サイト内検索を導入しました!過去記事探しにご利用下さい!ヽ(^◇^*)/

って、ある意味自分用・・・( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

Google
WWW を検索 にゅーひぐらしblog内を検索

○○でも出来るポタアン(図解編)

CMOY改回路図

ド素人の池作り奮戦記


Kindleで小説を出版してみました(笑

アメリカにFAXを送ってみる・・・(笑2015/10/05 01:00:14

さて・・・


Amazon Fire tabletの件も何となく落ち着いて・・・

本日は朝から猿のようにFire tabletでゲームしてました・・・(笑

7inchというサイズは片手で握れるサイズで、重さもそれほど負担にならないのでソシャゲーやるには
最適なデバイスですね(笑

とても気持ちよくソシャゲーが出来てしまうので、ついつい初心を忘れてしまいます。


さて、ここで言うところの「初心」ですが・・・
私は今回のAmazon Fire tabletを購入するのにはちゃんとした動機がありました。
私は以前よりこのblogで書いているとおり無謀にも自作小説を公開するつもりでいます。

で、

公開するならやっぱkindleだよねぇ・・・(笑

などと手前勝手に考えているわけでして、小説も全然中途半端なのに・・・
密かに公開の準備なぞしてみたりしてたわけなのですが・・・

世の中ってのはそんなに甘くありません!(|||ノ`□´)ノオオオォォォー!!

Amazonで小説などの本を公開するにあたっては、何かと「準備」が必要です。

・小説や解説本などを書く
・原稿以外に、表紙、目次などを作る
・本をkindleで公開出来る形式にする
・ロイヤリティーや価格などの設定をする
・拡販のためのプロモーションを設定する
・公開する

まあ、大体こんな流れで進めてゆくわけです。
この流れは出版会社で印刷本や電子書籍を出版する過程と一緒だと思います。
一つだけ違うのは・・・

ぜーんぶ自分でやらなければならない点です(笑

興味のある方はご参考にどうぞ・・・
kindle direct publishing(KDP) ←アフィリじゃないよ

まあ、自主出版なんて、基本的に同人誌と一緒ですから自分で印刷屋に原稿を持って行く感覚と一緒ですね(笑

しかし!
同人誌なら自分で原稿書いて、

印刷部数を決めて
印刷屋に持ち込んで
印刷して製本して
価格決めて
コミケで売る

で良いわけですが、kindleで自主出版しようとするとちょっと違ってきます。
それはAmazonがアメリカ企業であるために、販売に対する税がアメリカでかかることになりますが、基本的に出版するのは
日本在住の人間ですから、源泉徴収税の免除をアメリカ側に申請しなければなりません。

こんなやつ ←

この辺りは私も経理のプロでは無いのでさっぱりですが、とにかく「SS-4」なる書類を作成してアメリカにFAXすれば「EIN」
の番号が貰え、それをKDPの登録ページに記載しなければなりません。

コレがまた・・・(笑

てなわけで、
自宅のFAXではどうも上手くいかないので、幾度となくコンビニに足を運んではFAXしてるのですが・・・

送信エラー

全然送れない!(|||ノ`□´)ノオオオォォォー!!

なぜかエラーをはき出して、送れないと言われちゃいます・・・

しかし、この作業を委託業者に頼むと、何万円とするらしいので、どうしても自分で・・・(笑
んで、色々調べていたら、自宅からでもFAXの送信が出来る事が分かってきました。

海外にFAXを送る場合は色々とルールがあります。
IRSに記載されてる送付番号は(859) 669-5987となっていますが、このままダイヤルしても当然送信出来ません。
海外にFAXを送る場合のルールは・・・

010-国番号-相手のFAX番号

としなければなりません。
よって、アメリカのシンシナティーにあるIRSにFAXを送る場合は、アメリカの国番号である「1」を付けて・・・

010-1-859-669-5987

と、ダイヤルしなければなりません。
しかし、上の番号は「マイライン登録済み」の場合で、マイライン未登録の場合は更に番号を付けなければなりません。

NTTコミュニケーションズの場合
0033-010-1-859-669-5987

KDDIの場合
001-010-1-859-669-5987

ああ・・・なんと複雑なのでしょう・・・(つД`)

でもって、
私はこのマイラインの番号を付けてなかったら送信出来なかったのでは無いか?

で、
自宅で奮戦してましたが・・・


何のことは無かった・・・(笑


FAXに「00で始まる数字は入れないでください。」と言われ、自分の自宅がマイラインに登録されてることを知りました(笑
では、なぜ今まで自宅から送れなかったのか?


FAXの使い方が間違ってました・・・(笑


ちゃんと使ったら、

010-1-859-669-5987

をダイヤルするだけで何事も無かったようにFAXが送信されました(笑


後は1週間~1ヶ月とも言われ、FAXで返信が来るか、エアメールになるかさっぱり分からないEINなる番号を待つだけです。


自主出版の世界って孤独な戦いです・・・(笑


俳人の尾崎 放哉(ほうさい)の有名な句をしみじみと味わうことになります。


咳をしても一人


孤独感が良く出てますねぇ・・・(笑

『自称:小説家』の道のりはまだまだ続く・・・(笑2015/10/09 23:04:22

さて・・・

3日連続飲み会がやっと終わりました・・・
なんかこんなに呑まされたんでは早死にしそう・・・(-ω-;)


てなわけで、
昨夜も午前様になってしまいったので、さすがに疲れてそのまま爆睡・・・
AM6:20過ぎに起きて、風呂には行って出てきたら、奥さんから

「なんか英語のFAXが来てたよ。」

と言われたので、まさか?と思いながら見てみたら、IRSからの返信でした。

速い!(笑

私がSS-4と呼ばれるEINなる番号を取得する為にアメリカのIRSにFAXを入れたのが

日本時間の10月4日のPM21:47

返信がFAX出届いたのが、

日本時間の10月9日のAM6:42

たった4日半ほどでEINと呼ばれる9桁の番号が返信されてきました。
返信されたのは、私の送ったSS-4にEINの数字を手書きで追加した形でした。

FAXには幾つか審査のために書類が回った形跡があり、
まず最初に書類を審査して、最初のチェックを受けたのが10月5日のようです。
つまり現地時間でいえば届いたその日に最初のチェックを受けたことになります。
その後、現地時間の10月7日に最終チェックを受けたようで、その後FAXで返信されたようです。

つまり、実質処理日数は3日間ほどです。

こんなにもアッサリとEIN番号が取得出来るとは思わなかった・・・(笑


そんなわけで、
会社に行かなければならなかったので、はやる気持ちを抑えて出社・・・
帰宅後に早速「税に関する情報」を申請してみました。

まず、

001

申請前は「アカウント情報が不完全です。」と言われた状態になってます。


そこで、

002

登録を開始します。


では、
後の人の為になるかどうかは分かりませんが、私が進めた方法をば・・・(笑

003

まず、アメリカ人じゃ無いと宣言します(笑


次に、

004

日本在住の個人である点と、代理人の有無を入力します。


次に

005

定住書を半角ローマ字で入力します。


次に

006

「米国人テスト」なる物を確認して、何も該当しなければ空白にします。

そして、ここが問題なのですがTINに関する情報については書いてある内容がイマイチよく分からなかったので、
「米国のTINかつ外国(米国以外)の納税者識別番号を持っていない」
にチェックをいて先に進みました。←後記でこの部分を修正しています。


すると・・・

007

今まで記入した情報を元にW-8BENという書類が出てきますので、記載に間違いが無いかチェックします。


次に

008

電子フォームについて「同意」を求まられるので、よっぽどのことが無い限り「同意」にチェック(笑


次に

009

電子署名に関する詳細を求められるので、チェックを入れて署名を半角ローマ字で入れます。


んで、

010

W-8BENが受領されました。


これで完了!ヽ(^◇^*)/


画面が・・・

011

「完了」に代わりました。


しかし・・・
源泉徴収率は30%のままです。
そこで詳細を覗いてみると、「日本は源泉徴収されないから問題ないよ」と書いてある・・・

まあ、これでいいのかな?

と思ったのですが、ハタと気づきました・・・

苦労して取得したEINの番号をどこにも入力して無いんだけど??

どういうこと?(笑


もしかしたら、日本でkindleにて電子書籍を出版する場合はわざわざEINを取得しなくて良いのか??


全くの無駄?


そこで、
もうイチから入力をやり直して、TINに関する情報の所で、

「米国のTINを持っている」

にチェックすると、今度はEINの9桁を入力する画面が出てきました。
そこを入力して、その後は上と同じ手続きを続けると・・・

012

今度は「提出済み」に変わり、審査が終わるまで修正出来ないようになりました。


これが正しい手続きなのだろうか??


よく分からなくなってしまいました(笑


つまり私はまだ・・・


『自称:小説家』のレベルにすら達していないという事なのでしょう・・・(笑

Fireタブレットを2週間ほど使った感想2015/10/11 23:55:18

さて・・・

朝から小説の追記をしてました・・・(笑

何とか年末にならないうちにアップしたいと頑張っております(笑
でも、だんだん自分でも面白いのかどうか全然分からなくなり、フィーリングで書いてる感じです(笑

そんなわけで、
小説書くのに飽きたら、最近はFireタブレットのスイッチを入れてゲームとかで遊んでます。

さて、
この超廉価版の7inchタブレットですが、使用感としてはとても気に入ってます。
若干もたつくところはありますが、まあ値段を考えたら全然イケる!

全てに高性能を求めたい人は、そもそもこんな廉価なタブレットに求めてはいけません!

詰まるところ、安いなりの性能を理解した上で、使うのであれば、このタブレットは、入門機として良く出来てます。


そんなわけで・・・
色々とカスタマイズしながら・・・

Fireタブレット

この2週間使ってきました。

そこで、2週間使ってみた上での感想とか書いてみたいと思います。

まず、このFireタブレットは7inchと言うサイズですが、このサイズは片手で握れる適度なサイズでしかも長時間持ってい ても重さがさほど気になりません。
この部分はかなりイケています。

私は7inchのタブレットを初めて使いましたが、これほど持ち出しに適したサイズのタブレットは無いでしょうね。
電車の中で、ネットニュースとか読んでる時に、5.7inchのiPhone6+ではやや読みにくいのですが、かといって
10inchのXperia Z4 tabletは大きすぎて、特に満員電車で立っている時なんかは絶対に取り出したいと思いません。

その点7inchというのは画面もそこそこ大きくて、iPhone6+より全然文字が読みやすいし、10inchのXperia Z4 tabletのように
大きくないので、とても重宝します。
事実、この2週間の間、通勤時はiPhone6+とテザリングで接続してネットとか見たりするのに使っていました。

このように7inchのタブレットというのはとても最適なサイズと重さのタブレットであるわけです。

さて、
このようにとても手軽に使いやすいFireタブレットなワケですが、流石に低価格の入門機と言うこともあり、スペック的には
ちょっと一世代前以上の性能しか有していません。

ちなみに、Amazonの比較表ではこうなっています。

比較表

特に、赤線の所に注目です。

ストレージの8GBは一見少ないように感じますが、通常であれば必要十分です。
私の場合、タブレットで写真とかを撮らない人なので、現状は3GB程しか内蔵メモリーを使っていません。
よって、写真をどんどん撮って、内蔵メモリーにため込むのが趣味という人以外は8GBもあれば十分です。

また、FireタブレットはmicroSDスロットが付いており、最大で128GBまで対応しているので、写真を撮ったら後でmicroSD
の方に移動したり、動画や音楽などはmicroSDの方に保管出来るので、実はメモリー問題も全く問題なしです。
私がここ最近使用していてどうしても気になってしまったのは・・・

解像度です。

Fireタブレットは1024x600という解像度です。

この解像度は動画を見たり、ソシャゲーで遊んでる分には全然問題ありません。
ところが、いざこの解像度で漫画を読んだり、ネットを見たりすると途端にの弱さが露呈します。

現在、ネットなどはそれなりの表示エリアがひつようとなり、1024x600という解像度では正直かなり狭いです。
また7inchにこのサイズでマンガなどを表示させた場合もはやり文字が少し荒れ気味になります・・・
 ※ePUB対応の小説とかは文字サイズを変更出来るのでその点は問題なし


てなわけで、
PDFを表示してみます。
全体を表示した上で、一部を切り取ってみましたが・・・

文字

やっぱり文字はちょっと荒れ気味で、英語表示ならまだ何とかなりますが、これが画角数の多い漢字を表示した場合
潰れちゃったりします・・・

他のFire HDシリーズは1280x800とFireタブレットに比べればちょっとマシではありますが、それでも今のタブレット性能から
考えると、やはり低解像度と言わざるを得ません。

詰まるところ、Fireシリーズはあくまで「入門機」でしかなく、本格的に使用するのであれば最近のフルHD対応クラスの
高解像度版の方が良いという結論に至りました。

結局、安い製品には安い製品としての理由がちゃんとあります。

特にFireシリーズは価格はとても魅力的なのですが、如何せん解像度がいただけません・・・


そんなわけで、
7inchタブレットがとてつもなく気に入ってしまった私は・・・
Fireシリーズを見限り・・・


たぶん・・・次のステップに入ります・・・(笑