サイト内検索を導入しました!過去記事探しにご利用下さい!ヽ(^◇^*)/

って、ある意味自分用・・・( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

Google
WWW を検索 にゅーひぐらしblog内を検索

○○でも出来るポタアン(図解編)

CMOY改回路図

ド素人の池作り奮戦記


Kindleで小説を出版してみました(笑

おっちゃんは思うんだ……(笑2019/10/31 22:02:36

さて・・・


実は、決して意図的ではないのですが・・・


X-723

X-723のテディーベアをこっそりと出版してます(笑

X-723のテディーベア ←


今週は会社から帰宅後、ずっと推敲をやっており、その作業が段々嫌になってきて29日の深夜にアップしちゃいました(笑
推敲って魔物みたいなもんで、文章の流れや誤字脱字を修正するだけでなく、推敲のために読み進めるうちに、
「あっ、ここの説明が不足してるから、追記するか・・・」とか「この言い回し気に入らない!」とか・・・(笑

気付けばどんどんと深みにハマります(笑

もう推敲の必要が無い、『非の打ち所がない完璧な文章』なんて極められませんから終わりが無いんです(笑
その堂々巡りのような推敲作業に疲れ、アップしてしまいした。

で、アップしたよ。とこのblogで宣伝しようと思ったのですが・・・
これが電子書籍というフォーマットの罠なのか・・・

縦表記されるべき単語が横表記されてる事に気付きました。
具体的には、『ブラキウムβ』という恒星の名前が小説内に度々出るのですが、この単語の『β』がちゃんと縦表記にならず
横表記になってしまうからです。
なぜ気付いたかといえば、出版開始と同時に自分で一冊買うからです(笑

これは当然、『記念』という意味合いもありますが、読者と同じスマフォでちゃんとアウトプットできてるかを確認する為です。
実はamazonKDPとiOSの相性は良くないのです。
amazonKDPで電子書籍を読んでる人は分かると思いますが、実はkindleアプリを入れた端末には固定の○○○@kindle..com
という固定のアドレスが付与されます。

我々の様な書き手は表記が正しく出来てるかどうかをアップ前にチェックするわけですが、その場合はkindleのフォーマットで
あるmobiっで変換し、この固定アドレスに送信します。
するとそのスマフォでmobiフォーマットの文章が読める様になるのですが、iOSの場合は縦表示が出来ず、縦表記で保存した
ファイルも全部横表記に置き換えてしまう問題があるのです。
※もちろん、普通にamazonKDPからダウンロードすればちゃんと縦表記になります
また、mobiでKDPにアップした物が、全く同じに表記されるかといえば、違う場合もあります。

今回は『β』がそうでした。
ただ、この『β』はアステローペではちゃんと縦表記できてます。
それが今回のX-723のテディーベアでは横表記になってしまう・・・


何コレ??


と暫く悩んだのですが、何となく分かったのが、使用したしたフォントの違い。

アステローペを一太郎で書いてる時のフォントとX-723のテディーベアを書いてる時のフォントが違う事に気付きました。
そこでアステローペと同じフォントにして変換し、KDPに再度アップしていました。

これでうまくいったかどうか?
KDP側からの返答待ちの状態です。


まあ、何にしてもとりあえず『X-723のテディーベア』は無事出版されました。
気になる人は、スマホにkindleアプリをインストして上記URLの『無料サンプルを送信』を選択してください。

プロローグと、第一章のさわりの部分までは読めます。


実は、このプロローグ、文章は短いのですがもの凄く苦労してるんです(笑
そもそも私もそうだし、皆さんの大多数も同じだと思いますが、「大気圏突入の詳細プロセス」なんて知らないでしょ?(笑
実は、今回は異星での物語なので、冒頭部分にどうしても異星に降り立つシーンを入れたかったわけです。
それで、実は火星探査機のキュリオシティーの大気圏突入プロセスを参考に書いてます。

読んだら短い文章なんですが、実はここ凄く時間かかってる所です(笑

へぇ、そうなんだ・・・

と思いながら、無料サンプルだけでもいいので読んでもらえたら幸いです<(_ _)>


さて、コメント欄でコメントを頂いていたTomoさん(でよかったかな?)から写真付きのメールを頂いたので紹介します。

miniファミ

ファミコンミニを分解してディスプレイに直結したようです。

これ、中学校(かな?)の学園祭で出品した物のようです。

まあ、ここに集う改造マニアの人にしたら初歩的な改造と思うかも知れませんが、実はちょっと感心してしまった事があります。
Tomoさんはファミコンミニは持っていたようですが、ディスプレイは予備が無かった。
でも、ディスプレイは買えば安物でも1万円ほどします。
でも、Tomoさんのような中学生にとって1万円は大金です。
そこで彼は、電源部分が壊れかけていて廃棄寸前だった学校のディスプレイを譲り受けて今回の改造をしたようです。

これはTomoさんにもメールで返しましたが、こういう姿勢を私はとても嬉しく思うわけです。

なぜなら、「改造したいけど金がない! どうしよう?」と彼が悩まなかったら今回の改造は多分この世に存在してません。
「金が無いけど何とかしたい!」という思いが今回の改造を呼び込んだんです。

『改造』ってのは基本的に「少ない投資でより多くの満足を手に入れる方法」ってのが私の考えです。
市販の物を数万円出して買えば済む事を、数千円で同等の性能まで持って行こうと改造する。
これそこが『改造』の醍醐味なのです(笑

Tomoさんのメールを読んで、私が中学生の頃、こんな強い思いあったっかなぁ・・・と胸に手を当てた時、まったく思い
つかなかった(笑

やっぱ、人間は誰かに与えられた物で満足しちゃダメだよね・・・(笑

そんな事を思いつつ、部屋でビール飲みながらこのblog書いてる私は、多分「ダメな大人」です(笑

でもまあ、とりあえずは小説も途中で投げ出さずに最後まで書けたし・・・
今回で5作品目だし・・・


いいんじゃないかな?


おっちゃんは、おっちゃんなりの「頑張り(あがきとも言う)」ってのがあるのです(笑