サイト内検索を導入しました!過去記事探しにご利用下さい!ヽ(^◇^*)/

って、ある意味自分用・・・( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

Google
WWW を検索 にゅーひぐらしblog内を検索

○○でも出来るポタアン(図解編)

CMOY改回路図

Kindleで小説を出版してみました(笑

16年ぶりのDreams come true(笑2017/09/08 00:32:41

さて・・・


急に、AV熱が再燃しまして、とうとう10年以上越しの夢を叶えてしまいました・・・(笑


てなわけで、
Amazonでこの中古を購入してしまいました。

MDR-DS8000

SONY MDR-DS8000

これ、新製品として発表されたのが、2001年9月20日です・・・。
今日はは2017年9月7日ですから、実に16年前に発売になったサラウンドヘッドフォンシステムです。

当時、ヨドバシカメラのオーディコーナーで試聴し・・・
そのリアルな音場に驚き・・・
欲しくて欲しくて堪らなかったのですが・・・
値段が高くて手が出ず・・・
そのうち、熱も冷めて・・・
そして忘れて・・・

といった製品です(笑
それが、この所のマイブームのサラウンドヘッドフォン視聴に触発され、遠い記憶がフラッシュバックしました(笑


それと、コレを使用するに当たって、これらも購入

購入品

左がeneloop pro
右がフェライトコア

MDR-DS8000は単三電池か、充電式電池で駆動します。
その中でも、このエネループプロは2500mAhと大容量!
これなら、長時間駆動が可能です。


それと、ダイソーで・・・

銅テープ

防虫銅テープを購入

これは何故買ったかは後ほど・・・(笑


さて、中身

中身

程度の良い中古で、ヘッドフォンもプロセッサーもとてもキレイです。

また、付属品は充電池以外全て揃っています。


で、
早速付属のチャージャーでエネループを充電してみましたが・・・

充電

チャージャーボタンが点灯し、問題無く充電出来てるようです。


さて、
このMDR-DS8000はACアダプターにノイス対策をしてあげると定位が安定するとネットで見かけたので、
早速その対策をしてみる事にしました。


まずは・・・

ノイズ対策01

ACアダプター本体に銅テープを巻いて、外部ノイズ対策(笑

ACアダプターにまんべんなく銅テープを貼ります(笑
これで効果があるのかどうかは分かりませんが・・・
まあダイソーで買ったテープですので、気分的なモノでも問題無し(笑


そして・・・

ノイズ対策02

線にはフェライトコアを装着します。

これでノイズ対策は出来たはずです。
写真では分かりにくいですが、コンセント周りはちゃんと外して銅テープを貼ってます。


さて、
SONYのサラウンドヘッドフォンシリーズはこのMDR-DS8000以降も発売され、7.1ch対応や9.1ch対応の機種
も発売になっていたりしますが、私はそれらにはあまり興味がありません。
なぜなら、私はこのMDR-DS8000のある部分に惚れ込んでいるからです。


それはココ

フルオープンエア

このヘッドフォンは50mmドライバーとイヤーパッドの間に空間があるのです。

密閉型では無い、開放型(オープンエア)というには解放しすぎ・・・(笑

フルオープンエアという呼び名が正にピッタリです(笑
このスペースが空いてる事によりどのような効果があるかですが、とにかく音場が広がります。
密閉型のヘッドフォンは、ヘッドフォンの空間内で音を出すので、低音が出たりといった特徴がありますが、下手
すれば音場が限定的になり、そして籠もります。
その点、このフルオープンエアタイプは音が外に盛大に漏れる代わりに、音場の広がりが密閉型に比べて遥かに
広くなります。

これは音楽を聴くといった用途では無く、映画やゲームで遊ぶといった場合にはとても理にかなってます。




プロセッサー

またMDR-DS8000にはプロセッサーという親機があります。

これは、光ケーブルで入力した音声データをサラウンド等に変換し、それをヘッドフォン側に赤外線で飛ばす役割を持って
います。
つまりは、こ私の場合はこれをPCに光ケーブルで接続するわけです。


PCの状況およびセッテイングは以下の通りです。

オプティカル

まず、オプティカル(光)を「規定値に設定」します。

気づきにくいかも知れませんが、実はアイコンをMDR-DS8000のプロセッサの画像に変更してます。
また、名前も分かりやすいようにMDR-DS8000に変更しています。


で、エンコード形式は以下の通り

エンコード

Microsoft WMA Pro Audioは非対応のようです。


んで、立体音響方式は・・・

立体音響

「なし」にします。

これは、MDR-DS8000側のプロセッサーに仕事をさせるためです。
ここの立体音響をONにしても別段問題はありませんが、PC側で処理した立体音響をもう一度プロセッサ側で
処理する関係か、音が少し籠もり気味になるので、「なし」に設定しています。


んで、
早速音を聞いて、ちょっと驚きました。

最初にヘッドフォンから音が出た時、あまりのも「前」から音が出てきたので、思わずPCの外部スピーカーからも
音が同時に出てるのかと、慌ててヘッドフォンを外したら、PCに接続されたスピーカーからは音なんて出てません
でした。

つまり、MDR-DS8000の音場の広さをいきなり体験させられました(笑

またMDR-DS8000にはヘッドトラッキングという機能があります。
これは頭をどこに傾けても、音は正面の画面側から常に出てる状態になるモノです。

コレにより、とても定位が安定した状態になり、映画などを観てる時はとても気持ちいいです。


てなわけで、
私的には、16年前のシステムでも十分に満足しました。
そもそも、最新の映画以外は7.1ch以上には対応してないソースが多く、仮想的に7.1chにしようが9.1chにしよう
がその効果はかなり限定的なモノとなるでしょう。
よって、今でも5.1chは十分に現役だともいえます。

「音」ってのは、16年前とそれほど変わってるわけでは無いよなぁ・・・

などと思うわけです。

いや、厳密に言えば変わってますよ。
今はデジタル処理される時代ですから、音の解像度も確実に上がっています。

でも・・・

人間の耳は16年前も今もアナログのままなのです・・・(笑