サイト内検索を導入しました!過去記事探しにご利用下さい!ヽ(^◇^*)/

って、ある意味自分用・・・( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

Google
WWW を検索 にゅーひぐらしblog内を検索

○○でも出来るポタアン(図解編)

CMOY改回路図

Kindleで小説を出版してみました(笑

ASUS Xonar DSXのコンデンサを交換してみる。-その2-2017/09/30 10:13:29

さて・・・


昨夜に引き続き、ASUS Xonar DSXを弄ります(笑


今回もコンデンサを交換するわけですが、昨夜とはちょっと状況が変わるので、まず最初に現在の状況を確認
します。

現状

現状はこうなっています。

Xonar DSXは一番上のスロットに挿入しており、直下にはビデオカードが挿してあります。
コンデンサの長さを考慮しても、Xonar DSXとビデオカードの間には1cm程の空きがあります。


なんでこんなことをチェックするかですが・・・
今回取り付けるコンデンサはとても大きいのです(笑

今まで付いていたコンデンサと今回取り付けるコンデンサを比較すると・・・

コンデンサ

こんなに違います(笑

デフォルトで基盤に搭載されてる電源周りのコンデンサは台湾のCapXon 16V 220μFです。
今回はこれをニチコンに交換します。

CapXonは10年ほど前までは信頼性がとても低く、頻繁に液漏れとかを起こしていたようです。
今は流石にそんな事は無いとは思いますが、ここはやっぱ日本製のコンデンサを使いたいところです。
何しろ、電源周りは安定性が命ですから、しっかりと蓄電するコンデンサを使いたいからです。


てなわけで・・・

外し

CapXonのコンデンサ、3つを基盤から外しました。

しかし、これが結構大変・・・
昨夜も書きましたが、最近の基盤は人の手によって部品をハンダしているケースは希で、大概は機械が取り付け
ています。
よって、人間らしい「あそび」とかは一切なく、ハンダも最小限で取り付けられてます。
これを外すには、単純にハンダを除去する程度ではなかなか上手くいきません・・・
スルーホールになっている関係で、裏側のハンダを除去する程度では部品は外れてくれません・・・

そこで、交換する実装部品を壊すつもりで、表側からも加熱しないと外すのが難しいのが現状です。
よって、部品交換は昔の基盤に対して、基盤そのものを壊すリスクが飛躍的に増えました。
ここで紹介する内容も、ハッキリ言えばお勧めしません。
特に、ハンダゴテ慣れしてない初心者は絶対にやってはいけない改造だと思って下さい。


で、

取り付け

コンデンサの足を曲げたりしながら、狭いスペースにニチコンのコンデンサを取り付けます。


で、PCに戻すわけですが・・・

干渉

やはり、コンデンサが今までの物より長いので、下のビデオカードと干渉しました(笑


そこで、

取り付け

ビデオカードの下側のPCI-E(x1)に取り付ける事にしました。


んで、
早速音を聞いてみます。

今回はドライバーを入れ直さなくてもちゃんと音が出ました(笑

多分、音質的には劇的に変わる事はないです。
しかし、電源周りを安定させるってのは、基盤そのものの仕事を安定させる事になるので、悪い事では
ありません。


何よりも、使ってる本人の気分が良い!(笑


んで、
朝からずっと音楽聴いてます。


ホワイトノイズ、0


なかなか良いです(笑

コメント

_ へろへろ ― 2017年09月30日 20時36分04秒

> 今日のアキバ
 パーツを一通り揃えてきました。パーツに関しては末広町先の
aitendo はなかなかな感じで、この前に初めてきましたがお気に
入りになりました。
 ただ、結構疲れたし明日も仕事なので、今日は何もできないのが
痛しかゆしなところです。

 あと、ノート用の BD-RE ドライブのヂャンクが安かったので1台
捕獲してきました。

_ ひぐらし ― 2017年09月30日 22時10分27秒

へろへろさん

そういえば、aitendoは最近全く行ってないですね・・・
ってか、ジャンク通りもあまり散策しなくなったなぁ・・・

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策です
正解は、『あああ』です
8byte文字にして糞スパムの完全排除目指します

コメント:

トラックバック