サイト内検索を導入しました!過去記事探しにご利用下さい!ヽ(^◇^*)/

って、ある意味自分用・・・( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

Google
WWW を検索 にゅーひぐらしblog内を検索

○○でも出来るポタアン(図解編)

CMOY改回路図

Kindleで小説を出版してみました(笑

雪と新作小説「幸せのチケット」2018/02/03 00:27:54

さて・・・

本日も関東地方は雪でした・・・

関東平野部では雪は珍しいのですが、今年は2週連続で降るという珍しい事態です。
やっぱ、地球全体の気流とかに変化が出てきてるんでしょうかねぇ・・・

てなわけで、
毎年恒例の1月の出張地獄も無事に終了し、本日は雪というのもありお休みしました。

久々なのんびり感を味わう。

人が働いてる時間に、家でボーッとするのは、ある種の満足感を感じながら、一方で罪悪感にもとらわれたり・・・
中々に感慨深い物があります(笑

てなわけで、
午前中は津々と降る雪を見てました。

雨樋

屋根から、前回降った溶けかけの雪が覗き、それに新雪が積もる

これは雪国ではない、関東平野部ではなかなかに珍しいことです。


で、
前回紹介した雪だるまも、段々溶けてスリムな姿に変わっていったのですが・・・

新雪

そこにも新雪が降り積もる。

しかし、これで雪だるまは元の大きさ近くまで戻ると思いきや、雪から段々みぞれに変わり、その水分によって
一気に溶け出しました。
北側の屋根に降り積もった雪も、みぞれの水分で溶けて、屋根から滑り落ち、時々『ドサッ』という音を立てて
地面に落ちてました。

雪が降っても、何となく春が近づいてきたんだなぁと思う・・・


さて、
本日はよしもとの「原作開発プロジェクト」用の小説の最終ブラシュアップをしてました。
そして、お昼頃に出版手続きに入り・・・

出版

無事、出版されました。

幸せのチケット ←

今回の応募規定は1万~5万字と少ない。
そこで私は簡易的に、焦点を絞って書くことにして、応募規定の丁度真ん中あたりの2万7千字程でまとめました。
2万7千字は読書時間に換算すれば1時間ほどで読み終える量です。
詰まりは、読み手にとっては電車に乗ってる合間にサクッと読めてしまう文章量となります。

しかし、書き手側にとってはたかだか2万7千字、されど2万7千字です。

小説ってのは、文章の多い少ないに関わらずきちんと『物語』として成立してなければなりません。
そして、成立してるだけではダメで、『面白く』なくてはなりません。
ここが作者の力量になってくるわけです。

で、
作者ってのは、書いてる途中で物語が破綻しないように、まず最初に「プロット」を書きます。
「プロット」というのは物語の要約のような物です。
物語がどういう風に始まり、途中で様々な紆余曲折があり、物語の伏線があり、それを最後にまとめる。
といった大ざっぱな筋道を考えるわけです。

で、
そのプロットに従い、文章を肉付けする作業が本編作りに相当します。

この「プロット」を作る作業というのは作家によって多種多様です。
登場するキャラの性格や、身体的特徴等など細かく作る人も居れば、ざっくりと考えて本編を書き出す人もいる。
得てして言えば、「ざっくりと考えて描き出す」ってのはプロ作家に多く見られる特徴のようです。
対してアマチュア作家は自分の小説に自信が無いので、色々細かく考えてしまうようですね。

私は、別段プロの先生でも何でも無い、ただの素人ですが、以外と「ざっくり考えて描き出す」タイプです。
アステローペの時もそうでしたが、色々考えて描き出しても、結局そのプロット通りに進みません(笑
書いてる途中で「あっ、こう動かした方が良いな!」と思ってしまうと其方に脱線。
脱線しては、物語の筋道がちゃんとするようにプロットを修正する。
そんな作業をしながら進めるパターンです。

今回の「幸せのチケット」も冒頭部分とラスト部分だけが明確に頭の中にイメージされた状態で、途中辺りは
プロット時に考えた内容と大分変わってます・・・(笑

どうしてそういう事が起こるのかと言えば、「キャラが勝手に動き出すんです」(笑

文章を書いてる瞬間、物語の進行に詰まって筆が止まった瞬間などに、キャラが頭の中で勝手に動き出し、
勝手に喋り出す瞬間があります。
それを頭の中で想像してると、「あっ!これで行こう!」ってのが出てくる瞬間があります。
それを文章化して、先に進める。

今回の「幸せのチケット」は2万7千字と非常に短い、小説では「短編」に類する物ですが、
作者がその世界観を創って、1冊にまとめるのに最低でも1ヶ月ほどは掛かるでしょうね。

かく言う、私は途中の中断も含め、プロットを構想してから書きあげるまでの実に3ヶ月も掛かりました(笑

てなわけで、
久々に気分良く酔うことが出来ます・・・(笑

なぜなら、

作品の善し悪しを決めるのは読者
作者は何処まで行っても自己満足

だからです(笑

世の中ってさぁ・・・2018/02/06 23:55:14

さて・・・


だらけてます・・・

申し訳ございません・・・<(_ _)>


「幸せのチケット」を書いて以降、なんかやる気が抜け・・・
本来、好きだったハズのガジェット弄りも全くやってない状態です・・・

毎日、飲んだくれてます・・・(笑


そういえば、かの文豪達も結構、私生活は乱れ気味の人が多かったような・・・
まあ、私は文豪ではありませんが、だらけ具合は決して文豪にも引けを取らない気がします(笑

2月に入っても、本業の仕事の方が結構忙しく、カレンダーを見ると、空いてる日がなくて・・・
スマフォのカレンダーを見てはため息を吐いてます(笑


そういえば、これ

XBA-N3BP

SONY XBA-N3BP+MUC-M12SM2

昨年の12月中旬に購入してから、通勤時には必ず使ってます。
ほぼほぼエージングは完了したと思いますが、

いいです! いや、本当にいい音です!

特に中音域の綺麗さに圧倒されます。
女性のボーカルを聞くと、生々しい声が頭の中に響いてきます。
また、邪魔にならず、かといって少なくない低音域、そして決して刺さらない高音域

全ての音が良く、かれこれ2ヶ月近く使ってるわけですが、今でも音楽聴くとワクワクします。
このイヤフォンとは多分長い付き合いになりそうです。

カナル型イヤフォン一つとっても、下は数百円から上はうん十万円まであるわけですが・・・
やはり、体感的には1万円を超えた辺りから良さが出てきます。
で、2万円を超えた辺りから、スコーンと音が良くなる。
それ以降は変化が微妙になりつつ向上するといった感じな気がします。

詰まるところ、それなりのお金を積んだ物は、その価値があると思うわけです。

ノートPCとかも一緒で、見た目は同じで、液晶のサイズが一緒でも、CPUやメモリーやSSDの性能によって
コロリと変わります。
そういった意味で、イヤフォンよりも分かりやすいのがPCの世界かも知れませんね

何を言いたいのかと言えば・・・

新しいMacBook Proが欲しいんだよ!

もう、2.5kgもある古いMacBook Proを持ち歩きたくないんだよぉ~(/_;)


あー、公募した物が大賞に入って、賞金でも貰えないかなぁ・・・


などと、不純なやつのところにそんなラッキーなことなんてあり得ないと分かってますよ・・・


やっぱ・・・
世の中ってのは、です(笑

プルームテックなるもの2018/02/07 23:36:32

さて・・・


本日の話題は「電子タバコ」になります。


タバコ嫌いの方、申し訳ありません・・・
せろおさん、ごめんなさい・・・


てなわけで、
本日昼過ぎに、近くの街角のたばこ屋さんのおばちゃんのところにiQOS買いに行きました。
さて、昭和初期の頃はたばこ屋さんが普通にあり、そこの店員が美人だったりすると「看板娘」などと
もてはやされていたようです。
※もちろん、その時代の事は私もよく分かりません(笑

それが時代の流れとともに、そういったお店はドンドンなくなっていきましたが、私の仕事する界隈には
まだそういったお店がちらほらとあったりします。

さて、
話を戻しますが、50年前は「看板娘」だったと思われるおばあちゃんに
「iQOSのパープルメンソール下さい」
と話し掛けると、おばあちゃんはいまいちピンと来てなかったようなので
「紫色のパッケージのやつです」
などとガラス越しに話していると、そこのおばあちゃんの娘と思われる女性から声をかけられました。
「プルームテックって知ってます? 吸ったことありますか?」
「名前は知ってるけど、イマイチ美味しくないと聞いたから、吸ったことはないなぁ」
と応えると、
「うちにも商品が回ってきたんですよ、ちょっと体験しません?」
と言われたので、興味本位で吸ってみる・・・
すると、「リンゴ味」が妙に気に入ってしまった・・・(笑
「あっ、普通のやつはイマイチだけど、このリンゴ味好きかも・・・本体いくら?」
「4,000円です」
「よっしゃ、買った!」

んで・・・

PT

JTのプルームテックとリンゴ味のメビウス買っちゃいました・・・(笑

ネット通販などでは、品薄の時の名残で、5,000円以上で売ってるところもおおいですが、ちゃんとしたお店で
買えば、税込み4,000円で買えます。
転売屋には気を付けた方が良いですね。


しかも、今は・・・

会員

JTスモ―カーズIDに登録すれば、500円分の金券と交換できるキャンペーン中

詰まるところ、実質3、500円で買えます。


んで、中身

中身

充電用本体と、充電ホルダーとACアダプターと専用ケースのみ

4,000円は安いと思ったけど、安いのにはちゃんと理由があるものです・・・(笑
まあ、気を取り直して本体に充電を開始します。


さて、プルームテックのタバコ部分はこれ

タバコ

MEVIUSというJTのタバコブランドになります。


開封すると・・・

開封

1回で50回吸えるタバコの粉末が入ったカートリッジと、水蒸気の煙を発生させるアトマイザーが入ってます。

つまり、これをセットして、1箱で合計250回吸えるという仕組みです。
構造自体は、一昔前に流行ったタバコ型のアトマイザーと一緒です。
違うのは、こっちは「タバコ」扱いですから、当然未成年者は吸えません。


セット方法は・・・

セット

3つのパーツを一つにするといった構造です。


んで・・・

リンゴ味うま・・・

でも、タバコとしては全然物足りない・・・

そのうち飽きちゃいそうな予感・・・(笑