サイト内検索を導入しました!過去記事探しにご利用下さい!ヽ(^◇^*)/

って、ある意味自分用・・・( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

Google
WWW を検索 にゅーひぐらしblog内を検索

○○でも出来るポタアン(図解編)

CMOY改回路図

Kindleで小説を出版してみました(笑

GPD Winはやっぱカワイイかも・・・(笑2017/03/19 01:16:10

さて・・・


かなーり今更ながらなのですが・・・


streamingにハマってます(笑


で、
Nvidia SHELD PortableでPCSX2のストリーム再生をやったら、思いの外結果が良かったので、この環境を何とか
他のデバイスに移植できないモノか?
等と考えていたら、そういうモノが既にある事に、今更ながら気づきました・・・(笑


てなわけで、キーワードは・・・


Moonlight Game Streaming ←


これは、Nvidiaのストリーミング環境と同じような事をやってしまうアプリです。
しかも、マルチプラットホーム対応!


てなわけで、
まずはXpera Z4 TabletにMoonlight Game Streamingをインストールしてみました。

Android ←

iOS ←


てなわけで、
Xperia Z4 tabletにMoonlight Game Streamingをインストールし、起動すると、母艦PCを検索してくれます。

設定1

母艦PCが見つかったら、タップします。


すると・・・

設定2

Android側の画面に4桁の数字がでて、母艦PCにはその4桁の数字を入れる画面が出てきます。

これで、ストリーミング再生する端末側と母艦PCがペアリングされます。


すると、自動で・・・

設定3

Geforce Experienceに登録されたゲームが端末側にでます。

しかし、これは私の環境だけなのかも知れませんが、Steamゲームのアイコン風壁紙はロードされませんでした。
※それでも、そのゲームを選択すれば、起動は可能です。


さて、
上の写真にもある通り、Moonlight Game Streamingを使えば、いとも簡単に端末と母艦PCのペアリングが出来ますが、
問題はそのゲームを操作するコントローラーです。
そこで私はPS4のコントローラーを使う事にしました。

PS4コントローラーはPCとBluetoothでペアリングできます。

やり方は簡単。
①母艦PC側にBluetoothのペアリングできる環境を整えます。
②PS4コントローラーの「PS」ボタンと「SHARE」ボタンを同時に長押しします。
③コントローラーの全面の部分が白く点滅したら、母艦PCのBluetooth画面でPS4コントローラーをペアリングします。

これで、完了です。
これで、PS4コントローラーは母艦PCのコントローラーとして認識されましたので、後は動かしたいゲームやエミュ
レーターのコントローラーのキーコンフィグをして上げれば、ストリーミングした画面を見ながらゲームが出来ます。

てなわけで、
Xperia Z4 Tabletは腐ってもスナップドラゴン搭載機ですから、以外とちゃんと動きました。

ただ、問題が一つ!

ストリーミング画面はWi-Fiで母艦PCと繋がっているので、Wi-Fi環境下なら何処でも使えます。
しかし、PS4コントローラーは母艦PCとBluetoothで接続されているので、多分、10mぐらい母艦PCから離れるとペアリング
か切れてしまう可能性があります。

よって、母艦PCの近くでなら遊べます(笑

しかし、これなら母艦PCで直接ゲームをすれば最高に快適な環境でゲームが出来るわけですので、わざわざMoonlight
Game Streamingを使ってストリーミングさせる必要がありません。

そこで、うーんと考えます。
Wi-Fi環境を持ちつつ、コントローラーも内蔵されてる端末は・・・あっ!


GPD Winじゃん!(笑


てなわけで、
GPD Winなら家庭内ストリーミングをするのに必要な条件を持っている事に気づきました。
しかし、GPD WinはWindowsマシンです。
そこで、本家のホームページに行くと・・・

Download ←

あった!

てなわけで、Windows、Linux、OSXの場合はJAVAで動かす環境になりますが、ちゃんとありました。
そこで・・・

①Moonlight PC v0.7.5のmoonlight-win32.jarをDownloadします。
 ※GPD Winの場合は、64bit版は上手く起動できないみたい・・・
②次に、JAVA本体をインストールします。(32bit版、64bit版両方を入れる。)

後は、moonlight-win32.jarをダブルクリックすれば、起動します。

画面は簡易になってますが、やる事は一緒で、GPD Win側から母艦PCとのペアリングを事項します。


で、ペアリングが完了すると・・・

選択

Geforce Experienceに登録されたゲームを選択、起動できるようになります。


で、
PCSX2が無事起動できたら、ゲームを起動せずに、まずはコントローラーのキーコンフィグを実施します。


私は、GPD Winの真ん中にあるコントローラーの切り替えスイッチを一番右のxinputに合わせました。
その上で、PCSX2のコントローラー設定を実施します。

設定1

「General」タブの設定はこんな感じです。


で、次にGPD Winのコントローラーのキーマッピング作業をします。

設定2

これで、当て込み完了!


後はPCSX2でゲームを起動すると・・・

GPD1

ゲーム画面キタ━━━(゚∀゚).━━━!!!

ってなります。
GPD Winも一応、Atomの最新CPU搭載機ですから、直接起動すると辛いですが、ストリーミングならサクサク動きます。


また、キーマップがちゃんと設定できてれば・・・

GPD2

GPD Winのコントローラーで画面を問題無く操作できます。


てなわけで、
試しに起動したDQ8は何の問題も無く遊べるレベルで再生されました。


なんか・・・


急に、GPD Winが可愛く見えてくる不思議・・・(笑


追記:

Geforce ExperienceでSHELD PCストリーミングを実施するには以下の条件が必要になります。

・OSがWindows7,8,8.1,10である事

・ディスクに空き容量が20MB以上ある事

・RAMが2GB以上ある事

・GeforceGTXクラスの1080,1070,1060,1050,1050Ti,TITAN X,900,700,600,900M,800M,700M,SELECT600M SERIES
 GPUが搭載されているビデオカードがPCに入ってる事

・CPUがIntel Pentium G シリーズ、Core 2 Duo、Quad Core i3、i5、i7 以降またはAMD Phenom II、
 Athlon II、Phenom X4、FX 以降である事

になります。
詳細は システム要件 をご参照下さい。

ストリーミング再生には意外と条件がある事を記入し忘れました・・・
自分のPCは古いですが、CPUがi7でビデオカードはGTX960に交換済みでしたので、全く気にしていませんでした・・・