サイト内検索を導入しました!過去記事探しにご利用下さい!ヽ(^◇^*)/

って、ある意味自分用・・・( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

Google
WWW を検索 にゅーひぐらしblog内を検索

○○でも出来るポタアン(図解編)

CMOY改回路図

ド素人の池作り奮戦記

グリーン→クリーン化計画


Kindleで小説を出版してみました(笑

AsteropeIII AsteropeII AsteropeI 草原の中の一枚の金貨 X723のテディーベア 幸せのチケット Asterope上巻 Asterope下巻

冷静に見つめると、世の中はかなり冷酷2019/07/13 08:37:40

さて・・・


世の中は様々なニュースで溢れています。


特に、昨日から我々日本人を大喜びさせたのが、「はやぶさ2」の快挙!
いやー、やりましたね。
素晴らしいです。

日本人の失敗から学ぶという気質が実を結んだ結果ですし、それに従事したJAXAやメーカーの方々に
「おめでとうがざいます!」
とお祝いの言葉を贈りたいです。

また、リスクを十分認識ながらも、前向きに検討を重ね、最終的に実行に移した決断力も合わせて評価したいです。


さて、「決断力」と言えば最近の韓国に対する輸出規制問題
これの裏が何となく想像できてきました。

私の想像が正しければ、汚い罵り合いに発展してきた今回の二国間の喧嘩は「韓国の負け」で終わります。
今、韓国では日本製品不買運動とか、日本は反省せずに謝罪もしない上に、盗人猛々しい。と日本憎しが増幅
されています。
これは韓国政府と韓国メディアが韓国国民を焚き付けている、いわゆる煽動です。

ところが、韓国国内が「反日一色」かといえばそうでもありません。
「日本旅行に行くな!」「日本製品を買うな!」と声を大にしても全ての韓国人が右ならえしている訳ではありません。
また、日本国内でも今回の規制3種を韓国に売らなくなることで、ブーメランのように日本にも不利益が返ってくる。
だから輸出規制など馬鹿げた行為でしか無いと書き立てているメディアもありますが、コレも嘘くさい。

そもそも韓国が世界シェアを握っているDRAMなどは、現在市場がタブ付いており在庫は山のようにありますから、
今すぐ無くなるといった危機はないようです。
それに加え、世界3位のアメリカ企業であるマイクロンが広島工場の生産力増強に動いてるようです。

これ、どういう事かと言えば、「市場にDRAMがダブついている間にマイクロンは生産能力を高め、在庫が捌けた頃に
スムーズに生産が出来てる状態」になれば世界中でDRAMが不足する事態にはなりません。
また、トランプ大統領のアメリカ企業保護主義ともこの方向性は合致します。

そして今回、韓国に対して規制品目となった製品を作ってる会社はただ単に売り先がサムスンやハイニックスから
マイクロン、東芝といったメモリー生産会社に代わるだけで、それほど実害を受けないのです。

つまりこのまま状況が進むと、「韓国の一人負け」になるのです。
韓国にとっての生命線でもあるメモリーの世界シェアが大きく後退し、数年後には現在3位のマイクロンが世界一位に
なっている可能性が高くなるのです。
これによって、得するのはどこでしょうか?
言わずものがな、アメリカです。

つまり、今回の日本の韓国に対する輸出規制は日本とアメリカで既に織り込み済みの案件であり、韓国がいくら
アメリカに日参し、「日本は酷い国です!叱ってやってください!」と懇願しても、「それはお困りでしょう。我々としても
日米韓は協力体制は必要不可欠です。だから日本とも仲良くしてくださいね」といなしているに過ぎません。
事実、7月4日に日本の規制が始まっても、アメリカから日本に圧力が掛かるといった兆候は見られません。

つまる所、日本とアメリカは北朝鮮ばかり見ている文大統領にお灸を据えなければならないと判断しているのです。
また、彼の中国、ロシア寄りの思想もアメリカとしては気に入らないのです。
つまり、アメリカからすれば、「お前はどっちの味方だ? 回答によって覚悟しろよ」となります。

昨日の日韓事務会合もあからさまに韓国側を日本が冷遇しました。

今までの日本からは考えられないような対応です。
しかし、これは韓国が気に入らないからそうしてるわけでは無く、デモンストレーションだと思います。

日本の明らかに韓国を冷遇した映像を見た世界中の企業役員はこう考えるはずです。
「日本は今回、マジだぞ……って事は裏でアメリカと話し合いが成立してるのかも?」

日本(そして裏のアメリカ)は世界中のIT関連企業の役員達にその映像を見せつけた訳です。
こうなると、「もしかして、韓国メーカーからメモリーなどの部品が安定供給されなくなったら……?」という疑問
に発展し、その結果そういった企業は仕入れ先をアメリカや日本、台湾、そして中国などの企業に替えます。
そうなると韓国企業は益々窮地に陥ります。
韓国のIT関連企業が窮地に陥ると、国内総生産の40%を海外輸出に頼っている韓国経済はデフォルトに陥ります。

もう、こうなるとチキンレースどころではありません。

このまま韓国が意地を張り続けると、確実に転落します。
しかし、文大統領は元々が北朝鮮寄りで、反日思想に凝り固まった人物です。
彼は日本に対してワビを入れるなんて、死んでもイヤでしょう。

つまり、韓国はこのままでは反日を叫びながら滅亡するかも知れないのです。

なぜか、韓国のマスコミも日本の左翼系マスコミもこの事には口を閉ざしています。
つまり、そのシナリオに気付いているから言えないのだと思います。


とまあ、前文に軽く書こうと思ったら思ったよりも長くなってしまったので、私のちょいネタはまた今度(笑