サイト内検索を導入しました!過去記事探しにご利用下さい!ヽ(^◇^*)/

って、ある意味自分用・・・( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

Google
WWW を検索 にゅーひぐらしblog内を検索

○○でも出来るポタアン(図解編)

CMOY改回路図

ド素人の池作り奮戦記


Kindleで小説を出版してみました(笑

タイの顛末・・・(笑2015/10/28 01:08:53

さて・・・


無事にタイから戻ってきました・・・(´Д`) フゥ

今回は、今まで以上に自分の自由時間が皆無・・・
正直、全く行きたいところにも行けなかったし、買い物も全く出来なかった・・・

よって、
目新しいアイテムもゲット出来なかったし、私的に楽しいと思える場所にも行けなかった・・・

結局・・・

寝て、起きて、飯食って、タイマッサージ受けて、酒飲んで、寝て・・・

コレの繰り返しで終わりました・・・(笑
よって、せっかく海外に行ったのに、何も書くことが無い状態です。
また、年末に企画してるプレゼントキャンペーンのお土産すら買う暇が無かった・・・(-ω-;)


そんなわけで、
ちょっとした事を書いて終了します・・・

まず、
タイの通信事情を調べるべく、わざわざ日本でぼったくり価格のプリペイドSIMを買って望んだ
タイのプリペイドSIM事情ですが・・・

これ、全然使い方分からんかった・・・(笑

まず、
現地について、SIMフリーのiPhone4のスイッチを入れると・・・

画面1

タイ語で書かれたSNSが入ってくるのですが・・・こんなの分かるか!(|||ノ`□´)ノオオオォォォー!!


そこで、
日本で買ったプリペイドSIMに付いていた日本語の解説通りに進めます。

日本語のガイドには、
900120に電話して、ガイダンスに沿って、2 → 2と進めれば開通する。
てな事が書いてあるので、まずは900120に電話して・・・

ん?タイ語で音声案内的な「何か」をしゃべってる・・・

最後まで聞いてみると、最後に英語で、

「そんな電話番号は無い。電話番号を調べてかけ直しなさい。」

と言われる・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


何コレ!?

てなわけで、
さっぱり開通方法が分かりません!(笑

こりゃ困ったと思っていたら、タイで有名な大型スーパーであるTESCO Lotusに寄ることになったので、
そこでAIS 1-2-Callのお店に駆け込んでiPhone4を見てもらうことにしました。

受け取った女性は、なんか一瞬だけ操作をしましたが・・・

その操作をしたら、アッサリと開通しました(笑
電話そして、ガイダンスに答えるでも無く、「何か」をしただけで、一瞬で開通・・・

タイ語が出来ないので、何をしたのか聞くことが出来ないのがもどかしい!

とにかく、
日本語の解説書に書いてる「900120に電話して」云々では開通出来ません(笑

多少のお金はかかっても現地でプリペイドSIMを買って、店員に100B~200Bのチップを払って開通してもらった方が
良さそうです。
結果的にその方がとても安上がりだと思います・・・(笑


とにかく、開通後は・・・

画面2

電話も、NET環境も快適に使えます。

3Gということで、NETは遅いのかな?と思いましたが、体感的にはそんなに遅く感じないです。


そんなわけで、
快適に使えることは使えるのですが・・・
通話の100B分なんてあっという間です・・・

お互いに、SIMフリーの端末に現地のプリペイドSIMを入れて、現地のキャリア端末として使えば
100Bもあれば結構しゃべれたりするようですが、相手が日本のキャリアの海外使用状態だと、
結局、こっちからの電話も相手側からの電話も「国際電話」と同じになってしまうので・・・

限界

あっという間に100Bを使い切ります(笑

その後継続して使いたい場合は、追加電話料金用のカードを買ってきて、画面に出てるとおり、
*120に電話して、カードの書いてある16桁の数字を入れると、通話料金が追加されます。

本来なら、コンビニで追加用の料金カードを買いたかったのですが、何しろ今回はコンビニすら自由に行けない状態
でしたので、結局に最終日の夕方に通話分とNET分の料金が切れ、使えない状態になりました。

まあ一瞬で終わっちゃった感じです(笑

てなわけで、
海外で使う場合は、開通作業は現地のショップで設定してもらい、追加カードもその時に買っておく方が良いです。


さて・・・
それ以外はコレといったことをしていないので、ちょっとだけ書きます。


まずはタイのコンセント

コンセント

一瞬こんな形状のコンセントが必要そうに見えますが、日本のコンセントをそのまま差し込めます。

よって追加でアダプターを買う必要はないのですが、前にも書いたとおり日本は100Vですが、タイは220Vの電気が
コンセントに流れてますので、100Vにしか対応してない機器を突っ込むと、回路が焼けてショートします。
これはとても危険で、下手すると火事になります。
アダプター等を購入する場合は、必ず、

100V-240V対応となってるかを確認する必要があります。

最近は、対応しているアダプターが多いので、多分大丈夫だとは思いますが、注意して下さい。
ちなみに、出発前に私が使用予定だった(株)ミヨシのアダプターは何の問題も無く使用出来ました。

右側の方は、何か分かりません(笑
多分電話のモジュラージャックだと思う・・・(笑


あと、
iPhone周りのアダプター関連は注意です。

アダプター

私が買ったLightning→Dockコネクターはタイで使えないことが分かった・・・(笑
荷物を少なくしようとコレしか持って行かなかったので、むちゃくちゃ困りました・・・(笑

コネクター類は純正を持って行った方が海外で困らなくて良いです・・・(笑


それと、タイのトイレ事情を・・・

タイのホテルなどではフツーに水洗トイレが当たり前となっていますが・・・
ちょっと一歩踏み込んで、タイ人しか行かないような場所に行くと・・・

トイレ

こんな感じのトイレになります・・・(笑

このトイレに遭遇した場合は慌てずに、左側にある桶で水をくみ、その水をトイレに流し込みます。
2~3回ぐらい水を入れれば、キレイに流れます(笑


それと、コレはタイの現代アートなのか?

アート

よく分かりません・・・(笑

現代アートのような気もしますが・・・単なる落書きのような・・・(笑


それと、夜のタニヤやパッポン界隈は・・・

飲み屋街

このようにお店の前に女性がたくさん座っていたりします(笑
 ※近くで撮ると一気に「呼び込み」が近寄ってくるので、離れたところから撮った・・・(笑

タイのシステムというのは、道ばたで女性を選んで、そのままお店に入ってお酒飲んで、気に入ったら外に連れ出しOK
といったシステムですね。
その場合は、お店に連れ出し用のお金を払って、女の子には別途お金を払うことになります。

選んだ女の子とお店に入るのに800B~1000Bぐらい
連れ出すのが成立すると店側に1000B~2000Bぐらい支払うのかな?
で、女の子には最後に3500B~5000B位を払う
詰まるところ・・・

1000B+1500B(お店の連れだし料金)+5000B(女の子の料金)?7500B(25,000円)

だいたい、それ位かかります。
それが目的の人はそれでも良いのでしょうが、興味本位で「買う」のは止めた方が良いですね。
最初は値段が安いわけですが、後からオプションが付くというシステムです(笑

それと、この手の商売をしている女性は「病気」を持ってる場合もあるので、まあ「君子危うきに近寄らず」
が良いと思います。

この界隈に行くときは、大概どこかで呑んだ後なので、酔っ払っており気も大きくなってるはずです。
そこに日本語で「シャチョサン!シャチョサン!イイコイルヨ!ヤスイヨ!ヒトリ800Bネ!」
とか日本語のボードを持って「呼び込み」がひっきりなしに近寄ってきて、ついつい流されるカモです。
お気を付け召され・・・(笑

私は宣言しておきますが、この手には興味無しです。

だって、25,000円出したら、Xperia Z Ultraの中古が買えるんですよ!

そっちの方が全然良いです(笑


てなわけで、
ざっとですが、今回の経過です。


まあ、正直飽きたし、もう行きたくない・・・(-ω-;)


時差の問題でとても眠いので、寝ます・・・