サイト内検索を導入しました!過去記事探しにご利用下さい!ヽ(^◇^*)/

って、ある意味自分用・・・( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

Google
WWW を検索 にゅーひぐらしblog内を検索

○○でも出来るポタアン(図解編)

CMOY改回路図

Kindleで小説を出版してみました(笑

雪と新作小説「幸せのチケット」2018/02/03 00:27:54

さて・・・

本日も関東地方は雪でした・・・

関東平野部では雪は珍しいのですが、今年は2週連続で降るという珍しい事態です。
やっぱ、地球全体の気流とかに変化が出てきてるんでしょうかねぇ・・・

てなわけで、
毎年恒例の1月の出張地獄も無事に終了し、本日は雪というのもありお休みしました。

久々なのんびり感を味わう。

人が働いてる時間に、家でボーッとするのは、ある種の満足感を感じながら、一方で罪悪感にもとらわれたり・・・
中々に感慨深い物があります(笑

てなわけで、
午前中は津々と降る雪を見てました。

雨樋

屋根から、前回降った溶けかけの雪が覗き、それに新雪が積もる

これは雪国ではない、関東平野部ではなかなかに珍しいことです。


で、
前回紹介した雪だるまも、段々溶けてスリムな姿に変わっていったのですが・・・

新雪

そこにも新雪が降り積もる。

しかし、これで雪だるまは元の大きさ近くまで戻ると思いきや、雪から段々みぞれに変わり、その水分によって
一気に溶け出しました。
北側の屋根に降り積もった雪も、みぞれの水分で溶けて、屋根から滑り落ち、時々『ドサッ』という音を立てて
地面に落ちてました。

雪が降っても、何となく春が近づいてきたんだなぁと思う・・・


さて、
本日はよしもとの「原作開発プロジェクト」用の小説の最終ブラシュアップをしてました。
そして、お昼頃に出版手続きに入り・・・

出版

無事、出版されました。

幸せのチケット ←

今回の応募規定は1万~5万字と少ない。
そこで私は簡易的に、焦点を絞って書くことにして、応募規定の丁度真ん中あたりの2万7千字程でまとめました。
2万7千字は読書時間に換算すれば1時間ほどで読み終える量です。
詰まりは、読み手にとっては電車に乗ってる合間にサクッと読めてしまう文章量となります。

しかし、書き手側にとってはたかだか2万7千字、されど2万7千字です。

小説ってのは、文章の多い少ないに関わらずきちんと『物語』として成立してなければなりません。
そして、成立してるだけではダメで、『面白く』なくてはなりません。
ここが作者の力量になってくるわけです。

で、
作者ってのは、書いてる途中で物語が破綻しないように、まず最初に「プロット」を書きます。
「プロット」というのは物語の要約のような物です。
物語がどういう風に始まり、途中で様々な紆余曲折があり、物語の伏線があり、それを最後にまとめる。
といった大ざっぱな筋道を考えるわけです。

で、
そのプロットに従い、文章を肉付けする作業が本編作りに相当します。

この「プロット」を作る作業というのは作家によって多種多様です。
登場するキャラの性格や、身体的特徴等など細かく作る人も居れば、ざっくりと考えて本編を書き出す人もいる。
得てして言えば、「ざっくりと考えて描き出す」ってのはプロ作家に多く見られる特徴のようです。
対してアマチュア作家は自分の小説に自信が無いので、色々細かく考えてしまうようですね。

私は、別段プロの先生でも何でも無い、ただの素人ですが、以外と「ざっくり考えて描き出す」タイプです。
アステローペの時もそうでしたが、色々考えて描き出しても、結局そのプロット通りに進みません(笑
書いてる途中で「あっ、こう動かした方が良いな!」と思ってしまうと其方に脱線。
脱線しては、物語の筋道がちゃんとするようにプロットを修正する。
そんな作業をしながら進めるパターンです。

今回の「幸せのチケット」も冒頭部分とラスト部分だけが明確に頭の中にイメージされた状態で、途中辺りは
プロット時に考えた内容と大分変わってます・・・(笑

どうしてそういう事が起こるのかと言えば、「キャラが勝手に動き出すんです」(笑

文章を書いてる瞬間、物語の進行に詰まって筆が止まった瞬間などに、キャラが頭の中で勝手に動き出し、
勝手に喋り出す瞬間があります。
それを頭の中で想像してると、「あっ!これで行こう!」ってのが出てくる瞬間があります。
それを文章化して、先に進める。

今回の「幸せのチケット」は2万7千字と非常に短い、小説では「短編」に類する物ですが、
作者がその世界観を創って、1冊にまとめるのに最低でも1ヶ月ほどは掛かるでしょうね。

かく言う、私は途中の中断も含め、プロットを構想してから書きあげるまでの実に3ヶ月も掛かりました(笑

てなわけで、
久々に気分良く酔うことが出来ます・・・(笑

なぜなら、

作品の善し悪しを決めるのは読者
作者は何処まで行っても自己満足

だからです(笑