サイト内検索を導入しました!過去記事探しにご利用下さい!ヽ(^◇^*)/

って、ある意味自分用・・・( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

Google
WWW を検索 にゅーひぐらしblog内を検索

○○でも出来るポタアン(図解編)

CMOY改回路図

ド素人の池作り奮戦記

グリーン→クリーン化計画


Kindleで小説を出版してみました(笑

Time Capsuleよち低額で同等のバックアップ環境を作る2015/05/10 01:32:41

さて・・・


Mac Book Proが急に起動出来ない自体が発生!
多少の出費はありましたが、とりあえず完全に元通りに戻すことが出来ました。

やはり、常に不測の事態ってのは予想しておくモノだと痛感したわけです・・・

こういった起動出来ない状態に陥った場合に頼りになるのが、やはりバックアップになるわけです。
Macにも優れたバックアップシステムがあります。


Time Machine


このタイムマシンというバックアップアプリを使えば、万が一Macが何らかの不具合に遭遇しても以下の通りに
回復することが出来ます。


万が一、MacのHDDやSSDが物理的に壊れた場合

①新規インストールUSBメモリーを作っておく
 ↓
②HDDやSSDを新品に交換する
 ↓
③USBメモリーからMacにOSX Yosemiteをインストールする
 ↓
④Time Machineを起動して、バックアップデータをMacに戻す

これでいつ何時、Macに不具合が起こっても、とりあえずバックアップした時点までは戻ることが出来ます。


今まで私はこのバックアップをやっていなかったので、非常にアブナイ目に遭いました。
とりあえず、最悪の事態は免れましたので良かったのですが、やはりこういった思いは二度としたくありません(笑
そこで、本格的にTime Machineによるバックアップを導入しようと考えました。

さて、Time Machineは確かに操作してる感覚など無しに、自動的にバックアップをしてくれる優れものなのですが・・・
通常使用では外付けHDDをFireWireまたはUSBにてMacに接続してバックアップを取る方法と、AirMac Time Capsuleを
別途購入して、Wi-Fi経由でバックアップをする方法になります。

ディスクトップPCの場合は内蔵のHDDや外付けHDDを常にMacに接続しておけば良いので、その方法で良いと思うのですが、
ノートタイプのPCの場合は、いちいち外付けHDDを使ってバックアップを取るのは結構煩わしい作業です。
そこで、Time Capsuleの登場となるわけです。

Time CapsuleはいわゆるネットワークHDDで、MacとはWi-Fiでデータをやりとりするので、煩わしい配線やセッティングが要りません。
Mac用に最適化されているので勝手に接続してくれ(ハズ)です。 ←持ってないから詳細は不明(笑

Time Capsule ←アフィリじゃないよ

というわけで、
バックアップをするのにとても良いTime Capsuleなのですが、問題が一つ・・・


値段が高い!(|||ノ`□´)ノオオオォォォー!!


コンセプトと操作性は多分良いとは分かるのですが、とにかく値段が高いのです・・・

2TBで36,504円(2015/5/10 Amazon調べ)
3TBで49,400円(2015/5/10 Amazon調べ)

と、通常のネットワーク性能を有したHDDに比べて倍以上の値段がしたりします・・・

貧乏人の私としては、ここまでお金出せない・・・
しかし、もう二度と痛い目に遭いたくないから、バックアップはちゃんとしたい・・・

となると、USB接続の外付けHDDを使ってバックアップする方法しかない・・・と、なるのですが、自分の持っている資産で
Time Capsuleと同じ事が出来ることに気付きました。
それは、

WD My Book Live

このMy Book Liveはパーソナルクラウドストレージで、まあ簡単にいえばNASです。
私はこのMy Book Liveを今から3年ほど前に購入し、最初はIpadとリンクさせて色々やってましたが、そのうち飽きて・・・(笑
とりあえずはiTunesのデータをバックアップするNASとして一応ネットワークに接続させているだけの状態になっています。
2TBある容量のうち、300GBぐらいしか使ってない状態のまま放置していたのですが・・・

このMy Book Liveって確かTime Machineのデータ保管場所として利用出来なかったかな?

と思い当たり、久々にブラウザからIPアドレスを入力して、My Book Liveの設定画面を呼び出してみると・・・
設定の中に、Time Machineの項目を発見!ヽ(^◇^*)/

設定

バックアップの設定に「Time Machineによるバックアップ」の項目があります。

ここで、その項目にチェックを入れて有効にし、Time Machineに割り当てるサイズを800GBにして「保存」


コレが終わったら、MacとMy Book Liveをリンクしてファイルのやりとりを簡単にするソフトを・・・

インストール

Mac側にインストールします。

これはMy Book Liveをクラウドのように、外からでもデータを読み書きさせるためで、単純に自宅でバックアップのためだけに
使いのであれば、アプリをインストールしなくても良い(ハズ)です(笑


んで、
次に、Time Machineを起動して、ドライブの選択をすると・・・

サーバ設定

My Book LiveにTime Machine用として設定した情報が表示されるようになります。


My Book LiveをTime Machineで使うディスクに設定すると・・・

開始

2分後に自動的にバックアップが開始されます。


開始されましたが・・・

7時間

バックアップが終了するのが7時間後だそうです・・・(笑


てなわけで、
ネットワークのスピードなどにも左右されますが、初回のバックアップには時間がかかります。
実はまだこのblogを書いてる時点でもまだ終わってません・・・(笑

初回はとても時間がかかるのですが、2回目以降は変更になった部分のみアップデートしてゆくので、時間はかなり
短縮されるはずです。


さあ、
これで高額なTime Capsuleを買わなくても、同等のことが出来るようになった!
何よりMy Book Liven有効活用方法が、購入3年目にしてやっと・・・(笑


てなわけで、
低額でTime Capsuleと同等のバックアップを実現出来るMy Book Liveですが、現在は販売が終了しています。
Amazonを覗いたら、あと数台は在庫があるようです。

欲しい人は急いだ方が良いかも・・・(笑

Macネタは本日でいったん終了(笑2015/05/11 00:15:22

さて・・・


Macを使ってる人は少数派だと思うので、このネタは今日で終わりにしますが・・・
とりあえず、Time Machineによるバックアップの顛末とちょいネタを書いておきます。

ってか、
Mac使ってない人は、一回お休みと言うことで・・・(笑


てなわけで、
My Book Liveを使ったバックアップが無事完了・・・

バックアップ

いや、本当に7時間ほどかかった・・・(笑

初回のバックアップはSSDの中身をまんまコピーするのでとても時間がかかります。
これは多分Time Capsuleを購入して使ってもそんなに時間短縮にはならないでしょう。


でもまあ、初回を乗り切れば後は簡単・・・

2回目

2回目以降は差分ファイルのみの更新になるので、10分もかからずに終了します。

画面表示には「残り約10分」となっていますが、実際は3分ぐらいで狩猟しました。
Time Machineは通常1時間おきに自動でバックアップを取ってくれるので、一度初回の長い時間を乗り切れば、後は
いつでも最新状態に戻すことが出来るようになります。

てなわけで、

これでいつMacが壊れても大丈夫!

この安心感はかなり大きいです(笑


さて、
今回の顛末をきっかけに色々設定を見直してみました。
まず、Yosemiteを新規でインストールする時に、何も考えずにとりあえずYESとすすめてゆくと、自動ログインが出来なくなります。
複数でMacを使う場合は、それぞれのアカウントでログインする必要があるので、自動ログインは要りませんが、個人使用の場合
はいちいちログイン画面でパスワードを入れるのが煩わしいと感じる時があります。

そこで、自動ログインの設定をしようと思ったら・・・出来ない・・・

何で?

と、しばらく戸惑ったのですが、検索してみるとすぐに解決方法が出てきました。
それは、

FileVault

これはYosemiteから採用されたのですが、ファイルを暗号化するモノです。
通常は、当然セキュリティーの関係でファイルは暗号化した方が確実なのですが、これをONにしておくと、セキュリティー強化が
はかられ、自動ログインも選択出来なくなります。

FileVault

よって、自動ログオンをしたい人は、FileVaultをOFFにすると自動ログオンを設定することが出来るようになります。


以上!

Mac使ってない人は全然つまらない内容だと思うので、この辺りで終了します。
明日からは、Macのお話はしばらくお預けです。


時間があれば、別のこと書きます。


まあ、時間があればの話・・・(笑

前振り・・・(笑2015/05/12 23:52:49

さて・・・


本当は、本日色々やってアップ予定でしたが、予定に反して急に飲み会が入ってしまった・・・(笑

てなわけで、
触りだけ紹介しておこうと思います・・・

何せ、今酔ってるので・・・(笑


てなわけで・・・

中継器

BUFFALO WEX-300をいきなり購入(笑

これは何かと言えばWi-Fiの中継器です。
Wi-Fi中継器は読んで字のごとく、Wi-Fi電波を増幅するモノで、Wi-Fi電波の状態が悪い場所に設置することで
Wi-Fi電波の強度を改善出来るものです。

また、このWEX-300には有線LANポートも4つほど付いていますので、Wi-Fi基板の無いPCやAV機器で、LANポートがある
機種でもLANを使えるようになります。

てなわけで、
自宅の2Fに設置するために買いましたが、実は別段今の環境でWi-Fi電波が弱いわけでは無く、フツーに途切れずに入ります。


ではなぜ購入したのか?


これは世の中の人の親である人達の為になる内容になるかもしれません(笑


私自身まだ何もしてないのでなんとも言えませんが・・・
明日辺り、ちゃんとまともな時間に帰ってくることが出来れば、早速実施してみたいと思います。


待たれよ、次号!


では、眠いので寝ます・・・(笑