サイト内検索を導入しました!過去記事探しにご利用下さい!ヽ(^◇^*)/

って、ある意味自分用・・・( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

Google
WWW を検索 にゅーひぐらしblog内を検索

○○でも出来るポタアン(図解編)

CMOY改回路図

ド素人の池作り奮戦記


Kindleで小説を出版してみました(笑

G603の復活!\(^O^)/2019/08/16 01:31:08

さて……


暑いです……


昨夜に比べれば、大分マシになったとはいえ、やっぱり扇風機はずっと回りっぱなしです(笑

そんなわけで、
何も気力が起こらないわけですが、貯まっていた小説の推敲を一気にアップデートしました。
アップデートしたのは「アステローペ2」と「草原の中の一枚の金貨」です。
どちらも自動更新をONにしていれば、リロードで勝手にアップデートファイルに更新されます。

いくらやってもポカミスが減りませんねぇ……自分の不甲斐なさが嫌になります……(笑


さて、
何もやることがない中、チョット気になりだしたのがコレです。

G603

Logicool G603

これは、マウススクロールのホイール部分に不具合を抱えてました。
マウスの真ん中にあるローラーを回しても勝手にスクロールが上下に動き出して自分の意図した通りにコント
ロール出来なくなりました。

それをLogicoolのサポートセンターに連絡すると、製品の不具合をLogicool側も認識していたようで、即交換
となりました。
ただ、このG603には製品として問題を抱えているようで廃盤予定だったのか在庫ゼロで、上位互換のG703
との交換となり、今までのG603は勝手に処分してくれとのことでした。

過去ログ ←

まあ、捨てるのも勿体ないということで、箱に入れて保管しておいたのですが、この存在をふと思い立ちました。

そこで、どうせLogicool側が廃棄しても良いといっていたので、興味があって自分で修理できないか考えました。
このG603の不具合部分はホイール部分です。
つまり、ホイールの回転を制御するマウスエンコーダ(またはロータリーエンコーダ)という部品を交換すればよい
のではないか? と……(笑


んで、早速……

分解

分解……


エンコーダ

今回のお目当ての部分は、手前側の真ん中に黒い穴が開いてる部品です。

これはマウスエンコーダ(ロータリーエンコーダ)というもので、回転を電気信号にして基盤側に信号として送る部品です。
この部品に不具合があり、これをいちいち部品交換する手間を考えれば、違う製品を送った方が手っ取り早いとLogicool
(というよりLogitech)側が判断したのでは無いかと推察します。

つまりこの部分を交換すれば直る可能性がある?

そこで、少ない情報を元にチョット調べてみると、G603にはKaihua Electronics製の物であることが分かりました。
中国の企業のようです。

そこで、同じ部品にしてもつまらないので、ここはこういう部品の製造なら日本って事でモノタロウで探しました。


てなわけで、今までのKaihua Electronics製のエンコーダを外します。

部品外し

今回は外す部品が小さく狭いので、半田吸い取り線を使用して外しました。

外して部品を見ることで分かったのですが、このエンコーダはKaihua Electronicsの9mmでした。


んで、モノタロウから部品到着!

アルプス

今回購入したのはアルプス電気のインクリメンタルエンコーダーの9mmです。

部品代129円(笑
送料の方が高くつきました(笑


んで、早速……

取り付け

アルプス電気のエンコーダをハンダ付けします。


んで、

組立

組立


さて、結果は?


クリクリクリ……


直った!(笑


てなわけで、やはりKaihuaのエンコーダの不具合が原因のようです。
ここからは推測ですが、G603を買った当初は不具合が発生せず、数ヶ月使った時点で不具合が発生した点から
考えて、このエンコーダの強度に問題があったと思われます。

マウスホイールってのは、意外と画面をスクロールするのに頻繁に使う部品です。
しかもこの部品は回転させた状況を電気信号にするわけですが、それの制御には多分抵抗が使われています。

この制御がうまく行かないと、カウンターがめちゃくちゃになり、勝手に動き出す結果となります。
多分、この部品は強度不足の失敗作です。


それをLogitech側も気付いたので交換にあっさりと応じたと推測されます。


さて、一方の新しく取り付けたアルプス電気のエンコーダ

これ、カチカチという感じで、確実に切り替えながら回るといった感じで、指先で回していても意外と気持ちいい……
Logicoolのマウスエンコーダーは軽い感じの物が多く、するすると回る感じですが、これは回した感がちゃんとします。

どちらが良いかは好みの問題ですが……


やっぱ、日本人は日本製部品の方が安心感があって良い!(笑


まあ、完全にこれで直ったかどうかは数ヶ月使わないと分かりませんが、今は交換したG703を使っているので、
このG603は予備として箱に戻して保管することにしました(笑


図らずも、キーボードのG613とマウスのG603予備に周り……


G600シリーズが完成した!(笑

茹だってしまう……2019/08/12 21:20:52

さて……


暑いです……


脳みそが熱で腐ってしまいそうです……
いや、もう既に腐ってるのか……?

自分で御判断できないぐらいに暑いです……


我が愛すべき、北側四畳半の自室にはクーラーなる文明品がありません……
扇風機のみです……
しかし、扇風機というのは後ろ側の空気を前に送り出してるだけの装置ですから、室温が高い状態では、
ただ単に部屋の熱い空気を前に送り出しているだけの装置でしかありません……


あっ……………………暑い………………………………・


そんなわけで、
暑い、暑いと言ってるうちにお盆休みも
3日経ってしまいました……
今年は白内障の手術とか、お葬式とかがあり、有給を結構使ってしまったので、迎え盆の13日と送り盆の16日
以外の14,15日は出社となりました。

まあ、これだけ暑いと社内のクーラーの効いた部屋にいる方が快適かも……(笑


さて、そんなわけでして
あまりの暑さに何もする気が起きないのですが……
今まで使っていたコレ……

G613

Logicool G613という無線式のメカニカルキーボードの掃除でも……(笑


前回はG910を清掃し、リターンキーにチョット不具合を抱えているのですが、キータッチが気持ちいいので、
そのまま使い続けています。

そんなわけで、今はG613を使っていないので、この機会に掃除しようと……(笑


で、完全分解清掃しようと思ったのですが、ネジが堅くて回らず、無理して回そうとするとネジ山を潰しそうなので、
完全分解清掃は諦めて……

キー外し

とりあえず、キーキャップをずべて外しました。


ちなみに、キーキャップを外す時は……・

外し

この様なキーキャップ外しがあると便利です。


これは、針金部分をキーキャップの隙間に差し込み……

外し方

キーキャップの隅に針金をひっかっけて引き上げる物です。

コレを使うとキーに余計な負担をかける事無く、面白いようにキーキャップを抜く事が出来ます。
値段も500円もしない物なので、メンテナンス用として持っておいて損の無いものです。


で、まずは軽くキー同士の隙間に堪ったゴミを綿棒で掻き出します。

ゴミ

きったねぇ……

キーの隙間から手の脂やお菓子のカスなどが入り込み、それに綿埃や髪の毛なんかが付着してました。
特に、いつも手を置く「F」や「J」周りが特に汚い……

そんなこんなで、無水アルコールなどを使ってキーの隙間のゴミを除去します。


次に、

キーキャップ

外したキーキャップを発布スチロールなどの容器に入れます。

で、中性洗剤でキーキャップについたゴミや油をきれいに洗い流し、日陰で乾燥させます。


キーキャップを換装させてる間に、キーボード側の本格的なお掃除

そこで便利なのが、やっぱコレ……

クリーナー

KURE エレクトリック・クリーナー

これは直接基盤などに吹き付けられるクリーナーで、余計なゴミや油を洗い流してくれます。

これを……

吹きかけ

ドバーッとキーの部分に吹きかけて、キー側を下にした状態で軽く乾燥させます。


本体とキーキャップが乾燥したら……

取り付け

キーキャップの取り付け……

地味な作業なのですが、パズルやってるみたいで意外と楽しい(笑


んで……

完成

完成!

後はスイッチを入れて、キーボードがちゃんと動作するかチェックします。

キーボードとかマウスって毎日使ってるデバイスの割に、意外と清掃しなかったりするんですよね……
でも、半年も使えばやっぱりキーとキーの隙間からゴミや髪の毛が入り込む上に、お菓子を食べた手で
キーボードに触れたりすると、油が入り込んだりします。

半年とは言いませんが、一年に一度ぐらいはフルメンテしてあげた方が良いですね。
こうやってメンテナンスしてあげれば、上手く動いてくれなかったキーとかが元に戻ります。

だから、意外とキーボードとかマウスってのは良い物を買っても良いとは思います。
良い物を、きちんとメンテナンスしながら長く使う。

これは意外と理にかなってると思います。

そもそも、入力デバイスは自分に合った物を長く使うのが基本です。

まあ、今回清掃したG613は予備機として保管するので使わないんですけどね……(笑


そういえば……

景品

タリーズ・キャンペーンの景品が届きました。

これは会社で毎日、缶のアイスコーヒーを飲んでいて、その缶に付いていたシールのQRから応募していた
ものです。

この手のキャンペーンで当たったこと無いんですが、なんか今回は当たった……(笑

しかも、応募する物に欲しいものが無かったので、女性が使いそうなトートバッグにずっとチャレンジし、
当たった景品は即、娘にあげました。

喜ぶかなぁ……と思ったら……

「ふーん……」って反応なのが、チョッピリさみしい……(笑


でもまあ……


暑いです……(笑

メカニカルキーボードは良い・・・2019/08/05 00:22:12

さて・・・


昨日はちょっと韓国政府の行為があまりにも近視眼的なので思わず政治ネタを書いてしまいました。
それにしても、日本が憎くてしょうが無いのは分かりますが、なぜこうも熱くなれるのでしょうかねぇ・・・

ちょっと韓国政府と国民には驚かされます。
ただ、確実に言えることは、「直情的な行動には驚くけど、決して羨ましくは無い」って事です(笑


さて、
本日は話題をがらりと変えます。


てなわけで、コレ・・・

G910

LogicoolのゲーミングキーボードのG910

これはLogicoolの最高キーボードで、価格がむちゃくちゃ高い!(笑
一時期よりも安くはなりましたが、今現在でもamazonで\18,523です。

キーボードなんて安い物はそれこそ480円ぐらいで買える物もあります。
では何でG910が馬鹿高いかですが、これはキーにLEDを内蔵しつつ、メカニカルキーボードだからです。
メカニカルキーボードは、キー一つ一つにスプリングが入っており、「カチ、カチ」といった感じで、何となく
心地よい音がします。

対して安いキーボードは「メンブレン」タイプといって、基板とキーの間に絶縁シート(シリコンみたいなヤツ)を
挟み込み、押されたキーが通電する仕組みになっています。

対して「メカニカル」はキー一つ一つにスイッチが付いており、そのキーは基板に直接ハンダ付けされていたり
します。

つまり、メカニカルキーボードはとても手間がかかる仕様なのです。
しかし、メンブレンタイプに比べ、キーのクリック感が優れているだけで無く、レスポンスも優れています。
よって、戦闘ゲームなど確実なレスポンスが必要なゲーミングキーボードは大体このメカニカルタイプです。

私は戦闘ゲームはしませんが、メカニカルキーボードのクリック感と音が好きでメカニカルを愛用しています。


さて、話をG910に戻します。
この高級ゲーミングキーボード、実は貰いモンです(笑
会社の知り会関係の人から「使わないからあげる」と貰った物です。
最初は喜んで使っていたのですが、息子に取られました(笑

そこで私はG613という無線タイプのメカニカルキーボードを使っていたわけですが、G910が息子から返却され
ました。
どうもちゃんと反応しないキーがいくつかあるとのことでした。

まあキーボードの場合、キーの間にゴミなどが入り込み反応が悪くなることは良くあります。
またメカニカルキーボードの場合は、ハンダか基板から剥離するといった症状も発生しやすいのです。

そんなわけで、
ちょっとこの「G910の構造に興味があったので分解、清掃そして状況如何では再ハンダとかやってみようと
分解してみると・・・

分解

ギャーッ! きったねぇぇぇぇ!!

もう、手垢や油でドロドロの所に綿ゴミがこびりついているといった状態でした。

この後、キーボードを完全にばらし・・・

・キーを全部外して洗浄
・周りのカバー部分も中性洗剤で洗う
・基板部分はまずは脂汚れなどを拭き取り、その後基板クリーナーで徹底的に洗浄

をしました。

ついでに基板の状態もチェックしましたがハンダはしっかりしており、再ハンダは必要なさそうでした。
また、メカニカルキーの部分も動きが悪いキーとかは無く、取りあえずは問題無さそうです。

んで・・・

組み立て

再度組み立てて動作チェック

全く問題なし!
とりあえず完璧に直りました。

で、暫くテスト的にキーボードを叩いていたら、このキーボード、G613よりもキータッチが気持ちいい!

てなわけで、
息子は新しいメカニカルキーボードを買ったので、このG910は私が再度使うことにしました。
今はこのG910でこの文章書いています。

ちょっと使ってみて、エンターキーがちょっと敏感すぎるかも・・・

でも、キータッチもストロークも良くて・・・


気持ちいい・・・


これはクセになる・・・(笑


やっぱ入力デバイスは金をかけるだけの価値があると思う。

PS.

エンターキーが敏感すぎて、意図してないのに二重に叩いていたりする症状がでるので、
キートップを外して確認してみると、メカニカルのスイッチがぐらついていた……
多分、エンターキーやスペースキーなどといった幅が広く頻繁に使うキーのスイッチはヘタって来るようです。

日本国内では交換するキーの扱いが殆ど無いのでAliexpressで注文。
部品到着まで、だましだまし使うか今までのG613で何とかごまかす予定。

メカニカルはキー一つ一つがハンダで基盤と接続しているので、こうやって部品交換できるのがよいですね。