サイト内検索を導入しました!過去記事探しにご利用下さい!ヽ(^◇^*)/

って、ある意味自分用・・・( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

Google
WWW を検索 にゅーひぐらしblog内を検索

○○でも出来るポタアン(図解編)

CMOY改回路図

ド素人の池作り奮戦記

グリーン→クリーン化計画


Kindleで小説を出版してみました(笑

Time Capsuleよち低額で同等のバックアップ環境を作る2015/05/10 01:32:41

さて・・・


Mac Book Proが急に起動出来ない自体が発生!
多少の出費はありましたが、とりあえず完全に元通りに戻すことが出来ました。

やはり、常に不測の事態ってのは予想しておくモノだと痛感したわけです・・・

こういった起動出来ない状態に陥った場合に頼りになるのが、やはりバックアップになるわけです。
Macにも優れたバックアップシステムがあります。


Time Machine


このタイムマシンというバックアップアプリを使えば、万が一Macが何らかの不具合に遭遇しても以下の通りに
回復することが出来ます。


万が一、MacのHDDやSSDが物理的に壊れた場合

①新規インストールUSBメモリーを作っておく
 ↓
②HDDやSSDを新品に交換する
 ↓
③USBメモリーからMacにOSX Yosemiteをインストールする
 ↓
④Time Machineを起動して、バックアップデータをMacに戻す

これでいつ何時、Macに不具合が起こっても、とりあえずバックアップした時点までは戻ることが出来ます。


今まで私はこのバックアップをやっていなかったので、非常にアブナイ目に遭いました。
とりあえず、最悪の事態は免れましたので良かったのですが、やはりこういった思いは二度としたくありません(笑
そこで、本格的にTime Machineによるバックアップを導入しようと考えました。

さて、Time Machineは確かに操作してる感覚など無しに、自動的にバックアップをしてくれる優れものなのですが・・・
通常使用では外付けHDDをFireWireまたはUSBにてMacに接続してバックアップを取る方法と、AirMac Time Capsuleを
別途購入して、Wi-Fi経由でバックアップをする方法になります。

ディスクトップPCの場合は内蔵のHDDや外付けHDDを常にMacに接続しておけば良いので、その方法で良いと思うのですが、
ノートタイプのPCの場合は、いちいち外付けHDDを使ってバックアップを取るのは結構煩わしい作業です。
そこで、Time Capsuleの登場となるわけです。

Time CapsuleはいわゆるネットワークHDDで、MacとはWi-Fiでデータをやりとりするので、煩わしい配線やセッティングが要りません。
Mac用に最適化されているので勝手に接続してくれ(ハズ)です。 ←持ってないから詳細は不明(笑

Time Capsule ←アフィリじゃないよ

というわけで、
バックアップをするのにとても良いTime Capsuleなのですが、問題が一つ・・・


値段が高い!(|||ノ`□´)ノオオオォォォー!!


コンセプトと操作性は多分良いとは分かるのですが、とにかく値段が高いのです・・・

2TBで36,504円(2015/5/10 Amazon調べ)
3TBで49,400円(2015/5/10 Amazon調べ)

と、通常のネットワーク性能を有したHDDに比べて倍以上の値段がしたりします・・・

貧乏人の私としては、ここまでお金出せない・・・
しかし、もう二度と痛い目に遭いたくないから、バックアップはちゃんとしたい・・・

となると、USB接続の外付けHDDを使ってバックアップする方法しかない・・・と、なるのですが、自分の持っている資産で
Time Capsuleと同じ事が出来ることに気付きました。
それは、

WD My Book Live

このMy Book Liveはパーソナルクラウドストレージで、まあ簡単にいえばNASです。
私はこのMy Book Liveを今から3年ほど前に購入し、最初はIpadとリンクさせて色々やってましたが、そのうち飽きて・・・(笑
とりあえずはiTunesのデータをバックアップするNASとして一応ネットワークに接続させているだけの状態になっています。
2TBある容量のうち、300GBぐらいしか使ってない状態のまま放置していたのですが・・・

このMy Book Liveって確かTime Machineのデータ保管場所として利用出来なかったかな?

と思い当たり、久々にブラウザからIPアドレスを入力して、My Book Liveの設定画面を呼び出してみると・・・
設定の中に、Time Machineの項目を発見!ヽ(^◇^*)/

設定

バックアップの設定に「Time Machineによるバックアップ」の項目があります。

ここで、その項目にチェックを入れて有効にし、Time Machineに割り当てるサイズを800GBにして「保存」


コレが終わったら、MacとMy Book Liveをリンクしてファイルのやりとりを簡単にするソフトを・・・

インストール

Mac側にインストールします。

これはMy Book Liveをクラウドのように、外からでもデータを読み書きさせるためで、単純に自宅でバックアップのためだけに
使いのであれば、アプリをインストールしなくても良い(ハズ)です(笑


んで、
次に、Time Machineを起動して、ドライブの選択をすると・・・

サーバ設定

My Book LiveにTime Machine用として設定した情報が表示されるようになります。


My Book LiveをTime Machineで使うディスクに設定すると・・・

開始

2分後に自動的にバックアップが開始されます。


開始されましたが・・・

7時間

バックアップが終了するのが7時間後だそうです・・・(笑


てなわけで、
ネットワークのスピードなどにも左右されますが、初回のバックアップには時間がかかります。
実はまだこのblogを書いてる時点でもまだ終わってません・・・(笑

初回はとても時間がかかるのですが、2回目以降は変更になった部分のみアップデートしてゆくので、時間はかなり
短縮されるはずです。


さあ、
これで高額なTime Capsuleを買わなくても、同等のことが出来るようになった!
何よりMy Book Liven有効活用方法が、購入3年目にしてやっと・・・(笑


てなわけで、
低額でTime Capsuleと同等のバックアップを実現出来るMy Book Liveですが、現在は販売が終了しています。
Amazonを覗いたら、あと数台は在庫があるようです。

欲しい人は急いだ方が良いかも・・・(笑

コメント

_ 774RR ― 2015年05月10日 03時37分40秒

NetgearのNASも同じ機能ありませんでしたか?(マカーで無いので調べる気無し)

Linuxとかなら普通にdd、dump、rsyncコマンドとかで出来そうな気もします。
(マカーでry

_ ひぐらし ― 2015年05月10日 04時20分30秒

774RRさん

私もちゃんと調べなかったんですけど、Ready NASでも設定出来ますね(笑
My Book Liveは買った時に設定出来る項目があった気がしたので覚えてましたが、Ready NASの時はちゃんと調べてなかった(笑

とりあえずMy Book Liveへのバックアップは無事終了!
後はログイン項目をちょっと弄って前と同等以上の環境が整いました。

鳥が鳴き始めてしまった・・・
そろそろ寝よう・・・(笑

_ へろへろ ― 2015年05月10日 10時37分13秒

> 壊れたスマの行方
 SIM カードは、メーカー貸与品で、解約 or 契約変更時に返却
しないと、ペナルティーを取られますので、とりあえずオクで同じ
機種を捕獲しました。
 今週中には到着の予定です。今度の土曜から地方に行くので、
それまでに環境を移行して、ピン折れの対策もしなくっちゃな感じ
です。
 環境移行って言っても、予定帳はクラウドにバックアップして
あって、アプリはグルグルストアのアカウントから落としてくるだけ
なので、比較的早く終わる予定なんですけどね…

_ ひぐらし ― 2015年05月10日 21時54分29秒

へろへろさん

SIM用の交換用PINとかって特殊すぎて、売ってないか・・・(笑
私もスケジュールはGoogleカレンダーですね。
あれが一番使いやすい。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策です
正解は、『あああ』です
8byte文字にして糞スパムの完全排除目指します

コメント:

トラックバック