サイト内検索を導入しました!過去記事探しにご利用下さい!ヽ(^◇^*)/

って、ある意味自分用・・・( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

Google
WWW を検索 にゅーひぐらしblog内を検索

○○でも出来るポタアン(図解編)

CMOY改回路図

ド素人の池作り奮戦記

グリーン→クリーン化計画


Kindleで小説を出版してみました(笑

AsteropeIII AsteropeII AsteropeI 草原の中の一枚の金貨 X723のテディーベア 幸せのチケット Asterope上巻 Asterope下巻

タッチ画面で操作するUbuntuは以外と新鮮!(笑2016/04/20 00:45:34

さて・・・


このところ、何かと遊んでいるASUS Trancebook T100TAMですが・・・


とりあえず・・・


Ubuntu入れてみてぇ!(笑


てなわけで、
ちょっとUbuntu12.04を入れてみることにしました。

といってもT100TAMはどーもうまくMicrtoSDXCから起動とか、SSDから起動とかがうまくいかないので・・・
VertualBoxを使ってインストしてみることにしました。

VirtualBox ←

なぜ、VertualBoxを使用したかですが、Ubuntuサイトで扱っている仮想ハードディスクイメージはVertualBoxでの
動作を前提に作られているからです。
もちろんもう一つのフリーウェアで有名なVMwareの方でも問題なく動くと思います(笑


てなわけで、
2GBしかメモリーを搭載していないT100TAMで64bitを動かすのはつらそうなので、32bitのUbuntu12.04LTASを採用する
ことにしました。

Ubuntu仮想HDD ←

さて、
Ubuntuより仮想HDDイメージをDownloadして、T100TAMもmicroSDXCにコピーします。

あっ、ここで豆知識ですが・・・
4.2GBの壁というのはありまして、それを超えるようなファイルをコピーする場合、FAT32ではダメです。
よって、今後のことも考えて、microSDXCはNTFSでフォーマットしておいた方が良いです。


んで、
さくさくっとインストールします。
Ubuntu12.04LTSの場合、最初VirtualBOxで起動すると4:3の画面比率で起動します。
これではフル画面にしても、両サイドに黒帯が入ってしまうので、不格好です。

そんな場合は、「デバイス」から「Guest Additions のCDイメージを挿入」をしてあげると、ターミナル画面でプログラムが更新され

画面解像度

16:9の1366x768が選択出来るようになります。


これで・・・

Ubuntu

フル画面にしたときに、画面一杯のUbuntuになります(笑


さて、
使用勝手ですが、32bitの場合は、以外とまともに動いてくれます。
また、驚いてしまったのは・・・

縦画面

センサーがちゃんと動作して、縦画面にも対応します!


また、
何もセッティングしていないのに・・・


画面タッチにも対応していました!


こりゃ、以外と遊べます!(笑


キーボードドックを取り付けたときは、通常のUbuntuとして使え、キーボードドックを外せば、タブレットのUbuntuのように
画面を操作することが出来ちゃいます!


動作がもう少し速ければ言うこと無しですが、それでもタッチセンサー回りのアプリを入れなくても画面タッチに対応するの
は以外と大きいです。


タッチ画面で操作するUbuntuはとても新鮮!(笑

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策です
正解は、『あああ』です
8byte文字にして糞スパムの完全排除目指します

コメント:

トラックバック