サイト内検索を導入しました!過去記事探しにご利用下さい!ヽ(^◇^*)/

って、ある意味自分用・・・( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

Google
WWW を検索 にゅーひぐらしblog内を検索

○○でも出来るポタアン(図解編)

CMOY改回路図

Kindleで小説を出版してみました(笑

メインPCと2ndPCをOCしてみる(笑2017/08/13 00:35:27

さて・・・


夏休み突入二日目・・・


相変わらずダラダラと・・・(笑


んで、
余った部品で組んだ2ndPCとメインPCのクロックアップなぞやってみました(笑


まずは2ndPCから・・・

このPCに搭載したCPUはINTEL i7-860という8年ほど前の初期型のi7です。
まあ、腐ってもi7ですから4コアの8スレッドを持ってます。

それでも最近のi5にアッサリと負けてしまう情けないi7です・・・(笑

i7-860はベースクロックが2.80GHzですが・・・

P55-01

これを一気に3.36GHzまで上げてみました。

私のi7は結構当たりロッドのようで、意外と耐性があるのは過去にも実施済みで知っていたので、何の躊躇も
なく一気に上げてみました(笑


さて、
問題無く起動したので、CPU-Zでベンチマークを取ってみました。
当然、通常の2.80GHzよりもスコアは上がってますので、アップした数値に一番近いCPUと比較すると・・・

P55-02

i7-2600Kとほぼ同程度のスコアまでOC出来ました。


ちなみに、これをメインPCに入っているi7-4790Kと比較すると・・・

P55-03

やっぱ当然ですが、全然敵いません・・・(笑

それでもそこそこのスコアが出たので、まだまだ十分に使えるレベルであることが分かりました。


ちなみに、クロックアップ後のCPU温度をHWMoniterで見てみると・・・

P55-HM

アイドル状態で40℃ちょっとで、負荷時でも60℃程度と数値的には全く問題無いようです。


さて、次!
今回移行したメインPCの方です。
こちらはWindows上からクロック調整を自動でしてくれる、AI Suite 3が手間いらずで便利なので、ソレを使って
OCしてみました。


その結果・・・

OC

ベースクロックが4.00GHzから11%アップの4.68GHzまでアップする事が出来ました。


この状態で、通常状態のi7-4790Kと比較すると・・・

Z97-01

当然、スコアは伸びています。


このOCでたたき出した数値で一番近いCPUと比較すると・・・

Z97-02

i7-7700Kよりもちょっとだけ下回る程度までアップしたことが分かります。


これは、何気に凄い!(笑


しかし・・・
i7-4790Kは熱問題を抱えたCPUと言われるとおり、HWMonitorで見てみると・・・

HM-Z97

通常クロック使用時よりも+14℃ほど温度が上がってしまいました。

アイドル状態で55℃ほどなら「ちょっと高いかな?」程度で済むのですが、高負荷状態だとちょっと・・・
そんな状態です。

ちょっと負荷をかけすぎたかなぁ・・・


と、AI Suite 3の数値を見てみると・・・

温度

AI Suite 3の方は、46℃程と表示されています。

HWMonitorは54℃
AI Suite 3は46℃

表示された温度差は8℃!

この温度差は誤差とは思えないほど大きいです・・・

どっちを信用すべきなのか?

と、ちょっと迷いましたが、AI Suite 3は一応、ASUSのソフトですから、自社製品の数字を信じることにしよう。
そう考えて、暫くの間これで様子見です。

AI Suite 3の数値が本当だとすれば、ENERMAX 水冷CPUクーラーはなかなかの性能です。


やっぱダブルファンというのは伊達では無い!


と、信じたいです・・・(笑