サイト内検索を導入しました!過去記事探しにご利用下さい!ヽ(^◇^*)/

って、ある意味自分用・・・( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

Google
WWW を検索 にゅーひぐらしblog内を検索

○○でも出来るポタアン(図解編)

CMOY改回路図

ド素人の池作り奮戦記


Kindleで小説を出版してみました(笑

即位礼正殿の儀が執り行われた日ですが、一般人の私は……2019/10/22 20:44:59

さて・・・


本日は即位礼正殿の儀でお休み……


天皇家に特別な思いがあるわけではありませんが、伝統を重んじながら平和な国家が出来ている今の日本は
我々、日本人にとってとても住みやすく良い国だと思います。

日本という国は世界でも割と珍しい国家です。
少なくとも、隣国の韓国に批判されるような「不良国家」ではないですし、普通に考えれば割と良い国家に分類
されると思うのですが、っこれは日本人のひいき目なんでしょうかね?

まあ、隣国に目くじら立てた所で明日の自分の生活が激変するわけでもないですし、穏やかに人生を全う出来
る国家に生まれたのだとしたら、人間としてとても幸運な事だとは思います。
だって、世界には戦争が継続している国もあれば、飢えや貧困に苦しむ人たちも大勢いるからです。

当然、日本には言論の自由が保障されていますから、天皇家批判をしようが天皇陛下万歳と叫ぼうが逮捕され
る事はありません(笑
そういった自由度が高い国家に生まれたことを幸運だと噛みしめ、今日ぐらいは「日本国万歳!」と皆で手を取
り合い、喜びを分かち合っても良い気がします。


さて、一般人の私にとっては即位礼正殿の儀は雲を掴むような話で正直あまりピンと来ません。
よって本日は朝起きてから割と真面目に小説の続きを書いてました(笑
今日は割と詰まらずにキーボードを打つ手が進み、最終章の一歩手前までたどり着きました。
最終章はこの小説を書くにあたって最初に頭に浮かんだシーンですから割と書きやすい。
よって、書くのにそれほど時間はかからないでしょう。

大変だったのは中盤です。
今回の小説はテラフォーミング中の惑星に調査のために降り立った一人の科学者が主人公で、その主人公が
地震災害に巻き込まれ、生還する物語です。
よって、生身のキャラはたった一人の主人公しか登場せず、後は主人公の幻影になります。
意外と一人のキャラだけで話を進めるってのはムズいです。

二人いれば会話をさせる事が出来、二人の様子などを描写すれば意外と文字数は稼げます。
ところが一人だと会話を成立させることが出来ず、主人公の心の言葉が中心となりますので、実質的には二人
のキャラが登場する話よりも文字数は半分しか稼げない……(笑

それと、テラフォーミング中の異星なんて実際に見た事なんてありませんから、どう表現して良いのか……(笑

今回は、そういった二重苦の話を書き始めてしまったので、途中であっさりと詰まり、短編なのに中断も含めて
二ヶ月以上かかってます(笑
しかも、時間をかけてる割に表現が拙い箇所が多く、書き上げてからの推敲に大分時間が掛かりそうです……

でもまあ、自己満足なんでしょうが、物語を空想して、それを文章にする行為はやっぱ楽しいです。
小説を書いてる以上、評価されれば嬉しいのは当然ですが、それ以上に自分の脳みそにある物語を文章化する
行為の楽しさの方が勝ります。

これは実際に書いてみないと分からない感覚なので、興味ある人も興味ない人もちょっと書いてみると良いです。
思った以上に自分の頭の中にある空想を文字に変換する作業が難しいと気付くはずです。
この経験はなかなかに貴重だと思いますよ(笑

てなわけで、
ずっと小説を書いてるのにも飽きたので、表紙のラフデザインを作ってました。

こんな感じ……

表紙案

タイトルはまだ仮題ですが、『X723のテディーベア』

まあ、今後タイトルも表紙も替えるかも知れませんが、こういった作業をするのもKDPの楽しみです(笑
何しろ、何から何まで自分でやらなければなりませんから……(笑
とりあえず、この小説を10月中にアップし、その後はアステローペIIIのプロット作りに入りたい……
ってか、アステローペIIIの構想なんてまだ欠片もありませんケド……(笑


それと、息抜きに久々にSteamでゲームを買ってみました。

GRIS

GRIS

このゲームは心の傷を持った少女の心の中での物語。
派手なアクションもない、とても淡々としたゲームです。

でも、キレイな音楽と相まって、独特の世界観を作り出すことに成功したゲームだと思います。

これ、動画



アニメーションの様に流れるように進む。
そして難しい操作は殆どありません。
よって、ゲームレベルもありません。

バリバリのゲーマーには物足りないかも知れませんが、ちょっと息抜き程度のライトゲーマーなら意外と短惜しめ
ると思います。

SWITCH版もあるようなので、暇な人はチョット遊んでみるのも良いかも・・・


さて……
小説の続きを書くか……