サイト内検索を導入しました!過去記事探しにご利用下さい!ヽ(^◇^*)/

って、ある意味自分用・・・( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

Google
WWW を検索 にゅーひぐらしblog内を検索

○○でも出来るポタアン(図解編)

CMOY改回路図

ド素人の池作り奮戦記


Kindleで小説を出版してみました(笑

池作り(笑 後半編その22020/04/14 22:20:12

さて・・・


興味ない人は、「またかよ・・・」とぼやくかもしれませんが・・・


池作り後編 その2です(笑


会社は相変わらずテレワーク中で、いつも同様に朝6時ぐらいから会社始業時間までちょこまかと池周りの
作業を続けているわけですが、池作りは基本的に屋外作業なので、雨が降ると中止です。

今までは天気をあまり気にしたことなどありませんでしたが、池作りを始めてからは天気予報を頻繁にチェック
するようになりました(笑
なぜなら、モルタルなどの乾燥などは天候に左右されますし、乾燥を手抜きするとその後の池の強度にも関係
したりと、意外とモルタルの乾燥というのは繊細なのです。
雨の日にモルタル作業をする人はいないと思いますが、では晴天の日だったら良いかというと、晴天の日は
晴天の日なりの注意点があります。
それは直射日光に当てて、すぐに乾かさないということです。
一件、晴天の日にモルタルを塗り、そのまま太陽の直射日光に当てた方が早く乾燥する気がすると思いますが
実はコレ、ダメです。
コンクリートやモルタルというのは水和反応(この場合は水酸化カルシウムの生成)によって固まります。
コンクリートは乾燥したから固まるのでは無く、化学反応によって固まるのです。
つまり直射日光に当て、急速に表面から水分を飛ばすとコンクリート内部から水分が引き出され、十分な水和
反応が阻害されるため、乾燥後の強度が落ちたり、表面にヒビが入ったりするのです。
よって、コンクリートやモルタルを流した後は、ブルーシート等で覆い、乾燥速度と温度変化を小さくする事が必要と
なるわけです。

そういった繊細な過程が必要となるので、モルタル塗りにはその日の天気だけで無く、数日先の天気まで注意
しなければならないわけです。
極端に言えば、晴天の中、太陽に晒して乾かすぐらいなら、雨に濡らしながら乾かした方がマシです(笑

前置きが長くなりましたが、そんな繊細な作業の連続が池作りなので、今年は特に天候に敏感です。
その為か分かりませんが、今年は例年より雨の日が多い気がします。
また、雨量も多い気がする・・・

地球規模の気候変動が我が家の池作りにも影響を及ぼしているわけです(笑


さて、コンクリートやモルタルの乾燥方法のうんちくは置いておいて、相変わらず散財してます(笑


まずはこれ・・・

排水ポンプ

マイティポンプ PSP-100S(清水用)

まあいわゆる排水ポンプです。
排水ポンプには清水用と汚水用の2種類があります。
この二種類の違いは何かといえば、吸い込むゴミのサイズと吸い出すモーターの出力の差です。
このマイティーポンプでいえば、

清水用は最大通過粒径2.0mm 定格消費電力(50Hz/60Hz)135W/205W
汚水用は最大通過粒径3.5mm 定格消費電力(50Hz/60Hz)200W/300W

となり、汚水ポンプの方が経の大きな砂粒なども排出できることが分かると思います。
普通に考えれば汚水ポンプの方が性能が上ですが、値段的には3,000円ほど高くなります。
そもそも池などの水抜きには大粒の砂とかは元々混じっていないので、清水用でも十分です。
そんなわけで、安さは正義とばかりに清水用を購入しました。

それにしても、今更思うのは何で関東は周波数が50Hzかという点です(笑
なぜこうなったかについて興味ある人は、ウィキペディアを読むとよく分かります。
商用電源周波数 ←

まあ、簡単いうと西日本が採用した60Hzでモーターなどの機器を動かした方が力が上ということです。
この点では西日本エリア在住の人が羨ましいです(笑


まあ、周波数の事を嘆いても始まらないので、開封(笑


本体
しっかりと重みがあり、いい感じです。


てなわけで、早速・・・

吸い出し

吸い出し開始!

小さな池であればそもそもこんな排水ポンプを使わなくても手動で汲み出せばOKです。
また池の底面が排水口よりも上にある場合はサイフォン原理を使いホースだけで排水も可能です。
しかしうちの池はどちらの条件も満たしてません。
しかも漏水でいくらか水位が下がったとはいえ、多分まだ3000リットルはあります。
それを手動で汲み出すなんて・・・絶対無理(笑


汲み出した水は庭に排水

排水

庭が無駄に広い特権です(笑

排水も意外と力強いです。
また、大地の吸収力もすごい!
排出された水は貯まること無く、どんどん地面に吸収されてゆきました。
排水は2時間弱で無事完了。


さて、池作り最終章に向けた準備の続き(笑

こんな物まで買いました。

pH試験液

pH試験液

まあ、いわゆるpHを確認するリトマス紙の液体Verと考えてもらえれば正解です。


んで、中身

中身

付属の容器の規定線まで確認したい水を入れ、pH試験液を垂らすとpHによって色が変わる仕組みです。

詰まりはリトマス紙でも同じ事が出来ますが、折角なのでこっちを使ってみたかった(笑
これで池の水のpHを確認することが出来る様になりました。
実はデジタル式の安いpH測定器も買ってみたのですが、表示される数値はどんな水に入れても殆ど一緒(笑
表示されるpH数値が全くアテにならないので、早々に諦めました(笑


それともう一点

清掃ネット

清掃ネット

これはプールや池などに落ちたゴミや落ち葉などを清掃する物です。
今後必要になると思い、購入しました。
まあ、値段も1,300円ほどなので手頃です。


さて、今週の日曜も月曜も関東地方は雨・・・

特に月曜日は一日中強い風と雨が降り続き・・・

水たまり

池は5cm程の水たまりが出来ました。


早速と早朝に・・・

テスト

池に貯まった水を容器に入れてpH試験液を2滴垂らしてみました。

色はちょっと濃いめの青色に変化
表で色見表と見比べて、どの辺りかを確認するも厳密にはよく分かりません・・・


そこで部屋に持ち込んでLEDライトの下で確認してみる。

pH

多分、10.0~11.0辺りだと思います。

結構きつめのアルカリ反応でした。
このまま金魚を入れれば確実に昇天させるアルカリ濃度です(笑

やっぱ、まだまだ水酸化カルシウムがモルタル表面から出ているようです。


そこで、本日は前回の漏水箇所を塞ぐべく、息子に追加のコーキング処理を依頼しました。
何しろ私はWeb会議と資料作成といった仕事がしっかりと入っていたので・・・(笑

追加のコーキング処理は無事に終了したので、コーキングの乾燥状況を確認の上、明日にでも第二回目の
水入れとあく抜き処理をしようと思います。


ここまで来れば早く防水塗装を池全体に施したい物です・・・

まあ、今回のあく抜きが終了しても5日間ほどは乾燥させなければならないので、最後の塗装は一週間以上
後の話ですが・・・


それと・・・
このところ池作りに夢中になりアステローペIIIを全く書いてませんでした(笑
流石にそろそろちゃんと書いてゆかないと・・・と昨夜から細部のプロット組みに入りました(笑

IとIIの流れを組みつつ、どのように最終章に向けて物語を昇華させるか?

ここが最大のポイントなのでしっかりと筋道を作る予定です・・・が・・・どうなるか分かりません(笑
だって、アステローペIIIはこのままの予定で行くとほとんどが宇宙空間で展開されるんですもん・・・

宇宙空間なんて行ったこと無いからよく分かりません(笑