水草もどきの自作 ←過去ログ

実際にここで金魚が産卵し、無事に孵った金魚は今も元気に池の中を泳ぎ回っています。
お陰で金魚の数は劇的に増えました(笑
ただ、錦鯉は結局産卵しませんでした。

ところが、このところその水草周辺に錦鯉も集まり、よくよく見ていると、その人工の水草辺りを口で突いたりしています。

これって、もしかして産卵の準備とかしてるのかも?

と思ったので、急遽、新しい水草もどきを制作することにしました。

今回は錦鯉も産卵してくれるように、

もどき制作1

少し幅広目に作ってます。


また、水草をレンガに固定する方法も工夫し、

押さえ

割り箸にPE平テープを通す形にして確実に抜けないようにしました。


で、テープの細かなカスが出ないようによく手でしごき、

洗浄

水草になる部分をよく水で洗い流します。


これで池に沈める準備が出来たので、

設置

前の水草近くに沈めました。

設置後しばらく池を見てましたが、錦鯉が興味を持ったようで、周りを回遊し始めたので、いい感じかな?

これで錦鯉がこの池で生まれてくれたら嬉しいんだけどなぁ・・・
そうすれば、今後は金魚はもちろん、錦鯉も追加で購入することもなくなります。

そうしてこの池で、数世代と続いてくれたら、苦労して池を造った甲斐があるというモノです・・・(笑

ダメなヤツは交換しよう・・・2023/03/21 09:26:49

さて、


今、WBCの日本×メキシコ戦を見ながらコレ書いてます。


やっぱ、佐々木は凄いピッチャーですね。
彼にとって日本国内は狭いでしょうねぇ・・・早い時期にメジャーに挑戦させるべきでしょうね。
21歳でこのマウンドさばきは凄い。度胸は申し分ないでしょう。

奥さんと佐々木について話してましたが、高校時代の投球制限をした監督の判断は正しかったのかどうか?
今の彼の姿を見れば答えは「100%正解」と思います。
高校時代に無茶させて肩壊したりするとその後の野球人生が絶望ですからね。
この逸材を未来に送り出した監督は素直に褒めるべきでしょうね。
まあ、平成の怪物と言われた松坂とかもいますから、高校時代に投げすぎたら絶対ダメかと言えばそうでも無い場合も
ありますけど(笑


さて、実は

殺菌灯

殺菌灯を買い直しました。


2週間ほど前に本格的に2段目、3段目の清掃をし、その時はちゃんと点灯していたのですが、前週管区人した時、点灯
してない事が分かり、濾過槽から外して確認してみましたが、やはり点灯せず。
配線等は問題無さそうなのでインバーターが壊れたか、殺菌灯自体が壊れたようです。
簡単に直りそうもないし、そもそも約1年ほどずっと24時間点灯しっぱなしにしてましたから、まさそろそろ寿命だと再購入
する事にしました。
まあ、年間で考えればそれ程高い投資でも無いですしね。


しかし、思ったよりも長かった・・・(笑

長い

斜めにしないと入りませんでした(笑

まあ、入ったから良かった・・・
「大は小を兼ねるだろ」とか、「照射部分が多い方が効果的だろう」とか購入前は思ってましたけど、危なかった(笑


まあ、何とか・・・

稼働

稼働させられました。

昼間は少し暖かくなり、水が少し緑色に濁ってきたので・・・


あっ、佐々木が3ラン打たれちゃった・・・やっぱ、球速が速くてもそれだけでは通用しない・・・いい勉強になれば・・・


さて、最近は私も奥さんも運動不足なので、土日のどちらかはマンション建設現場まで歩くようにしてます。
先週は土曜日が終日雨だったので、日曜日にお墓参りとマンション建設現場を回りました。


で、

現場

現在の状況はこんな感じです。

先週、基礎コンクリートの上に丁寧に鉄骨を組んでいましたが、それがほぼ完了したようです。

後はここに生コンを流し込み、固まれば基礎は完成でしょう。
この後は工場で既に組んである状態の鉄骨を基礎の上に組んでいけば、一気に建物の形が現れると思います。

それにしても、しっかりと鉄骨を組んでますねぇ・・・素晴らしい技術で本当に安心できます。
これなら手抜きとか一切無い感じで、とても好感が持てます。

今週末に生コンを流すようなので、その前に現場確認をお願いしますと東建の担当さんからメールが来ました。
ちゃんと仕事してるからそう言ってきたのか、そう言うモノなのかは知りませんが・・・(笑

まあ、草ボウボウで何も無かった更地がどんどん変わって付く姿を見るのは楽しいです。


さて、2-アウト1-3塁だけど、村上打てるかなぁ・・・

ダメだった・・・バットは振らなきゃ当たらないよ・・・村上・・・


PS.

まさか、9回裏に逆転するとは思わなかった・・・
しかも逆転タイムリーは村上だと!?

しかし、メキシコは強かったなぁ・・・

WF-1000XM4が修理から戻ってきました2023/03/12 23:49:30

さて・・・


修理依頼していたWF-1000XM4が本日到着しました。

荷物

凄く仰々しい段ボールに、ちょこんと・・・(笑


プチプチに包まれていたモノは・・・

中身

WF-1000XM4とイヤーピース

最初は自分が修理依頼した時のモノかなと思ったのですが、どっちも新品ぽいです。
それにしても、これだけを送るのに、あの段ボールサイズは要らんだろ・・・(笑


ケースを開けてイヤフォン本体を取り出してみる。

本体

すごくキレイなので、多分、新品です。

実はこのWF-1000XM4は形状が丸っこくて指で摘まみにくいのと、ケースの磁力が強めなので、本体を取り出す時、
指が滑って本体を床に何度も落としまくっていました。
よって大きな傷こそはありませんでしたが、ちょっとした小傷はあったはずですが、送られてきた本体は超キレイ。


で、箱に同封されていた請求明細書を見ると・・・

明細

イヤフォン本体は状態「不良」で「交換」となっていました。

やはり、バッテリーのセルに問題があったのでしょうねぇ・・・
で、分解してセルを交換する手間を掛けるなら、新品交換の方が早いと判断された感じです。
請求明細書にはケース交換の表記はないので、元からのモノなのかも知れませんが、ケースは新品当時から保護
ケースに入れていたので、こっちは元々新品同様ですから、もしかしたらケースは元のままなのかもしれません。

まあ、ケースには不具合なんてありませんでしたから全然問題ありません。

費用も修理・送料込みで0円でした。
このWF-1000XM4はソニーストアで買った物なので、もしかしたら3年保証とかだったのかな?
これからSONY製品はソニーストアで購入した方が良いかも・・・と思いました。


さて、ケースはさておきイヤフォン本体は新品に交換されてしまったのでZX-300のペアリング情報は削除して、再度
設定し直しましたが、ペアリングの方法とかすっかり忘れていたのでちょっと苦労しました・・・
両耳に本体を装着して、両側のタッチセンサーを同時に5秒長押ししないとペアリング待機状態にとか、すっかり忘れ
てたし・・・(笑

で、ペアリングが出来ても、接続が「SBC」となる・・・
何で「LDAC」接続にならないのか混乱しましたが、これはスマホのHeadphonesアプリ上から設定してあげないといけ
ないとか・・・これも完全に忘れてた・・・(笑

何とかZX-300とWF-1000XM4をLDACでペアリングさせて、早速音楽を聴いてみます。

で、このWF-1000XM4の素性は良好で、とても驚いた購入当時を思い出しました。
最初はちょっとシャリシャリし、メリハリも効いた音なので、ちょっと私の耳には耳障りなのですが、素の音質は素直で
とても良く、また、2時間ほど鳴らし続けると少し音が落ち着いてきます。

まずは20時間ほど鳴らし、最終的に100時間以上ドライバーを動かせば、音質も落ち着いてくると思われます。
音質そのものはバランス接続のXBA-N3の方が一枚上ですが、有線の煩わしさが無いBluetoothはやはり良いですね。
外で手軽に音楽を聴くならBluetoothだと思います。

何にせよ、今まで1時間もしないうちにバッテリーが切れる状態から解放され、思い切って修理依頼して良かった・・・
通勤時はこのWF-1000XM4が再度活躍してくれることでしょう。


さて、池の方ですがまだ水温はそれほど上がってないとは思いますが、鯉も金魚も元気に泳ぎ回り、エサも食べるよう
になってきたので、本格的に環境を冬モードから春夏秋モードに切り替えることにしました。


で、暫くの間ちゃんと稼働させてなかった・・・

クリーナー

ウォータークリーナーを本格的に清掃して稼働させました。


また同時に、

濾過器

濾過器も冬の間の泥とかを大量に吸い取っていたのでフィルター交換。

これで2台フル稼働状態。

最初はちょっと池に水流を作るのは早すぎたかな? とも思いましたが、魚たちが2台の近くに集まってきてるので、
問題ないかな? って感じです。
もう少し暖かくなったら池の底に堪った落ち葉とかをキレイにしないとなぁ・・・

何のかんのと、生体を飼い始めると大変です・・・