サイト内検索を導入しました!過去記事探しにご利用下さい!ヽ(^◇^*)/

って、ある意味自分用・・・( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

Google
WWW を検索 にゅーひぐらしblog内を検索

○○でも出来るポタアン(図解編)

CMOY改回路図

ド素人の池作り奮戦記


Kindleで小説を出版してみました(笑

家族総出で無謀な事に挑戦し始める(笑2020/03/07 23:58:01

さて・・・


我がひぐらし家は個性派集団です。


私もまあ、それなりに変わってますが、奥さんも娘も息子も個性派で、普段はてんでバラバラ・・・
それぞれがそれぞれに好きなことをやって過ごしています(笑

しかし、意外な事に、それぞれが好き勝手なことをやってる割に、まとまる時は意外とちゃんとまとまる。
とても不思議なのですが、意外と仲が良いのです(笑


さて、我がひぐらし家では先週から庭の掃除がブームです(笑
大分前に亡くなった祖父が庭造りが好きで、園芸業者や石材屋に木を植えさせたり、庭に石を置かせたり
していたわけですが、これまた亡くなった親父は庭いじりにはあまり興味が無く、陶芸とかをやってました(笑
そして三代目の私は庭にも陶芸にも興味が無く、ひたすら半田ごてとかを握っていたわけです。

そんなわけで、庭は雑草が伸び放題で、まあ汚い・・・(笑
でも、正直あまり気にしてませんでした。

そんな状態を見かねたのか、それとも単なる思いつきなのか分かりませんが、娘がいきなり・・・

庭を掃除しよう!

と言い出しました。
その一言で、私を含めた家族三人は改めて庭を見回して思ったわけです。

確かに・・・きたねーな・・・

と・・・(笑
そこで、先週は家族総出で、庭に降り積もった落ち葉を掃除したわけです(笑

で、良い労働の後は、良い食い物

ってなわけで、先週の日曜には家族で回る寿司屋に行きました(笑
そこでの会食の中で息子から新たな提案が提議されました。

池を作って魚を飼おう!

私を含めた他の三人は、「ハァ?」と思ったわけですが、どうやら彼は本気のようです。
そうなると、元々がイベント好きのひぐらし家は、「じゃあ、やってみるか」と・・・(笑

我が家の庭には、祖父が業者に作らさせた、『涸れ池(かれいけ)』があります。
涸れ池とは、水の代わりに白砂などで水を表現した池もどきの造作です。
そこを水を入れた本物の池にしようというのが今回の目的です。


てなわけで・・・

涸れ池1

涸れ池

ちゃんと石の橋も付いてる本格的な物ですが、放置され続けたため白砂なんてとっくの昔になくなり、
今は上に土が堆く貯まり、そこには雑草が伸び放題の状態・・・


ここを何とかしようと、家族四人で穴を掘り始めました(笑

で、本日はこんな所まで進行・・・

穴掘り1

穴掘り2

堆積した土がガチガチに固まってる上に、植物の根とかが伸びまくり、穴を掘るのも楽じゃ無い・・・
そもそも、家族に造園の知識がある人なんて皆無ですし、私を含めて池の作り方なんて知りません(笑

で、何となくネットを調べてみると、
①とりあえず穴を掘る
②水を入れる部分に金網を入れる
③コンクリートを流し込む(その折りに排水施設とかも考える)
④モルタルで防水をより強固にする

って感じの手順が必要なようです。
また、金魚を飼うなら水深は50cm程で、錦鯉を飼うなら1m程の穴が必要なようです。
そんな深い穴なんて作れそうも無いので、とりあえずは金魚とメダカ辺りが飼える環境を目指します(笑

穴掘りはまだ半分しか終わってないので、明日も雨が降らなければ朝から作業を続ける予定です。
さて、この挑戦はどうなるんでしょうねぇ・・・(笑

でもまあ、頑張った後にはおいしいご飯・・・ってなわけで、

焼き肉

七輪で焼き肉を食いました(笑

まあ、肉は美味しかったけど、考えることは山積みなんですよね・・・

とにかく、水の透明度を保つために、循環システム考えないと・・・