サイト内検索を導入しました!過去記事探しにご利用下さい!ヽ(^◇^*)/

って、ある意味自分用・・・( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

Google
WWW を検索 にゅーひぐらしblog内を検索

○○でも出来るポタアン(図解編)

CMOY改回路図

ド素人の池作り奮戦記


Kindleで小説を出版してみました(笑

気分だけでも・・・(笑2020/10/04 23:39:23

さて・・・


相変わらずドラクエ11sをやってる毎日ですが、さすがにゲームばかりしてるのも何なので・・・
子供達専用マシンとなっているSWITCHをなんちゃって「どう森」風にするためにガワ交換をしてみようと思います。


まずは、SWITCHの裏蓋を外して、移植するパーツ類を外します。
スタンドとゲームカートリッジ用のカバーはネジ止めされてるだけですので、簡単に移植できるのですが・・・

移植

空気取り入れ口の網目だけはそうも行きません・・・

この部分は強力両面テープでしっかり固定されてるので、丁寧に裏蓋から剥がし、両面テープを新たに付けて移植します。
何てこと無い作業なのですが、結構面倒くさい・・・


まあ、何とか裏蓋の移植は完了したので、いよいよ本番・・・

コントローラー

joy-conの移植に入ります。

左側の赤青のjoy-conがオリジナルで、これを右側のどう森風のガワに移植するわけです。
ただ、赤青のjoy-conは調子が悪く、左側の青は以前、アナログスティックを交換してます。
赤の方は動作はするのですが、ちょっと不安定といった感じでした。
しかし、新しいjoy-conを購入したので、この赤青joy-conは使わなくなり、暫く放置されていたモノです。

よって、清掃も兼ねて移植してゆこうと思います。


で、

移植作業

思ったよりも手間取ります。

単にパーツ交換ならその部分だけを弄ればいいのですが、基盤から何まで完全移植するためには、一度バラさなければ
ならないのと、保護用のシールとかもオリジナルから剥がして移植しなければならない等、結構神経を使います。


で、

完了

苦労しながらも移植完了!

まずは、ちゃんと動作するかどうか、ペアリングボタンを押して、問題なくLEDが光る事を確認します。
どちらのコントローラーもペアリングボタンはちゃんと動作したので、移植はとりあえず成功。


そんなわけで・・・

換装1

換装2

我が家の初期型SWITCHは見た目、なんちゃってどう森風に変わりました(笑

この後、本体に接続した上で各種ボタンがちゃんと反応するかチェックしてみたのですが、どうやら右側のアナログスティック
が勝手に右側に動き、どうもダメっぽいです。

これはamazonでもそんなに高くなく互換アナログスティックが販売されてるので、それを購入して変更予定です。


とりあえず、満足はしましたが・・・


やっぱり、自分用のSWITCHが欲しい・・・


早く、いつでも買えるように在庫が回復してほしいものです・・・