サイト内検索を導入しました!過去記事探しにご利用下さい!ヽ(^◇^*)/

って、ある意味自分用・・・( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

Google
WWW を検索 にゅーひぐらしblog内を検索

○○でも出来るポタアン(図解編)

CMOY改回路図

ド素人の池作り奮戦記


Kindleで小説を出版してみました(笑

庶民の味方・・・オーバークロック(笑2018/11/10 22:30:21

さて・・・


PCの動作チェックをして、色々いじってるうちに、マイPCのボトルネックになってる部分が気になり出しました。


それは、以前清掃した・・・

ビデオカード



このNvidia GTX960というチップを使ったビデオカードもかれこれ2年半ほど使ってます。
というよりたった2年半で性能はもう・・・(笑


そんなわけで、
amazonとかでちょっとビデオカードを調べてみると・・・


あり得ないぐらい、高い!


5万円とか6万円なんてのはミドルクラスで、GTX1080辺りになると10万・・・

何コレ・・・

と、ちょっと軽い浦島太郎気分を味わいました(笑


ビデオカードごときに5万円オーバーとか私にはありえん!(笑


てなわけで、
GTX980や980Tiあたりの中古も調べてみましたが・・・これもGTX980 で2万円弱とお高い・・・


ほんと・・・いつの間にビデオカードは高級部品になったんだろ?


てなわけで、
貧乏性の私には2万円オーバーのビデオカードなんてあり得ません・・・
そもそも最新のゲームとかやるわけではないので、そこまですごい性能なんて要らないモン!

と、鼻息荒く宣言したモノの、やはり最新カードの性能はよだれが出ます・・・(笑


そこでっ!

クロックアップ

オーバークロック!(笑

GIGABYTEには OC GURU IIというクロックアップツールがありそれを使ってみることにしました。

グラフィックカード ユーティリティ ←

ちなみに、設定数値はASCII.jpの数値を参考にさせてもらいました。

オーバークロック ←


これで、ベンチマークを走らせて、安定動作するかどうかと、現状の数値を確認しようと思います。
使ったベンチマークは、ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター ベンチマーク

ココ ←

コレを使ったのは、4Gamer.netに24種類のビデオカードのベンチマーク比較表があったからです。

ベンチマーク比較 ←


んでは、逝ってみましょう!\(^O^)/


おっ?

終了

終わった・・・

それにしても、最近のゲームはすごいですねぇ・・・(笑


おろ?

結果

意外といい結果だった(笑


ちなみに、オーバークロックの効果はこんな感じです。

比較

ノーマル状態のGTX960のスコアは7,183

私のオーバークロックしたGTX960は7.673
ノーマルより490ほどスコアが上がりました

クロックアップは約6.8%
まあ、こんなもんか・・・(笑


ちなみに、GPUの温度はベンチマーク実行時の最高温とでも64℃程
やはり、分解してグリスをCPU用に塗り直したのは効果あったのかな?
とても安定していました。
全体の負荷も80%程でしたので、まだ多少余裕がありそうです。


てなわけで、
どうせ買うなら、最低でもGTX1060で狙いはGTX1070辺りがよいという結果になしました。

もっとも1070はまだまだ高値ですから・・・


後2年後ぐらいに中古を狙います(笑


※昨夜書き込んだスコアは、設定が「高品質(ディスクトップPC」となっており、「最高品質」ではありませんでした。
  改めて最高品質でベンチを取り直して、内容を修正しています。

本日の「一期一会」(笑2018/11/16 23:24:02

さて・・・


ご無沙汰!(笑


てな訳でして、私の好きな言葉に「一期一会」というモノがあります。


出会いは生涯に一度しかないと考えて、機会を逃すな。てな意味です。
詰まるところ、本日はこれまで数限りなく繰り返してきた一期一会の話です(笑


さて、
私の今回の一期一会にあたって、用意したモノがコレ・・・

ヤニ取り他

強力ヤニ取りとエレクトリッククリーナー

ヤニ取りはそのままの意味で、タバコのヤニやその他の汚れを落とすモノです。
エレクトロニッククリーナーは水などが厳禁の電子基板に直接吹き付けて、ゴミやカーボンを除去するものです。


これだけではありません(笑

グリスと熱伝導シート

CPU用グリスと熱伝導シート

CPUグリスはドイツ Thermal Grizzly社製のグリスで熱伝導率12.5w/mkというとても優秀なモノです。
そして熱伝導シートは3M製でこれまた熱伝導シートの割に熱伝導率3.0w/mkとなかなかです。


そして最後は・・・

ケーブル

Displayport → DVI-Dのケーブル2本


さあ、勘のよい人はこの段階で、私の今回紹介する一期一会のブツが分かったと思います(笑


てなわけで、
今回の一期一会ネタはコレです。

GTX980

Nvidia GTX980 リファレンスモデル(中古)

リファレンスモデルというのは、Nvidiaが作った回路をそっくりそのまま作った標準設計モデルで、メーカー独自の
チューニングなどは一切施されていないモデルのことです。

このカード、たまたまネットで中古のグラボを見たら、ドスパラ甲府で13,500円(税抜)で4台出てました。
それまでは(今も)14,900円(税抜)ですが、この時、この甲府店のモノだけ安かった。

送料を入れても全部で15,249円(税込)

これは買うしかない!とポチりました(笑


しかし、安いのには理由があって、「タバコ臭がするので、ランクD」となっていた点です
そこで、ヤニ取りの出番という訳です(笑

どのみち私の場合、中古のグラボとかは必ず分解・清掃をするので、タバコ臭がしようが問題ないというわけです。


てなわけで・・・

分解01

早速、分解開始(笑

確かに、パーツ、パーツにヤニがこびり付いてますね。


ヒートシンクの上にかぶせてある透明アクリルも・・・

変色

うっすらと黄色いヤニが付いています。


とりあえず、

分解02

基板が見えるまで徹底的にバラしました(笑


んで・・・

ヤニ取り

ヤニの除去開始(笑

確かにこのスプレー、泡と一緒に面白いようにヤニが溶け出します。

泡が消えるまで放置して、その後は水洗いをします。



んで・・・

乾燥

水垢のダマが付かないように、軽く水分を取って自然乾燥します。


基板部分は・・・

基板

エレクトロニッククリーナーできれいにして乾燥させます。

これで、パーツも基板もピカピカになり、ヤニ臭も一切なくなりました。
後は分解と反対の方法で組めばよいのですが、これではまだ私的には不十分です(笑


てなわけで・・・

プレート

基板とヒートシンクの間に挟まっている金属プレートの汚れた熱伝導シートをすべて剥がします。

そして、ファンも外して、プレートはヤニ取り → 水洗いします。


流石にファンにヤニ取りを吹きかけるわけにはいかないので・・・

クーラー清掃

ブラシと歯ブラシと無水アルコールをしみこませた綿棒で、ファンのブレードを一枚ずつ丁寧に清掃します。

このリファレンスモデルのファンはブレードの隙間が狭くて清掃しにくい!(笑


さて、ファンもプレートも清掃も終わったので、

熱伝導シート

熱伝導シートをカットして、貼り付けてゆきます。

後は分解と逆に組み立ててゆけばOKです!\(^O^)/


んで・・・

完成01

完成02

完成!\(^O^)/

新品とまではいきませんが、十分に「中古美品」程度にはなりました(笑


苦労した甲斐もあって・・・

背面

配線側のプレートもきれい!


そして・・・

ファン

ホコリとヤニがこびりついていたファンもきれいになった!


で、

装着

今までのGTX960を外してGTX980を入れました。

GTX980は長い!(笑
フルタワーのケースでもギリギリです。
これ、ちょっと小さめのミドルワターだったら入らないかも・・・


んで、
実際に動かしてみましたが・・・


無事映像が出ました!\(^O^)/


ベンチなども取ったのですが、本日は長くなったのでこれまで・・・(笑

GTX980の続き2018/11/18 02:08:10

さて・・・


昨日の続きです。


昨日紹介した、GTX980のリファレンスカード
一世代前とはいえ、当時は5万円オーバーのフラグシップ!
GTX980Tiなら、最新のGTX1070に引けを取らないほど優秀です。


私はこれまでミドルクラス以下のGPU搭載ビデオカードしか使ったことないので、GTX980は一世代前とはいえ、
私にとってはハイクラスのビデオカードです(笑


さて、
せっかく、一生懸命ヤニ取りをしてキレイになり、動作も問題ないことが確認されたので、やる事は決まってます(笑


BenchMark!(笑


てなわけで、
今まで使っていたGTX960と比較しやすいように、ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター ベンチマークを
使ってみようと思います。


んで、結果

ベンチ01

おおっ!こういったベンチソフトで初めて1万台のスコアが出た!(笑

私は今までミドルレンジのビデオカードしか使った事がないので、1万台のスコアは素直にうれしい!\(^O^)/
前回のGTX960がオーバークロックしても7673しか出てない事を考えると、11574というスコアは凄い!


で、
気分を良くして、前回参考にした4Gamer.netを覗いてみると・・・


はれ? 同じGTX980 リファレンスカードのハズなのに、4Gamer.netのGTX980の方がスコアがいい・・・

4Gamer.netのスコア  12371
私のGTX980のスコア  11574

ちょっと!
何で、同じリファレンスカードなのに800ほどスコアが違うのよ!


さて、
リファレンスカードというのは、昨日も書いたとおり標準設計モデルで、GPUクロックもメモリークロックも安定動作する
範囲内で固定されています。
メーカー製はヒートシンクやファンを改良して熱伝導効率を上げて独自にオーバークロックしている訳です。


つまり・・・


やるか・・・オーバークロック!(笑


てなわけで、
GIGABYTEのOC GURU IIを使って、オーバークロックしました。

GIGABYTE製じゃないのに動くの?

と思う方もいると思いますが、動いちゃうんですよ、これが・・・(笑
結局の所、メーカー製だろうが、ノンブランドのリファレンス製だろうが、搭載されてるGPUは一緒だし、多分基盤の回路
もほぼほぼ一緒だと予想できます。


で、
状況を確認しながら、何度か設定を変えて、コレに落ち着きました。

OC

GPU CLOCKは+130MHzまで上げてもベンチが完走しました。

しかし、上げた以上にスコアが伸びないので、安全と廃熱効率を考えて+120Mhzにとどめました。
メモリーはメーカー製のオーバークロック版と同じ程度まで上げています。


さあ、これでどーだ?

OC

よっしゃ!キタコレ!12757!


てなわけで・・・

スコア

4Gamer.netのスコアを400程上回っただけでなく、GTX1060(6GB)も上回った!(笑

最新のGTX1060(6GB)にスコア的に勝った事で大満足(笑
でも、ベンチマークの画面見てても、GTX960とGTX980の違いとかいまいちよく分かりません(笑
GTX980の方が引っかかるところがなく、スムーズだとは思うのですがねぇ・・・

詰まるところ、ベンチマークのスコアなんてのは単なる数値上の目安みたいなもんですね
ベンチマークのスコアとか気にしながらゲームで遊ぶわけでもないしねぇ・・・(笑


さて、最後
ビデオカードに限らずCPUとかもそうなのですが、これらICチップの場合はどうやって効率よく廃熱するかがポイント
となります。

そこで、ベンチマークをガンガン回して、80℃位まで加熱されたGPUチップがちゃんと排熱できてるかどうかをチェックします。


私のGTX980はベンチを終了して、2、3分程アイドル状態で放置すると・・・

温度

GPUの温度が28℃程まで下がります。

GTX980とかは、電気の大食らいビデオカードと思っていましたが、以外と通常使いでは温度が上がらず、それに伴い
電圧も上がりません。

ゲームで遊ぶのはもちろんの事ですが、意外と通常使いでもそこそこ良いビデオカードかもしれません。 それと、GPUのグリスと熱伝導シートを良い物に交換した効果も出てる感じで一安心

買って良かった、GTX980の中古!(笑


PS.

本日もなんやかんやとGTX980のオーバークロックをいじって遊んでました(笑

で、設定ソフトをGIGABYTEのOC GURU IIからMSIのAfterburnerに変更しました。
MSIの方がOC自体の動作が安定してる感じだし、何よりネーミングが良い(笑


Afterburner

とりあえず、こんな感じ


んで、設定を煮詰めていて、おいしいところが見つかったのでベンチを取ってみると、とても良いスコア出ました!

ベンチ

13022!\(^O^)/

これで、高負荷の3DMARKとかぶん回してみましたが、安定動作してくれましたのでこの辺りでよしとする事に
しました(笑


これで、最新のGTX1070以上が中古市場に安く出回る頃まで十分に戦えそうです。
何しろ私・・・最新のゲームとかしない人で、未だにDiablo IIIとかやってる人ですから・・・(笑