サイト内検索を導入しました!過去記事探しにご利用下さい!ヽ(^◇^*)/

って、ある意味自分用・・・( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

Google
WWW を検索 にゅーひぐらしblog内を検索

○○でも出来るポタアン(図解編)

CMOY改回路図

ド素人の池作り奮戦記

グリーン→クリーン化計画


Kindleで小説を出版してみました(笑

AsteropeIII AsteropeII AsteropeI 草原の中の一枚の金貨 X723のテディーベア 幸せのチケット Asterope上巻 Asterope下巻

昇圧回路を使ってみる!ヽ(^◇^*)/2009/10/16 00:30:54

さて・・・


前回失敗した、充電器搭載のポタアン・・・

ココ ←

電源周りの部分は上手く動作してくれなかったのですが、
ポタアンの基盤部分は問題がないので、それを使った実験をしてみました!ヽ(^◇^*)/


ちゅーことで・・・
前日買ったコレ

充電器

100円の携帯用充電器をバラして、昇圧回路のみ取り出してみました!ヽ(^◇^*)/


写真撮り忘れちゃったのですが・・・( ̄∇ ̄;)ハッハッハ
-V側とGNDをショートさせてあげると、
アルカリ乾電池2本で+4.8~5.0V -4.8~5.0Vあたりで安定した電圧供給が出来ることが分かりました。

5Vあれば低電圧のオペアンプなら十分駆動できるので・・・
この昇圧回路を実際のポタアンに組み込んでみる事にしました!ヽ(^◇^*)/


ちゅーことで・・・

回路

こんな感じ(笑

配線が相変わらずごちゃごちゃしてるけど、気にしない(笑
この状態で音だしチェックしてみると・・・


OK!ヽ(^◇^*)/


ということで・・・
この充電器をバラした昇圧回路は問題無く使えるようです。

ノイズが乗るかな?

と心配しましたが、変なノイズは乗りません。
でも、電圧が低いからかな?
006Pの9Vの時よりもホワイトノイズがちょっと大きめな気がします。

まあ、音楽を聴き始めると全く気にならないレベルなので問題なしです。


回路的には問題無さそうなので・・・

仮組

仮組ヽ(^◇^*)/

見えにくいと思いますが、
スイッチと電池の間にある黒っぽい部品が充電器から外した昇圧回路です。
スイッチは電池と昇圧回路の間に挿入し、無駄な電気が回路に流れないようにしてみました。

また、
この回路には6.3V 220μFmのコンデンサーが最初から搭載されています。

今回搭載したオペアンプは私のお気に入り

OPA2277ヽ(^◇^*)/


有名どころではOPA2134PAが使われる機会が多いのですが、
私はOPA2134PAよりも安いこのOPA2277の音の方が気に入ってます!ヽ(^◇^*)/

OPA2277は全体的にまとまった音がするので好きです。
それに対しOPA2134PAはドンシャリ傾向な音になり、ちょっと色つけ過ぎって感じです。

OPA2277は秋月電子で300円で売ってますので、興味ある人は一度使ってみて下さい!ヽ(^◇^*)/


ちゅーことで・・・
ポタアンの回路を有効活用できて良かった・・・( ̄∇ ̄;)ハッハッハ


問題はこの昇圧回路を使うと電池がどのぐらい持つかです。
明日から使ってみて電池の持ちと、電圧降下による音の劣化はどの辺りから始まるか確認します!ヽ(^◇^*)/


あー、満足・・・(`∇´ )にょほほほ