サイト内検索を導入しました!過去記事探しにご利用下さい!ヽ(^◇^*)/

って、ある意味自分用・・・( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

Google
WWW を検索 にゅーひぐらしblog内を検索

○○でも出来るポタアン(図解編)

CMOY改回路図

ド素人の池作り奮戦記

グリーン→クリーン化計画


Kindleで小説を出版してみました(笑

久々にヤバかった・・・(笑2015/05/08 21:54:19

さて・・・


空気のありがたさは、空気が無いところに行って初めて分かります。
水のありがたさも同様・・・

人というのは普段から当たり前のように周りにあるモノはついつい意識外へと追いやります。
んで・・・


ぴぎゃーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!


となって初めてそのありがたさに気付いたりします。
今回はそんなお話です・・・(笑


遡ること5月7日・・・
GWがカレンダー通りに進行して、GW明け後の初出社日にその不幸は忽然と私の前に姿を現しました。

会社でいつものようにMac book proを起動して仕事をし始めました。
最近、というか最新のOSX 10.10.3にアップデートしたところ、作業中にいきなりアプリが強制終了するようになっていました。
昨日も、結構良い感じに仕事をしていて、そろそろ一段落って時にいきなり強制終了!


この1時間の作業が全てパー!(|||ノ`□´)ノオオオォォォー!!


という状態になりました。

さすがにこれでは使い物にならない!
早いところ不具合を解消したアップデートが出てくれないとマジに困る!

と、なにげにApple Storeを見に行くと、アップデートファイルがあったので早速入れてみようと思ったのが不幸の始まり・・・
アップデートが完了して、再起動をかけたら・・・

画面

はぁ?何コレ??

起動途中で、リンゴマークがいきなりこの進入禁止のようなマークに変わって、Macが起動出来なくなりました。
最初は単なるファイル読み込みでコケた程度にしか考えてなかったので、電源ボタンを長押しして強制シャットダウンして
再起動をかけるも・・・・


起動しない!(|||ノ`□´)ノオオオォォォー!!


なんか突然壊れた!!


最近、私は本当はイケないんですけど、会社のWindowsを使わずに、自分のMacで仕事してることが多いです。
これは最近出張が多いので、自分のPCで仕事をした方が効率が良いからです。
何しろ会社の持ち出し用ノートPCはセキュリティーをガチガチに固めてあるので、外でWiFiすら使うことが出来ません。

そんなのノートPCじゃないじゃん!

ってな事で、自分のMacを使っていたのですが、そのお陰で大切な書類とか作りかけの書類とかが入っており、このMac
が死ぬと、私のサラリーマン人生も終わるって位の状態でした・・・(笑


ヤバス!これはマジで洒落にならん!(|||ノ`□´)ノオオオォォォー!!


と、焦ってネットを探すと、 「Macが起動しない時に自分で出来る7つの対処法」なるサイトを発見!
ココ ←アフィリじゃ無いよ

コレに望みをつないで、上から順に試してみる・・・


全滅!(|||ノ`□´)ノオオオォォォー!!


ヤバス!これはマジで洒落にならんって!


最後の手段と、アップルストアに持ち込もうと考えて、会社近くにあるアップルストア銀座店に電話・・・
すごーく待たされてやっと繋がり、オペレーターの人に修理依頼をすると・・・

本日(7日)は予約が満杯。予約無しで直接来店した客も30人ほど待ってる状態らしい・・・(笑
8日の16:45なら予約が取れるとの事で、一応予約を入れる。

でも、預かり修理とかになり2週間とかかかると言われた瞬間にアウト!

北海道の資料も入っていて、5月20日には資料を完成して北海道入りしなければならないので預けられる余裕なんかありません。
最悪、ファイルだけでもサルベージして、新しいMac Book Proを買うしか無いかも・・・(-ω-;)

などと考え、SSDの状態をチェックすると、中身のファイルとかは壊れてないことが分かった。
単純にOSの起動途中でコケてるだけのようです。

そこで、またまた色々調べてみると、段々と原因が分かってきました。
それはTrim Enablerが悪さをしてると言うことです。
正確にはTrim Enableとkext署名の相性が悪く、Trim EnableをONのままkext署名がONになっている状態で、アップデート等を
すると、運が悪いと上のような画面になり起動出来なくなるようです。

この部分を上手に解消してあげれば直る可能性があるようです。
ありますが、ターミナルを使って直接ファイルを叩くことになるのでそれなりのLinuxスキルが要求されます。

でも、背に腹は代えられないので・・・

ターミナル

挑戦!(笑


・・・・・・・・・・・・・・


ぎょ、玉砕・・・(つД`)


もう、このMac book Proに入っているSSDは何をやっても復活出来ないようです・・・
仕方ないので、帰りにアキバに寄り・・・

SSD

Crucial MX200 SSD(256GB)


と・・・

変換アダプター

SATA→USB変換アダプター

を購入してきました・・・
とんだ余計な出費です・・・(つД`)


とりあえず、

①起動出来なくなったSSDをMac Book Proから取り出して、新しいSSSDに交換
  ↓
②新しいSSDにYosemiteを新規インストールする
  ↓
③起動出来ないSSDを変換アダプターでMac Book Proにつないで、データをサルベージする
  ↓
④後は地獄のアプリ再インストール作業・・・

との計画を立てたわけです(笑


てなわけで、
OSX(Yosemite)のクリーンインストールUSBを作ります。

これもちょっとだけターミナルの知識が要りますが、とてもわかりやすく解説しているサイトがあったのでご紹介
ココ ←アフィリじゃ無いよ

ちなみに、この新規インストールUSBを作るにはMacが必要になります。
私はMac Book Proが死んでるので、Mac miniを使って作業をしました・・・(笑


んで、

USB

新規インストール用USBメモリーが完成!ヽ(^◇^*)/


んで、
新しいSSDに交換して・・・

インスト

OSX Yosemiteの新規インストールを開始!


次に、外したSSDを変換アダプターでMac Book Proにつないで、ファイルをサルベージして・・・
と、ここで気付きました!

こういう時って、「移行アシスタント」使えばいいんじゃねーの?

と、移行アシスタントを起動してみると・・・
なんと、前のSSD内のインストールアプリやデータも移行出来るし、設定も移行出来るじゃん!

つまりは、前のSSD」の中身をまんまコピーすることが出来ます。


早速、移行アシスタントで転送を開始・・・

移行アシスタント

上手くいって頂戴!(-人-)

後は運を天と移行アシスタントに任せて、DiabloIIIで遊びながら移行出来るのを待ちます・・・(笑


移行終了・・・


再起動・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


やった!
完全に元の状態と同じになった!ヽ(^◇^*)/


てなわけで、移行アシスタントを使えば元のSSDと同じ状態を作り出すことが出来ます!


ってより・・・
MacにはTime Machineというバックアップがあります。
今までめんどくさがってバックアップを取っていなかった事のヤバさを痛感しました・・・(笑

てなわけで、
明日はTime Machineを使ってバックアップを取ってみようと思います。

Air Mac Time Capsuleというネットワーク付きHDDを買うと高いので、フツーのHDDにバックアップしたい・・・(笑