サイト内検索を導入しました!過去記事探しにご利用下さい!ヽ(^◇^*)/

って、ある意味自分用・・・( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

Google
WWW を検索 にゅーひぐらしblog内を検索

○○でも出来るポタアン(図解編)

CMOY改回路図

ド素人の池作り奮戦記

グリーン→クリーン化計画


Kindleで小説を出版してみました(笑

AsteropeIII AsteropeII AsteropeI 草原の中の一枚の金貨 X723のテディーベア 幸せのチケット Asterope上巻 Asterope下巻

人によって音楽のサブスクは価値があります。2024/02/24 18:58:31

さて・・・


久々に連投です・・・(笑


久々にこのblogらしいネタで興奮状態のまま勢いで書いてます(笑


さて最近の私の仕事の中心はテレワークです。
会議はWebで実施し、仕事の大半はPC上で実施可能な為、出社しなくても済んでしまうからです。

また、私は基本的に音楽を聴くのが好きで、集中して作業をしてる時は音楽をBGM代わりに流していた方が集中力
が目に見えてアップする体質です。
よって、会社の机に座って黙々と作業をするよりも、部屋で作業をしてる方が成果が上がるタイプなのです。

さて、テレワークってのは自宅で仕事が出来るので楽だと思いがちですが、意外とそうではありません。
例えば会社なら周りに上司もいれば同期も後輩もいます。
そして業務はそんな同じ職場の社員と仕事内容を摺り合わせしたり、困ってる部分を相談したり、また相談されたり
しながら進行します。
つまり社内で社員同士協力し合いながら、時にはバカ話をしながら仕事をするので相手のことがよく分かります。
だから、その人の仕事ぶりは上司にも同期にも後輩にも見られてるので、自然に評価が付きます。

ところがテレワークの場合は部屋で一人で仕事している関係で、Web会議を除けばその人がどんなことをしてるの
か見ることは出来ません。
もしかしたら遊んでるかも知れませんし、寝てるかも知れません。
では、どうやってその人を評価するかですが、それは「成果物で確認する」ってのが判断基準になります。

与えられた業務を期限内に、しかも期待値以上の物に仕上げているか?

これが査定基準になり、人となりとか、他社員との協調性とか一切関係ありません。
つまりテレワークは純粋に「業務遂行のスキル」のみで判断される業務形態なのです。

よって、満員電車での通勤から解放される反面、仕事の精度はより完璧を求められるので、集中するときは数時
間もぶっ続けで作業をしないと終わらない内容もしばしばあります。

朝の7時には会社PCのスイッチを入れ、そのまま昼も忘れて作業に没頭し、一段落付いて「腹減ったなぁ・・・」と
思い時計を見ると15時過ぎだったなんて事もあります。

つまりテレワークってのは上司や同僚の目がないからこそ、自らを律しないとあっという間に奈落の底です。
よって意志の弱い人や、仕事の専門性が低い業務の人、自身のスキルが低い人にはお勧めしません。

どうです?
一見、サラリーマンにとって理想とも思えるテレワークは実はサラリーマンにとって一番難しい業務形態なのです。


前置きが長くなりましたが、そんなわけで私は集中しなければならない時は特に、音楽を流しながら作業をする事
が多く、その時は自分のPCに入れている音楽をPCスピーカーで流しています。

しかし、昨日ふと・・・

お気に入りのSONY WH-1000XM5(ヘッドフォン)で音楽聴いたら気持ちいいけど、再生環境がWalkmanだと色々め
んどいからWin11とBluetoothでペアリングして・・・とか考えたわけですが、そこで問題なのはコーディック。

Win11のBluetoothコーディック関係を調べてみると、SBC、aptX、AACのようです。
しかし、私のようなSONY信者が大好きなLDACには非対応。

せっかくPCとペアリングしてもLDACが使えないならわざわざヘッドフォンと無線接続せず、そのままスピーカーで聴
いてる方がマシなので、この案は見送ろうと思った時、WindowsにLDACのコーディックを加えるドライバーの存在を
知りました。

A2DP Driver ←

これはWindowsのコーディックにLDACを追加してくれるドライバーです。

これはいい!

と早速Downloadして・・・

A2DP

インストします。

尚、このドライバーは有償です。
気に入ったら買ってね。っていういわゆるシェアウェアってやつです。


で、早速インストして、WH-1000XM5とペアリングすると、ちゃんとコーディックにLDACを選択できます。
また設定を弄って分かったのですが・・・

設定画面

赤丸部分のチェックを外すと、ビットレートが最高の990kbpsになります!(チェックすると660kbpsになる)

これはWalkmanの最高転送と同じで、かなりの高クオリティーで音楽をヘッドフォンに送ることが出来ます。
しかもサンプリング周波数が96kHzで、ビット解像度が24bitですから、いわゆる「ハイレゾ音源」です。

ただ、ハイレゾは転送する情報量が桁違いに多くなりますので、かなりBluetooth転送の環境が整っていないと、
音飛びが頻繁に発生して快適に音楽を聴いているような状態ではなくなるので、かなりシビアです。

幸い私のマザボはBluetooth内蔵で、しかもWi-Fi共通のアンテナも付属しているので、ほぼ問題なし!
ちなみに音楽を再生しながら5m程先のトイレに行っても音飛びしなかった。
音も悪くありません。


こりゃ、買うしかねーな!


と、試用版を落として30分も経たないうちに・・・

ライセンス

ライセンス購入!(笑

ちなみにLDACだけだと、980円です。
しかもPayPal支払いが出来るので安心です。

ちなみにAACもオプション追加で購入できますが、私はAACなんて要らん!
ちなみにAACは主にiPhone等で使われているコーディックです。
AACで音楽転送するならiTunesでiPhoneに音楽入れて聴けば良いので、わざわざ追加料金払ってPCにAACを入れ
る必要なんて皆無です。
もっとも、LDAC対応の機種を持ってない人で、aptXが嫌いな人はAACも選択に入れても良いと思います(笑


とにかく、WindowsPCとWH-1000XM5をLDACでペアリングする環境は整いました。
後はペアリングして、PC上で音楽を再生すればハイレゾ転送で音楽が聴けるわけです。

ただ、まあご存じだとは思いますが、PC内の音楽ファイルが256kbpsのMP3とかの圧縮音源の場合は、LDACの
ハイレゾ環境で音楽を転送しても意味がありません。(たった一人の客をリムジンバスで送迎するくらい無駄)
LDACは元の音質が高い場合のみ効果が発揮されるコーディックからです。


さて、コーディック環境は整いました。
後は可逆圧縮したFLACファイルをSONYのMusic Centerといったプレーヤーで再生すれば、高音質な音楽を好き
放題聴けますが、これらの音楽は普段から聞き慣れてる物ばかりで、たまには違う音楽も聴いてみたくなります。
そこで登場するのが、ストリーミングのサブスク。

音楽のサブスクには複数の企業が参入しています。
よく知られている代表的なものでは、Apple Music、amazon Music、Spotifyなどが有名です。
値段もほぼほぼ横並びで、大体が月980円~1,080円って所が多く、登録曲数も1億曲以上と殆ど一緒です。
よって、後は好みの問題ともいえるわけですが、私が拘るのはやはり音質です(笑

さて、一見同じように見える音楽のサブスクですが、音質をみると各社で若干の違いがあります。
上に上げた代表的な3社の音質は以下の通りです。

・Apple Music → 2556kbps、ロスレス・ハイレゾ音源
・amazon Music Unlimited → 256kbps、ロスレス・ハイレゾ音源
・Spotify → 最大320kbps

となっています。
一見、Appleとamazonは同じと思いますが、Appleは主にApple製品での再生が前提とされており、その転送方式
はAACがメインとなります。
一方、amazonはそういった決まりがありません。
Spotifyは最大320kbpsのみで、2社よりも音質的に劣ってるようにも見えますが、実際は320kbpsで圧縮された
音楽と、WAVの生音源を比較しても確実に違いの分かる人はかなり少数です。
私は空間に消えてゆくピアノの音とかでしか明確に区別できません。
通常の音楽が鳴ってる部分での違いを私の耳では認識できません。

よって320kbpsであれば必要十分で、一般的なコーディックであるAACやaptXで再生するならこれで十分です。
ちなみに、上記3社以外のサブスク会社も最大320kbpsがほとんどです。

なぜ、音質をもっと上げないのかというと、それには明確な理由があります。
通常、サブスクで音楽を再生するときはストリーミング再生なので、常に音楽サーバーからデータを再生器機に
送信し続けています。
そして、音質(ビットレート)が高くなると、より多くのデータを送信する必要があるので、外で音楽を聴く場合、
それはパケット通信として消費されます。
通常のMP3といった非可逆圧縮音源の場合は、256kbpsで一曲あたり大体3~4MBですが、同じ曲をロスレス
といった可逆圧縮にすると、大体50~80MBと約10倍以上になります。
同じ一曲の音楽を聴くのに、ロスレスだと10倍のパケット通信を使用することになります。

つまり、高音質の音楽を外で愉しむと、あっという間にパケット上限に達してしまいます。
こうなると利用もへったくれも無いので、多少音質を落としても、ビットレートを下げて軽くするわけです。
それでも最大320kbpsという数字は、外でストリーミング音楽を聴く環境としては結構贅沢な部類です。

しかし、私の場合は事情が違います。
私の場合は、LDACを使って高音質の音楽を室内のNET環境の中で使用することが前提ですから、ビットレート
をなるべく高く設定したいわけです。
だって、自分のNET環境ならデータ量が膨大でも追加料金は0円ですから。

で、数ある音楽サブスクの中で気になったのが、

amazon

amazon music prime

私はプライム会員ですから、amazon musicを無料で利用できるからです。
で、早速amazon musicに入ってLDAC転送のWH-1000XM5で音楽を聴いてみると・・・


うーん・・・音がこもり気味で・・・この程度の音質なら利用したくない・・・


って音質でした。
で、設定画面の音質の部分を見てみると、「標準」以外選択できないようになっていました。
つまりロスレス音源はUnlimitedに加入しろという事です。

まあ、そこまでして追加で月1,000円程払うのもどうかな・・・割り切れば意外と音楽は聴ける程度だし・・・

と再生音を聞きながら思っていたのですが、一曲が終わり、次の曲に行くと再生順が変!
アルバムの順番に再生されないどころか、いきなり違うアーティストの音楽に飛ぶ超シャッフル!

ナニコレ?

と調べると、プライムでは基本的に音楽は全てシャッフル再生しか選択できず、アーティストすら固定されません。
全て「似たような音楽」でシャッフルされるので、訳わかめ状態になるカオスっぷりです。

要は、アルバムの曲順に音楽を聴きたい、または高音質のロスレスで音楽を聴きたかったらUnlimitedに登録し
ろというわけです。

どうしようかと迷いましたが・・・3ヶ月無料だし・・・嫌なら有料前に解約すれば良いし・・・と、

Unlimitedに登録(笑

実はこれ、最強!

unlimitedにすると、音質が選択できるようになり、

音質

HD/Hi-Resが選択できるようになります

つまりハイレゾ音源が聴き放題!
そして、その音質は至宝・・・

Ultra HD

やばい、完全に填まった! いい音過ぎる!(笑

しかもサブスクのよいところは最新の音楽も、気になったアーティストの音楽も気軽に聴ける点です。
これまでは好きなアーティストのCDをリッピングして聴くのが当たり前でしたが、サブスクはそんな環境を簡単に
超えます。

例えるなら、CDショップの棚に並んでいる商品を気軽に開封し、好きに試聴してるのと一緒

そういった音楽好きにはこれ以上無い至宝の環境が月々1,000円程度で入手できるわけです。

いや、マジやばい・・・今までやってなかったのがアホみたい・・・(笑

流石にLDACの最高転送環境でハイレゾ音源を聴くと、音飛び皆無ってワケにもいきませんが、今のところ私の
環境ではほとんど音飛びがしないので快適。

それと、作業用BGMはアップテンポの曲が多いアニソンが意外と良いことも分かったし、水樹奈々さんが歌が
めちゃ上手いことも分かった・・・
今までは単なる歌が歌える声優程度としか認識してなかったので、ちゃんと聴いたこと無かったのですが、今は
彼女のアルバムをUnlimitedで追っかけまくってます(笑

こういう、新たなアーティスト発掘の場という点でもサブスクは優れていますね。


てなわけで・・・

WH-1000XM5

WH-1000XM5を室内で活用する環境が整いました。

昨日は結局5時間ぐらい音楽聴きっぱなしで耳たぶが痛くなった・・・(笑

マンション名とデザインを公開します。2024/02/23 12:47:35

さて・・・


今週末から実施しようと思っているマンションの掃除


その為には掃除道具が必要ということで、現時点で考えられる物を買ってみました。

まずはコレ、

掃除機とモップ

コードレス掃除機とモップ

掃除機は各階の雨水を流す溝に溜まる砂埃などを吸い取るためです。
そんな用途なので、ダイソンとか高級なコードレス掃除機ではなく、一年も持てば上等と安い中華製です。
モップの方は通路などを水洗い掃除した時の水分を取り除くのに購入してみました。


それと、

ホウキ

cottoncoroさんお勧めの千吉 伸縮式園芸ホーキ

奥さんと二人で手分けして掃除する予定なのでこれは2本購入しました。
まだ使ってませんが穂の部分がちょっと固めのプラスティックで出来ていて、溝に詰まったゴミを掻き出すのに優れて
いそうな感じです。


また、

電動モップ

電動モップも購入

これは玄関やエントランスの石畳の汚れを落とすために買ってみました。
それ以外には、バケツや雑巾、作業用手袋などが必要ですが、こっちはダイソーで買えば良いと考えてます。


まあ、そんなこんなで・・・

掃除道具

色々買ってみました(笑

後は実際に清掃してみて必要な物とかを都度揃えてゆく予定です。


さて、コメント欄でミノッキオさんに返答したマンション名の件です。
これまでは、部屋が満室になるまでマンション名は敢えて伏せていました。
これは不動産屋に悪戯な問い合わせとかが入り、余計な手間と迷惑をかけたくないという判断からです。
しかし、現在は満室になっていますので、そういった事もゼロとは言いませんが、まあ少なく無ったっだろうと
公開します。


通常、マンション名というのは、建物が完成する3ヶ月前まで頃に決定する事項で、実は意外と余裕があります。
また、マンションの看板には建設会社が持っている幾つかのパターンがありますが、絶対にそこから選択しなけ
ればならない物でもありません。
極端に言えば、コストセーブのために看板を付けなくてもOKです。
ただコレだと、宅配便屋さんや郵便屋さんが困ってしまうので、最低限のプレートだけは表示するのが一般的。

この辺りは当然、費用とも関連してくる部分ですから、あまりコストをかけないのが普通って気がします。
ただ私は、この入口にはとても拘ります(笑

玄関口や入口ってのは建物の「顔」でここはやっぱり手を抜きたくないからです。
ただ、拘れば拘るほど費用も高額になるので、どこかで折り合いを付けなければなりません。

私は夜、文字が浮き上がるように見えるバックライト文字を最初は考えましたが、金額が高いので諦めました。
ただ、デザインだけは妥協したくなかったので、そこは最後まで拘りました(笑


さて、マンション名はどのように付けるべきか?


コレには全く法則性などありません。
マンション名とデザインはどのようにしようがオーナーの自由です。

また名前に拘りがあまりない人用に、建築会社が様々な言語で、よさげな単語一覧を持っており、そこから選択
する事も出来ます。
ただ問題は、似通った名前が同じエリアにあったり、ありきたりなどこにでもあるような名前だったりすると、住人
よりも不動産屋の印象に残らず覚えて貰えないという問題があります。
また、カッコイイからと凄く長い名前とか、発音しにくい名前なんてのも同じ理由で避けた方が良いようです。

ウチの家族もそういった事を考慮しなから色々な案を出し合いました。
息子はオンラインゲーの影響か、何も考えてないのかAPEXとか言うし・・・奥さんはフランス語とか一般人は読め
ないような言葉を出すし、私は私で自分の小説のAsteropeとかギリシャ神話に出てくるような名前考えたりで、
家族全員、全然ダメダメ・・・(笑

そんなわけで、マンション名が決まらない日々が続いたわけです。
でも、マンション名は一度付けると、普通はずっとそのままなので適当に付ける訳にもいきません。

そんな時、奥さんが娘の名前に使っている一文字の「月」と息子の名前に使ってる「星」を組合せてはどうかと提案。
「それで行こう!」って事になりましたが、月は英語でMOONで星はSTAR
そのままではムーンスターで、これじゃ月星シューズじゃん・・・
でフランス語にしたら、何がなんだかサッパリ訳わかめ・・・

その後、月をそのままMOONせずに、三日月(クレセント)にすれば?

という事になり、マンション名は「クレセントスター」で決定しました。
しかし、これをただ単にカタカナ名だけではデザインもへったくれもありません。
そこで私の方でこの名称のデザインを作り始めました。


前置きが長くなりましたが、これからマンションの看板が出来上がってゆく行程と共に、マンション名のデザイン
を公開しようと思います。


まず、年末に・・・

基礎

入口看板の基礎をブロックで作ります。

この形状も私の方で事前にデザインして、その図面を施工屋さんに渡しています。


で、

造作

周りには石壁風の凸凹プレートに、真ん中のマンション名が入る部分は凹構造の漆喰風にして貰いました。

ただ一つだけ予定と違ったのは、もう少し奥行きを設ける予定だったのですが、万が一の場合、消防車が建物と
隣接した所まで入れるようにと、奥行きが取れなっくなったので、スポットライトの位置が無理矢理になった事・・・


2日後

看板01

看板が取り付けられました!


同時に、

看板02

玄関横には色違いVerが取り付きました!

写真を見れば気付くと思いますが、2つの色合いは変えてあります。
メイン側は文字を黒にして、光沢無しの表面処理をしていますが、玄関側は金属のヘアライン有りの光沢有りにして
います。

玄関前に付ける事なんて最初は想定してなかったので、白の漆喰バックに対して目立つ色でデザインしましたが、
玄関前にも設置すると知って、それならメタル調にしたいと考えました。
看板屋さんに、「鏡のような光沢にしますか? ヘアラインにしますか?」と聞かれて、即答で「絶対、ヘアライン!」と
答えると、看板屋さんも大きく頷いて、「高級感ありますよね、ヘアライン」と方向性が完全一致。

実際に見ると、このヘアライン文字はカッコイイです。


そんなわけで、

2月5日の雪の日に・・・

入口

入口前で写真をパチリ。

どう見てもマンション名っぽくないデザインですが、まあこういった個性的なデザインも有りだと個人的には思ってます。
だって、マンション名なんてオーナーの好き勝手に出来る、数少ない部分なんですもん・・・(笑

さて、実はこのblogはヘッドフォンで音楽聴きながら書いてます。
で、急遽作り上げたおの環境がとても気に入りました。

コレについては、明日辺りにも書こうかと思います(笑

マンション全室が満室になりました\(^O^)/2024/02/12 22:35:02

さて・・・


マンションですが、無事に満室になりました!


実際は契約が終わっただけで、まだ2名ほどしか引っ越してきていませんが、まずは安堵しました。
というより、正式公開が1月末で、それから2週間ほどで満室になったのだとしたら出足はまずは好調です。

まあ、マンション管理をする東建コーポレーションの管理会社であるホームメイトは、ウチがマンションを建設してるの
を建設当初から知っているので、彼等だけは1年近く前から売り込み期間があったわけです。
しかし、新築ですから実際の建物や部屋を見れるわけではありません。
普通の一般の人なら実際の実物を見て決めたいと思うので、情報を早く知っていたところであまり意味はありません
が、ホームメイトの強みは法人関係に強いという点で、私はここに注目してました。

法人関係の場合、部屋は社宅のような扱いになるので、通常は総務課が携わる案件だったりします。
そしてその総務課の人間は、実際に自分が住むわけではありませんから、会社からの距離、部屋代といった会社が
求める要件さえ満たしているのが最重要案件であり、それ以外の部分はその会社とホームメイトのビジネス関係に
左右されます。
ホームメイトはこれまで全国で法人契約に携わってきた関係で、その部分では実績があります。
その為、信用や過去の取引の評価などにより、まあ建設中の新規物件でも契約を取り付ける力があります。

結局、私のマンションの1/3は公開前後に複数の法人が契約してくれたようです。
また、法人契約というのは考え方にも寄りますが、私にとってはありがたい契約です。
なぜなら、個人ではなく会社が借りてくれるので、家賃の取りっぱぐれがないだけで無く、誰かが退去しても、直ぐに
次の借り手を法人が手配してくれるからです。

ただ、法人の場合は会社と会社の契約になりますので、例えば地価が高騰し、周りの賃貸物件の家賃が高騰しても
据え置かれる可能性が大です。
空き部屋が発生するリスクを軽減できる分、家賃を賃上げするのが難しい側面もあります。
でも、物件は毎年確実に1年づつ古くなるわけですので、値上げできる可能性にかけるより、安定収入の方が私的に
はメリットがあると考えていましたので、それが東建を選択した一つの要因でもあります。

それにしても、オーナーになって初めて知ったのですが、住人に対するセキュリティーの厳重さに驚かされました。
1月末から不動産関係に公開されたとはいえ、全室が満席になるのには最低でも1ヶ月以上かかると予想してました
から、出来上がった部屋を知り合いや子供達に内見させる時間は十分にあると思っていました。
それと、大家は何かがあった場合のために全室のマスターキーを持っており、それは東建側から1月末に手渡されて
ました。

マスターキーがあるので、まだ入居前の部屋とかはこのマスターキーで簡単に見れると思っていたのですが、東建側
から教えて貰った入室してもよい部屋に入ろうとマスターキーを差し込んでも解錠できない・・・

どういう事?

と思って東建側に聞いてみると、入っても大丈夫とされていた部屋は、まだ入居者を受け入れる前の最後のチェック
と清掃を実施してない部屋で、ほんの数日前までは他の不動産屋にも公開していた部屋です。
で、そんな部屋のキーは共通キーで解錠できるようになっています。

しかし、入居前の最終チェックと最終清掃時に、その部屋のキーは共通キーが外されて、個別キーに交換されます。
そして、その部屋は共有キーでは当然ながら解錠できなくなります。

こうやって、住人のセキュリティーが保護されます。
不動産屋に危ない奴がいて、キーをコピーされても解錠できないようにする仕組みのようです。
よって私の持っているマスターキーは入居前交換後のマスターキーだったので解錠できなかったわけです。
そしてこの部屋キーは住人が替わる度に新品と交換されます。

これは別段、大手の管理会社ならどこもやってる事だと思いますので、賃貸物件を決める時は大手の管理会社が管
理してるかどうかは不動産屋に事前確認した方が良いかもです。(地域の不動産屋は地元事情に精通しているので)

そんなわけで、
最後の入居前清掃前の部屋に入ってみました。

廊下

新築だから当然、まだ廊下は綺麗です。


部屋の中

壁

部屋の壁1面だけ、私の趣味で石壁調の壁紙にしてあります(笑

娘に見せたら、「この壁バックでyoutubeの録画できるんじゃない?」と言っていたのですが、その発想は無かった(笑
現代ではそういった観点も考慮に入れるべきかも・・・(笑
撮影機材とか揃えて、時間貸しの録画スタジオにするのもありかもです(笑


あと、拘ったポイントはトイレ

壁紙

バックの一面だけ黄緑色にしました。

何も要望を出さなければ、そのまま白い壁になるのですが、私は資材カタログとかを見てるときにふと思い立って、
この要望を出しました。
お陰で経師屋さんはこの一面だけ違う壁紙を用意して貼らなければならなかったのでご苦労をお掛けしたと思います。
でもまあ、自分の思い描く部屋が出来上がって良かったです。

別段、私が住む訳では無いんですけど・・・

とはいえ、全室南側で日当たりも良く、北側四畳半に住み続けている私よりもかなり条件は良く、羨ましい・・・
お金に余裕があるなら、一部屋を自分のテレワーク部屋にしたい・・・

まあ、そんなわけで、無事満室になったので予定通り再来週辺りから奥さんと清掃してゆこうと思います。


そういえば、youtubeで「蟲師」パート1の13話が3月末まで無料開放されてるようです。



蟲師は私の大好きなアニメです。

まだ見たことない人はぜひこの機会に見てみてください。
第一話も第二話もむちゃくちゃ面白いので、その後は苦も無く見続けられると思います。

雰囲気的に夏目友人帳みたいな感じと思うかもしれませんが全然違い、私はこっち蟲師の方が何十倍も好きです。
ほとんどが一話完結なので、好きなタイミングで視聴を中断できるのも良いです。

特に私は第一話が大好きで、これまで何十回と見た・・・(笑