サイト内検索を導入しました!過去記事探しにご利用下さい!ヽ(^◇^*)/

って、ある意味自分用・・・( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

Google
WWW を検索 にゅーひぐらしblog内を検索

○○でも出来るポタアン(図解編)

CMOY改回路図

ド素人の池作り奮戦記

グリーン→クリーン化計画


Kindleで小説を出版してみました(笑

AsteropeIII AsteropeII AsteropeI 草原の中の一枚の金貨 X723のテディーベア 幸せのチケット Asterope上巻 Asterope下巻

久々にApple Watchのネタ(笑2015/09/05 01:36:11

さて・・・


久々にApple Watchネタを書いてみようと思います(笑


てなわけで、
私が使っているApple Watch Spotはこんなやつです。

Spot

緑色のスポーツバンドのヤツです。

この緑色のスポーツバンドのお陰か・・・

「あっ!それってもしかして!」

と声をかけられる機会は凄く多いです(笑
発売されてから4ヶ月近く経過してるにも関わらず、まだまだ皆に珍しがられます。

正直、あまり売れてるといった印象はありません(笑

だからこそこの緑色のスポーツバンドのお陰でまだまだ注目されてるわけですが・・・(笑

しかし、Apple Watchに対して質問してくる人の印象ではこのバンドのお陰でおもちゃっぽく見えてしまうようですね。
私は別段それを気にしたことは無いのですが、このスポーツバンドの唯一の欠点は・・・

装着方法が特殊すぎて、とても腕にはめにくい点です。

最初にポッチの部分を穴に通して、それから余ったバンドの部分をベルトの内側の方に入れるこのバンドは装着時の
見た目こそまあまあなのですが、装着する時に片手で気軽にって訳にいきません。

3ヶ月ほど使っていますが、未だに一端Apple Watchを机などに置かないと腕に巻くことが出来ません。

この装着時のストレスは意外とあり、そろそろスポーツバンドに見切りを付けたいと思っていました。
そこで交換用のベルトとなるわけですが、Apple純正はありえないほど高価です!

てなわけで、
ネット通販などを見てると、ぼちぼちとサードパーティー製のベルトが比較的安価な値段で出回り始めたので・・・

購入

購入!(笑


さて、
ベルトの交換となるわけですが、その前に!

私はApple Watchはあくまで「腕時計」という考えですから、液晶面の保護シートとか、本体のカバーとかを装着する
気には一切なりませんでした。
よって、何も付けない素のままで購入以来ずっと使用していますが・・・

使用感

傷など一切付いてません。

よっぽど荒っぽい使い方をしなければ、簡単に傷つくほどヤワでは無いんですよね、Apple Watchって・・・
通常のApple Watchはピカピカのステンレス製で、擦り傷などが付きやすいようですが、Spotは元々がアルミのような
風合いなので、逆に傷つきにくく、多少の傷なら目立たないといったメリットもありそうです。

今更ですが、私はSpotを購入して正解だったと思います。


さて、
話を戻して、交換用バンドの話です。

今回私が購入したサードパティー製のバンドは・・・

ベルト

純正品では「ミラネーゼループ」といわれているタイプです。


これはベルトがリング状になっており、輪っかを大きくして、腕に通し、その後に輪っかの大きさを調整して腕に巻き付ける
タイプです。
輪っかの端の部分には磁石が付いており、腕に巻き付けた後は好きな位置で磁力により固定することが出来ます。
このタイプは片手でも容易にApple Watchを腕に巻き付けることが出来るので、とても便利


しかも、純正品では無いのに・・・

精度

意外と作りがしっかりしています。

これは以外と侮れない精度ですね。
ちなみに購入価格はamazonで4,950円(税、送料込み)!
純正のミラネーゼループは17,800円でしかも税抜きですから、税金を入れると19,224円!

価格差約3.9倍!(笑

あり得ません・・・(笑


そんなわけで、このサード製のミラネーゼループに交換すると・・・

交換後

なんか俄然、違うApple Watchの様に変身出来ました!ヽ(^◇^*)/

ちょっと高級感が漂う感じになりましたが、コレだと逆に普通の腕時計のように見えるので、
「あっ!それは!」
と声をかけて貰える機会も減りそうです・・・(笑

まあ、とても良い感じにドレスアップ出来たし、装着が楽になったので結構満足しました。


さて、
肝心の使用感ですが、最近はホントに時計機能とメールのチェック、天気予報にしか使ってません(笑

メールチェック機能は意外と便利で結構役に立ちます。
それと天気予報は意外と雨の情報を教えてくれたりするので、最近雨が多い関東地方では結構役立ちます。

しかしまあ、本当の意味でのApple Watchの真価はこの秋にアップデート予定のweatchOS 2からでしょうね。

watchOS 2 ←

今はiPhoneと連動して動くので、iPhoneが手元に無いとただ単なる「時計機能」しか使えませんが、
watchOS 2からはApple Watch単体で動作するようになるので、手元にiPhoneが無くても、色々使えるようになりそうです。


というわけで、watchOS 2はApple Watchがブレイクするチャンスになり得るのか?


ブレイクしないでしょうね、多分・・・(笑


まあ、私は意外とApple Watchが気に入っているので、どうでも良いですが・・・(笑