サイト内検索を導入しました!過去記事探しにご利用下さい!ヽ(^◇^*)/

って、ある意味自分用・・・( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

Google
WWW を検索 にゅーひぐらしblog内を検索

○○でも出来るポタアン(図解編)

CMOY改回路図

Kindleで小説を出版してみました(笑

ASUS Xonar DSXのA/D周りのコンデンサを交換してみる。2017/09/29 22:58:03

さて・・・


久々の更新となってしまいました・・・


今週は火曜日が名古屋に日帰り出張、水曜日と木曜日は飲み会と・・・
なんかハチャメチャな週でした・・・

てなわけで、
帰宅後はバタンキューな日々が続いていたのですが、本日は体が疲れ切っていたので、
さっさと会社を後にして、久々にアキバを歩きました。


んで、こんな物を買ってきました。

買い物

オーディオグレードコンデンサ各種とハンダ吸い取り線


何をするためかと言えば・・・

当然、この前買ったASUS Xonar DSXのコンデンサを交換するためです(笑

ASUS Xonar DSXはそのままでも結構良い音がするのですが、ちょっと気になっていたのは、オペアンプに電力を
回す部分に使われているコンデンサです。
ココには一応ニチコンながら、通常の汎用品のコンデンサが使われています。

他の部分の、例えばD/Dコンバーター周りは汎用品でもあまり気にならないのですが、A/Dコンバーター周りは
やはりオーディオグレードを使いたい!(笑


てなわけで、
このASUS Xonar DSXはニチコンのコンデンサが多用されているので、A/D周りもニチコンにした方が良いだろうと

FG

ニチコン FGシリーズを秋月電子で買ってきました。

お値段、1個20円(笑

しかし、コンデンサという部品はオーディオの世界では大切な部品で、ここを交換すると音質が変わります。


さて、
ASUS Xonar DSXに限らず、最近の工業製品ってのは昔と違って人の手でハンダ付けせず、機械で全て組み立てられる時代だったりします。
そのため、スルーホールがギリギリのサイズの物が多く、単純にハンダシュ太郎のようなハンダ吸い取り機
では簡単に部品が外れてくれません。

事実、今回のコンデンサもシュ太郎ではびくともしませんでした。

そこで今回は、通常は使わない60Wの熱量の大きいハンダゴテとハンダ吸い取り線を使う事にしました。

①まずハンダ吸い取り線を外したいコンデンサのハンダ部分あてる。
②60Wのハンダゴテで加熱して、外す部品周りのハンダを吸い取る。
③ハンダ面に飛び出したコンデンサの線部分を加熱しながら、押し込む
④表側からも基板面を加熱して、一気にコンデンサを外す。
  ※外したコンデンサは再利用しようなんて、決して考えてはいけない!(笑
⑤スルーホールにハンダが残っていたら、一度その部分に盛りハンダして、ハンダシュ太郎で吸い取ると、
  穴がキレイになる。


んで、

外す

コンデンサ外し完了・・・

たった2つを外しただけですが、結構疲れました。


んで、

FG

FGコンデンサの取り付け完了!

OPAMP

オペアンプはOPA2604を採用する事にしました。


で、
早速PCに装着して、音を・・・ 音・・・


音が出ない!(|||ノ`□´)ノオオオォォォー!!

壊したのか?
壊しちゃったの?

と、かなーり焦りましたが、ドライバーを再インストールしたら、無事に音が出ました。
いやー、焦った・・・(笑


んで、
肝心の音ですが、良いです。

初期のままだと、低音が出すぎた感のあったOPA2604ですが、汎用品からFGに交換したら、ボワボワと出てい
た低音がすきっとして、良い感じになりました。

元々OPA2604はゴージャスな音出しで、ややもすると「元気はあるけどねぇ・・・」って音になりがちなのですが、
今回のコンデンサ交換で、OPA2604の良い面が良い感じに前に出てくるようになって気持ちいいです。


さて、
こうなると、電気回路に使われている台湾製のCapXonもニチコンに交換したくなる・・・(笑

こっちは音質には大きく変化は見られないでしょうが、どうもCapXonは信頼性がイマイチのようなので・・・

コメント

_ へろへろ ― 2017年09月30日 00時02分44秒

> 吸取り線
 アタイわ 1.5~2.0mm 幅が好きです。
 20W クラスの半田だと熱が逃げてしまってそれでも使いにくい
とか思ってしまいます。

 アナログ部分のコンデンサを全交換出来れば良いですね。
 造りはブラスターなので間違いないでしょうから、グランドが
A パートと D パートに分かれていたりしませんかね?

 ブツ色々と到着しているのですが、なかなか時間が取れません。
 マルツで注文したコネクタが届いているので、近々身請けに
アキバまで行かないとです。

_ ミノッキオ ― 2017年09月30日 00時05分49秒

バルス

_ ひぐらし ― 2017年09月30日 00時48分08秒

へろへろさん

本当は60Wクラスだと、他の実装部品に悪影響がありそうで、イヤなんですけど、やっぱこういった実装系には有効ですね。
アナログ部分はこのカードにとってはおまけみたいなもんですから意外とA/Dに関わる部品は少ないです。
ただ電源周りに使われてるCapXonは交換したいです(笑

流石に実装面の配線を目で追うのは無理っぽいので、回路は追っかけてません(笑
ただ、OPAMPの出口側にコンデンサ用の空きパターンがあって、これが何なのかとても気になってます(笑


ミノッキオさん

そういえば、今日ラピュタ放送してましたね(笑
私は交換したコンデンサがちゃんと仕事してるかの確認と、コンデンサの自動修復の為にずっと音楽聴いてました(笑

_ ミノッキオ ― 2017年09月30日 14時08分50秒

といっても、ラピュタを見たことがない私には元ネタが分かんないんですけど(笑)

いまだにポケモンが人気あるみたいですが、
その「Newニンテンドー2DS LL モンスターボールエディション」が面白いですよ・・
価格が1000円くらい高いので何か違いがあるのかと思ったら・・
本体中央には、ボタンが立体的に再現されていて、モンスターボールのボタンを押す感触を楽しむことができるよ!
・・だそうです。バルス!!(笑)

そして・・とりあえず、ミニスーパーファミコンは諦めました。バルス!!!(笑)

後、希望の・・バルス!!!!(笑)

_ せろお ― 2017年09月30日 14時34分58秒

SNSは嫌いなので基本的にはやらないのですが、
(なんかプレゼントくれるときだけ利用)
昨日は初めてバルス!してさえずりのサーバーを攻撃してやりました(笑)

ASUSのサウンドボードは恒例のプレゼントに出てくると期待していたのですが、
まだまだ、いじり甲斐がありそうですね

_ ひぐらし ― 2017年09月30日 22時05分59秒

ミノッキオさん

ラピュタは名作ですので、一度見て下さい。

ポケモンはGB時代から一度もやった事なし・・・(笑
Pokemon GOもとっくに飽きて、スマフォからも削除しちゃいました(笑


せろおさん

バルス祭りには一度も参加した事無し・・・(笑

ASUS Xonar DSXはなかなか楽しいボードです。
弄った分だけちゃんとレスポンスが返ってくる素直な良いボードです(笑
まあ、アナログ回路に関わるコンデンサは全て交換しちゃったので、これ以上はあまり弄る要素がありませんが・・・

_ なる ― 2017年10月01日 15時15分24秒

ハンダを取る時は 最初にハンダを盛ってから 記載されているように吸ったら 多少は苦労しないのかも?

取りにくい時は 盛りませんか? 気合で吸いますか?

_ ひぐらし ― 2017年10月01日 22時36分41秒

なるさん

ハンダ盛りは有効な手段です。
ただ、今回のような機械でハンダ付けされてる基盤の場合、盛りハンダ後にハンダ吸い取り機で吸い取っても、まず外れません。
そこで、盛りハンダ後にハンダ吸い取り線で基盤裏側のハンダをある程度吸い取ったら、表側の部品を壊す覚悟(再利用しない)で、少し持ち上げて、表側からも加熱して部品を抜き取る感じです。

これだと高確率で基盤を傷付ける事無く、部品を外せます。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策です
正解は、『あああ』です
8byte文字にして糞スパムの完全排除目指します

コメント:

トラックバック