サイト内検索を導入しました!過去記事探しにご利用下さい!ヽ(^◇^*)/

って、ある意味自分用・・・( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

Google
WWW を検索 にゅーひぐらしblog内を検索

○○でも出来るポタアン(図解編)

CMOY改回路図

Kindle本、出版しちゃいました(笑

まとめ版の『アステローペ 源-gen-』を出版しました。

表紙をがらりと変えたら、ラノベっぽくなりました(笑

アステローペ 下巻 発刊でけた・・・2017/04/09 22:44:56

さて・・・


やっと・・・


やっと・・・・・・


やっと、小説を書き終えました・・・・


いやーっ、この2週間ほどは何か地獄でした・・・(笑
小説をダラダラと書いては止め、書いてはやめを繰り返し、1年近く掛けて書いたのですが、途中で挫折・・・(笑

とりあえず、上巻出して、その間に下巻で続き書けば良いよね・・・

と、逃げるようにして上巻を出してしまったもんですから、その後が大変でした・・・(笑
ここで何度も書いているように、プロットを書いて書き進めるうちに、脱線したり、急遽予定を変更したりして、
何度もプロットを作り替え、それなのにエンドはぼやけたまま・・・

こんなんで小説書けるわけねーじゃん!

と、作者本人ですらあきれかえるほど、内容が変わって行きます(笑

しかも、SFなんて空想の世界なんだから、好きに書けば良いじゃん!

と思って始めたわけですが、実はSFって「リアリティーな人間模様+科学技術」というとてつもなく頭をつかうジャンル
だと書き始めて気づきました。
特に下巻は近未来のお話なので、あんまり無茶な空想は出来ません。
また、理論構築も大切で、あまりにも都合が良すぎる設定ってのは読み手を飽きさせる原因になります。

それに、
科学的な知識も、医学的な知識も皆無なのに、作中のキャラクターをそれぞれの専門家として描くのは、恐ろしく難しい
事も身をもって体験しました(笑

世の中のライトノベルと言われる作品は「ファンタジーモノ」が多い理由もよく分かります。

ファンタジーの良くあるパターンは「異世界だから、違ってていいの!」と、作者の世界観を、主人公に体験させる事で、
読み手を強引にその世界に引き込めれば勝ちだからです。
その点、SFってのは現在の延長線上に存在する世界なので、異世界とは明らかにジャンルが違う・・・

ここが実は、一番しんどかったです・・・

まあ、
てなわけで、とりあえず「アステローペ 下巻」を発刊にこぎ着けました・・・



本日16:10頃にアップデートが完了し、発刊されるまで4時間ほど要した関係で、本日から始める予定だった
「無料キャンペーン」が設定できませんでした。
よって、

明日の4月10日16:00~12日16:00頃までが無料配布期間となります。

無料配布期間が短いように感じるかも知れませんが、前回の上巻の時は、最初の2日間ほどでDownloadしたい人には
殆ど行き渡った実績があるので、ダラダラと無料配布する事も無いだろう・・・と3日間に設定しました。

てなわけで、

無料なら、読んでやろう

と言う人は、4月10日16:00~12日16:00(太平洋時間)にどうぞ(笑

※太平洋時間になるので、日本時間の0時からスタートでは無く、16時頃からスタートになります。
 その点をお気を付け下さい。


さて・・・


久々に、ビールでも飲んで、ゆっくりします・・・(笑