サイト内検索を導入しました!過去記事探しにご利用下さい!ヽ(^◇^*)/

って、ある意味自分用・・・( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

Google
WWW を検索 にゅーひぐらしblog内を検索

○○でも出来るポタアン(図解編)

CMOY改回路図

ド素人の池作り奮戦記

グリーン→クリーン化計画


Kindleで小説を出版してみました(笑

AsteropeIII AsteropeII AsteropeI 草原の中の一枚の金貨 X723のテディーベア 幸せのチケット Asterope上巻 Asterope下巻

久々の車のちょいネタ(笑2021/12/27 23:16:42

さて、


久々にSLK200についてです。


ここ数日の出来事なのですが、こんなメッセージが出るようになりました。

エラー

冷却水を点検しなさいというメッセージです。

最初はあまり気にしてませんでした。
何しろ、走り出して数分後にこのメッセージは消えるからです。
まあ、急に冷え込む日が多くなり、冷却水が冷え切ってメッセージが出てるのだと思い込んでました。
なぜなら、走り出して数分後に水温が上がり始めると同時にメッセージも消えるからです。

しかし、それから毎日、会社に行く朝も、帰宅する夜もこのメッセージが最初に出ては消えるを繰り返すので、さすがに
確認した方が良いよねとボンネットを開けて冷却水の量を見てみると、それなりに減ってることが分かりました。

といっても予備タンクの半分ぐらいまで減ってるだけです。
よって、今すぐ熱でエンジンが焼き切れるといった状態ではないのですが、そのままこのメッセージが点灯し続けるのも
あまり気分が良くないので・・・


冷却水

1.5Lのクーラント液を買いました。

ベンツ用って何もかもが高いよねぇ・・・


で、本日届いたので、ボンネットを開けます。

ボンネット

写真中央のキャップがクーラントを入れる口です。


横から見ると・・・

ビフォー

確かに減ってることは減ってますが・・・メッセージ大げさじゃね? って位です。


で、クーラントを半分ちょっと入れて、残り半分弱は水道水を入れます。

補充

補充完了! 量にすると300~400ccぐらいです。

もう少し入れてもいい感じですが、内側の満タンの位置はこの辺りだと、まあ目分量です(笑

基本的にクーラント液は原液50に対して水50と大体半分づつとなっているだけで厳密ではありません。
よって多少ぶれても大きな問題にはならないと思いますが、どうせぶれるなら原液の比率多めの方が良さそうです。
水だけだと冷却効率が落ちますからね。


そんなわけで、クーラント液を満たしてキャップをしっかりと閉めた上でエンジンをかけると、メッセージは最初から消えて
ましたので、これでOKそうです。
後は数日走った後に、クーラント液が減ってないかどうかをチェックし、減ってれば継ぎ足してあげるだけです。


さて、久々にボンネットを開けたので、ついでにエンジンオイルの状態も見てみました。

オイル

さすがに新品オイルを入れ、まだ2,000km弱しか走っていないのでこんな物でしょう。

最初の頃の飴色からは黒ずんでますが、それでも範囲内程度です。


とりあえずは、コメントが消えて一安心ですが、ベンツってセンサーだらけだと感じます。
セレナ乗ってる頃は、こんなに色んなコメントが出ること何て無かった・・・
まあ、そんなディスプレイ付いてなかったけど・・・(笑