サイト内検索を導入しました!過去記事探しにご利用下さい!ヽ(^◇^*)/

って、ある意味自分用・・・( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

Google
WWW を検索 にゅーひぐらしblog内を検索

○○でも出来るポタアン(図解編)

CMOY改回路図

Kindle本、出版しちゃいました(笑

下巻は現在、執筆中です。

順調に遅れております(笑

予定では2017年4月上旬頃までには・・・

CHUWI Hi10 PLUSのデジタイザ交換修理と小説の加筆2017/03/20 19:57:49

さて・・・
正確には昨日実施しましたが・・・


CHUWI Hi10 PLUSのデジタイザ交換を実施してみました。


てなわけで・・・



中国からデジタイザの部品到着!

梱包が完璧でした(笑
デジタイザはとても割れやすい部品です。
よって、エアクッションで巻いた程度で送られた場合、ちょっとしたショックで割れてしまう可能性もありますが、
今回は発泡素材の中に入った状態で送られてきました。
この状態ですと、輸送中に多少他の荷物とぶつかっても安心です。


実際に・・・

中身

中身は無事でした(笑

発泡で囲まれた上に、デジタイザ自身もエアクッションに入っていて、梱包は本当に完璧。
ちょっと前のDXなどはエアクッションのみの梱包が梱包が多かったので、よく中身が割れていたりしましたが、
今はそんな事は無くなりました。

てなわけで、
早速、CHUWI Hi10 PLUSのデジタイザ交換にトライしてみます。


まずは・・・

準備

デジタイザが割れた本体を分解しなければなりません。


そこで活躍するのが・・・

こじ開け

こじ開けセット!

これは、今回の件とは別に、たまたまAliexpressを見ていたら、1200円程で売っていたので買っていた物です。
最近のデバイスはいわゆる「爪」で裏蓋がくっついてる場合が多く、こういった「こじ開け」が必要になります。
私も持っていますが、基本はプラスティックで出来てますので、何度か使ううちに先がダメになったります。
そこで、新しいセットを買ってみたわけです。
それにコレには、液晶面を外すための吸盤式のグリップも入っているので、実はコレが何となく欲しかった・・・(笑


では早速、裏蓋を外す作業に入ります。

ネジ

まずは、側面4カ所に付いている星形ネジを外します。


次に、

こじ開け

隙間にこじ開けを差し込んで、爪の部分を外して行きます。


で、

裏蓋

裏蓋取り外し、完了!


ここから、完全にバラすと面倒くさいので・・・

分離

液晶面と基板だけを残し、デジタイザが付いた外回りの部分だけ分離します。


で、

引きはがし

外側のガイドに両面テープで張り付いる、割れたデジタイザを力業で引きはがします(笑

もう、割れていて再利用不可な部品ですので、割れようが構わずにバキバキッと・・・(笑
ガイドの部分はこの後使用するので、こちらは壊れないように剥がします。


で、引きはがしが終わったら・・・

除去

ガイドの部分に残った両面テープの残りかすを、無水アルコールを使って丁寧に除去します。

ここは丁寧にやりましょう。
何故なら、交換後に残った糊によって、綺麗に仕上がらなくなる可能性があるからです。


でなわけで・・・

デジタイザ

外したデジタイザーです。

割れても構わない部品なので、外しやすいように、敢えて割りながら作業しましたが、この部品、本当に割れやすいです。
ちょっとしたショックで簡単に割れてしまうので、タブレットの液晶面の取り扱いには本当に注意です。
高級機などには硬度の高いガラスなども使われていますが、安物タブレットはやはりこういった所が安い所以です(笑


さて、
後は分解と逆の手順で組み立てて行けば作業完了です。


で、

完了

無事、直りました(笑

写真はテストでCHUWI Hi10 PLUSにてStreaming再生をしているところです。
タップも全画面で出来るようになりましたし、動作は問題無いようです。

てなわけで、
多少の慎重さは必要ですが、タブレットのデジタイザ交換は決して難しくありません。
液晶面が割れてしまったタブレットを持ってる人は、新しいモノを買う前に挑戦してみると良いかも知れません。
上手くいけば、2,000円ちょっとで修理できますよ。


さて、
小説の進行状況です。

昨日と、本日の昼間に小説をちょこまかと加筆し、やっと第七章まで書き終えました・・・
しかし、第七章までとはいえ、実は既に上巻のページ数を超えていたりします(笑

これから起承転結の「転」と「結」に向けた第八章と最終章(予定)の第九章を書く予定です。

自分の書きたかった事をぎゅぎゅう詰めにしてるので、結構大変です(笑
一生懸命、自分の文章力内に内容を押し込んでるはずが、横からはみ出したり・・・(笑
しかも、SF小説のハズなのに、あまりSFらしくないという・・・(笑

とりあえず、発刊予定に向けて頑張ります・・・<(_ _)>

GPD Winはやっぱカワイイかも・・・(笑2017/03/19 01:16:10

さて・・・


かなーり今更ながらなのですが・・・


streamingにハマってます(笑


で、
Nvidia SHELD PortableでPCSX2のストリーム再生をやったら、思いの外結果が良かったので、この環境を何とか
他のデバイスに移植できないモノか?
等と考えていたら、そういうモノが既にある事に、今更ながら気づきました・・・(笑


てなわけで、キーワードは・・・


Moonlight Game Streaming ←


これは、Nvidiaのストリーミング環境と同じような事をやってしまうアプリです。
しかも、マルチプラットホーム対応!


てなわけで、
まずはXpera Z4 TabletにMoonlight Game Streamingをインストールしてみました。

Android ←

iOS ←


てなわけで、
Xperia Z4 tabletにMoonlight Game Streamingをインストールし、起動すると、母艦PCを検索してくれます。

設定1

母艦PCが見つかったら、タップします。


すると・・・

設定2

Android側の画面に4桁の数字がでて、母艦PCにはその4桁の数字を入れる画面が出てきます。

これで、ストリーミング再生する端末側と母艦PCがペアリングされます。


すると、自動で・・・

設定3

Geforce Experienceに登録されたゲームが端末側にでます。

しかし、これは私の環境だけなのかも知れませんが、Steamゲームのアイコン風壁紙はロードされませんでした。
※それでも、そのゲームを選択すれば、起動は可能です。


さて、
上の写真にもある通り、Moonlight Game Streamingを使えば、いとも簡単に端末と母艦PCのペアリングが出来ますが、
問題はそのゲームを操作するコントローラーです。
そこで私はPS4のコントローラーを使う事にしました。

PS4コントローラーはPCとBluetoothでペアリングできます。

やり方は簡単。
①母艦PC側にBluetoothのペアリングできる環境を整えます。
②PS4コントローラーの「PS」ボタンと「SHARE」ボタンを同時に長押しします。
③コントローラーの全面の部分が白く点滅したら、母艦PCのBluetooth画面でPS4コントローラーをペアリングします。

これで、完了です。
これで、PS4コントローラーは母艦PCのコントローラーとして認識されましたので、後は動かしたいゲームやエミュ
レーターのコントローラーのキーコンフィグをして上げれば、ストリーミングした画面を見ながらゲームが出来ます。

てなわけで、
Xperia Z4 Tabletは腐ってもスナップドラゴン搭載機ですから、以外とちゃんと動きました。

ただ、問題が一つ!

ストリーミング画面はWi-Fiで母艦PCと繋がっているので、Wi-Fi環境下なら何処でも使えます。
しかし、PS4コントローラーは母艦PCとBluetoothで接続されているので、多分、10mぐらい母艦PCから離れるとペアリング
か切れてしまう可能性があります。

よって、母艦PCの近くでなら遊べます(笑

しかし、これなら母艦PCで直接ゲームをすれば最高に快適な環境でゲームが出来るわけですので、わざわざMoonlight
Game Streamingを使ってストリーミングさせる必要がありません。

そこで、うーんと考えます。
Wi-Fi環境を持ちつつ、コントローラーも内蔵されてる端末は・・・あっ!


GPD Winじゃん!(笑


てなわけで、
GPD Winなら家庭内ストリーミングをするのに必要な条件を持っている事に気づきました。
しかし、GPD WinはWindowsマシンです。
そこで、本家のホームページに行くと・・・

Download ←

あった!

てなわけで、Windows、Linux、OSXの場合はJAVAで動かす環境になりますが、ちゃんとありました。
そこで・・・

①Moonlight PC v0.7.5のmoonlight-win32.jarをDownloadします。
 ※GPD Winの場合は、64bit版は上手く起動できないみたい・・・
②次に、JAVA本体をインストールします。(32bit版、64bit版両方を入れる。)

後は、moonlight-win32.jarをダブルクリックすれば、起動します。

画面は簡易になってますが、やる事は一緒で、GPD Win側から母艦PCとのペアリングを事項します。


で、ペアリングが完了すると・・・

選択

Geforce Experienceに登録されたゲームを選択、起動できるようになります。


で、
PCSX2が無事起動できたら、ゲームを起動せずに、まずはコントローラーのキーコンフィグを実施します。


私は、GPD Winの真ん中にあるコントローラーの切り替えスイッチを一番右のxinputに合わせました。
その上で、PCSX2のコントローラー設定を実施します。

設定1

「General」タブの設定はこんな感じです。


で、次にGPD Winのコントローラーのキーマッピング作業をします。

設定2

これで、当て込み完了!


後はPCSX2でゲームを起動すると・・・

GPD1

ゲーム画面キタ━━━(゚∀゚).━━━!!!

ってなります。
GPD Winも一応、Atomの最新CPU搭載機ですから、直接起動すると辛いですが、ストリーミングならサクサク動きます。


また、キーマップがちゃんと設定できてれば・・・

GPD2

GPD Winのコントローラーで画面を問題無く操作できます。


てなわけで、
試しに起動したDQ8は何の問題も無く遊べるレベルで再生されました。


なんか・・・


急に、GPD Winが可愛く見えてくる不思議・・・(笑


追記:

Geforce ExperienceでSHELD PCストリーミングを実施するには以下の条件が必要になります。

・OSがWindows7,8,8.1,10である事

・ディスクに空き容量が20MB以上ある事

・RAMが2GB以上ある事

・GeforceGTXクラスの1080,1070,1060,1050,1050Ti,TITAN X,900,700,600,900M,800M,700M,SELECT600M SERIES
 GPUが搭載されているビデオカードがPCに入ってる事

・CPUがIntel Pentium G シリーズ、Core 2 Duo、Quad Core i3、i5、i7 以降またはAMD Phenom II、
 Athlon II、Phenom X4、FX 以降である事

になります。
詳細は システム要件 をご参照下さい。

ストリーミング再生には意外と条件がある事を記入し忘れました・・・
自分のPCは古いですが、CPUがi7でビデオカードはGTX960に交換済みでしたので、全く気にしていませんでした・・・

後先を考えるのは、かなり大切です(笑2017/03/15 23:02:22

さて・・・


私は今、デバイス2台を前にして頭を悩ましています・・・(笑


私の目の前にあるデバイスはこれ・・・

デバイス

GPD WinとNvidia SHIELD portable・・・(笑


GPD Winの方は、とりあえずWindows10周りの設定を終え、本格的な運用をすべくSteamやエミュレーターのゲームを
移行している最中ですが、PS2やGCのエミュレーターがGPD Win上では思ったより動きませんでした。

正確に書くなら、起動はするし、ゲームも遊べなくは無いです。
ただ、処理が重いシーンになると急にゲームがノロノロになります・・・


GPD Winなら、私の望みを叶えてくれる・・・


そう、信じて購入したわけですが・・・


さて、
では何故に、Nvidia SHIELD portableを目の前にしてるかと言えば、本日久々にNvidia SHIELD portableを充電し、
SHIELDが得意としているストリーミングをマジメに構築してみたからです。

Nvidia SHIELDシリーズは母艦PCでNvidiaのビデオカードを使い、Geforce Experienceにゲームを登録すると、それを
Nvidia SHIELD製品側にストリーミングさせる事が出来ます。
これは、Steamのゲームを意識した作りとなっていますが、実は他のプログラムも手動で当て込む事が可能です。

そこで、GPD Win側では満足のいく動きにならなかったPCSX2を、母艦PCで起動させた上で、Nvidia SHIELD portableに
ストリーミングで送り込んでみました。
その上で、PCSX2のコントローラー周りはNvidia SHIELD portableのコントローラーで動くようにキーマッピング済みです。

その上で、動画を撮りましたので、公開します。



まあ、当たり前と言っちゃ当たり前なのですが、母艦PCの画面をNvidia SHIELD portableに映してるわけですので、母艦PC
がそれなりのスペックであれば、サクサクと動きます。

ただ、この場合は、家庭内のWi-Fi環境内、つまりストリーミングできる環境内という制限が付きます。
別段、外でもリモートで出来ない事も無いのかも知れませんが、スピードが出ない上に、母艦PCはスイッチを入れっぱと
いう条件をクリアしなければなりません。

よって、現実的には家庭内無線LAN上でのみ可能な方法という事になるかと思います。

しかし、
外でそれほどゲームをやらず、自宅内でちょこちょこ遊ぶ程度のライトユーザーなら十分にアリではないでしょうか?
特に、せろおさんのような使用環境なら・・・(笑


てなわけで、
PS2やGC等々の重いゲームはNvidia SHIELD portableを使って家庭内で遊ぶとして、GPD Win側には何をさせるべきか?
そこで、うーんと詰まり、上の写真の状態になったわけです(笑

現在、GPD WinにはRetroAechを入れて、軽めの昔のレトロゲーを入れました。
後は、PC-9801エミュレーター周りですね。
そして、Steamもトライしましたが、SKYRIMはさすがにサクサクとは動きませんね・・・(笑

よって・・・

128GBもメモリー要らなかった・・・(笑

とりあえず、余った領域には動画でも入れて埋めます・・・(笑


さて、
需要があるかは分かりませんが、Geforce Experience用に使う画像を作ったので貼っておきます。

PCSX2

Doliphin

欲しい人は、ご自由にどうぞ・・・(笑


さて、最後・・・

GPD Winもそうですが、Nvidia SHIELD portableも裏側に、充電用のUSBポートとHDMI miniのポートが並んでします。
特に、GPD Winは充電用がType-CとなりHDMi miniと形状が似ています。
私は今まで間違ってケーブルを突っ込んだ事はありませんが、ぼーっとしてる時に作業すると間違って違う方にケーブル
を突っ込んでしまう可能性も0%ではありませんので、一応・・・

保護キャップ

HDMI mini用の保護キャップを買ってみました。

これをかぶせておけば、間違ってゲーブルを突っ込んでしまう事もないし、HDMI miniポートにホコリの侵入も防げるので
まあ処理して置いてそんは無いと思ったからです。


まあ・・・


買って数日なのに、GPD Winにちょっと飽き始めてたりするんですが・・・(笑


そういえば、小説全然進んでません・・・
今週末の3連休で真剣に書きます・・・

4月頭には発刊しますので、お待ちの人は、もう少々お待ち下さい<(_ _)>


まあ、待ってる人居ないと思うけどね・・・(笑


PS.

PCSX2でゲームを起動させる場合、PS2のBIOSが必要となります。
吸い出し方法は過去ログをご参照下さい。

過去ログ ←

まあ、私もメモカブートとか、SWAPMAGICとか、既に記憶の彼方ですが・・・(笑