サイト内検索を導入しました!過去記事探しにご利用下さい!ヽ(^◇^*)/

って、ある意味自分用・・・( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

Google
WWW を検索 にゅーひぐらしblog内を検索

○○でも出来るポタアン(図解編)

CMOY改回路図

ド素人の池作り奮戦記


Kindleで小説を出版してみました(笑

非日常と日常のギャップを楽しむ(笑2019/06/15 23:15:57

さて・・・


今週の木金は仕事の関係で、蔵王にロケーションチェックに行ってきました。


一応仕事なのですが・・・
地元を案内してくれた人が折角来たんだからと色々案内してくれた関係で・・・
ほぼほぼ観光気分に・・・(笑


私はスキーとかしない人なので蔵王には今まで行ったことが無かったのですが、思った以上に良い所でした。
いや、観光目的で考えれば、それほど魅力的な場所が多くあるわけでは決して無いのですが、とにかく山に
囲まれた緑豊かな所です。

これからの季節、バイクを持ってる人はぜひツーリングに行って欲しい所ですね。
もちろん、車のドライブとしても最高です。(基本、山道でしかも道が狭いですが・・・)
何が最高って、観光地ズレしてないので、自然が一杯でしかも圧倒的に人が少ない!(笑

観光地特有の大型観光バスが駐車場にひきりなしと停車し、わらわらと観光客が降りてくるといった感じでは無く、
のんびりと緑濃いキレイな山やキレイな川の水を見て楽しむ。
そういうところが蔵王です。

もっとも私が行ったのが平日と言うこともあるのでしょうが・・・


でも、今から紹介する写真を見れば、何となく蔵王の良さが分かってくれるかもです。


まずは白石蔵王駅から蔵王まで行く道中にいきなり広がる・・・

牧草地

牧草地

これ、北海道の写真ではありません。蔵王です(笑
ここでは牧草を刈り取る作業をしてるらしく、牛とかが放牧されてるわけではありませんが、凄く気持ちいい!


そして、唯一の観光地らしい所と言えば・・・

お釜

蔵王のお釜

いわゆるカルデラ湖というやつです。
しかもまだ活火山と言うこともあり、火砕流避けの避難所があったします。

ここは山の頂上付近にあるので、天候が変わりやすくカスってる火が多いようですが、私たちが行った時は完璧!
キレイにカルデラ湖全景が見えました。
また山の峰にはまだ雪が残っていたりします。


さて、お釜を後にして、観光地でも何でも無い川沿いに来てみると・・・

小道

こんなキレイな小道があります。

しかも凄いことに人っ子一人居ません!
こんなにキレイなのに、人が居ないって・・・凄い・・・


さて、一応仕事らしいこともしてまして・・・(笑
VIPが宿泊する蔵王いち高級なホテルである「竹泉荘」に行って、打ち合わせもしました。

いや、ここは洒落にならないぐらい凄い所です・・・
あまりの素晴らしさに声が出ない・・・そんな体験を初めてしました(笑

すでべての備品にこだわりがあり、それこそイス一つをとっても、小物一つをとってもすべてが洗練されてます。
許可を貰って、食事ができる場所の写真を撮ってきました。

竹泉荘

左側のガラスの外側は中庭になっており、大きな岩と池があります。

いや、こんな所に泊まって、風景を見ながら食事でもしようものなら・・・(笑

プロポーズしたい女性がいる人なら、ここをお勧めします!
絶対に女性は「YES!」と言ってくれることでしょう!

でも、一人あたり最低4万円ほどは覚悟してください(笑

それにしても、ここの総支配人とお話ししながら施設を案内して貰いましたが、この総支配人がもの凄くカッコイイ!
白髪で、背が高くてそしてスリム。
物腰も丁寧ながら、会話はウィットに富み、決して相手を飽きさせない!
若い時はモテまくったんでしょうねぇ・・・
私もこういうジェントルマンになりたい!(笑

ここでは多分、玄関先で総支配人が出迎えてくれますのでお金に余裕のある人はぜひ一度訪ねて総支配人を見てください。
女性なら、一発で惚れてしまうことでしょう(笑

段取りの打ち合わせが終わり、折角だから川を見ていったらどうですか?と言われたので行ってみる・・・

滝

私はマイナスイオン効果を初めて感じました!(笑

もう、この人工の滝の所まで来た瞬間、空気が明らかに違うんです!
別段、ストレスを抱えてるつもりは無かったのですが、ここに来た瞬間、体がすっとリラックスするんです。

いやー、恐ろしいかな蔵王! 恐ろしいかな竹泉荘!

人が多い観光地はちょっと・・・という人はぜひ一度訪れてみることをお勧めします!
出来れば、お金を貯めて竹泉荘に宿泊してください。

お金というのはこういう使い方が正しい!と、玄関から室内に足を踏み入れた瞬間に感じることが出来るはずです。
それで、ゆっくりと温泉につかる・・・

これが贅沢という物です。


んで、帰宅し一夜明けた土曜日・・・
現実にひきもどされた私は・・・

電子化

電子化の続きをします・・・(笑


今回は安永航一郎を中心に攻めます・・・(笑