サイト内検索を導入しました!過去記事探しにご利用下さい!ヽ(^◇^*)/

って、ある意味自分用・・・( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

Google
WWW を検索 にゅーひぐらしblog内を検索

○○でも出来るポタアン(図解編)

CMOY改回路図

ド素人の池作り奮戦記


Kindleで小説を出版してみました(笑

HA10miniのケージング完成!ヽ(^◇^*)/2011/07/26 00:43:08

さて・・・


面倒なので、まだテスターで各所をチェックしてませんが・・・

完成

とりあえず、HA10mini完成!ヽ(^◇^*)/

テスターで計ってはいませんが・・・
音も正常だし・・・
変に加熱してる所もないし・・・


まあいいや・・・


って感じです(笑


ちゅーことで・・・


いきなりケージングいちゃいます(笑


てなワケで・・・

ケース

テイジン TC-2をゲット!ヽ(^◇^*)/

アキバのラジオデパート2号館の2Fにあるケース専門店で買いました。
価格は確か・・・504円?ぐらい・・・(笑


んで、
このケースに穴を空けて行くわけですが・・・

HA10miniのページに穴の位置が入ったPDFがあったので頂いてきます。

ココ ←


んで、
このPDFをプリントアウトして・・・

アタリ

ケースに紙を重ねて、キリでアタリを付けます。


アタリを付けたら、おもむろにハンドドリルで、穴を空けまくります(笑

最初からピッタリのサイズを空けるのではなく、
1.5mm位の小さな穴を空けて、0.5mm単位で拡張して行く方法がお勧めです。
こうすると穴の位置がずれずに、欲しいサイズの穴を的確に空ける事が出来ます。


んで!

完成

穴空け完成!ヽ(^◇^*)/


今回はちょっと悩んだのですが、
結局LEDは付けない事にしました。

このHA10miniはとても省電力でアルカリ電池2本で40時間程持つようです。
それだけロングライフなのに、LEDを付けて電池を消耗するのは意味がない気がしたからです。
大体、電池が無くなれば音にノイズが乗りますので、交換時期はLEDの明るさを頼りにしなくてもいけます。


んで!

ケージング完成

ケージング完成!ヽ(^◇^*)/

可変抵抗のところがちょっと位置ずれしましたが、
ここは最終的につまみを付けて穴は隠れちゃうのでヨシとします・・・(笑


さて、
蓋を閉める前に・・・

絶縁処理

一応フタの裏側にマスキングテープを貼り、絶縁処理します。
もっともこれはしなくても大丈夫そうですが・・・


うん!
良い感じ・・・(`∇´ )にょほほほ


ちなみに裏側はこうなってます・・・

裏

熱を脱がす穴??

まあ・・・
実は・・・
最初穴空け位置がずれて失敗しちゃったの・・・( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

ということで、
最初のPDFはプリンターの出力状況によっては穴位置が微妙にずれるので、
キチンと確認してから空けた方がよいです。

私はいきなりエイヤで空けちゃった・・・(笑

でも熱対策はしてあげた方が良いと思うので、
ココまで極端な穴は空けなくても良いですが、小さな熱逃がしのあなは空けてあげた方がより安心ですヽ(^◇^*)/


てなワケで・・・

iModと

ただ今iModに接続して音楽聴いてます。


良い音ですよ!ヽ(^◇^*)/


低音側がちょっとボコボコする感じですが、
まあ昔のアナログ的な音と思えば、あまり気になりません。


音楽はリスナー自身の心地よさが一番です。


そういった意味で、
ディスクリートのアンプってのは何か良いです(笑

コメント

_ へろへろ ― 2011年07月26日 01時55分28秒

 私もケーシングの方が半田付けより嫌いです。
アタイは、シャーシパンチもリーマーも持っていますが、
結構周辺に傷を作ったり、バリが取れなかったり、
本人が傷を作ったり…
 まあ、結果旨く穴が開いたということで、オーライ?!

_ ボブキャット ― 2011年07月26日 09時29分43秒

結構コンパクトな仕上がりなんですね!
もうちょっとゴツイ仕上がりだと思ってました。

アナログ的な音よさそうですねぇ~

_ ひぐらし ― 2011年07月26日 09時45分04秒

へろへろさん

穴開けはメンドクサイですねぇ・・・
位置がちょっとでもずれると入らないし、失敗すればせっかくの見た目も台無しだし・・・


ボブキャットさん

結構小さいです。
サイズも小さいですが、単三電池2本で40時間持つのはかなり良いですね。
ディスクリートは低電圧ほど良い音がするというのはちょっと頷けます。

_ ひろま ― 2011年07月26日 16時20分26秒

こんにちは♪

また何やら面白そうな物を・・w

私はS-Masterとやらを検証中です。
噂通り、奴めなかなかやるようですw

_ ひぐらし ― 2011年07月26日 16時35分26秒

ひろまさん

マスターさんにもDockがあり、ポタアンと接続可能ですよ。
引き続き、検証ヨロです(笑

_ ひろま ― 2011年07月26日 16時45分36秒

あ!
またそうやって悪知恵を・・・
  ・
  ・
  ・

ポチッ
      orz

_ ひぐらし ― 2011年07月26日 16時55分08秒

ひろまさん

はやっ!(笑

_ イモ ― 2020年09月04日 00時41分17秒

こんばんは。
初めまして。
HA10miniの製作中なのですが調べても分からないことがあり、もしご存知でしたら教えていただきたくコメントさせてもらいました。

DCオフセットの計測なのですがLRチャンネルともにどこの部分にテスターをあてて計測するのが正しい方法なのでしょうか?
古い製品でリンク切れが多く困っております。
教えていただけたら助かります。

突然のコメント失礼しました。

_ ひぐらし ― 2020年09月04日 21時47分14秒

イモさん

申し訳ないのですが、私もHA10miniに関しては記憶の彼方です・・・
とりあえず、ホワイトノイズが混じる状態であれば、まずはハンダの見直しをし、ついでに全てのパーツが正常かどうかをテスターでチェックしてみてはどうでしょうか?
あと、GNDも意外と重要です。
それで異常が無ければ、可変抵抗(ボリューム)を交換してみるとかですかねぇ・・・

最近はポタアン系を全く弄ってないので大分忘れてしまいました・・・

_ イモ ― 2020年09月05日 10時02分45秒

返信くださりありがとうございます。
古い製品なのでネットにあまり情報がなく試行錯誤中なのですが...
アドバイス通りテスターでのチェック、GND気をつけてみます。

古い記事に突然すみませんでした。
ありがとうございました!

_ ひぐらし ― 2020年09月06日 13時19分17秒

イモさん

色々やっても解決しない場合は、部品個体の問題になります。
性能はちゃんと発揮しており、部品一つ一つに問題なくても総合的に音楽の場合は音質が良くならないケースもあったりします。

この辺りは個人的嗜好が絡んでくる問題ですし、ホワイトノイズなら音楽が鳴ってる間は気にならないので、まあそんな物だと思って聴き続けてみてください。
そのうちに通電によって性能が安定する場合もありますし、耳も慣れてしまって気にならなくなったりします(笑

_ イモ ― 2020年09月10日 22時15分41秒

ご丁寧にアドバイスありがとうございました。

なんとか完成してオフセット電圧はそれぞれ1mV、13mVでした。
13mVが少し気になりますがイヤホンやヘッドホンを焼いてしまう程ではなさそうですし、ポップノイズも気になるレベルでもなくホワイトノイズもないので良しとします。
まだまだ鳴らしこみできていませんが音も満足です。

初めての自作で色々と不安だったのですが最終的に完成して良かったです。
たまたま見つけたブログにしかも古い記事にいきなりすみませんでした。
優しいブロガーさんで助かりました!
ありがとうございました。

_ ひぐらし ― 2020年09月13日 00時40分17秒

イモさん

無事に完成したよりで何よりでした。
また、音響機器の場合はデジタルをアナログに変換して、人間の耳で聞くというとても原始的な機器です。
よって、部品の性能が音質と直結するわけではなく、多分に個人的な嗜好が入り込む余地が多い機器でもあります。

自分が気に入った音をアウトプットする機器がベストな機器です。
つまり、細かい事はあまり気にせず、音を楽しんでください(笑

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策です
正解は、『あああ』です
8byte文字にして糞スパムの完全排除目指します

コメント:

トラックバック