サイト内検索を導入しました!過去記事探しにご利用下さい!ヽ(^◇^*)/

って、ある意味自分用・・・( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

Google
WWW を検索 にゅーひぐらしblog内を検索

○○でも出来るポタアン(図解編)

CMOY改回路図

ド素人の池作り奮戦記


Kindleで小説を出版してみました(笑

塗装前準備2021/05/02 07:38:09

さて・・・


GW突入2日目・・・


本日は、朝の5時半に目が醒めて、6時過ぎから池の清掃してました・・・(笑


前回、池の様態が落ち葉と泥でグチャグチャ状態だったので、とりあえず綺麗にしました。
で、29日の休みの日に、壁周りにこびり付いていた乾いた泥を亀の子タワシで綺麗にし、悦に入ります(笑

これで、2日間ほど放置して、池を完全に乾燥させた後にホウキで池に落ちた落ち葉や小枝などをきれいに清掃し、

このGW中にガスファルトを塗布するんだ!

と気合い入れていたら・・・

昨日は風が強く、池内に枯れ葉などが入り込んだだけでなく、夜は雷を伴った激しい雨・・・
せっかく2日間かけて池内を乾燥させたのに台無しです・・・

この季節は気候が本当に安定しない・・・

昨年ほどではないですが、今年も「よし!」と思ったタイミングで雨に悩まされます・・・


まあ、それでも準備は進めました。


まずはこれ・・・

ふた

ペール缶のふた

実は人生で初めてペール缶を買いました(笑
ペール缶は基本的に業務用なので、こんなの今まで買う機会が無かったからです。

で、初めて自宅にペール缶が届いて分かったのですが、このペール缶はトップ面に注ぎ口とか付いてるタイプでは無く、
ただ単に金属のふたです。
しかもこのふたは一度開けてしまうと、もうふたとしての機能を失います。

業務用ですから、通常は1回で使い切るからでしょうが、個人使用では1回で18リットルなんて使いません(笑
今回、私は基本二度塗り、うまく行けば3回塗りにしようと18リットルのペール缶を買ったので、2回目以降に塗料が空気
に触れて固まらないように密閉しなければなりません。

そこで、ふたが必要になるわけです。

それと、ペール缶って使い終わった後もイスにしたり、小物入れにしたりと何かと使えるアイテムでもあります。
これは面白そうでもあるので、終わったら何かしてみよう・・・
ってか、イスぐらいしか思い浮かばないけど・・・(笑


てなわけで、
本日は朝から昨日の雨で池に貯まった水を除去していました。

池1

池2

まあ、結構、激しく雨が降ったからといっても満水に何てなりません。

ほんの少し、底面に貯まった程度です。
でもこれを手で掻き出すのは結構大変・・・
うちの池は素人が初めて作った物なので、排水溝なんてしゃれた物はありません(笑


そこで活躍するのがこれ

排水ポンプ

排水ポンプ

いやー、これ楽です(笑

でも、排水ポンプってのは完全に水を抜いてくれる訳ではありません。
この排水ポンプは水面ギリギリまで排出してくれるタイプですが、それでも5mmほどの水面は残ります。

そこで後はタオルに残った水を湿らせて・・・

まあ、とりあえずこんな作業を早朝からやりました(笑

本日は、前日までの予想では、昼過ぎに3時間ほど軽い雨の予定だったのですが、今朝見てみると、今日から3日間
程は天候が安定するようです。

第一回目は今日しかない!

と今から気合い入れてます(笑