サイト内検索を導入しました!過去記事探しにご利用下さい!ヽ(^◇^*)/

って、ある意味自分用・・・( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

Google
WWW を検索 にゅーひぐらしblog内を検索

○○でも出来るポタアン(図解編)

CMOY改回路図

ド素人の池作り奮戦記


Kindleで小説を出版してみました(笑

ETCってさ・・・2021/09/16 23:15:28

さて・・・


私は余りにも車に無音着で、しかも出不精なこともあり全く知らなかったのですが・・・


中古車で買った車のETCはそのままでも使えますが、本来は再設定しなければならないって皆さん知ってました?
私は知らなかったです(笑

いえ、本来は再設定しないとダメなんですよ、コレ・・・
でもETCが反応しないのかといえば、ちゃんと反応するようです。
しかもその場合、高速料金はちゃんと現ETCカードの所有者のところに請求は行きます。でも、厳密には前のオーナー
の情報のままのようです。

よって違法ではあるのですが、それ程厳しきお咎めがあるのかと言えば、「知りませんでした・・・」と素直に言えば、
注意ぐらい済む感じです。
しかし、これがETCのナンバーと紐付いてるのが軽自動車だったとして、このETCを他の車に移植するのはダメです。
例えば2000ccの車に軽のETCをナンバー登録変更をせずに装着すると、軽自動車としてETCを通過できてしまう
ようで、これは完全に違法で、刑事処罰対象になります。

そんなわけで、私のSLK200の場合は、最初から車にETCが装着されており、割り振られたETCナンバーに登録される
のは間違いなくSLK200の物です。
よって、ここに自分のETCカードを挿入して使っても、料金はちゃんと支払うことになるので、まあそのままでもいいちゃ
いいんですが・・・(いや、本当はダメです(笑)
やっぱ、前オーナーの情報のままETCを使うのは何とも気持ち悪いです・・・(笑

そこで調べるとETCの変更を受け付ける、NEXCO指定のお店があり、そこでETCの名義を自分の物にちゃんと変えて
貰えるようです。
作業時間も20~30分ほどらしいので、テレワークの昼休憩をつかってイエローハットに行ってきました。

作業に必要なのは、ETCの固有ナンバーと車検証です。

これでETCの登録情報を自分名義に書き換えてくれます。
中古で車を購入し、ナンバープレートが変わった場合は、この作業をやっておいた方が良さそうです。
値段も3300円(税込)とそれほど高くありません。
これで、スッキリとETCの固有ナンバーも自分名義に変更になります。


さて、作業自体は20分ほどという事で、店内をウロウロしながら待っていたのですが、コレが気になって購入。

シガーソケット

シガーソケットタイプのUSB充電器

今までも車内でiPhoneの充電をするためにこのタイプの充電器は使ってましたが、背が高くて灰皿のフタが閉まりま
せんでした。
別段、これは頻繁に抜き差しする物ではないし、問題ないといえば何も問題ないのですが、何となく気になってました。
そこで背の低いこれを買ってみたわけです。
値段は1000円弱と結構安かった。


で、今までのタイプと長さ比較

比較

右が今までの物で、左が今回購入した物です。

長さがかなり短い!
これならスッキリと収まってくれそうです。


で、装着

装着

確かに、付属のシガーソケットよりも短い!


これならと、灰皿のフタを閉めてみると・・・

閉まる

おおっ! ちゃんと閉まった!

まあ、閉まりましたが、どのみち充電する時はこのフタを開けてUSBケーブルを挿すので意味は無い(笑


で、USSBを差し込んでみると・・・

充電

申し訳程度にブルーLEDが光ります。

派手に光るとウザいのですが、これはとてもいい感じです。
サイズも小さいし、とても気に入りました。

で、今までの充電器は奥さんのフィットに取り付けました。
「車で移動しながら携帯の充電が出来て便利だと」とさも、奥さんのために取り付けましたといった風に説明し、
微妙に点数稼ぎしながら、在庫処分(笑


さて、任天堂からSWITCHのFWのアップデートのお知らせがメールできてたので・・・

アップデート

久々にSWITCHを弄る(笑

今回のアップデートでBluetooth器機とペアリングが出来るようになったようです。
Bluetoothのイヤフォンとペアリングさせれば、外でも無線でゲーム音楽聴きながら遊べる感じですかね。
まあ、ペアリングしてないので分かりません(笑


さて、明日は仕事で車を使います。
そしてSLK200で初めて高速に乗ります。

ちゃんとETCが動いてくれるのか・・・ちょっと心配です・・・
よって、最初は「一般/ETC」兼用のゲートを使おうと思います(笑


さて、最後
小説の状況の続きです。

今現在は第一章の途中まで書きました。
進行が遅いのは、このパートで今回のSF的なテクノロジーの要素を会話形式にて進めたので時間を食いました。
しかし、自分的にはちょっといい感じの世界観が出来た気がして自己満です(笑

今書こうとしている世界観は様々な国家が絡む予定なのでまだまだ初期段階ですが、SFの醍醐味ってのは、
「架空の世界を如何にリアルっぽく表現できるか?」がキモですから、この部分を手抜きすると、いっぺんに面白く
無くなります。

だから、面倒だけど、細心の注意を払いつつ少しずつ主人公とヒロインのキャラを作っていこうと思います。


久々に脳みそをちゃんと使ってる感じで、気分がいいです(笑