サイト内検索を導入しました!過去記事探しにご利用下さい!ヽ(^◇^*)/

って、ある意味自分用・・・( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

Google
WWW を検索 にゅーひぐらしblog内を検索

○○でも出来るポタアン(図解編)

CMOY改回路図

ド素人の池作り奮戦記

グリーン→クリーン化計画


Kindleで小説を出版してみました(笑

夢の続き・・・(笑2012/04/18 01:31:13

さて・・・


金が無い!

金がなーい!!(|||ノ`□´)ノオオオォォォー!!


と言いながら・・・

小銭は使うひぐらしでございます・・・(笑


てなわけで、
最近は「夢」と現実の狭間で生きていたりしているわけですが、


「夢」をさらに使いやすくる為に、小銭をはたいてコレ購入(笑

購入品

・HDMIケーブル2本(1mと1.5m)
・HDMI延長用アダプター(メス・メス)

最近、アキバをゆっくりと徘徊する時間がないので、amazonで注文


しかしHDMIケーブルも安くなりましたねぇ・・・
1mが580円
1.5mが568円 ←何故か長いほうが安い(笑
そしてHDMI延長用アダプタが692円

合計1,842円!ヽ(^◇^*)/

ちょっと前なら・・・
ってか今でもですが、AV用とかの日本メーカー製であれば1本も買えないような値段です(笑

HDMIは現在Ver1.4まで来てますが・・・
まあこれはあんまり気にすることはありません。

なぜならVer1.2時代のケーブルでも十分速度は出るからです。
単純に発売時期が新しいほど大きいVer対応と歌っているだけで、性能自体は変わらないのが実情です。

ちなみに今回購入したケーブルはVer1.4対応で、延長アダプターはVer1.3b対応となっていますが・・・


ぜんぜん関係無く動きます(笑


さて、中身・・・

中身

HORICというメーカーのケーブルなのですが線が太くて断線しにくいのに線そのものは柔軟性があり
結構取り回しとかもよくなかなかの製品です。
また金メッキ端子で意外としっかりしています。

よっぽどのAVマニア以外はこの程度の線でも十分そうです。


さて、
なぜこういった中途半端なお買い物をしたかですが・・・


これは全て「夢」の為です(笑


「夢」PCをデュアル化するために私は

片方はDVI-D
片方はHDMI

で接続しています。

これは実はこうしないとデュアル化出来ないからです。
Macの場合デュアル化するにはminiDVIーDVIとかアダプターを使用して接続するのが普通です。
つまり、ひとつのポートから2つ取るという形式ではなく、

2つのポートからそれぞれ別の信号を出す

という手順を踏まないとデュアル化出来ない仕様のようです。 ←自信ないけど・・・(笑

よって、私のグラボの場合、DVI端子が2つ搭載されているのですが、この2つのDVIを使ってデュアル化
しようとすると認識されません。

そこで別回路と思われるHDMIを使用したら無事デュアル化でしました!ヽ(^◇^*)/

しかし!
HDMIというのは元々AV用の規格で、コピー防止等の回路搭載による信号のやり取りがディスプレイと機器の
間で取り交わされ、幾つかの手順を踏んで、問題なければ出力側に映像信号と音声信号を送る仕組みになっています。
HDMIで接続した場合、TVとかに映像や音声を出力するのにちょっと時間が掛かるのはこのやり取りをしているからです。

ところが、PCのモニターの場合はこのやり取りが映像出力を邪魔する場合があります。

現にWindowsの場合は2つのDVIポートにそれぞれのディスプレイを接続すれば簡単にデュアル化できますが、
その時にHDMIも接続していると、HDMIがディスプレイとやり取りし始めて、2つのディズプレイのどちらも信号が
来なくなってしまいます。

つまり、HDMIを接続していると、ディスプレイは真っ暗なままになってしますのです。


よって、私の環境では

WindowsはDVI-D x 2
「夢」PCはDVI-D + HDMI

となるのですが、
上でも書いた通りHDMIケーブルを接続したままにしておくと、Windowsを起動した時に画面が一切表示できなくなります。

んで、
昨夜まではWindowsを起動する場合、いちいちPCのウラ側に回ってHDMIケーブルをグラボから外していたのですが、
毎回それをやってるととてつもなく面倒臭い・・・


そこで!
Windows起動の時はHDMI配線を断線し、「夢」PCの時はHDMIを結線する為に途中に延長アダプターをかまして、
手動で配線したり、外したりすることにしました(笑

原始的な方法ですが、これが一番確実(笑


てなわけで・・・
PCの横においてあるプリンターの側面に延長アダプターを貼り付けて・・・

配線

自分で抜き差しするようにしてみました(笑


ちょっとかっこ悪い・・・


今度、スイッチを付けてON/OFF出来るように改造してみよう・・・
スイッチ入れたらLEDが点灯するようにすれば、結構かっこよす・・・


てなわけで、

小銭を使いつつ・・・

それなりに楽しんでいます(笑

コメント

_ かんまんじ ― 2012年04月19日 13時47分29秒

最近CATVのSTBのHDMI出力をゴニョゴニョしてると
STBそのものが再起動かかってしまうようになったので
HDMIのオンオフできるといいなあ。

_ ひぐらし ― 2012年04月19日 14時31分29秒

かんまんじさん

HDMIが悪さをするポイントとしては19pinのHPD(Hot Plug Detect)だと私は睨んでいます。
まあ、HDMI側にすれば悪さをするつもりではなく、単純に「あんた何モン?」と聞いてるだけなんですけど・・・(笑

そこでポイントとしては18pinのV+と19pinのHPDをカットするスイッチ回路を作れば簡単にHDMIをコントロール出来る気がしてます。

これは私も興味ある問題なので、検証予定です(笑

_ ひぐらし ― 2012年04月19日 23時59分04秒

ALL

「夢」PCのUSB3.0周りを色々調べていてこんな時間になってしまいました・・・
おやすみします<(_ _)>

「夢」PCは元々USB3.0は非対応なのですが、それを何とかする方法を色々やっているのですが、難しいですねぇ・・・コレ・・・
やっぱICチップとドライバーが・・・(-ω-;)

_ ダンテ・カーヴァー ― 2012年04月20日 09時44分36秒

2種類の夢。1つはOSXが歩み寄りPCが見せる夢。もう一つはPCが歩み寄りOSXが見せる夢。PC AT互換機をiMacに近づける事はハードウェア改造を意味するため、一般に後者は仮想の夢となります。仮想の夢は互換性や性能上でリアルな夢に遠く及びませんが、手持ちのハードウェアをそのままに大きな夢が見れるというメリットがあります。

それぞれの夢によりしなければならない努力が違います。予算と方向性によって適切な夢を選択する事が大切なのですね(笑)

_ ひぐらし ― 2012年04月20日 14時28分25秒

ダンテ・カーヴァーさん

私の夢はAT互換機を基本はなるべく改造せず部品パーツ追加のみで限りなく「夢」PCのネイティブ環境構築です。
2つの全く言語が違うモノの共通項を探し出して、同じ箱の中で共有出来る環境。

今これを目指して日々検証中です(笑

_ mochinaga ― 2012年04月20日 19時31分00秒

もはや、HDMIのうん万のケーブルとかオカルトですよね。
絶対わかるほどの違いはないとおもうんですけどね。

_ ひぐらし ― 2012年04月21日 01時25分35秒

mochinagaさん

オカルトですね・・・(笑
確かにノイズ対策とかは効果があると思いますが、それでも数千円の世界で実現できます。
そこから先は「神のみぞ知る世界」の領域です(笑
信じる者は救われるという宗教です(笑

_ 銀 ― 2012年04月21日 23時05分52秒

今はアキバをウロウロしてると10mのHDMIケーブルがあちこちで1000円ぐらいで売っているんですよねー
http://uploader.sakura.ne.jp/src/up95165.jpg

_ ひぐらし ― 2012年04月22日 09時23分00秒

ALL

昨日は「夢」を1TBから1.5TBに移行作業をしていて更新できませんでした。
色々試行錯誤しているうちにディスプレイ問題が解決したりと更にまた使いやすい環境が整い、もう今はこっちに夢中です(笑

銀さん

安いですねぇ・・・(笑
一応HDMIに長さの限界制限はありませんが、まあ10mぐらいまでというのがひとつの目安っぽいですね。
(多分ノイズ対策とかは必要になってくると思いますが・・・)
でも個人宅で10mって使うシーンあるかなぁ・・・(笑

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策です
正解は、『あああ』です
8byte文字にして糞スパムの完全排除目指します

コメント:

トラックバック