サイト内検索を導入しました!過去記事探しにご利用下さい!ヽ(^◇^*)/

って、ある意味自分用・・・( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

Google
WWW を検索 にゅーひぐらしblog内を検索

○○でも出来るポタアン(図解編)

CMOY改回路図

ド素人の池作り奮戦記


Kindleで小説を出版してみました(笑

PS4ジャンクいじりの続き・・・だけど失敗談(笑2020/07/02 23:20:47

さて・・・


PS4ジャンクの続きです。


まあ、失敗談なんですけどね・・・(笑


そんなわけで、
前回、電源ユニットを本体基盤に繋いだらちゃんと動き始めたPS4ですが、BDドライブのいフレキシブルケーブルが
無いので、データ転送が出来ません。
つまりは、通電はしてますがドライブは一切動かない状態です。

そこでるPS4ドライブと本体を繋ぐのフレキシブルケーブルを購入しようとしたのですが、中々見当たりません。


仕方ないので・・・

フレキ

勝負とばかりに、汎用の24pinフレキシブルケーブルを買ってみました。


買ってみたのですが・・・

幅

ケーブル側の幅が狭くて、上手く合いません・・・

いや、pinの位置等は合ってると思うのですが、そう簡単では無いのです。


なぜなら・・・

ガイド

純正品のフレシキブルケーブルには絶縁部分のガイドが付いてるからです。

この両サイドの出っ張りがあることにより、正しい位置にpinが接触して動作するわけです。
しかし、汎用ケーブルはこのガイドが無いので、勘で挿入するしかなく、そもそもpinとpinの間がとても狭いフレキスブル
ケーブルを正しい位置に目視で挿入するなんて、至難の業です。


でも、折角買ったし、ちょっとトライしてみたのですが・・・

いきなり、スイッチすら入らない状態になりました!

えっ? もしかしてPS4自体が壊れた?


凄く焦りましたが、フレキシブルケーブルを抜くとちゃんとPS4は起動します。
つまりは、pinの位置がずれたことによって通電しなくなるのかな?


そんな事を思いつつ、ソケット側をよく見てみると・・・

金属

ソケット部分に2箇所ほどせり出した金属部分があります。

この2箇所の金属部分により、pin同士が接触し、それによってPS4自体が起動しなくなるようです。


つまりは、この2箇所の金属部分を逃げる様にしてフレキシブルケーブルを接続すれば良いと気付きました。


そこで・・・

カット

金属部分とpinが接触しない様、端子部分を短めにカットしてみました。

右側が元々のもので、左側が無理矢理ハサミで切ったモノです(笑


これで・・・

接続

目視でセンターにフレキシブルケーブルを挿入します。


これでどうだ?


とスイッチを入れてみると、PS4が起動しました!
やはり、この2箇所の金属部分を逃げてpinを接続するのは間違いないようです。


成功か?


と一瞬喜んだのですが、やはりpinの位置が微妙にずれたのか、ドライブはまともに動きません。
何度かトライしてみましたが・・・やはり目視では無理です(笑


まあ、フレキの位置を弄ってる間に、いきなりドライブがディスクを吐き出し・・・

ディスク

ドラクエのディスクは無事にサルベージで来ました(笑

この後も何度か位置を微調整しながら何度かトライしてましたが、やはり目視では無理なようです・・・
いや、もしかしたら純正のフレキシブルケーブルには抵抗とか噛ましてあって・・・とか何らかの仕掛けがあるのかも・・・

何にせよ、汎用のフレキシブルケーブルではやはり無理なようです・・・


仕方ないので、Aliで素直にPS4用のフレキシブルケーブル買いました(笑

到着まで暫く掛かると思いますので、それまでこのジャンク修理ネタはお預けとなります・・・


でも、今回初めてPS4をバラしてみましたが、以外と素直な作りですね。
PS3より弄りやすいかも・・・